じゃあ、東京vs大阪

昨今、大阪の経済力は低下の一途をたどり、東京と比較対象にならなくなりつつありますが、実際は規模と言う観点で東京に対抗できるのは大阪だけです。その辺を読者さんからの寄稿を頂きましたので、編集したいと思います。

規模の観点で相撲に置き換えると東京を横綱としたら大阪は大関か悪くても関脇、名古屋は小結くらいで他の都市は全て前頭以下となり相手にならないです。ですから、大阪をきちんと評価することが東京vs編を完結させるのには不可欠だろうと思います。

規模

何かと東京と比べられて貶められることの多い大阪ですが、大阪より規模の大きい都市は世界に10個ありません。経済規模を示す域内総生産は東京、ニューヨーク、ロサンゼルス、ソウル、ロンドン、パリに次ぐ7位であり、シカゴや上海より上です。また、マッキンゼーの調査によると、本社を置く年間収益10億ドル以上の大企業の数は東京、ニューヨーク、ロンドンに次ぐ4位だそうです。

そして繁華街としての梅田、難波の規模は新宿、渋谷、池袋、銀座に引けをとりません。東京で買えて大阪で買えないものは関東ローカルのものを除き、ないでしょう。海外の人気店も東京に出店した次にほぼ大阪に出店します。

経済規模の差は郊外の発展だといえるでしょう。電車で梅田、難波から三十分も遠出すれば、郊外の住宅地でしかなく駅前さえ栄えているとはいえません。東京は吉祥寺どころか、八王子まで繁華街が存在しています。住み心地としては良し悪しだと思います。

一般的に東京圏というと東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県を指す場合が多いですが、そうなれば大阪圏も大阪、京都、兵庫、奈良の2府2県で考えるべきであり、そうすれば東京には劣るものの巨大な経済圏を形成することになります。

つまり、世界的にも大都市としてランキングに入る上、もっと広域で経済力を捉えるなら、京都、奈良といった古都も勢力圏内であり、実際に京都、奈良から大阪に通勤する人はそれほど珍しい存在ではありません。電車を使えば、それほど遠くありません。

東京一極集中

江戸時代は政治の江戸、商業の大阪として二極体制であり、ベトナムのハノイ、ホーチミンに近い関係だったのですが、戦後、インフラ整備が続き、東京-大阪間が徐々に近くなっていくとその関係が崩れていきます。

これが完全に崩れたのは高度経済成長、新幹線の開通だろうと思います。たった二時間で繋ぎ、二極体制より一極体制の方が何かと便利になってしまったのです。そして、大阪人は続々と東京移転を進め、結果として東京一極集中になりました。

大阪人は良くも悪くも合理的であり、適応力が高いため、儲けられれば住む場所は関係ないということで企業も大きくなるとどんどん東京に移し、今の東京に本社がある大企業も元は大阪発祥ということが非常に多いです。

今の7大総合商社を見ても、伊藤忠、丸紅、住友商事、双日と、実に半数以上が東京移転前は大阪に本社がありました。元は都銀も半数は大阪系だったのですが、今では東京本店しか注目されなくなってしまいました。

大阪人

良くも悪くも独立心旺盛で、競争心に富んでいるのが大阪人の特徴です。東京人で大阪人を苦手とする人は多いですが、その理由として、相手がどんな組織・役職に属しているかで態度を変えないからというのが多いのではないでしょうか。悪く出ると犯罪が多いということになるのでしょう。

それが良く出るとノーベル賞を受賞者は関西人が少なくなく、有名なiPSの山中教授は大阪出身、神戸大卒、京大勤務のバリバリ関西人であり、アメリカに短期間行っていたものの、東京とは無縁で研究生活を過ごしています。

スポーツで世界的な実績を残しており、サッカーの本田圭佑さんは典型的な大阪人ですし、香川真司さんは神戸、岡崎慎司さんは宝塚、と海外で結果を出したサッカー選手は関西人が多いです。

野球でもメジャーリーグで活躍しているのはダルビッシュさん、田中将大さん、前田健太さん、黒田博樹さん、上原浩治さんと、大阪人が席巻している感があります。高校野球では野球留学で多くの県に野球少年を送り込みながら、最強なのは大阪桐蔭や履正社など、大阪の高校です。そういえば高校ラグビーも強いですね。

お笑い芸人が多いのもそうですが、組織に頼ることなく、自らの芸、技術、才能を競争によって高め、東京、ひいては世界に打って出るというのが、典型的な成功した大阪人像になります。日本人の中では独立精神が旺盛な人たちである傾向は見られるでしょう。

教育

大阪の欠点として挙げられることの多いのが教育であり、学力テストの平均点が最低クラスと言われたりします。確かにそれはあり、教育熱心な人は大阪を離れて兵庫や奈良に移住し、そこから通勤する傾向があります。大阪市内でなく、郊外の方が教育環境はいいと思います。

でも、大学は総合大学として東大、京大に次ぐ大阪大学があり、高校も大阪星光学院、大教大付属、四天王寺などの進学校があり、それだけで札幌、仙台、広島、福岡は超えているはずです。また、灘、東大寺、甲陽という筑駒、開成、麻布に匹敵する超進学校が隣県にあり、それらの学校の半数近くが大阪からの通学者で占めます。確か京大生も大阪出身が一番多かったはずです。

生活

不動産については東京に次ぐ高さですが、それでもマンションの価格は東京の半分よりちょっと高いくらいで東京から来た人からしたら安く感じると思います。東京なら手が出ないような立地でも大阪なら入手可能だと感じることもあるでしょう。実際、都心部の再開発は進み、高額物件も売れているみたいです。

食については、大阪の外食は多くの店が凌ぎを削っており、そのため「安くて旨い」が基本で、東京の高級店に比べたら味は劣るかもしれませんが、コスパでみると最高で、食い倒れの名に恥じないものとしています。

東京での「肉」は豚肉のことですが、大阪で「肉」と言えば牛肉で、東京では高級品と思われている牛肉が大阪では一般の食卓に並びます。フグも日常的に食べられているため消費量の半数以上が大阪となっているなど、食文化は豊かです。B級グルメも近所で気軽に食べるものが多くあり、お馴染みのお好み焼き、たこ焼きだけでなく串焼きなど、ふらっと出かけられる気取らない外食が楽しめるでしょう。

まとめ

東京と比較した他の都市と違い、まったり生きたい人には大阪は向きません。商売(ビジネス)、スポーツ、芸能などで、裸一貫で勝負したいという人は大阪に行って鍛えられるといいのではないでしょうか。大阪で鍛えられたら、お坊ちゃん、お嬢ちゃんの多い東京に行っても怖くないでしょうし、大阪人の自己主張の強さは世界にも通用するでしょう。

これからは大企業もどんどん潰れる時代になるかもしれませんし、組織に頼らない強さを身に付けている大阪人は、もしかしたらこれからの世界で必要とされている人材なのかもしれません。

また、競争に負け、落ちぶれた人にも優しいのが大阪の特徴で、東京に住んでいる貧乏人は惨めなものですが、大阪では貧乏人でも劣等感を感じずに生き生きと暮らすことができますw

後記(シン)

あえて、今から大阪移住をするメリットがあるか、はわかりませんが、土地に独特の味があり人材の供給源であるのは間違いないと思います。日本はアメリカ、中国と比べると小さいだけでなく、東京、大阪が近すぎる、という問題点もあり一極集中が続いています。これが止まることはないですが、今すぐ大阪を見限るほど落ちぶれてもいないでしょう。

異才、橋下徹さんを追い出してしまったのは痛恨のミスだと思います。行政の一元化を進め、独自の政策によって東京に対抗して大阪を盛り上げていく、という機運を大阪人自身が否定してしまったわけで、これで東京の後塵を拝むのは間違いないだろうと思います。成功した大阪人も東京なり、海外に行ったまま戻ってきません。

0

投稿者: シン

思いついたことを記事にして、コメントをもらって、議論するのが楽しくてブログをやっています。

“じゃあ、東京vs大阪” への 25 件のフィードバック

  1. 仕事で関西人とよく仕事をします。
    名古屋の私が言うのも変なんですが、仕事は関西人と一緒のほうがやりやすいです。
    関西人が多い部門のほうが親会社、子会社関係なく接すること、取り組む姿勢を評価してくれることや攻めた失敗に対するフォロー、応援してくれるのがいいです。
    名古屋の人は陰湿で排他的なので、部下の責任を上司が取りたくない、ガチガチに管理してくるのが苦手です。
    また、よく言えば堅実ですがケチな人たちばかりで楽しくないです。

    面白そうならやってみる、耳を傾けるというような関西系の会社は好きです。

    0

    1. 私も名古屋に住んでいましたが、東海地方の人間は肌に合いません。

      関西は太古の昔から都会なので、関西人は生粋の都会人気質であり人付き合い上手で合理的です。
      一方、東京は上京した人が作り上げた都市であり、中心部は政府や財閥系企業がガチガチに固めているイメージです。

      都会に住みたい、でも東京は肌に合わないという人にとっては大阪に住むのを有力な選択肢にしてもよいのではないかと思います。

      0

      1. 名古屋人は根が田舎者で市内も田舎臭いです。まして、三河のような郊外だと仕事があるために人が増えて来た田舎なので無機質なんですよね。東京、海外で活躍する名古屋人は少なく、行くにしても名古屋をそのまま持って行くようなスタイルにします。トヨタ系の為、バンコク、デトロイトはリトル三河です。

        仕事だけのために三河に行く人はその閉鎖性、無機質な生活に納得しないとプライベートが辛くなると思います。

        シン

        0

    2. 大阪人は面白いことは好きだけど、お洒落ではないのでサービスを売ることは苦手なのかもしれません。関西系企業はコスパはいいんですが、お洒落なイメージを高く売れる印象を受けません。でも、割とノリは良いので話くらいは聞いてくれますね。名古屋人は突拍子も無いことを嫌がるので最初から拒絶しがちです。

      シン

      0

      1. 確かに大阪にお洒落なイメージはないですが、神戸は非常にお洒落ですよ。
        むしろ、国内には神戸よりお洒落な都市はあるのかという感じです。

        神戸にはお洒落な洋菓子メーカーがたくさんありますし、神戸牛は世界的に人気のあるブランドです。
        シンガポールでも、神戸牛を食べようとしたら高級店に行かないと駄目で、目の飛び出るような値段になると思います。

        0

        1. 確かに外資もP&G、ネスレなど東京でなく神戸に本社を置いている例もあり、外国人にも受け入れられやすいのでしょう。P&Gはシンガポールにアジア本社を移してしまいましたけど。神戸牛の知名度は本当にすごくて、シンガポールだと高級店でしかお目にかかれません。他にもいい肉はあるのに、神戸だけ別格扱いされいますね。アメリカ人が売り込んだらしいですけど。

          シン

          0

  2. おもしろい記事でした、ありがとうございます。

    サッカー選手のとこ、全員は言いすぎじゃないですかね。奥寺選手や長谷部選手、内田選手と、関西以外もたくさんいます。地域とはそれほど相関関係ないように思います。本田選手も高校は石川県ですし。
    それよりも、世界で活躍する選手は、ユース育ちと高校サッカー育ちの方が相関関係があるように思います。2010年のスタメンでいえば、本田、大久保、松井、長谷部、遠藤、長友、川島が高校サッカー上がり、阿部と駒野がユース上がりです。中澤、闘莉王は異色です。ちなみに香川選手はユース上がりで、岡崎と内田は高校サッカー上がりです。
    この中では、本田、松井、香川、岡崎が関西ですかね。駒野は和歌山です。
    途中から選手は省略しました。

    0

    1. 追記です。
      最近で言うと、原口、久保がユース、大迫が高校サッカー上がりですね。
      ユースの方が上手いはずなのに、日本代表には高校サッカー上がりの方が多かったりと不思議です。ちなみに最近では、だんだんユースが上になってきてるとか。プレミアリーグ創設の影響もあるんでしょうか。
      https://ja.m.wikipedia.org/wiki/高円宮杯U-18サッカーリーグ_プレミアリーグ

      0

      1. 全員と言うのは言い過ぎですね。修正します。

        ユース上がりって、上手いけどひ弱なイメージがあります。宇佐美さん、柿谷さんから来ているのでしょうが、お山の大将から脱皮出来ず、王様出来ないと不貞腐れて落ちていく感じです。まぁ、世界的にはユース上がりが当たり前なので、システムの充実とともに徐々に変わっていくんでしょう。

        シン

        0

  3. 土建企業に勤めていて、大阪に勤務していたことがあります。
    仕事柄、土木の現場の、職を転々としてきた、単身で全国の現場を渡り歩いてきた、
    というアウトローのような方々と接することが多く、
    そういった方から大阪は実に住み良い、と聞きました。
    実際住んでみて、私もそう思いました。

    大阪は、定職を持つサラリーマン、いずれ結婚して妻子を持つ、
    という未だに根強く残る一時代前の「安定した人生」のコースから
    外れた人が生きやすい街だと思います。

    ・家賃の安さ
    土地の値段は東京よりは安い、という程度ですが、
    賃貸となると格安物件が多くあります。保証人なしでも
    月3万円以下で風呂・トイレ・洗濯機置き場付きのアパートに入居できます。
    もっと極端に安くしたければ、あいりん地区という手もあります。
    貧民街ですが、そんなに治安は悪くはなく、風体の怪しい奴に近寄らない、
    無闇に店に入らない、深夜は出歩かない、これらに注意すれば特に危険はありません。

    ・アルバイト求人の豊富さ
    製造業の地盤沈下は進んでいるものの、
    まだまだ大阪郊外には製造業の工場が多くあります。
    そしてそういった工場でのアルバイトの求人が常にあり、
    少子化に伴う人手不足を反映して、待遇は良くなる傾向にあります。
    夜勤であれば、単純労働でも時給1500円稼ぐことが可能です。

    ・物価の安さ
    「スーパー玉出」が有名ですが、大阪にはこうした安さが売りの
    スーパー、ドラッグストアが多くあります。
    また外食も最高級の店の水準では東京・京都・神戸に劣りますが、
    平均的には大阪の店が最も安い値段で旨い料理を食べられます。
    高級食材のハモやフグ、スッポンも、2000円程度で出す店が多くあります。

    ・街のコンパクトさ、平坦さ
    大阪環状線は半径5㎞程度です。また東京や横浜・京都・神戸などと違って
    坂が少なく平坦な地形なので、自転車でも楽に都心部を回れます。
    車やバイクを持つ必要はありません。

    ・その場限りの社交のしやすさ
    その場のノリが良ければ、大阪人は気さくに会話に付き合ってくれます。
    東北人や名古屋人・京都人のように余所者に排他的だったり、
    関東人のように肩書きで人を見たり、九州人・沖縄人のように
    暑苦しくプライバシーに絡んでくるようなこともありません。
    その場が楽しければ、素性の知れない者、本音を隠している者に対しても
    寛大に付き合う気風があります。

    ・充実した本番風俗
    飛田新地のような、15000円程度で本番可能なちょんの間が数ヵ所あります。
    デリヘルでの本番交渉やソープより格段に安くできて、
    何より店先で女の子を見て選べるので、外れがありません。
    女に不自由することはないでしょう。

    結論として、何のスキルもコネもない、社会からあぶれたような単身男でも、
    大阪であれば、単純労働のアルバイトをして、安いアパートを借りて住み、
    激安スーパーで食材を買って料理し、時には安い店で外食を楽しみ、
    ちょんの間で気軽に女にもありつけます。移動はすべて自転車なのでタダです。

    そんな都合の良い状態がいつまで続くか、そんな下流まっしぐらな生き方が楽しいか、
    という問題点を措いておけば、少なくとも楽に生きられる街です。
    さらに言えば、今後の日本は、終身雇用の崩壊、未婚率の上昇によって、
    従来の人生モデルから外れた人間が大量に出てくることが予想されます。
    大阪はそういったあぶれ者の集まる、
    一種のアジールのような都市になるのではないか、と期待しています。

    0

    1. 大阪は「潜る」のにいい町ですね。私もフェミニストに実生活をメチャクチャにされて潜る必要が出たら大阪で身を隠そうと思いますw

      シン

      0

    2. おっしゃる通りで、落ちぶれた人にも住みやすいのが大阪の特徴です。東京だとこうはいかないでしょう。

      大阪では見栄を張る必要はありませんし、綺麗事でなく本音で話をすることができます。

      「たかじんのそこまで言って委員会」という在阪局が制作した番組がありますが、あまりにも本音トークが炸裂するため東京では流せないと言っていました。

      大阪人の本音は、維新の会の政策のような自由競争重視、小さい政府といった新自由主義的な考えになると思いますが、今後の大阪と維新の会の動きは一体どうなるのか、目が離せません。

      0

      1. でらさん
        東京で落ちこぼれというかしっかりしていないと疲弊しますからね。
        遊びにいくだけなら楽しいと思いますけど競争が激しいから負けると大変です。

        0

    3.  関西には全く馴染みがなかったのでとても興味深い記事、コメントです。大阪はほんの数回、数日滞在したのみなので、街並みの印象といった表面的な事しか知りませんでした。住んでみないとわからない情報ありがとうございます。(今のところ)仕事もあるというのも心強いです。「下流まっしぐら」は笑いましたが、心のセーフティネットとして、私も大阪に親近感を持ちました・笑

      0

    4. アジールって何だ?、と思ったら英語ではAsylumのことで、アジールはドイツ語なんですね。日本にも治外法権的な都市、地域があると逆に調和が取れるのかもしれません。なんか、大阪に妙な親近感を覚えましたw

      シン

      0

  4. >経済規模の差は郊外の発展だといえるでしょう。電車で梅田、難波から三十分も遠出すれば、郊外の住宅地でしかなく駅前さえ栄えているとはいえません。東京は吉祥寺どころか、八王子まで繁華街が存在しています。住み心地としては良し悪しだと思います。

    → そうでもないですよ。梅田から電車で30分といえば三宮や京都になり、吉祥寺や八王子なんかより、ずっと大きな繁華街です。難波から30分といえば近鉄奈良駅であり、町田駅・船橋駅のレベルはあります。
    地図を見てもらうとわかるのですが、大阪平野は関東平野よりずっと狭いため、平野の中は隅々まで開発しつくされており、田んぼや畑はほとんどありません。一方で関東平野は大阪平野の10倍以上ありべらぼうに広いため、周辺部には田んぼや畑が結構残っています。その証拠に、茨城県、千葉県は農業生産が2位・3位と高い(埼玉県も18位)ですが、奈良県・大阪府は45位・46位(京都府も37位)と低くなります。

    郊外の住宅地は、関東も関西も同じようなものだと思います。山に遮られて住宅地を広げられない関西と、農地を潰せばほぼ無制限に都市圏を広げられる関東の違いというだけです。
    でもまあ、最近は都心回帰ということで郊外の宅地化はどちらも収まってきているようですが。

    0

    1. 吹田、千里中央、西宮、尼崎、東大阪、松原なんかは繁華街はほとんどありませんし、駅前で遊ぶこともろくに出来ません。近隣のターミナル駅まで行くことになります。東京なら高円寺、国分寺、川口、船橋とかでも余裕で遊べますからね。

      京都、三ノ宮、奈良なんかの県庁所在地を出すと東京だと横浜、千葉、さいたまを比較することになり、大阪近郊はターミナル駅を除くとみな小ぶりです。

      なぜかはわからないですか、大阪圏は郊外が完全に家だらけで駅前がろくに栄えないな、という印象です。商店街もろくになく、大手モールの力を入れた出店もなく、昔のおばちゃんしか行かないようなスーパーみたいなモールだけで家の周りだけで完結しません。

      シン

      0

      1. 西宮北口、尼崎、千里中央にはそれなりの規模の繁華街とショッピングモールがあり、高円寺、国分寺あたりとそう変わらないと思います(ちなみに、私は中央線沿いに10年ほど住んでいました)。

        駅前に繁華街が集まっていないように感じるのだとしたら、大阪郊外は鉄道を敷設する前から市街化が進んでおり、昔からの商店街が必ずしも駅前に配置されていないからだと思います。つまり鉄道をベースとした発展をしていないのです。
        一方、東京郊外については中央線が典型的ですが、鉄道を敷いた頃は畑だけで他に何もなく(あれだけ直線が続くということで察してください)、完全に鉄道をベースとして街が発展してきたため駅前が栄えているように感じるのでしょう。杉並区にしたって関東大震災まではただの畑地であり、関東大震災を機に都心から移住者が増えて街として発展したものです。
        中央線ですらそうですから、東急線、西武線、東武線、京王線、小田急線、埼京線、総武線、京成線などの路線も大なり小なり似たような傾向で、新しく開通したつくばエクスプレスも同じように発展していくでしょう。

        0

        1. 西宮北口って、近くに関西学院、神戸女学院というそこそこブランド力のある学校があるのに寂れていて、最近ようやく開発が始まったはずです。学生街もなく学生は梅田、三宮に繰り出さないとナンパも困難なくらい閑散としていました。尼崎、千里中央も似た感じを受けました。阪神尼崎だけ下町情緒がありアングラの匂いがして好きでしたが、他はサラリーマン的なおとなしい、何もない街だと思いましたね。

          ただ、でらさんが言うように東京多摩地区は何もないところから鉄道を拠点に開発が進んで駅の周りが発展している感があります。それで元は単なる百姓が土地成金になりました。

          関西郊外は元々そこまで何もないわけでもなく、発展地区から離れたところに駅ができて寂れてしまっているように思えます。

          シン

          0

          1. 西宮北口は、昔は西宮球場がある程度でしたが、今の発展具合は凄いですよ。
            西宮球場跡に西日本最大規模のショッピングモールが建ち、関西で住みたい街ランキングで1位となっています。また進学塾の集積という点では日本トップレベルであり、塾銀座で私鉄が交差する街ということでは自由が丘と似たような感じで、規模は更に上を行きます。何せ浜学園の本拠地ですから。

            千里中央は複数のショッピングモールとホテルがあり、商業施設の集積という点では多摩センターと変わらないです。中央線でいうと荻窪以上、吉祥寺以下という感じです。ここも住みたい街ランキングでは4位につけています。

            尼崎は、JRと阪神の駅が離れているので、繁華街が分断されているのが惜しい点ですが、今はそれぞれに大きなショッピングモールができており、高円寺とか阿佐ヶ谷と変わらない街並みになっています。

            東京でも、西武線なんか繁華街のない駅ばかりですし、京王線も急行が停まる駅前でないと繁華街と呼べるものがないので、大して変わらないです。そして中央線の駅前の発展具合は、東京だと山手線の次くらいにランキングされると思われ、それに及ばない路線の方がずっと多いはずです。

            0

          2. 最近、大阪郊外に行ってないので、様変わりしているのかもしれませんね。そのうち、じっくりと大阪郊外の旅をしようかとおもいます。

            シン

            0

        2. 仰るとおりで関西は元々の街の外れに鉄道駅が設置されていますね。
          JR京都駅なんかが典型かな、と思います。
          駅から東側に少し歩けば、(リアルでは口に出せませんがw)国際観光都市とは思えない風景が広がってますからねw
          逆に神戸なんかは鉄道と同時に都市化が始まったので駅中心に繁華街が広がってますね。元々は何もない寒村でしたので。

          0

          1. よく出張で大阪に行くのですが、注意することは名古屋や東京の鉄道と違い○○出口から徒歩数分を真に受けて地下を彷徨う、歩く時間を考慮しないと遅刻してしまいます。

            0

          2. 大阪はニューヨークに似ているということを言う人も居ます。以下の通りの理由です。

            ①首都ではない大商業都市
            ②中心部は碁盤の目状になっている
            ③ニューヨークは南北の道路はavenue、東西はstreet。大阪は南北の道路は筋、東西は通り
            ④中心部には大規模な公園(セントラルパークと大阪城公園)
            ⑤南北の通りに沿って街が形成されている(NY:1番街、5番街、8番街など、大阪:御堂筋、堺筋、谷町筋など)
            ⑥大衆文化の本場である(NY:ブロードウェイのミュージカル、大阪:なんばグランド花月のお笑い)
            ⑦地下鉄の路線名が通りの名前となっている(NY:6番街線、7番街線、8番街線、大阪:御堂筋線、堺筋線、谷町線)
            ⑧盛り場であるタイムズスクエアと道頓堀の類似
            ⑨治安が悪いイメージ
            ⑩外国人街の存在(鶴橋とLittle Italy)

            あと、東京DEEP(http://tokyodeep.info/)を愛読し、ディープな場所を訪れるのが趣味の一つである私は当然、京都駅の東側にも行ったことがありますが、今では大規模な公営住宅が建ち並び、昔はあったであろうディープ感はほとんど無くなっていて、拍子抜けしたことを覚えています。
            もちろん、大阪市の西成区の一角にも訪れましたが、さすがにここは今でもかなりディープ感が漂っていますね。まあ、外国のスラムに比べたら大分マシですけど。

            0

  5. 初めて書き込みさせていただきます。
    ネット上(ブログのコメント欄や大型掲示板など)では、東京に関する好意的な書き込みがあまりありませんね。
    その代わり、大阪や関西を褒める方が圧倒的に多いです。
    東京の人は余裕があるのか、他都市を単に観光地として見てるのか分かりませんが、貶されても反論が少ないし、本当に地方の動向に興味が無い感じがします。
    私は兵庫の芦屋生まれ・育ちで(と言っても山手ではなく、浜側ですが)、
    大阪、京都にも住み、近畿圏の事は誰よりも知ってるつもり…です。(7年前から東京在住ですが、年に2度は帰省します)
    東京の人たちと話して思うのは、とにかく京都を手放しで賞賛するところ。
    TVや雑誌で見かける芸舞妓や枯山水、町家で暮らすアーティスト、京料理、雅で和な世界観・・・
    そういう「綺麗な一面」しか見ず、リアルな京都を全く知らない人が殆ど。
    それは仕方ないかもしれませんが、大阪も同じで「お笑い」「おもろいオバちゃん」などコテコテの世界観で
    大阪のイメージを語ってます。
    幸福度ランキングでは、京都(42位)・大阪(最下位)ともに下の方です。
    まぁ、ランキングは当てにならないという人もいますが、暮らしてみないと分からないことが多いです。
    (特に、関西人は地元志向が強烈な人が凄く多いので(ネット上では特に)、気を付けて見る必要があります)

    1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です