じゃあ、仮想通貨

リクエスト記事で仮想通貨について書きます。この頃、仮想通貨の話題が絶えることはなくなり、常に何かしらの話題を提供しています。

仮想通貨

そもそも仮想通貨って何なんだよ?っていうところからはじめたいのです。欧州中央銀行によると「政府、または公共団体発行ではない電子通貨」という定義のようです。つまり、そこらじゅうにある企業発行のポイントはすべて仮想通貨と言うことになります。であるなら、話題のビットコインはTポイント、ぽんたポイントとさほど変わりませんし、そんなに騒ぐことでもないだろうと思えてきます。

騒がれているのはブロックチェーン技術を使った新しい決済方法、記録方法が採用されている通貨(ポイント)であるため、人間社会で行われていた貨幣交換活動を大きく変える可能性のあるシステムだからだと思います。ビットコインは特定の誰かが信用を与えて機能しているわけではないので、従来の通貨の概念を覆しています。

Tポイントなり、ナナコカード、Suicaなんかの電子マネーって大企業がその兌換率を決めて信用を与えているので通貨の代わりになります。そして、保持ポイントの上限も決まっているので無制限に保持できません。その為、国が信用を与える通貨との違いは信用力の違いでしかありません。

ブロックチェーン

このブロックチェーンと言うシステムを私はまったく詳しくありませんが、要するに情報がブロック上の固まりになって、それがチェーンでつながれているため、一度、記録された情報は改ざん出来ない上、秘匿性が高く、中央管理者を必要としないことだと理解しています。だから、通貨でなくとも、どんな情報もこのシステムによって運用可能ではないかと思います。

特にIT立国を目指すリトアニアは公共サービスにブロックチェーンを採用して、利用者の利便性、情報の秘匿性を向上させようとしているのですが、確かに政府、地方自治体がこのブロックチェーンを採用することで、どこでもアクセスできて、特定の人間による不正が行われる可能性が限りなく低減されますから、非常に画期的です。

中央管理者を必要とはしていませんが、管理者を設定することも出来るようで、ビットコインのリップルは自らを中央管理者を設定して、それ自体を通貨とはせず、借用書のような形で各通貨に連動させているようです。それによって決済スピードを上げて素早い対応が出来るそうです。

乱立

仮想通貨って全部追うのが面倒になるくらいたくさんありますが、これって「MLM」日本語では単に「マルチ」と言われる商売に似ていませんか?儲かるのは胴元、ブローカーで個人がリスクの押し付け合いをしているように感じます。トランプのババ抜きみたいなもので、最後に誰がババを手元に残すかです。

手を出した時期が早いほど儲かり、遅いほど、リスクばかりを負わされるチキンレースです。だから、ビットコインから派生した仮想通貨が次々と登場して、主催者は予め大量にコインを保持し、ブローカーを募って、保持者を増やし続け、煽りに煽って売り抜ければいいです。

どんなバブルも同じですけど、仕手株にしろ、不動産にしろ、最後は実需が伴わないくらいメチャクチャな数字まで上がって、ピークアウトしたところで大暴落してほとんど無価値になっていくのが想像できます。

どんなものも何かしらの実需がないとその価値下限はありません。例えば、金は実需があり最低レベルがあるうえ、海水から抽出できるので最高レベルも存在します。だから、単なるキラキラの重い材料というだけの存在ではありません。その最高、最低の間を色んな思惑、投機マネーが舞って値段が上下するわけです。

どんな仮想通貨も誰かが信用を与えて、その価値を一定に規定していないなら、それは単なる電子クズでしかなく、今でもほとんどビットコインを使える店なんてないのに、次の瞬間、受け取り拒否になってもおかしくないし、ブローカーが兌換を拒否したらそれで価値は消滅します。

ビットコインブローカーであるマウントゴックスの詐欺事件からたった数年しか経っていないのに、また、人は投機に夢中になり、チューリップバブルを起こしているのは人間の欲は限りがなく、些細なキッカケでリスクに対して盲目になるからでしょう。将来、教科書に載るような事件かもしれません。

まとめ

この手の現象は胴元、ブローカーが儲けて、実際に手を出す人は大やけどするんですけど、IT時代にふさわしいというか、個人がブローカーになって、ブログなんかで宣伝しているんですよ。その可能性を信じて、自分でものめりこんでいる人なら、まだいいと思うんですが、自分ではほとんど持たずに他人を引きずり込むことに集中しているブロガーが多いのが印象的です。

どこが着地点(最近は何でもイグジットと言いますねw)なのかわかりませんが、壮絶に暴落して、ブロックチェーンというシステムだけが残り、仮想通貨バブルとして研究対象になるのではないかと思います。それ以外にどういった将来があるのかわかりません。

なので、この記事を叩き台にして、仮想通貨についての見解をもらえないでしょうか?出来れば、買ったことがある人が本音でコメントしてくれると私も勉強になりますので、よろしくお願いいたします。

1+

投稿者: シン

思いついたことを記事にして、コメントをもらって、議論するのが楽しくてブログをやっています。

“じゃあ、仮想通貨” への 23 件のフィードバック

  1. ブロックチェーンのように、中央管理者を置かない通信手法といえば、p2p(サーバーを介さずに各pc同士で直接通信するネット技術のこと)は以前から存在するので、新規技術というわけでは無さそうです。
    仮想通貨と法定通貨の違いは、国家が価値を保証してくれるかどうからしいです。裏を返せば、発行元が国家より力があるなら、法定通貨より安全とも言えます。小国の歳入が10兆円程度、グーグルの時価総額が60兆円程度としたら、どっちの発行通貨が信頼できるか?悩ましいところです。

    0

    1. P2Pってセキュリティに問題があるんじゃかなったでしたっけ?だから、中央管理者がいないシステムでも仮想通貨には使えないんということだったと思います。であるなら、中央管理者がいない、セキュリティに優れる、ということが画期的なんでしょう。

      グーグルが信用保証をしてくれるなら、小国の通貨よりも信頼出来ますね。有形無形の資産は山ほどありますし。

      シン

      0

      1. なるほど、p2pに相互監視機能をつけたことが画期的なんですね。

        >ビットコインは特定の誰かが信用を与えて機能しているわけではないので、従来の通貨の概念を覆しています。
        この点が最も興味深くて、グーグルの信用を利用する案は、的外れでしたね。信用が無いのに機能する点が凄いことで、誰かが信用を与えるなんて古いという指摘が、仮想通貨支持者の言い分なんだと思います。ただのバブルではなく、信用が無くても安定する理屈を、私が知らないだけかもしれません。

        0

        1. 例えば、新聞とネットの関係を、法定通貨と仮想通貨の関係になぞらえてみると、ネットも黎明期は信用はなく、便所の落書きと貶されていた訳ですから、仮想通貨も本当にただのバブルか?と疑問が生じます。

          0

          1. 色んな問題があり考えさせられます。

            ネットも最終的には誰かがきちんと管理している情報以外は相手にされないので同じではないか?と思います。コミュニケーションの仕方は変わりましたが、情報源としては従来のマスコミがメインソースですし、ブログや掲示板も一定の信用を得てないと大きくなりません。ほぼ全ての情報媒体は大手主催、もしくは個人がある程度の信用を得て収益化に成功したものです。

            ぬるりブログですら私が駄文を書き続けてきたという「信用」でナマケモノさんは応援してくれるわけで昨日ブログを始めた人を応援しますか?という話にもなります。

            仮想通貨は誰も信用を与えてません。信用を介在しない関係が成り立つのか?というのはかなり壮大なテーマです。成り立つのであれば人間社会はかなり変化するでしょう。

            シン

            0

          2. >情報源としては従来のマスコミがメインソースですし
            ここが答えな気もします。仮想通貨もツールとしては有用ですが、現在の仮想通貨母体には信用が無いので、手を出さないでおこうと思います。

            0

          3. 私の考えはそこです。ツールとしては素晴らしいが、母体は脆いので信用できないです。

            シン

            0

  2. ビットコインに加えて、最近はVALUというものがあるようですね。自分の価値を売り出し、つまり上場して買ってもらえるサービスのようですが、怪しさ満点でよくわかりません。

    日本人ほど現金取引を好む国民はいないというデータがあります。日本人はクレジットカードだと使いすぎてしまうという不安を持っている上、偽造通貨がほとんど流通していないので、現金に対する信用が高いのだそうです。
    サイゼリヤのように、未だに現金払いオンリーにしている店もありますし。
    日本人のクレジットカード保有率は高いですし、電子マネーがこれだけの種類、出てきているのに不思議な国民だと思います。

    アメリカはクレジットカード決済が中心で最近はapple payが使われるようになった感じ、中国はデビットカード(銀聯)とアリペイ、ウィーチャットペイといったスマホ決済アプリが中心らしいです。
    日本人は現金決済を好み、それに続くのが電子マネーでしょうか。
    このように、国によって支払方法が全然異なるのは面白いですね。シンガポールはどうなのでしょうか。

    0

    1. VALUはビットコインのアフィ誘導みたいに使われてますね。上場している本人たちもさほど信用してないように見受けられます。

      シンガポールは地下鉄に乗るSuicaみたいなカードで払ってます。旨味がないのでそんなに流行ってません。後はデビットカードです。クレジットカードのポイント、割引競争が激しいのでみんなカードで決済したがります。

      1セント硬貨が存在しないくらい現金取引は面倒だと政府は思っているようですが、屋台なんかは現金取引で売上はグレーゾーンです。だから、物価を無視したほど安いです。

      シン

      0

  3. シンさん、復活されたんですね。
    なんかちょっと落ち着かれた印象を受けますが、ブログ運営楽しんで下さい。
    valuもTwitter界隈ですごいことになってますが犠牲者が出るのではと心配ですね。

    0

    1. はーい、ありがとうございます!

      ほぼ間違いなくvaluの犠牲者は出るでしょう。よくある詐欺です。議決権、配当もない上場があってたまるか!っと思いますね。

      シン

      0

  4. Bitcoinについては2013年からウォッチしていますが、ボラティリティが高すぎて今も投資対象外です。
    仕組み自体は素晴らしく、どんどん現代社会に浸透すれば良いと思っています。ツールとして、使う分には最高ではないでしょうか。

    通貨の信頼付与は中央政府ではなくネットワーク上でつながったノードが分散処理し、
    Bitcoinネットワークの信頼性を計算・検証(マイニング)することで担保をとっていますが、Bitcoinの仕様上4年毎にマイニングしてもらえるCoinの数が半減します。

    今後のマイニングは、電気代の方が高くつき、一部業者以外コストメリットが見いだせないのではないかと思っています。であれば、51% attackなどのリスクがありますので、通貨としては未熟な面があると思います。

    繰り返しになってしまいますが、Bitcoin自体は素晴らしいです。後は我々の使い方に委ねられており、社会に馴染むまでもう少し時間が必要だと思っています。
    (Bitcoinの思想通りいけばMTGOX事件がおきてもBitcoinは消失しない。)

    0

    1. 私も仕組みが素晴らしいことは理解しているんですが、誰も信用を与えない、というものを我々人類が使いこなせるのか?、と言う疑問に対して大丈夫だと思えないんですよ。すでに詐欺の道具になってます。

      シン

      0

    2. 信用が無くとも、自浄作用が働き安定するのかなと調べてみましたが、納得できる回答は思いつきませんでした。ここでの信用はセキュリティのことではなく、信用=権力と思っています。
      仮に、金正恩が正恩coinを発行し、暴落したらミサイル1本と告知した場合、世界中で買い支えて、coin暴落は起こらず、北朝鮮が緩やかな復興をするかもなぁと思ってしまいました。

      0

      1. あ、手に入れたお金でさらに武装して、世界征服を狙ってきますね。超危険です。仮想通貨が怖くなってきました。

        0

        1. 「信用」というのは権力である必要もないですが、権力で作ることが出来るので、「核」という武器を支柱にしてそれを「信用」に変えればお金に出来ますね。

          シン

          0

  5. リクエストに応えて頂きありがとうございます。
    一ヶ月ほど前にアルトコインを購入し、将来性についてシンさんに伺いたくリクエストさせて頂きました。

    あくまでバブルであり、どこかで価値が暴落するというのがシンさんの見解なんですね。
    過剰な期待に対しての戒めとなる貴重な意見として受け止めさして頂きます。

    ただ、この記事で仮想通貨の長期保有をやめとおこうとは思いませんでした。
    確かに胡散臭い人間が勧めていたり、マルチ商法に用いられるなどされているため、私も最初は怪しい印象を持っていました。
    しかし、書籍などを読んで技術的な革新性と、単なる送金システム以外の応用に可能性を感じ、購入してみました。

    ただバブルが弾けて終わるのか、私たちの生活に根付くものになるかは誰にも分かりませんが、後者にかけてみたいと思います。

    上記のコメントの流れで言及したい点は、
    マウントゴックスの事件はあくまで取引所からコインが盗まれたのであって、ビットコイン自体のセキュリティはやられてはいません。

    51%攻撃に関しては今や採掘に使われている計算力(電気代)は莫大なものであることから現実的ではない。
    また、それだけの計算力を用意できるのであれば素直に採掘した方が経済的合理性に適います。

    後発のアルトコインでは51%攻撃と莫大な電力量・処理時間の短縮に対策をとった proof of stakeという仕組みが用いられています。

    なんだか仮想通貨を必死に擁護してしまうような形になってしまいました。
    価値が100分の1になってしまうリスクを承知し、もし100倍になったら最高だなというギャンブラー感覚で購入したので、一般の人にはおすすめしません。

    0

    1. 仮想通貨の仕組みの素晴らしさは理解しているのですが、それを取り扱う人間が素晴らしくないのでマウントゴックスのようにブローカーが詐欺したり、中国人のマネーロンダリングに使われマルチ商法の道具になっています。アングラ過ぎるので「信用」を誰も与えない、得られないと思います。でも、捨て金を放り込んで100倍を狙うならいいかもしれません。

      シン

      0

    2. MTGOXですが、利用者はMTGOXに秘密鍵の権利を与え、実質的にBitcoinを差し出した状態で取引を行っていました。つまり、Bitcoinが無くすはずの中央集権化リスクが発生していました。一つの会社で多くの人のお金を預かり、たった一人に秘密鍵の権限を与えていたのです。

      Bitcoinウォレットの秘密鍵にアクセスできれば、外部から勝手に取引することが可能です。それに気づいたHackerがAttackをおこし、事件になりました。これはBitcoinが持つ分散処理の良さを殺した運用上の問題です。ですから、Bitcoinの性質とは何ら関係ないのです。このようなアンチパターンを繰り返さないために、社会に馴染むまでもう少し時間が必要だと思っています。

      個人的には、Satoshi Nakamoto氏はBitcoinが短期間でここまでの市場取引量を確保する想定をしていなかったはずです。詳しくは割愛しますが、追記しかできないブロックチェーンの仕様上、ここまでマーケットが大きくなると1取引のコストが上がります。事実、Bitcoin登場時点から今に至るまで、取引コストは上がっています。

      0

  6. 仮想通貨は不勉強なので、良い機会になりましたね。

    金融庁が今年の4月から仮想通貨交換業者を認可し始めていますが、まだ登録業者はなしのようですね。
    http://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf

    以前から行っていた業者は半年の猶予があるようです。
    10月にどうなるか注視ですね。

    日本の金融庁が認可して国内を厳しく取り締まったとしても、海外で不正が行われていては意味がありませんけどね。

    信頼できるようにするなら、運営するには、交換所のある国のすべての政府の認可を必要とし、
    実際の通貨と仮想通貨の交換記録が管理され、不正が行われたら記録を追えて、国を超えて取り締まりが出来ることが必要かなと思います。

    今の状況は素人が手を出すのは危険という認識でいます。

    0

    1. 政府管理なら通常の通貨とかわらなかなりますし、FXじゃん?、となります。そうすると、そんなに魅力がなくなると思います。中国人がマネロン出来なきゃ、市場は閑散とするでしょう。

      シン

      0

      1. マネロンがバブルのように膨れ上がり、それが破裂したら、次の景気後退のきっかけになるくらいの威力がありそうですね。

        その前に世界中の政府から目を付けられて、
        結局のところ、現実の通貨と連動し、FXと大差ないものに落ち着くのではと予想しています。

        0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です