じゃあ、白人大好き

白人大好きな人って日本人に限らずそこらじゅうに溢れていて珍しいものでもありませんが、その精神構造を記事します。

天下

200年くらい白人(アングロサクソン)が世界の主導権を握り続け、彼らの常識が世界の常識となっているので、白人様には敵わない、という刷り込みがあります。白人が自分達に対しても、この感情を持っていて自分達白人は他の人種よりも優れていると極自然に思っています。

そのため、深い付き合いになると、その優越感がむき出しに成ってくることも少なくなく白人と結婚した非白人はそのコンプにさいなまれることも少なくないです。ワガママで有名な中国人女性ですら白人男性と結婚すると言いなりらしいです。この優越感は根深いです。

権力を持っている、ブランド力がある人間に媚びてしまうのは人間の悲しいサガですし、特に女性が強い男性を望むのは当たり前だといえます。キャリア女性が同じ人種内で自分よりも強い男性がみつけられないと、代償行為として白人男性に行くのは当たり前といえば当たり前です。

母語を同じくしない人間のコミュニケーションは英語、主な国際ルールはアングロサクソン発祥、世界中から優秀な人材がアングロサクソン国家のアメリカを目指し、世界一の経済大国である限りはこの風潮はなくならないでしょうし、我々が生きているうちにこの優勢が消え去ることはないだろうと思います。

建前

白人、特にアングロサクソンって建前が大好きで、常に建前トークしますから、そのキレイごとに酔ってしまう人がいて、二言目には「海外では、、、、。」と言い出す人がいます。こういう人は大して海外を知らないことが多く、単に建前の部分に酔ってしまっているわけです。

まぁ、自分に都合のいいところだけ切り取った主張をしているので、当の白人すらもその手の都合のいい主張にオイオイと思うでしょう。彼らは個人主義を徹底していて、自分に害がなければ黙っていますから「バカじゃねえの?」とは言いません。

白人は自分自身にすら建前、キレイごとを言い続けて、目的を果たす為に追い込んでいくので、我慢できないレベルになると精神的に壊れてしまうことも珍しくありません。そういう文化の中で育っているので、実態はともかく、自信満々に振舞います。

彼らの合法搾取のノウハウは素晴らしいもので、やはりアングロサクソンは白人の中でも図抜けた搾取スキルを持っています。同じゲルマン系でも、ドイツ系は搾取があまり得意ではないのは面白いところです。英国植民地政策は絶妙な生かさず殺さずです。

当然、白人の優れた点はありますが、やはり表裏一体というか、問題点もあり、単に白人サイコー、日本人クソ、というような単純なことはあり得ませんよ。白人の裏を見た上で白人が良いと思うならそれでも良いと思いますが、アジア人との相性は一般的に悪いです。

肉体

やはり、白人は男性的です。黒人はもっと男性的なので、お金や権力を持ってなくてもモテるんですよ。欧州では貧乏なアフリカ系が現地女性を捕まえているのも珍しくありません。彼らはアプローチの仕方もガツガツしてますし、打って打って打ちまくれ!とばかりに女性に喰いつきますし、ベッドインを明確に目的にしています。

アジア人男性が他人種の女性に相手にされづらいのは女性的過ぎるからで、アジア人アイドルなんかは他の人種にはゲイにしか見えないようです。日本で天下取ったジャニーズ芸能人がアメリカに行っても相手にされず、渡辺謙さん、真田広之さんみたいな男臭い男前しか受け入れられないんですよ。

実際、日本人男性の細身でナヨナヨした感じは白人、黒人ではゲイ特有の雰囲気です。日本人男性が好きなスキニージーンズはゲイ御用達ですしね。アジア人男性はゲイに大人気です。ほとんどのアジア人男性がネコ側らしいです。

だから、アジア人女性でも、アジア人男性のナヨナヨした感じでなく、男性的な雰囲気にやられる女性は珍しくありません。特に白人は大人気になるのは当たり前だと言って良いでしょう。ブランド力、男性力を兼ね備えた理想の男性となります。

逆に白人大好きアジア人男性が白人女性が好きな人は少なく、単に白人文化や、エリートっぽさが好きなだけで、白人女性を落とすために筋トレしていたり、少数派のアニメヲタク白人女性を狙って日夜努力していることはほとんどありません。白人女性は男性的なので性対象は女性的なアジア人女性が良いのでしょうね。

経済格差の激しいロシア、ウクライナ人女性を斡旋するお見合いサービスは日本にもありますが、アジア人女性と比べるとメジャーとは言いづらいのはアジア人男性にとって白人女性が性対象にはなりづらいと言うことはありそうです。

まとめ

白人大好きなのは結構だし、偽白人になるのもいい、白人文化にどっぷり浸かるのも良いですが、そういう被れた非白人を白人は嫌います。だから、まともな白人が寄り付かなくなるだけで金と体目当てのカスにしか相手にされなくなりますが、それでもやりたいことはやったらいいと思います。

でも、アジア人X白人って、色んな意味で一般的に相性が悪いですよ。アジア人女性は女性的なので男性に甘えるのが好きですが、白人男性は甘えは許しません。専業主婦なんて以ての外、専業主婦を継続することが離婚原因になることすらあります。感情任せに喚いたり、暴言、DVすれば白人男性は我慢せず、すぐに家を出て行き二度と戻って来ません。

特にベッドでの相性が堪えると言います。白人男性を夫に持つアジア人女性が生理中、妊娠中、出産直後すら求められて気が狂いそうになるとか、白人女性を妻に持つアジア人男性がとんでもない回数をこなせずに心身ともに疲弊するとかはザラに聞きます。お互いに付き合いはじめの新鮮な頃はともかく、結婚して何年も経ってそれはキツイですよ。でも、白人はそれをこなしているんです。

と言うわけで、自分は生まれる人種を間違えたな、白人に生まれるべきだった、と言う人は良いと思いますし、逆にパートナーがアジア人的思考の持ち主なら良いと思いますが、典型的なアジア人が白人に上っ面で憧れて深く関わると、その違いに頭がおかしくなるほど追い込まれることがあるので要注意です。

白人男性でもマイノリティーのギーク系非リアで、真面目な文化系男子なら一般的日本人女性にも合う可能性があります。ドイツ人は白人の中ではシャイな方ですし、日本人との相性は比較的いいんじゃないかと思います。まさに肉食のアングロサクソン、パーティーアニマルのラテンみたいなコテコテは相手にするのがどんどん苦痛になるでしょう。

16+

投稿者: シン

思いついたことを記事にして、コメントをもらって、議論するのが楽しくてブログをやっています。

「じゃあ、白人大好き」への35件のフィードバック

  1. シンさん
    私は、以前にかりりんさんから紹介していただいた英語のサイトで拝見しましたが、日本人男性の魅力についてはシャイだけどやさしいのと家族のために仕事を頑張ってくれるところが魅力だと書いてありましたね。
    あと、白人男性って飽きたらすぐに離婚するらしいです。

    話は変わりますが、上記の白人女性に求められて回数こなせないってのは笑いましたけど。

    1+

    1. ニコさんはそれにかなり拘っていましたが、白人女性に興味アリですか?w アジア人男性に興味を持つ白人女性はやはり少数派ですが、かなりニッチを攻めることができるならゲットできるかもしれません。ニコさんは筋トレもしっかりしていますので、白人女性が求める回数もこなせるんじゃないでしょうか?w

      シン

      5+

  2. 今回も興味深く読ませていただきました。ありがとうございます。

    ギーク系非リア白人男性をパートナーにしている日本人女性の多くは幸せそうに見えますが、まあまあ以上のレベルの白人男性の隣にいる日本人女性がひどく疲れていたり、躁鬱っぽく見えることが多いのは、「甘えが許されない」「強い性欲に応えなければいけない」「パートナーの白人交友関係に参加しなければならない」などの影響があるのかなと思いました。

    日本人は「本音と建て前の民族」として語られますが、白人の建前キープ力には絶対に敵わないと思いました。あれはそういう文化の中で育つからなのですね。

    例えば某TV番組の実験観察では、日本人男性は初対面の女性に上っ面の言葉は丁寧ですがズケズケと年齢を尋ね、若い女性だけをチヤホヤし、中高年女性を放置。その結果、ターゲットである若い女性からも、若さしか見ていない、若くなくなったら捨てる気か、他の女性にも失礼だ、と嫌われていました。しかし、白人男性は若い女性が大好きという本音を上手に隠し、すべての女性を褒めてやさしく接し、結果的にターゲットである若い女性を、大人の女性をも大切に接することの出来る白人はなんて素敵なのかしら、と陥落させていました。

    実際に、白人男性が日本人女性を口説いているのを飲み屋で聞いていると、日本含めアジア男性の余裕のなさが目立ちます。彼らの多くはプロセスは違えど、最終的に本音を吐いて弱みを見せ、女性に同情してもらおうと考えています。お情け頂戴のタイミングをうかがうのに懸命で、口数が多く、やたら飲ませようとします。お金を持っていても余裕がありません。やり口が男っぽくない、女々しいと感じます。

    対して白人男性は白人ブランドを掲げて、余裕たっぷりです。背がかなり低い、頭髪が寂しい、肥満、地頭が良くない、などのハンデを重ね持ちしていても自信満々です。褒めて褒めていい気持ちにさせ、女性の話を興味深く聞いてあげる小芝居をして、いいタイミングでお酒を奢ります。結果、女性が釣れなくても、おしゃれなセリフで締めくくり、自分に酔っています。女性に声をかける、褒める、持ち帰りに成功するという経験値が豊富なのでしょうね。なんでもそうですが、スキルを確立させるためには、豊富な実施経験がものをいいます。

    多くの白人女性もやはり、男性と同じように強い建前キープ力を持ち、搾取スキルも優れているのであれば、アジア男性ではとても太刀打ちできそうにないですね。おまけに性欲も凄くて、優越感たっぷりとなれば、もうお手上げです。アメリカ白人男性に老若問わずランニングをする人が多いのは、前立腺を鍛えるためだと読んだことがあります。勃起不全は即離婚なので、彼らは必死に走っているのだそうです。それで心臓や膝を壊せば十分につとめを果たせなくなって即お払い箱ですから、アメリカ白人男性に生まれてアメリカ白人女性を相手にするのは大変なのだなと思います。人類の王者たるアメリカ白人男性に生まれても、勝ちっぱなしというわけにはいかないのですね。

    8+

    1. 大変面白く参考になるコメントでした。
      建前死守であっても、あくまでその場限り形だけでも双方面目の立つ振る舞いをする社会も経験してみたいです。漫画や書物でみる平安貴族の社会を思い起こしました。

      他のコメントでアジア人男性女性的な話題が出ていますが
      日本の少女漫画、女性向けゲーム等の男性キャラクター達は
      白人から見たら女性にしか見えないのではと思うくらい
      線が細く華美でキラキラしています。日本女性は「美しさ」が好きで、そのベクトルは「女性的な美」なのかなと思いました。
       ただしリアルでモテてる普通の人や好感を持たれている人達は
      そのような尺度とはあまり関係ない感じですが、清潔感や小ぎれいさが評価され、汗臭さは一般受けしない(個人の好みが大きいですが)気もします。
       宝塚でも「(女性的な)美」が「カッコ良さ」として評価されていると思うので、日本にはそういう趣味の人が多い傾向があるのかも知れません。
       

      1+

      1. カプメン様
        こんばんは。日本の芸能事務所によって売り出される俳優、男性アイドルは、カプメン様の言われる「線が細く華美でキラキラ」した人が多いですね。たまにワイルドな雰囲気をまとって出てくるタイプもいますが、主役や中心を担うタイプは稀です。スタイルも坊主や派手系色染髪、髭を生やす程度であり、お肌は女性のようにツルツルです。身体を鍛え上げたり、タトゥーを入れたり、本気でワイルドを目指すと、多くの一般女性からの支持を失いがちです。

        最近は知らないのですが、一昔前のハーレクイン・ロマンスは、胸毛の描写は必須事項でした。執筆に際してそういう決まりがあるそうです。欧米の価値観では、濃い胸毛は男性のセックスアピール。日本女性は胸毛はもちろん、濃い体毛が苦手な人が多いです。身体を鍛えればボディデザインの基礎も知ろうとせずに「ムキムキはイヤ、気持ち悪い」などと切り捨てます。体毛と筋肉を完全否定されたら、どうしても女性的になってしまいますよね。

        男臭さ、野性味を避忌する一般的な日本人女性には、黒人男性はあまり人気がないと思います。穏やかで知的なタイプの黒人男性に出会うチャンスも、日本国内では多くないでしょう。ちなみに、飲み屋で話したガーナから来た黒人男性は、日本人女性を口説くときはニューヨーク出身だと嘘をつくと言ってました。同じ黒人でも食いつきが全然違うそうです。日本人女性の欧米ブランド好きは、こういうところにも出るのかと思いました。

        ギタリストのMIYAVI氏がハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリー氏を夢中にさせ、あのブラッド・ピット氏が嫉妬でおかしくなっていたという話を読み、そんな日本人男性がいたのかとチェックしたところ、ワイルドな雰囲気でタトゥーが印象的な引き締まった肉体と日本人離れした開放感を持ち合わせてはいますが、基本的にはやはり女性的な美しさを持つアジア的な男性でした。X JAPANのYOSHIKI氏も白人女性にかなり人気があります。しかし、ミュージシャンとしての才能やステージでの振る舞い、メッセージやカリスマ性などがプラスされるので、MIYAVI氏にしろYOSHIKI氏にしろ、日本人男性としてのルックスが好まれているかどうかはよくわかりません。あの才能レベルになると、何人かどうかはもう関係ない気がしますけれども。

        >ただしリアルでモテてる普通の人や好感を持たれている人達はそのような尺度とはあまり関係ない感じですが、清潔感や小ぎれいさが評価され、汗臭さは一般受けしない(個人の好みが大きいですが)気もします。

        一般の日本女性の需要に合わせていけば、清潔感、小ぎれいさは必須で、体育会系の汗臭さは歓迎されないように思います。現代日本女性の同調したい、して欲しいという基本性質から見ると、日本男性は女性っぽい方が好まれ、同調圧力の外へ出たい、という強い願望を叶えるためには、白人男性ブランドがわかりやすい効果を発揮するものと考えます。

        3+

        1. マーライオネス飛鳥様

           日本女性にとって白人成人男性は体格差がありすぎてちょっと怖いのかも知れません。
           女性的ルックスな男性・・・暴力的イメージが少ない分安心出来るのかも。
           一部のロリコン男性・・・・成人女性は怖いが、少女なら安心出来るのかも。
           ちなみに人気とされていた向井理さんやヨン様は、私にはおばさん(つまり女性)に見えます。
           以前から一部日本人の特殊性癖はなぜなのか知りたいと思っていました。(公共の電波で美少女アニメが無数に放映されている、二次元に入れ込む人達が普通に社会に存在する、カワイイものがもてはやされる価値観) 
          セクシーグラマラスな女性より、華奢ーでほそーい、背が高く無い女性が人気・・・日本人男性自体が華奢で背が低いせいでしょうが・・。
          白人黒人と比較して日本人、アジア人は明らかに体格が発達不全に見えますが、日本・アジア人は幼形成熟という話もあり、白人的成人男性体格は、日本人にとって「人間」カテゴリー外なのではないでしょうか?(サルの世界ではネオテニーは進化らしですが日本人は白人よりアルコールや乳糖耐性が低かったり機能的に劣る面が多く疑問です)
          それにしても日本人は趣味が変だと思います。無機物でもなんでもキャラクター・擬人化するし、二次元に入れ込む人が多すぎです。

           ハーレクインは大昔読みましたがストーリー自体がかなり面白かったです。そういえば日本人で鍛えた体+胸毛というのをリアルでも映像でも見た事ないです。
          体格的に胸毛映えしないのではないでしょうか?色も真っ黒で暑苦しいですし。

          2+

          1. カプメン様
            アジア女性をステディな相手としてターゲットにしている白人男性は総じて、体格が小さめだと感じます。顔が整っていても、身長がアジア系と変わらないとか、骨格が華奢で極端ななで肩だったりします。本国でもモテて困る、というようなルックスの人はまず見ないです。しかし、日本人女性には受け入れやすいのかもしれません。「体格差がありすぎてちょっと怖い」くらいの白人男性は、米兵を見慣れている地域の日本人女性やマニアでないと相手には出来なさそうです。しかし、白人男性の男性らしいボリュームのあるエネルギッシュな身体を一度でも知ると、日本人男性含めてそれ以外の人種はもう二度と相手にできない、と明言する海外帰りの女性も知り合いに何人かいます。かといって、白人男性と結婚生活をしたくはないので、全員が独身を貫く覚悟をしています。白人男性を知らない方がよかったのかもしれません(苦笑)

            >それにしても日本人は趣味が変だと思います。無機物でもなんでもキャラクター・擬人化するし、二次元に入れ込む人が多すぎです。

            同じことを感じていました。私は日本文学学科の出身で、衝撃的な資料およびその愛好者を目にする機会も多くありました。趣味の内容はさておき、趣味として楽しむ領域を越え、人生の時間とお金のほとんどをつぎ込む人の多さ、国内だけで巨大マーケットになり得る事実、そして好意的に扱う大手メディアにも驚きます。

            アメリカ育ちのシンガポール人男性レポーターが日本のアニメオタクを取材するドキュメントを見たことがありますが、番組が進むにつれてレポーターから笑顔が消え、美少女Tシャツを着た彼が「She is my wife」(”俺の嫁”を直訳)と言ったところで完全にひいていました。「キャラクターがあなたの奥さんって?会話をしたり、一緒に食事をしたりできないでしょう?」などと、混乱しながら質問をしてました。かなりライトなオタクなのに、理解を寄せるのはむずかしいようでした。日本人ならばオタクではなくとも、心のよりどころ、支えとしての”嫁”だろうな、などと理解を寄せることはできるだろうと思うのは、一応、人型をしているからでしょうか。私にとっては、惑星探査機の「はやぶさ」に入れ込む人たちの方が理解不能でした。しかし、彼らはおそらく無機物と本気で恋愛をする人たち(=対物性愛)に、ある程度理解を寄せられるのかもしれないですね。多種多様な趣向を持つ人間が深刻な社会的迫害を受けず、ある程度の理解も得られて暮らせることは、日本のいいところだと思います。

            3+

        2. マーライオネス飛鳥様

           そうです。はやぶさの事を書きました。機械にまで強く感情移入する日本人ってなんぞ?と強く思いましたw 日本人はマニアック、オタクな感受性があると感じます。何故なのか?
          マーライオネス飛鳥様が述べられてる「同調したい、求める」というのはすごく腑に落ちました。
          日本人的気質は、自分と他者との境を割と簡単に乗り越えてしまうのかもしれません。
          個人主義がデフォルトの国の方々とは大きな違いがあるのだろうと想像します

          とはいえ、いざ白人と付き合うと、生物として絶対的な魅力があり、他の人種を凌駕するという話は興味深いです。

          1+

    2. 白人の建前キープのための努力は本当に涙ぐましく、裏を返せば誰もが羨む理想の白人家族・カップルが美しい体面とは裏腹に泥沼の人間関係をひた隠し醜悪な秘密を持っていることも多く、時折それが表に出てスキャンダルになっています。同性愛に反対するカトリックの神父さんが実は裏で少年とレイプセックスしまくっていたり、常に前向きで強いリーダーを演じている経営者が抗鬱剤依存だったり、理想的な家族を演じている保守的夫婦が裏では不倫三昧だったり。

      身近なところでは、幸せそうな家族を持っていると思ってた大学時代の同級生が、泥酔した勢いで自分の両親の裏での崩壊っぷりを暴露したことがあります。実は父親は保守的な環境で無理して結婚したゲイで男の浮気相手がおり、夫とのセックスが無くなった母親は父親が留守の間に乱行パーティーを開いていたと吐き捨て、凍り付いたことがあります。ケネディーや、一時大統領候補とも目されたジョン・エドワーズなどの政治家も表向きの理想像とは裏腹に不倫三昧、乱行パーティー、婚外子など裏では泥沼です。

      4+

      1. しゅうまい様
        >白人の建前キープのための努力は本当に涙ぐましく、裏を返せば誰もが羨む理想の白人家族・カップルが美しい体面とは裏腹に泥沼の人間関係をひた隠し醜悪な秘密を持っていることも多く、

        欧米の映画を見ていると、そういう”誰もが羨む理想の白人家族・カップル”の”美しい体面”が崩壊していくところが描かれていることが多々あることに気付きました。ありがとうございます。ハリウッドスターのゴシップが人気なのも、そういう一面を見て、白人庶民も安心したいからなのでしょうか。白人が理想の白人を演じることから下りる、ということもあるのでしょうね。インドあたりで沈没していたり、日本などで女性に化粧品や英会話レッスンを押し売りしている白人がそれにあたるのかと思いました。

        1+

  3. アジア人男性はゲイの世界でモテないみたいですよ。白人、黒人、ラテン、アジア人の中で一番人気ないのがアジア人男性らしいです。
    ゲイは男が好きなので「女性的」であることはプラスになりません。体格の良い、男っぽいタイプがモテるみたいです。だからアジア人男性は白人黒人のゲイには相手にされず、海外に住んでるアジア人ゲイ男性は落ち込むとか・・・。
    自分はゲイじゃないのでモテなくても全く構いませんが(むしろモテても困るはずなんですが)異性愛の世界でも散々アジア人男性は一番モテないとか言われて、ゲイの世界でも一番モテないとか聞くとなんか微妙な気分になりますw
    もちろんアジア人男性が好きという白人黒人ゲイ男性も少数はいるでしょうけどね。

    0

    1. 統計データがある話ではないので、アジア人ゲイがモテル、モテナイを立証することは出来ませんが、私が知る限りでは白人社会でアジア人ゲイは人気があり、相手に困っているタイプを見たことないです。むしろ、本国よりも生き生きしているように見受けられます。

      わたしが知る限りでは男らしいゲイがモテルというほど単純な構造ではなく、まずはタチ、ネコという二種類が存在して、男っぽいタイプはタチに属するらしいです。女っぽいゲイ、ネコにも需要があり、そちらにアジア人ゲイは属すことが多いらしいですよ。男らしさで勝負するなら、アジア人、白人ではゲイの世界でも勝負にならないでしょうね。ゲイは必ずしも対になるわけでもなく、ナルシシズムから同属を選ぶこともあるようで、両方ナヨナヨしたカップルも見ますし、両方とも男らしいガチムチも見ます。奥深い世界ですね。

      ゲイは芸術で名を成す人が極めて多いので、一般人よりも好みが繊細で、複雑なんだろうと思います。

      シン

      0

      1. それにしてもアジア人男性がゲイに大人気というのは疑問ですね。やはり現代の美的感覚では白人が格好よくもあり美しいわけなので。白人を差し置いてアジア人男性がチヤホヤされるのは想像しがたいですね。実際、海外でアジア人ゲイがモテないという話は聞いたので、多分、アジア人を好む白人ゲイは一部の(どちらかといえば?)マニアな趣向の人なんじゃないでしょうか。
        でも一部にしろ好きな人がいるならヘテロの世界よりマシですがw自分は白人女性好きなんですけど、これは確かにアジア人男性の中で少数派に思いますね。自分にはアジア人女性より胸やヒップや肉付きが良くて「女性的」に思うんですけど。背が高い、骨格が大きいというのが気後れさせるんでしょうね。この辺は女性的とか男性的の定義にもよるように思います。私からすると華奢とか小さいというのは女性的というよりも子どもの特徴で、「幼児的」「未発達」という感じ。(アジア人女性ごめんw)

        2+

    2. ゲイ人口が大きい都市に住んでおり、ゲイの人達と仕事することもよくありますが、概ね最さんの理解が現実に近いと思います。欧米社会では理想の美の基準が白人なのはゲイの世界もストレートと同じで、基本的には男らしいマッチョな白人がヒエラルキーの頂点に立ち、女性的なアジア人はモテない傾向のようです。

      特にゲイの人達は本質的に男性的な特徴に性的興奮を覚えることからして、極端に男性性を強調するような見た目に憧れる傾向にあり、筋肉量や体格が華奢で体毛(ヒゲ、胸毛)も薄いアジア人男性への需要は多くはないようです。更に下世話な話ですが、多くのストレートの男にとって女性の胸のサイズが重要項目なのと同様に、ゲイにとって相手のペニスのサイズは重要項目のようで、一般的に白人や黒人よりもペニスが小さいと思われているアジア人男性はその点でも人気があるとは言えないようです。一方で、ゲイの性的指向の多様性はストレートよりも幅が広いようで、女性的なアジア人を専門するゲイも一定程度おり、アジア人男性は本流のモテ筋ではないが、一部のアジア人専門ゲイからはモテる、というのが現実ではないかと思います。

      シンさんの指摘している通り、一定の分野で才能を発揮する人にゲイが多いのは本当で、取引があった業者の中ではインテリア・デザイナー、マーケティング・ブランド・マネージャー、フィットネス・コンサルタントなどの分野では下手したらゲイが多数派なんじゃないかと思った位です。

      ゲイのマーケティング・マネジャーが言っていましたが、流行を作る黄金パターンはゲイ>ティーン>女性>その他大衆だそうで、まずゲイを攻略すると、お洒落好きの女子供が食いつき、一般大衆に波及しブームになった頃には既にゲイには廃れている、というサイクルだそうです。アバクロの当初戦略がまさにそれで、まずゲイの理想とするイケメンマッチョ白人の半裸モデルを起用(衣料品広告なのにモデルが服を着ていないという矛盾はあえて無視)することでまずゲイの間で人気に火が付き、それがティーンに拡大、女性と一般大衆に広がる頃には既にゲイには廃れ始め、それからは凋落一方とのことです。才能があるゲイと仕事をするのは楽しく、通常は上司や周りの男にちやほやされて調子に乗っている美人女性社員に、遠慮なく辛辣で小気味よい皮肉を吐いたりするので、見ていて面白いです。マツコ・デラックスの女子アナ叩きを見てる気分です。

      2+

      1. そうですか、私の認識違いのようです。ご指摘ありがとうございます。シンガポールにいる白人ゲイは元からアジア人ゲイが好きだからアジアに来ているタイプなんでしょう。アジア女性専門白人男性みたいなタイプの変わり者なのかもしれません。

        最さんの指摘のおかげでゲイ業界に詳しいしゅうまいさんからのコメントが得られました。ありがとうございます!本当はゲイの人からコメントもらえるとよりいいですが、それは難しいでしょう。

        私はストレートなので実利はありませんが、いい勉強になりましたw

        シン

        0

        1. こんにちは。ゲイを30年くらいやらしてもらってますが、女性的なゲイがモテることは、東京でも他の外国でも実感はありません。日本ですら王道はやはり伊藤英明みたいな感じでしょう。
          一部東南アジアの国では、白人のおじさん、というよりオジイさんが華奢なアジア人を狙いに来ていますが、少数派です。そういうオジイさんもお金があれば白人をいってると思います。
          見た目至上主義の私達の世界では、身体ができていない人は、一部のフェチ以外からは相手にされないどころか軽蔑の対象にもなっています。
          東京はまだマシですが、シンガポールは特に世界中でも一番特殊なところで、身体が全て、という価値観で支配されています。(現地ではエビという俗語があります)
          またタチ、ネコの割合は東京で2対8、シンガポールはもっとタチがすくないので、女形は掃いて捨てるほどいますが、男型が不足の世の中でもあります。
          ヘテロセクシャルの世界と同じで、アジア人男性はモテないです。(ただし、イケているアジア人ゲイは普通の白人以上に、身体を鍛えていますので、ヘテロな世界よりも、白人とのカップルは多いです)

          5+

          1. 素晴らしい!ゲイの方からコメントをもらえるとは感謝します。私はゲイのことを全然知らないのに、それらしいことを書いて大変失礼致しました。まずはお礼と謝罪を致します。

            確かにシンガポールはネコ型のゲイで溢れていて、私の隣にネコ型ゲイ(細マッチョ)が住んでいて白人男性を取っ替え引っ替えしていたのでその印象で勘違いしていたのでしょう。実体験が一般認識を見誤ることが珍しくないということで今後よく気をつけようと思います。

            言われてみればごもっともで、ゲイの人は男性が好きで、男性的な人を求めているんだからナヨナヨしたゲイはメジャーなモテではないのは道理です。強く美しい存在に憧れているんだからネコ型がバランスを崩すほど多いのも道理です。子供を持って家庭を築くことはないなら、見た目至上主義になるのはヘテロだって同じなので、これも道理です。

            差し支えなければ、教えて頂きたいのですが、どのくらいの筋肉がゲイ社会では評価されるのでしょうか?細マッチョ、マッチョ、ガチムチと色んな筋肉があると思います。

            ゲイ社会で評価されている伊藤英明さんは日本人男性としてはかなり鍛えているので、このクラスだと白人でも通用しそうですが、アジア人がここまでするのにはかなりの時間と労力がかかるでしょうし、伊藤英明さんもかなり努力したと思われます。

            ぬるりも多種多様な人が増えて楽しくなってきましたね!マイノリティ大歓迎です!

            シン

            2+

      2. シン様
        失礼だなんてとんでもないです。

        体形でいえば、伊藤英明みたいなくらいのマッチョはデブ専とかヤセ専を除いてほぼ全員が好きです。
        また、おっしゃるとおり、ガチムチも人気ですが、一部苦手な層がいます。
        なので私の感想では下のような感じでしょうか。何%くらいの人が好むかの割合です。(伊藤英明がマッチョとした場合です)

        デブ 1%
        ガチムチ 50%
        マッチョ 98%
        細マッチョ 70%
        細い 15%
        ガリガリ 1%

        これは東京のゲイの感覚ですので、ワールドワイドな基準では、細い以下がほぼ0%となります。
        また、東京の場合は他の国に比べるとかなり顔偏重ですので、身体ができていなくても、可能性0にはならないです。
        よくゲイの世界では、捨てるところはない、と言われます。

        また、ヘテロの人が思っている以上にゲイの人口は多いので、ヘテロの方がイメージされるおネエ系のゲイは実は少数で、ほとんどは、見た目からはゲイかどうか判別つかない人が多いのです(ゲイ同士では見た瞬間に分かります)
        また一般に言われるほど、ゲイは見た目がよかったり、芸術的センスがあったりするわけではなく(普通の男性よりかは比率は高い)、
        ごく普通の冴えないオッサンみたいなゲイが大多数だったりします。
        ファッション関係はゲイ、しかもおネエばかりですが、あれはゲイの中でも特別な方です。
        (モテる類というわけでもなかったりします)

        3+

        1. なるほど、勉強になります。ゲイ社会でも日本は細身が好まれる、顔優勢なんですね。でも、ヘテロよりはガッチリよりということですね。

          >ごく普通の冴えないオッサンみたいなゲイが大多数だったりします。

          まぁ、ユダヤ人みたいなもので、割合からするとおかしなくらい突出して人材排出するが、一般ユダヤ人はそこらのオッサンがほとんどでしょう。あまりにも世間の期待ハードルが上がりすぎると、ゲイの人も困惑するでしょうね。

          厚かましいですが、もう一つだけよろしければ教えて頂きたいのですが、女性がやたらとゲイ社会に絡みたがるのはどう思われますか?迷惑ですか?興味を持ってもらい嬉しいですか?個人的には部外者は邪魔せず、すっこんでろ!っと思います。

          シン

          0

          1. シン様

            >女性がやたらとゲイ社会に絡みたがるのはどう思われますか?迷惑ですか?興味を持ってもらい嬉しいですか?

            私個人的には迷惑でも嬉しくもない、というところです。
            女性からすると、男の気持も女の気持ちも理解できるというイメージなので、ゲイと友達になりたがる女性は多いですが、ゲイにとっては女性と絡むことにさしてメリットはないです。

            また、ゲイに絡みたがる女性の一部は、オープンと失礼とを混同している人がいます。
            そういう女性は死ねばいいのに、と思います。

            ゲイクラブなんかに女性だけの集団でゲイを見学しに来る連中がいますが、あれは本当にやめたほうがいいと思います。基本的にはほとんどのゲイがカミングアウトせずに、秘密でそういう場所には来ているので、場違いな連中が来ると大変迷惑になります。
            (基本的には、そういうのを防ぐために、ほとんどのゲイのお店は、ゲイの友達を連れていない限り女性が入れないようになっています。)

            ゲイに関心が集まり、ノンケの方からの理解が生まれるという流れは良いのですが、大抵のゲイが、別に大してノンケから理解されたい、とも思っていなかったりします(別に得することがないからです)
            日本での今のゲイの興味の持たれ方は、怖いもの見たさとか珍しいもの見たさの域なので、私は、まずはゲイもヘテロセクシャルと同じ人間という生き物だと理解して、放っておいてほしいと思います。

            6+

          2. ところで、

            たまにゲイに好かれることを心配される、中年男性の方がおられますが、
            ゲイの世界は、結婚がない分、男性が女性に対するよりも見た目(ファッションも含む)が100%全てですので、女性から見た目だけでモテる男性(日本人の上位1割)以外は、見向きもされないので、ホモフォビアになる必要はありませんよ★

            ちなみに日本においては、あまり性器の大きさは決定打とはなりません。でかければ良い、小さすぎるのは困る、でも許す、くらいです。

            1+

          3. 極めて丁寧で常識的なご回答をいただきまして、ゲイ社会に対する理解が深まりました。当たり前なんですけど、ゲイはマイノリティであることは理解しているので、マジョリティはきちんと勉強せず、ルールを守らないなら怖いもの見たさで関わってくるな、と言うことですね。社会全体がゲイ社会に寛容になるのは望ましいが、どうでもいいから放っておいてくれ、と思っているゲイも珍しくないと言うことですね。ごもっともです。

            そこらのオッサンが外に狙われるのを恐れるのはそこらにいる中年女性が妙に男性に狙われている妄想をするくらいバカらしいことだと言うこともごもっともだと思います。

            世の中には多種多様な人がいるので、他人に迷惑かけない、価値観の強要をしないならなんでもありだと思います。ゲイもヘテロも趣味の違いにすぎませんからね。

            シン

            5+

        2. シン様

          白人の話だったのに、つい勝手に主題とは関係のないゲイの主張をブチまけたりして失礼いたしました。
          もしゲイについて何か記事を書かれることがあるときにご参考にしていただければ幸甚です。

          2+

          1. 是非ともゲイの記事を書くときにネタにさせてもらいます。私のように勘違いした認識をしている人も少なくないでしょう。

            シン

            0

  4. >日本人男性の細身でナヨナヨした感じは白人、黒人ではゲイ特有の雰囲気です。
    日本人男性が女性的というよりは、現代日本では女性的・中性的な男性がモテるということだと思います。
    日本男子が皆、ジャニーズ系のような細身でナヨナヨしているというよりは、そのような恰好をした方が今の日本人女性からの受けがいいからそうしているというのが正しいです。
    その証拠に、昭和のイケメン、例えば加山雄三や石原裕次郎といった男性は非常に男臭いですし、そのような人間がモテていた時代では日本男子の多くが硬派を張っていたものです。
    また、男臭さの象徴と言ってよい格闘技でも伝統的に日本人は強く、日本がオリンピックでメダルを稼いでいるのは柔道とレスリングがツートップという状況です。
    日本人の格闘技への拘りようは凄まじく、相撲、空手、柔道、剣道を産み出しましたし、戦後にキックボクシングも考案したのも日本です。
    このように硬派で武道を愛した日本男子ですが、21世紀に入ると男性が明らかにナヨナヨし始め、女性的・中性化が進行します。それはなぜかというと、硬派で男臭いのを日本女性が好まなくなったためです。理由はなぜか分かりませんが、男らしいのはモテないのです。なので、日本女性からは
    >やはり、白人は男性的です。黒人はもっと男性的なので、お金や権力を持ってなくてもモテるんですよ。
    は成り立ちません。日本女性から見れば、白人でも美男子でなければ恋愛対象外ですし、黒人なんて完全にout of 眼中です。
    一方、柔道やキックボクシングで世界的に活躍する日本人男性は白人女性から物凄くモテるらしいですね。
    強くて男性的、かつ謙虚で礼儀正しい。確かに白人女性からモテる要素を全て備えています。

    0

    1. アジア人全体として小柄で筋肉質でないと言うのは人種的特徴で、ボクシングの中量級以上でアジア人はまともに戦えてないんですよね。日本のお家芸だった柔道すら競技人口が増えるに従い無差別級は勝てなくなって来ていています。根本的な筋力差だと思います。

      筋トレやっている人はよく言いますが、アジア人がゴリマッチョになるには反則みたいなことをする必要がありますが、黒人、白人はそこまで困難ではないです。

      アジア人は女性的だと思いますね。筋力だけでなく、メンタルもそうですが、狩人でなく、農民で母系社会の住人たちで争いに向いた人たちではありません。

      ナヨナヨした感じが受けるのはアジア全体にある傾向で、日本がいちばん激しいと思います。私もなんでそうなったのかはわかりません。元から歌舞伎の女形がキャーキャー言われていたらしいので、そう言う土壌なのかもしれませんね。

      考察すると、世が乱れ混乱すると男臭いスターが現れ、安定すると女性的なスターが現れるのかもしれません。昭和のスターは戦後の混乱期に登場して、経済復興が進む頃には女性的なスターが現れています。歌舞伎が盛り上がったのも江戸時代の安定期であり、初期、末期の混乱期はそんな余裕はなく、幕末に女性にキャーキャー言われたらしい土方歳三も女性的美形ではありませんしね。それ以前は美的感覚が大きく違うだろうし、写真が残ってないのでよくわかりません。

      もちろん、でらさんがおっしゃるようにアジア人でも男性的で強い男性は白人女性からモテまくるでしょう。パッキャオ氏に言い寄られて断る白人女性は少ないだろうと思います。

      その理由で複数の読者さんから筋トレを勧められ、まだ取りかかれてない情け無い私ですw

      シン

      0

      1. > その理由で複数の読者さんから筋トレを勧められ、まだ取りかかれてない情け無い私ですw

        ということは、シンさんも白人女性にモテたい願望があるということなのですね?w

        0

      2. 前回のリオオリンピックで日本が獲得したメダル41個のうち柔道が12個、レスリングが7個と、実に半数近くが格闘技によるものです。金メダルに限れば獲得した12個のうち、柔道3個、レスリング4個と、半数以上です。シンさんの言われた柔道男子無差別級でも、銀メダルを獲得していますよ。
        ボクシング軽量級の世界王者は日本人だらけですし、総合格闘技については、日本では修斗、パンクラス、リングスといった数多くの団体が乱立し訳がわからなくなっていますが、それだけ盛んだということなのでしょう。ご存知の通り日本の国技は相撲ですし、今でも格闘技王国と言ってよいです。

        日本では長年にわたり武士が支配したので、武道を尊ぶ風土があり(この辺りは中国・韓国と違うところです)、歴史的にも近代の清やロシアといった大国に戦争を吹っかけて勝ち、第二次大戦では負けましたけど、アメリカやイギリスに真っ向から戦いを挑む気迫のある民族は日本とドイツだけです。
        世界の戦闘民族を3つ挙げるとしたらアングロサクソン、ドイツ、日本は確実でしょうね。

        0

        1. 確かに軽量級日本人の格闘技成績は素晴らしいものですし、世界的にマイナーな女子格闘技がメダル数を稼いでいる節はありますが、それにしても、格闘技が盛んだから女性もやると言えるでしょう。

          純粋な強さの話になると、軽量級王者クラスでも重量級の並みに太刀打ちできないので戦闘向きの肉体はしてないのでしょうが、小兵ならではの戦い、フィジカルをメンタルで巻き返すようなやり方を日本人は好みますね。

          日本人一般人の格闘技好きもかなりのものです。年末のコアタイムに格闘技祭りしてますしね。なのに、ナヨナヨした男性が女性に受けるのは本当に不思議です。

          シン

          0

  5. 伝統的に日本では中性的な男性がモテルのだと思います。
    平安時代から、ゴリゴリ武闘派の東国武士は京の公家から「あずまえびず」と卑しまれ、
    「むくつけなるもののふw」とか日記に悪口を書かれていましたから。
    江戸時代の浮世絵などを見ても、髪型を隠せば男か女かわからない容姿です。(あそこは異常にでかいですが)
    今も昔もテストステロンを漲らせた男は、日本では異端なのかもしれません。

    他のアジアでは韓国人は異質な感じですね。
    兵役の影響、アメリカのカルチャーに敏感なのか、東アジアで一番男性的なのは韓国人だと思います。
    タイやフィリピンの水商売の女性のヒモになって、逆に食わせてもらっている若いイケメン韓国人もいました。
    日本人も奮起してほしいですねw

    0

    1. そうでしょうか。確かに京や大坂といった畿内では公家や商人といった中性的な風貌の男性がモテたのでしょうが、東国や九州では武闘派の男性の方がモテていたようです。
      関東にある香取神宮や鹿島神宮には武の神様が祭られていますし、新選組も多摩地方の武闘派の百姓が組織したものですから、昔の関東地方は武を貴ぶ気風に満ち満ちていたようです。
      武を尊ぶ気風は九州も負けておらず、伝説の柔道家である木村政彦や山下泰裕は熊本出身ですし、古賀俊彦、谷亮子、内柴正人(これは黒歴史?)など、柔道の名選手を挙げればキリがありません。

      昔の京や大坂と言ったらお公家さんや商人など、武闘派とは程遠い人達が多く住んでいたため、関西人は軟弱者という評判が一般的だったようですが、それも今は昔、大阪といったら怖い人が多いというイメージに変わってしまったのは面白いですね。

      0

  6. >>でらさん
    経済が発達し、文化的な地域では、肉体労働をしない色白で華奢なお公家さんタイプ、
    昔の関東(多摩)、九州のような泥臭い地域ではゴリゴリいかついタイプがモテたと整理できますね。

    九州(特に薩摩)の尚武の風土は私も非常に興味があります。
    戦国時代の日本の中でも、突出して異常な戦闘民族だったようですね。
    最近歴史シリーズも充実してきているので「島津」に関する記事があってもいいかもしれません。
    明治維新では薩摩藩が天下を取りましたが、彼らの文化、気質が現代日本に受け継がれていないことが残念でなりません。

    2+

  7. 日本人が身体つきを他国よりも重視しないのって、日本が謙遜が美徳の文化で、自分を大きく(強く、魅力的に)見せることをしない文化だからじゃないでしょうか?自分を低く見せることを美徳とするのはアジア諸国の中でも日本独自だと思います。外国だと出来るだけ自分を優れて見せよう(自分がどれだけ賢いか、しっかりしているか等)とすると思います。日本人はそれをしない精神、むしろ逆に自分を人より至らない人物に見せようとするみたいな、が外見で直接的なセックスアピールをしない文化を形成したのでは。
    女性芸能人に対しても中韓と比べてさえセックスアピールを求めませんしね。セクシーな恰好とかしませんし。直接的なセックスアピールは男女とも日本人には生意気とか、気取ってるような印象で受け取られるのかもしれません。ナルシストっぽいとか。

    1+

    1. 戦前までの日本人の体格は非常に小さかったと聞いたことがあります。確かに、義和団事件の際の連合国兵士の集合写真を見ると、日本兵だけが子供みたいなので事実なのでしょう。
      でも、それは日本人が遺伝的に小さいというより、限られた食料を分け合って食べたからのようで、戦後になって栄養状態がよくなると日本人の平均身長は上昇し世界平均を上回り、南欧白人と同レベルになります。

      食料を分け合うというのは日本人特有の行動のようで、他国であれば力のある者が総取りしたので、欧米では権力者の体格は堂々としたものでした。一方で日本では徳川歴代将軍はほとんど150センチ代と、貧弱な人ばかりだったのが面白いところです。
      日本人は小さいけれど人口が多く、協力して物事に当たるのが得意で、戦争の際は命知らずで飛び込んできました。白人から見ると、まるでグンタイアリの大軍が押し寄せてきたように見えたのかもしれません。
      そういう意味で白人はネコ科の肉食獣、日本人はグンタイアリに似ていると思います。

      3+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です