じゃあ、女性は鋭い

女性は繊細、鋭い、気を使ってる、とか言うんですけど、気を使っている対象と非対象があるなぁ、と思います。

確かに女性は敵に対して物凄く気を使っています。主に女性の敵は女性なので、女性同士の気を張りつめた掛け合いは見事なものだと思います。ほんの些細なサインを見逃すこともなく、小さな損得勘定、上下関係がつかないようによく気を使っています。

自分の支配下にある、と認識している男性が他の女性に目が行っている可能性もかなり敏感で、浮気してないか?を常に伺ってます。それは夫、彼氏だけでなく、上司、同僚男性が自分だけにお土産をくれれば嬉しいですが、他の女性にしかあげてないなら嫉妬します。

女性は自分の権益を侵す可能性のある人の一挙一動を注意深く観察しており、侵される、と感じたら強烈な勢いで追い込みます。狩をする男性と比べると、女性は縄張り意識が強くて、自分の縄張りに関係なければ無関心であることが多いですね。

仕事においても、自分の縄張り範囲内にいる人はどうでも良いプライベートなことまで知ろうとしますが、仕事の範囲内から逸れることは知ろうともしません。自分が営業事務なら、上司や同僚のパートナーとの関係には興味がありますが、売っている製品の特性には興味ないものです。

弱者

女性は相手が格上、対等だと思うと、極めて損得にうるさいですし、共感は示しませんが、相手が格下であり、弱者だと認定すると、途端に優しくなり、精一杯の共感を示し、助けになろうと努力をします。

それが自分の子供だと、ほんの些細なサインも見逃すことなく、あれこれ世話をします。幼稚園児くらいの女児ですら、赤ん坊の世話を焼いたりするので、ある種の本能なのだろうか?と思います。男児は子分として面倒を見ますが、世話はしませんね。

時代が変わっても、看護士、介護士なんかは主に女性の仕事であり、弱った人は論理的な話をして欲しいわけではなく、共感して欲しいものなので、力仕事だからと、主に男性の仕事にはならないだろうと思います。

強者

これが男性だと、女性は気を使う、共感する、という能力が消えてしまい、途端に強烈に鈍感になり、女性、子供にしないことをしますし、少し考えれば分かりそうなこともわからなくなります。

多くの女性は男性には何しても良い、甘えて良い、と考えるようになり、敵、弱者には絶対に頼まないようなことも頼みますし、してもらっても当然とみなして感謝もしません。逆に頼まれたら、怒り出すことすら躊躇なく頼みます。

夫、彼氏に対しては庇護を求めるので、格上であることが大前提です。男性を格下と見做すと、身体を開かないだけではなく、露骨に態度が悪くなります。仕事上の上司男性に対しても同じで、タメ口を使ったり、礼儀のない態度で文句を言うようになります。

まったく同じ事象なのに女性がすることはまったく問題ない、男性がすると気持ち悪い、と何のためらいもなく言うのは凄いと思います。専業主婦の何が悪い?という一方です、専業主夫志望の男性を気持ち悪い、と言える神経を持っています。

まとめ

女性は男性に対しても無神経に振る舞うのは自分が弱者であり、強者の庇護に入りたいからであり、庇護してもらえそうにない男性は見下して良い、と思っているんですよね。それはそれで本能として仕方ないと思います。だったら、そのスタンスを貫けばいいけど、男女平等という名の優遇は求めるのだから、タチが悪いです。

10+

投稿者: シン

思いついたことを記事にして、コメントをもらって、議論するのが楽しくてブログをやっています。

「じゃあ、女性は鋭い」への12件のフィードバック

  1. シンさんが書かれているように女性が考えるのは、女性の思考が子宮によって支配されているからです。
    「女性らしく生きていく」などと偉そうに宣言する女性がいますが、それは「子宮が感じ赴くままに生きていく」という宣言に他なりません。そういう女性は論理的に思考・行動する女性を「名誉男性」認定して批判します。

    男性と違い、多くの女性は自分の思考が子宮によって支配されていることを隠そうとしません。また、男性と異なり、「賢者タイム」も存在しません。

    10+
    1. 「男性らしく生きる」と言う人はいません。それは性のバラマキをする、下半身に従って生きることを宣言することなので猛烈に叩かれますねw

      シン

      1+
  2. 女性は鋭いのではなく救いようもなく鈍いのですよ。
    本物の馬鹿は、自分が馬鹿と自認する知能さえないので、
    勝手に自分は利口だと根拠なく思い込んでいます。
    女性がまさにそれです。女子力wなんて、
    キチガイ知恵遅れ力の間違いじゃないですかねw

    女性を人として対等に接しようとするのが根本的に間違っています。
    30代の私は愚かにもそれをしたため、理不尽の限りを味わいました。

    本当に女性ほどタチの悪いモノはありません。
    ぬるり読者には賢明な男性の方が多いでしょうから、
    風俗以外では、女とは話さない、同じ空間に居ない、
    とにかく割り切った性欲解消以外では女を避けるのが賢い生き方です。
    その点、ゲイの方は本当に一切女に関わらなくても
    全く問題なく過ごせるので羨ましいと思うことがあります。

    0
    1. いつきさんの言うような女性が目立つのは事実ですが、真面目の塊のような女性も少なくないです。
      中学・高校時代を考えると、おさげに眼鏡をかけたような、真面目だけが取り柄の陰キャラの女性がクラスに数人は居たと思いますが、そんな女性ならいつきさんの元妻のようなことをしなかったはずです。
      いつきさんは女性のことを事前によく調べもせず、顔だけで嫁を選んだと思いますが、それはろくに調べもせず株式を買って大損するようなものです。
      今でも恨み言を言い続けるのは、非常に女々しいですよ。それこそ、いつきさんの大好きな自己責任ではないですか。

      言っておきますが、ろくでもない男に引っかかって人生が破滅した女性が負ったダメージはいつきさんどころではないですよ。
      精神が弱い人は死ぬべきとか言ってましたけど、一番弱いのはいつきさんではないのですか?

      12+
  3. やはり日本人は恋愛禁止にして結婚禁止にするべきではないでしょうか?日本人が男女でうまくやるのは不可能なのは馬鹿でもわかるのですから。男女で仲良くしてる一部のマイノリティは他の日本人に迷惑かけてる自覚もないのでしょうね、やれやれ

    0
  4. 私の経験上、私はサバサバしてるとか男性的な思考だと自称してる女性ほど女性的な人が多いですね。
    サバサバしてる=他人の悪口を堂々と言っても良いや自分勝手な振舞をしても良いと思っている人が多いです。
    男性的な考えに関しては、理論的な議論ではなく、自分の考えたことに共感や上手い解釈をつけてほしいという人が多いです。

    本当にサバサバしてる女性ほどそんなことに気がつかず堂々としてます。

    5+
  5. そう言い切れるくらいたくさんの女性と出会ってきたのでしょうか?
    そうでないならあなたの妄想ですよね?
    常々言っていますが、女性への侮辱行為、ネット痴〇、セカンドレ〇プ、ヘイトスピーチはやめていただきたい
    あなたは女性の何を知っているのですか? ミソジニストのくせに

    女性の特性がどうであろうが、それが男性にとって不利益であろうが、事実であろうが
    男性が女性に言及すること自体がヘイトスピーチであり差別的言動なんですよ?

    女性性を消費することでPVや広告収入を稼がないでください、有名人になろうとしないでください
    女性はあなたの個人的な利益のために存在しているわけではありません

    3+
    1. ゼツユルさんはまったく記事の通りです。強者である男性は弱者である女性に正誤は関係なく、どんな意見することも許されない。肯定だけが認められ、根拠も出さず、嫌だ!と喚いたら、男性は謝罪しなければならない、と言うなら独裁者と変わりません。

      シン

      10+
      1. 私のコメントにいいねや意見していただけるってのはまあまあ当たっているのですね。

        2+
        1. はい、すごいあたってます。
          自称サバサバ系は、実はすごくねちっこい人が多いです。
          サバサバっていうより、ただガサツで汚い言葉を使うだけだったり。
          私は個人的に、自称サバサバ女は、大っ嫌いです。

          1+
  6. >私のコメントにいいねや意見していただけるってのはまあまあ当たっているのですね。

    そうとは限らないです。
    いいコメントだなと思っても共感件数が少なかったり、何でこんな愚コメントにこんなにたくさんの共感数が?ってのもありますから、当てにならないです。
    左系論者のコメントがたまたま左系思考者から高評価を得てイイネ数を多数獲得しても、保守系思考者からは評価されていないわけですから、共感数がちょっと入ったからといっていい気になって調子に乗るのは愚かです。まぁ、男性でそんな人はあまりいないでしょうけどネ。

    1+
    1. Canadaさん、
      「じゃあ、妻の奴隷」の2018年5月19日 12:14 AMの私のコメントにお返事ください。
      私のコメントに、イイネが25ついてるやつです。

      1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です