じゃあ、メスと仕事-2

新年明けましておめでとうございます。新年1回目の記事は年末から思うことがあった伊藤山口事件にしたいと思います。

伊藤詩織さんが民事勝訴しましたね。前の記事がいきなりPVが伸びましたが、コメントはつかないのは繊細すぎてトバッチリを受けたくないという怖さなんだろうと思います。あえて、記事にしたいと思います。

感情

伊藤さんの被害公表から世の中の論調は感情論一色になり、少しでも彼女の軽率な行動に対する責任を問うような意見は差別主義者としてバッシング対象になり、誰も口に出来ない状態です。当然、民事裁判でも世論に引きずられたことは否めません。

民主主義政治というのは感情論で動いていくものです。誰もが耳障りのよい意見に賛同したいし、正義側に居たいと思います。綺麗事、正義を盾にすれば、相手は沈黙をし、勝利に酔いしれることが出来ます。だからと言って、本質は捻じ曲げることは出来ません。

この件に限らず、世界中でポピュリズムが蔓延しています。実現性、継続性を無視したような綺麗事が好まれ、支持を受け、現実論で反論すると差別主義者のレッテルによって沈黙させられます。最終的には本質を無視した行動は必ず立ちいかなくなります。

環境少女、グレタさんの投げかけは良いと思います。ただ、彼女の主張は山本太郎さんと同じように具体性がありません。可能性のあることから少しずつ始めなければ、全てがめちゃくちゃになることは間違いありません。

伊藤さんの話に戻すと、誰も「メスを使って権力者に近づき、後味の悪いセックスをした」という事実の危険性、責任を問わないので、何も学ばないし、もっと危険が増えたり、もっと手の込んだ凶悪事件が増えるんじゃないかな?と思いますね。

メスを使って権力者に近づくのはリスクがあることだと言い切ることが被害を減らす唯一の手段です。男は性慾の奴隷であり、どんなに危険でも一線を踏み越える人は古今東西いなくなった事はありません。変わらないことを変えようとしても歪むだけです。

男性は女性をセックス対象としてみるべきではない、というのは無理ですし、女性が男性をセックスをネタしてお金、労力を引き出そうとするのをやめさせるのも無理です。ただ、お互いにリスクがあることだと認識するのが現実論でしょう。前者の声が圧倒的に大きく、後者は声を上げられないのが現状です。

司法

ゴーン氏逃亡だとか、上級市民事件だとかで取り沙汰されますが、我々は日本の司法を変えるべきだと思います。検察が勝てると確信しない限りは不起訴という無罪に近い決定を密室でしてしまうのは中世と変わりません。それを欧米に叩かれても反論の余地がありません。

伊藤山口事件は「レイプ事件は勝てる確信がない場合、検察は不起訴を選ぶことが珍しくない」ということです。つまり、山口さんが政権に近いとか、大手マスコミ社員だとか、忖度があったということよりも、似たケースでは日常的に不起訴になっています。

ここを伊藤さん支持者は無視をしています。この件に限って見切り発車で山口さんを逮捕して徹底的に追い込めば、決定打が出たはず、という感情的結論から入ると、検察は証拠をでっち上げてでも有罪にもっていきます。それが日本の司法だからです。

村木厚子元厚生労働省局長事件みたいに「弱者」である女性が日本の司法制度の犠牲になることだってあるわけですよ。これは起訴してしまったが為に引くに引かず、強引に有罪に導いてしまった事件です。これも「強者」であるホリエモンも被害者ですし、誰にでもあるです。

起訴と不起訴は天国と地獄であり、レイプ事件として起訴されれば、有罪はほぼ確定であり、それは密室で明確な規定もなく決められていることをもっと議論すべきだと思いますし、根拠を出させることを当然とすべきでしょう。

昇華

伊藤さん自身はこの司法の問題点をある程度理解しているようですが、勝つ為に意図的に自分は弱者であり、被害者のスタンスを徹底的に強調して騒ぎまくったことで、支持者は判官贔屓で喚き散らすようになり、世論が感情論へ移行しました。

もし、伊藤さんがジャーナリストとして一本立ちしたいなら、この問題をきちんと取り組んで作品にしてもらいたいです。そうでないなら腫れ物から脱皮することはなく、その筋からの同情で食っていくことは出来るが、腕は三流以下になりかねません。

少し前に焦点の定まらない酷い記事だな、と思って読み飛ばしていたら筆者が伊藤詩織となっていたので、この事件で彼女はジャーナリストとして成長する機会を失ってしまったのだろうと思います。弱者様に指導するのは困難だからです。

女性が弱者としてレディファーストは当たり前、男女平等と矛盾しない、というような勝手なことを言い続ければ、真の意味で女性に限らず、弱者が才能を開花させて強者と同等以上に仕事をするようにはならないでしょう。

SASUKE、初代完全制覇の秋山さんは弱視を制覇するまで隠しており、言い訳したくない、と言ってましたが、ハンディキャップを背負ってぐうの音も出ないくらいの成果を出すことが美学だろうです。

そこまででないにしても、アファーマティブアクションは真の平等への途中段階であり、本当は属性に限らず、純粋競争で成果を競うべきだと思います。ただ、特権階級は特権を手放しはしないし、弱者利権を行使する人はしない人よりも多いでしょう。

まとめ

伊藤詩織さんの本当の勝訴はジャーナリストとして良い仕事をすることだと思います。

民事裁判で数百万円の端金をもらっても明らかに時間の無駄ですし、山口さんは控訴してますから更なる時間の浪費が待っています。こうなりゃ、これも作品として昇華させないと大損です。それこそ、ホリエモンの獄中日記みたいな転んでもタダでは起きない精神が必要でしょう。

ただ、大学を卒業してからジャーナリストとしてどんな小さな仕事でも良いと泥に塗れることなく大手しか嫌だと、フラフラ海外キャバ嬢したり、ブログもろくに更新してなかったあげく、メスをつかって権力者に近づき、苦い思い出を作り、若い時間を被害者として喚くこと、裁判に費やしてしまって三十路を迎えた人が良い仕事をできますか?ジャーナリストでなくとも、どんな職業でも努力なく、成果もなく三十路を迎えたら一般的にはゲームオーバーです。

それでも、私は山口さん、アンチ、私のような傍観者を含めて唸るような作品を書いてもらいたいですね。今の段階では無料でも読みたくありません。無料記事すら読み飛ばす酷い力です。お金出してなんてありえませんよ。

無関係な私、読者さんへの教訓としては男女間で揉めれば、圧倒的に女性優位であり、状況がどうあれ女性が声を上げた瞬間に男性は何の異論も許されなくなることを理解すべきです。だから、男性は本当に気をつけて女性と関わるべきですね。

13+

投稿者: シン

思いついたことを記事にして、コメントをもらって、議論するのが楽しくてブログをやっています。

「じゃあ、メスと仕事-2」への14件のフィードバック

  1. あけましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願いします。

    気になるのは伊藤さんが性犯罪の被害者だということを世間に言いまくるところに違和感を感じます。
    普通なら秘匿というかそこには触れてほしくないのが一般的な感覚だと思うのですが有名になりたいだけと誤解されてしまいます。

    0
    1. 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

      被害者が勇気を出して実名、顔出しで活動すること自体は社会への警告、更なる被害者の抑制になりえると思います。ただ、彼女の場合、被害の決定打になる証拠はない状態で騒ぎ出し、反論を塞いでしまったのはおかしいだろう?と思います。「レイプ」とされる性交の直後にお礼メールを出していることすら被害による錯乱だと認定されているそうですから、おいおい、と思いますね。

      そして、美人局の被害者男性が被害の完璧な証拠があり、加害者が起訴され、実刑食らっても実名、顔出しで騒ぐことはありえないし、仮に騒いだらバッシングどころか、失笑対象になりネタにされ徹底的に馬鹿にされて人生を終了させることになるでしょう。

      でも、伊藤さんは女性だから女性どころか、男性まで熱狂的支持をする人が現れて、陰日向に助けてもらっているわけですから男女間の差だなぁと思います。

      シン

      3+
  2. シンさんあけましておめでとうございます。今年も自分の専攻を修めることに注力しながら、このブログを通じて自分なりの考えを整理する時間を作れたらいいなと思っています。

    >この件に限らず、世界中でポピュリズムが蔓延しています。実現性、継続性を無視したような綺麗事が好まれ、支持を受け、現実論で反論すると差別主義者のレッテルによって沈黙させられます。最終的には本質を無視した行動は必ず立ちいかなくなります。

    伊藤山口事件とは関係ないのですが、近年世界中で広がりを見せているポピュリズムに関する批評本を読んだのでここで紹介しておこうと思います。題名は『真実の終わり』でミチコ・カクタニさんによって書かれたものです。Amazonのリンクを僕の名前のところに貼っておきます。

    カクタニさんの指摘によると、ポピュリズムがはびこっている原因はインターネットの発達によって相対主義的な考え方(全てのものは視点次第という考え)が助長され、理性的な対話を退けているためだと言います。

    現在ほとんどのインターネットサービスでは個人に最適化されたフィードバックがなされるようにアルゴリズムが書かれています。反安倍なら反安倍の人と繋がり、それらの記事を見て、動画を再生するようになっています。そこに他の視点が入り込むことはほとんどありません。あったとしても、人は一番初めに見た情報を信じやすいという認知バイアスを持っていて、後から得た情報がどんなに正しくても事実を歪めてしまいます。このような現象を地下シェルターに個人を振り分ける行為とカクタニさんは表現していたような気がします。

    厄介なのは、各々振り分けられたシェルターで独自のコミュニティーを作り、理性とはかけ離れた論理を作り上げることです。そうして作り上げた論理を相対主義を建前に吹聴して周り、あたかもそれが真実であるかのように仕向けるのです。目の前にりんごがあるのに、それはバナナだ!バナナなんだ!と主張するような感じです。

    本の中では、ここ数十年で人々は入手可能な最善の真実を求めようとしなくなったと書いており、『誰もが自分なりの意見を主張する資格を持つが、自分なりの事実はない』という言葉を引用しています。

    伊藤さんと山口さんの件に関してはほとんど情報を持ち合わせていないのですが、もしシンさんが記事にしているような感情的結論が先行して事実が歪められているなら問題だと思います。ただ、現在を取り巻く環境がすでに感情論有利、というかそれを利用して利益を出す企業がいるのでこの流れはもう止められないんでしょうし、人々もそれに乗っかっていくんだろうと思います。時代が真実から目を背け、大きな過ちを犯す前に軌道修正されることを願うばかりです。

    3+
    1. 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

      >『誰もが自分なりの意見を主張する資格を持つが、自分なりの事実はない』

      全くその通りです。どれだけおかしなことだろうが、意見する自由はあります。しかし、綺麗事を叫んで理念だけで突き進むと大きな反動を呼ぶという歴史的事実から目を背けることが許されるわけではありません。

      ぬるりと生きるでも大事にしているのは反論を恐れないこと、意見の違いは尊重することです。前にメスと仕事を書いた時にも原則コメント削除はしていません。完全に反論を無視して同じ主張を繰り返す人を削除しただけです。意見の違いはいいです。ただ、反論には反応すべきです。言いたいことだけを言い散らしているのは暴れているのと変わりません。吐いた以上は最後まで議論したかったのですが、ミリーさんは耐えきれずに結論前に離脱しました。私は伊藤山口事件に何の思い入れもないので、意見を変えることは一切躊躇いはありませんが、疑わしきを罰する司法を肯定、陰謀説、場外乱闘なんかは受け入れられませんでした。何より「男女間の揉め事など第三者に判断は困難だ」というだけの主張を「レイプは存在しなかった」という断定に変換してしまう人に迷惑しました。

      つまり、人は自分の思い込みに沿うように情報を選んでしまうし、変換してしまうんです。それは私も例外ではないので反論は非常に有益だと思います。反論によって自分を疑うことができます。

      シン

      4+
  3. AEDの使用率には、男女で大きな差があるそうです。つまり、胸を露出させる事を訴えられるリスクを避けたことで、助かった筈の命が失われているのです。

    道端に女性が倒れていても、無視した方が良いと思ってしまう国にはなって欲しくありませんね…。

    1+
  4. TBS.の山口さんの件でTBS.のSASUKEの秋山さんを出す辺りが記事を読んで秀逸だなぁと感じます。

    3+
  5. あけましておめでとうございます。
    今年も記事やコメントを楽しみにしています。

    詩織さん事件については、就職を斡旋してもらおうと思ったがやられちゃって、それでもお礼メールでまだ就職を期待してたけれどもダメだったので告発、という流れというように推察します。薬を飲まされたのか、酒で酩酊しまったのかは分かりませんが…。
    民事と刑事では判定基準も異なるでしょうし、民事で勝訴したから刑事でも勝てる!裏で何かあった!!というのは短絡的でしょうね。

    ただ今後、スウェーデンであったように「明白な同意がない限りは犯罪である」という流れになるのは間違い無いと思います。女の子には男は怖いというのを教えると同時に、男の子にもそのようなことを教えなければいけないでしょうね。

    1+
    1. 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

      >就職を斡旋してもらおうと思ったがやられちゃって、それでもお礼メールでまだ就職を期待してたけれどもダメだったので告発、という流れというように推察します。

      「同意のない性交渉をされた者が、その事実をにわかに受け入れられず、それ以前の日常生活と変わらない振る舞いをすることは十分にあり得る」「メールも、被告と性交渉を行ったという事実を受け入れられず、従前の就職活動に係るやり取りの延長として送られたものとみて不自然ではない」

      民事はdwさんの推測とは違い上記の判断しています。

      >「明白な同意がない限りは犯罪である」

      「明確な合意」の証拠を取るのは極めて困難です。それこそ、常に録音して「セックスしようぜ!」「オッケー!」という会話がない性交は明確な合意を証明できません。それか性交を撮影して自分から腰を振っている様子を記録するかです。

      この事件の状況だとほぼ間違いなく明確な合意は得られてなかったが、山口さんが就職斡旋をしたら伊藤さんは訴えてなかったと推測されます。でなきゃ、お礼メールなんて出さずに警察に駆け込むでしょう。山口さんが既婚者で無許可生中していることに対して暴行判定されたなら特になんとも思いませんが、セックスを餌に取引してうまく行かなきゃ、後からでも訴えることが可能な判決は酷いです。

      つまり、女性様が訴えたら男は負けです。女性様と関わることがリスクの時代になってきた、ということです。山口さんはクズですが、恋愛関係、夫婦が単なる男女間のもつれで地獄に落とされる男性が今後現れるだろう判決ですね。

      シン

      4+
  6. あけましておめでとうございます
    本年もよろしくお願いいたします。

    記事更新嬉しい限りです。
    自分は、本件の裁判が速報で出た時に、「メスと仕事」の記事を思い出し、
    思うことがあったので、コメントをしようと思っていたのですが、あまりのコメント数に読んでいて滅入ってしまいました。シンさんは同じようなコメントに対してしっかり読んでコメントするなんて、頭が下がります。よっぽど読者さん思いなんですね。

    「合意の有無」は当事者のみぞ知る状態なので邪推しかできませんが、いち男性側の意見としては2軒目まで着入れ来てくれたら勘違いしちゃうのでは?と思いますけどね。まぁ、色々と不思議なことがありますが、個人的にはもう控訴せず、手打ちそばで良かったでは?と思いました。

    0
    1. 明けましておめでとう御座います。今年もよろしくお願いします。

      >よっぽど読者さん思いなんですね。

      反論を無視した堂々巡りが辛くて削除もしているので、そうとも言えませんが、基本的には意見をくれた読者さんに感謝をしています。

      >「合意の有無」は当事者のみぞ知る状態なので邪推しかできません

      私もそのスタンスなんですが、伊藤信者さんたちには女性が声を上げたら、それが証拠であり、疑いを持つことは犯罪者に加担していることになるようです。

      >個人的にはもう控訴せず、手打ちそばで良かったでは?と思いました。

      手打ちにすれば、認めたことになるので最高裁までやりますよ。延々と死体蹴りをされることになります。明確な合意はなかったにしろ、暗黙の了解的には合意があったのかもしれません。ただ、その証拠としてお礼メールが存在していますが、裁判所には証拠として否定されています。こうなると、もはやひっくり返ることはないでしょう。既婚者でありながら無許可生中してきることを思うと、仮に合意があっても同情はしませんけどね。

      シン

      2+
  7. この件は性犯罪というより、山口の汚職事件と捉えるべきだと思います。

    女がどうなろうと私が知ったこっちゃありませんが(むしろ女が傷ついて苦しむのは嬉しいですw)、山口が己の性欲の為に職権を濫用した、と言う事実は疑いがありません。枕営業に応じて合意の上なのか、酔わせて無理矢理なのか、いずれにしろ、ジャーナリストとしてあるまじき事をしているのは確かです。

    むしろ私は、これだけ叩かれて、家族との関係もジャーナリストとしての生命も「終わった」状態で、上っ面だけでも「反省」してしおらしい態度を取った方が「得」なのに、なおも自身の無罪を主張している山口のメンタルが不気味です。

    少なくとも、外見的には若くて綺麗な伊藤詩織が、打算や下心抜きでそれなりの名声と権力を持ったジイサンと懇ろになる訳がないでしょう!? ジャーナリスト志望の若い美人が本心から自分に惚れて、愛人になって非嫡出子を産んでくれる、なんてハーレム幻想を本気で抱いていたのでしょうか?

    1+
  8. あけましておめでとうございます。
    はじめまして。たろうと申します。
    よろしくお願いいたします。
    記事を読ませていだき、シンさんのご意見は本質をついていると思いました。
    シンさんの仰る通り、伊藤さんは被害者として騒ぎまくって同情で食っていこうという彼女の意図を感じます。
    自分が許せないと思うのは、本当にレイプ等の性暴力で苦しんでる方は沢山いらっしゃって、その方々が声をあげても助けてもらえない、話題にもならないということは沢山あると思います。
    あたかも伊藤さんが性被害者の代表みたいな形に見えてしまっていますが、伊藤さんの本音は自分のことしか考えてないのに、本当の性暴力の被害者の方々の代表しているというのを利用しているように思えてならないことです。

    自分の付き合っている女性も以前性暴力の被害者となりました。望まぬ妊娠をして、親にも相談できず精神を病んで何度も自分に隠れてに隠れて病院に通って苦しんでいました。
    理由や原因はどうあれ、伊藤さんにはこの件をジャーナリストとしてしっかり昇華させてほしいと思います。
    山口さんの会見に参加したりとかのパフォーマンスはいりません。シンさんの仰る通りこの件をきちんと作品にして、声をあげられなくて本当に苦しんでる女性の助けになって欲しいと思います。

    5+
    1. >あたかも伊藤さんが性被害者の代表みたいな形に見えてしまっています

      自分から加害者に連絡をして就職斡旋の催促をしている人が被害者代表になってしまうのには違和感を覚えます。それによって、勇気を振り絞って声を上げた被害者が厚かましい人のように見られる可能性があります。それが怖いと思います。

      下心を持って近づき、明確な合意なく性交に至ったことも被害者であるのは間違い無いですが、声を大にして叫ぶと立場では無いでしょう。美人局の被害者男性が詐欺事件被害者代表として騒ぎまくるくらいに違和感を覚えますね。

      >山口さんの会見に参加したりとかのパフォーマンスはいりません。シンさんの仰る通りこの件をきちんと作品にして、声をあげられなくて本当に苦しんでる女性の助けになって欲しいと思います。

      本当にそう思います。必要なのはパフォーマンスではなく、きちんと事実関係を裏表なくまとめて作品として読めるようにすべきです。そもそもの出会いがキャバ嬢と客であることを隠しているような作品には何の価値もありません。自分の下心を含めて書ききって昇華させてほしいものです。そこまでしなきゃ、レイプ被害者で心の傷を負い、他人に言えず、苦しんでいる人の助けにはならないと思います。

      シン

      5+
  9. この件はお互い、自身が「持っているモノ」の対し自己評価が高い上級国民同士の泥仕合にしか思えないですね。
    (以下は想像上の小説になりますw)

    女の方は自身のオンナを餌に男を手玉に仕切れずしくじり、男の方は権力を餌にオンナを食い逃げしようとしくじっただけに見えます。

    お互い痛み分けで黙って済ませればよいものの、オンナを喰われた方が代償を要求することになり泥仕合になったと推察しました。

    昔から「夫婦喧嘩は犬も喰わない」と言いますが、個人男女間の問題に対しこれだけアカの他人の世間が賑わう理由が理解できません。不倫問題にしかり。

    皆様、よほど暇なようで羨ましく思います。

    1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です