じゃあ、海外就職

海外就職するのもありだと思いますが、やるなら、きちんと準備してほしいものです。

専攻

日本ほど学位に対して寛容な国はなく、ほぼすべての外国で学位と職業は直結しています。文系プログラマーみたいな人はほとんどおらず、応募条件を満たさないので、なることすら極めて困難です。ミスマッチは学校に戻り、学位を取ってくることが求められます。

そして、文系職はその国のネイティブ、マジョリティのものであり、外国人に振り分けられるものは極めて少ないです。つまり、理系学位を持たず、海外就職はかなりの難関となります。極一部の強運、突き抜けたコミュ力などを持っている人以外は相手にもされません。

海外就職が英語圏を指すなら、機電というより、情報の学位を持っていることが有利です。英語圏では製造業が縮小していますので、そもそもの需要が大きくはありません。欧州ならドイツ、スイス、オーストリアのゲルマン系ならありますね。アジアなら多くあります。

バイオ、理論系などは日本でも仕事の選択肢が少ないように、海外でも同じであり、現地人も思うような仕事がないのに、中途半端な外国人がありつける仕事は少なく、あったとしても厳しい条件のものが多くなります。

通常、文系だと、日系、ジャパンデスクなど、日本人がらみの仕事をすることになり、海外の日本人村でしか生きられず、国内転勤に毛が生えた程度の意味合いしかない仕事をすることになります。そして、嫌になり三年以内に帰ってくるわけです。

語学

意外ですけど、語学はさほど大きな問題にはなりません。海外で活躍する為に国際なんとか学部に入ります!だとか言うのは本末転倒であり、専門のない人が語学ができても、需要は限られており、活躍するチャンスはほとんどありません。

当たり前ですけど、語学という観点ではネイティブとそれ以外であり、根本的に差がある上、ネイティブだろうが、専門がなければ買い叩かれるわけで、ノンネイティブなんて相手にもされません。これは日本でも同じでしょう?

日本語のうまい外国人でも、日本語ネイティブには敵わないし、専門がしっかりしているか、奴隷要員くらいでしか雇う日本企業はありません。面白半分で文系外人を雇っても、すぐに持て余して飼い殺し、すぐに退職、という流れになるのがほとんどです。

だから、海外就職するなら専門にやって語学力、文化理解度、差別を乗り越える必要がありますが、ほとんどの人が乗り越えられないから、何の成果もなく帰国するし、帰国した後の生活は行く前よりも悪くなります。

根性

そもそも日本は衰退国家ですが、まだまだ裕福です。アメリカに不法入国してくるラテン系なんかはマフィアに地元を支配され、決死の覚悟で移民しますし、欧州へのアラブ人も似たようなものです。地元で座して死ぬよりは、という悲壮な覚悟でやっているんですよ。

だから、多少の嫌なことがあっても、帰るところがない人、帰るところがある人では根性が全く違うので同じことをやっても成果に違いが出てきます。圧倒的な能力差がないなら気迫、気概の差が命運を分けるものです。

日本のオヤジ社会が嫌、同調圧力が嫌、というのは良いんですが、それがどのくらいの嫌さなのか?という話です。生きるか死ぬか、というくらい嫌なら泥水啜ってでも、海外就職先で粘るでしょうが、感情的なものに過ぎないなら心折れるのは時間の問題です。

残っていても、日本人村で日本人同士で現地人の悪口をこぼしながら、駐在、現地採用で対立しながら、外国にいるだけの人になってしまうなら、日本にいるのと変わらないと思いますね。

まとめ

日本に希望が持てないから海外就職する!というのは大いに結構なんですが、成功例はすごく少ないです。そして、文系はさらに少ないです。社会に出れば、自分の身は自分で守るしかないのはどこでも当たり前ですが、それがアウェイである海外ならもっと如実に現れます。

最も簡単に手に入る身を守る武器は技術です。女性はセックス使って現地人男性を捕まえて居住権、生活費を確保することもできますが、それだって、かなりの努力を必要とします。雰囲気だけで突き抜けて、面白外人キャラで食っていくのも大変なことです。まして、頭脳の明晰さで現地人を管理するなんて、よほどのことがないとできません。

でも、お金さえあれば解決します。駐在が偉そうにしてられるのは本国が払っているお金ですし、お金をたんまり持っていればお客さんでいられます。金持ち喧嘩せず、というように金払いさえ良ければ、誰も文句なんて言いません。

お金がないなら技術しか自分を守ってくれないし、技術がないなら身を削って、セックスを提供するなり、奴隷労働をして尽くすなりしないと、そこにいられないんですよね。

32+

投稿者: シン

思いついたことを記事にして、コメントをもらって、議論するのが楽しくてブログをやっています。

「じゃあ、海外就職」への9件のフィードバック

  1. 外資系メーカーで日本企業顧客への導入をしていたエンジニアが、本国のプログラム開発に引っ張られていきました。

    日系メーカーの駐在と一見似ていますが、買われているのが組織か個人かという圧倒的な差があります。

    外資系メーカーの日本子会社に就職し、力を付けてから本国で働くならリスクも無いし、能力も身に付くので非常に良いと思います。
    そもそも無理そうなら日本から動かない、やってみて無理でも日本に戻るという選択肢があるのは大きいです。

    一部の人にしか出来ませんが、徒手空拳よりは遥かに可能性が高いです。

    2+
  2. 過去エントリでも同様の内容を見ました。その通りだと思います。
    自分はメキシコで数年駐在していましたが、日本に生まれてよかったと思っています。

    現地のトップ校の生徒を見てきて、学生たちは優秀ですが、アメリカで生まれていればもっと才能を発揮できただろうに。と思う自分がいたことに気づきました。出身国の状況によってチャンスの数も変わってきます。日本は相当上位にランクインしています。

    それで、語学ですが、ペラペラじゃなくても外国人ボーナスがあることに気づきました。要は、文法めちゃくちゃでも、伝わればOKです。さすがにお金もらってるので、再確認メールで証跡残しと、主語と動詞と時制だけは意識していました。なので、またどっかに駐在行かされても、現地の語学がなんだろうと、気にしていません。

    だから、語学ができて~と吹聴している人を見ると、仕事で語れずに可哀そうだな。と思います。
    ワーホリなんてもってのほかです。

    ぬるりと生きるなら日本でぬるっと生きられるので、ワザワザ捨てるまでもないでしょう。オッサン社会の前で裸踊りだろうがやったったらいいんですよ。尤も、昨今の状況でやると、やらせた方は懲戒処分でしょうが笑

    海外就職するなら、ここで○○を極めるんだ!という明確な目的があると、いいですね!

    8+
    1. > それで、語学ですが、ペラペラじゃなくても外国人ボーナスがあることに気づきました。
      要は、文法めちゃくちゃでも、伝わればOKです。
      > 語学ができて~と吹聴している人を見ると、仕事で語れずに可哀そうだな。と思います。

      その意見は、あなた自身の語学力が乏しいことの正当化でしょうか。
      あえて語学ができる人を貶す必要があるのでしょうか。

      恐らく語学力を自慢している人が周りに居て疎ましく感じたのでしょうが、
      仕事を語れるかどうかと語学力とは関係がありません。

      語学は専門分野とセットになって意味があるというだけで、
      この記事は語学を軽視してよいという意図ではないと思います。

      日本企業の駐在員という守られた立場にいれば、
      語学など伝われば良いのだくらいの意識でも通用することもあるのでしょうが、
      リスクをとって現地に飛び込む人がいつまでもその認識では話にならないと思います。

      > ぬるりと生きるなら日本でぬるっと生きられるので、ワザワザ捨てるまでもないでしょう。
      オッサン社会の前で裸踊りだろうがやったったらいいんですよ。

      合う人には心地よいかもしれませんが、僕からしたら日本はクソだと思います。
      日本のムラ社会的な精神性が全く合わないのです。

      逆に日本が好きな人にしてみれば、日本が嫌で海外に出ようとする人の意図は
      およそ理解不能なものに映るだろうと思います。

      それに日本は超高齢化&年金問題&南海トラフ地震・首都圏地震のリスクという
      いつ爆発してもおかしくない時限爆弾を抱えていて、これも十分海外行きの理由になり得ます。
      今までのぬるま湯のような状態も長くは持たないでしょうし、
      ぬるりと生きるどころの話ではありません。

      若い世代には今後の人生に危機感を持っている人はかなりいるはずで、
      この先日本に居続けてまともにやっていけるのかどうかもわからない、
      先の見えない不安の中で日々生きています。

      僕は専門と語学をさらに鍛えて必ず日本を出ていくつもりです。
      日本を出ずにいればまともに生きるのも難しくなる可能性が高いからです。

      8+
      1. そうだと思います。駐在員なり、在住数年なら専門がしっかりしていれば、ブロークンでも大目に見られるとは思いますが、現地で根を張るつもりで、いつまで経ってもブロークンだと相手にされなくなります。少なくともマネージャーにはなれませんね。

        シン

        1+
      2. イワノフさま
        宜しければ、貴殿の海外進出プランをご教示頂けませんでしょうか。

        語学は出来るに越したことはありませんが、社内向けの技術職ならば、通じればOKというのは理解できます。

        逆に、管理職や渉外では語学が出来なければ役に立ちませんが、仮に語学が出来ても圧倒的に優秀でない限り、わざわざ外国人を雇わないと思います。

        >日本を出ずにいればまともに生きるのも難しくなる可能性が高いからです。
        →日本が衰退する可能性は高いと思いますが、まともに生きるのも難しくなる可能性は低いと考えています。
        日本は散々地震に耐えてきていますし、年金は大抵の先進国でも同様に問題なので、特別日本が危険だとは思えません。

        2+
        1. マグナムさん

          >宜しければ、貴殿の海外進出プランをご教示頂けませんでしょうか。

          具体的な海外進出プランとしては以下のようなものを考えています。

          ・第1候補 … カナダ、第2候補 … ニュージーランド
          ・現在: Webプログラマー、修士(情報科学)、TOEFL iBT 85 / TOEIC L&R 950 / 英検準1級

          今後3〜4年での目標・方針
          ・IELTS Overall 7.0、TOEFL iBT 100を達成する
          ・海外大学院のデータサイエンス修士号を取得する(※オンラインコース)
          ・フランス語能力認定試験TEFでレベル3(DELF B1相当)のスコアを達成する
          ・上記3つ達成し、カナダ永住権を申請。必要なら事前のカレッジ入学・就労も検討

          >仮に語学が出来ても圧倒的に優秀でない限り、わざわざ外国人を雇わないと思います。

          プログラマ・ソフトウェアエンジニアに関しては世界的に人材不足のため、
          超人気企業を除けば、国籍・語学要件が他の職種よりも緩く、採用対象も多国籍に渡ります。
          確かに実力は必要ですが、圧倒的に優秀でなければ無理というほどでもありません。
          結局は行きたい国のレベル・就きたい分野での人材の需給バランス次第と思います。

          >日本は散々地震に耐えてきていますし、

          土木学会によると、マグニチュード9の南海トラフ地震が発生した場合、
          インフラへの直接被害、経済被害を含め被害総額は1410兆円に上ると試算されています。
          この結果を受けて、土木学会会長は『最貧国の1つになりかねない』旨の発言をしています。

          また、東海・近畿・四国で震度7、首都圏・九州では5弱〜6強、津波は最大30m、
          太平洋沿岸の広域にわたる浸水が想定され、約32万人の死者が出るとされています。

          これが実態に近いものだとすれば、治安/失業率の悪化・財政破綻が連鎖的に発生し、
          普通の生活水準を維持することも困難です。今までの地震とはリスクが桁違いです。

          > 年金は大抵の先進国でも同様に問題なので特別日本が危険だとは思えません。

          他国も日本も問題があるから同じというオール・オア・ナッシングの視点ではなくて、
          他国と比べて、『どのくらい』問題が大きいのかが議論すべきポイントだと思います。

          日本はすでに政府債務残高がGDP比で230%超にも上り、世界最悪となっています。
          例えばオーストラリアはGDP比40%ですが、支給開始70歳までの段階的引き上げが予定されています。
          その一方で、日本の国会で年金政策の議論が活発に行われている気配はありません。

          日本の年金システムは言わば中高年有利のネズミ講なので、若いとき払っていても
          老後に支払総額に準じた支給があることは保証されていません。

          財政悪化を言い訳に後出しで支給開始年齢が引き上げられるのがオチでしょうし、
          我々若い世代が場当たり的な財政政策のツケを払わされるのはあまりに理不尽で、
          どうせなら政策のしっかりした、努力の報われる国で保険料を払いたいというのが本音です。

          6+
          1. しっかりしてますね。健闘を祈ります。

            ちなみにニュージーランドは人口の流出に苦しんでいて、地震もあります。だから、怪しいお金に手をつけたり、外資にインフラを売ったりしてもいます。

            人口増、資源国家という観点だと、カナダ、オーストラリアが良いと思いますね。デンマークも良いですが、移住ハードルが高過ぎます。カナダはシリコンバレーから企業、エンジニアを持って来ようとしてますので、情報学位、実務経験があれば、多少の英語力で永住権が取れる可能性が高いです。

            >IELTS Overall 7.0、TOEFL iBT 100

            これはマストです。日本にいると麻痺しますが、ノンネイティブですら、この程度もクリアできないとなると、キャリアを望むことができないどころか、日本人以外に友達すら出来ず、地域社会に馴染むことは困難になります。マネージャーどころか、シニアレベルのエンジニアですら、駅弁レベルの現地大学が発行した理系学位を持っているくらいは当たり前ですし、そうであるならこの程度の英語力はあって当たり前だと看做されます。ないなら、出来るだけ早く身に付けることが要求され、身につかないなら見放されます。突き抜けた「何か」があるならともかく、そうでないならエントリーレベルのエンジニアをしながら、日本人コミュニティでしか生きられない人として外国にいるだけの人になるでしょう。

            シン

            4+
          2. イワノフさま
            お返事ありがとうございます。

            >第1候補 … カナダ
            →少しカナダに住んでいたことがありますが、日本人への差別も少なく居心地が良かったです。しかし、冬は北海道よりも寒いので、その耐性があると良いと思います。

            >現在: Webプログラマー、修士(情報科学)、TOEFL iBT 85 / TOEIC L&R 950 / 英検準1級
            →私も同じような感じですが、英語力はここ数年上がっていません。更に上を目指されているのは立派です。
            Webプログラマなら国による違いも少ないですし、それなりに需要もあるので良いですね。

            >インフラへの直接被害、経済被害を含め被害総額は1410兆円に上ると試算
            →地震は予測出来ないので、個人的には野となれ山となれで良いと思っています。海外でも何とか食えるくらいの準備は必要ですが。

            >日本はすでに政府債務残高がGDP比で230%超にも上り
            →国債所有者は日本人ですし、同等レベルの米国債を持っています。個人レベルの貯蓄率や学力も高いです。また、カナダにはない優秀な多国籍企業もあるので、悪くはないのかなと思います。
            日本対カナダでは議論が発散してしまいそうですが、カナダを踏み台に米国に行けるとすれば、完結しますね。

            >老後に支払総額に準じた支給があることは保証されていません
            →目減りは確実だと思います。しかし、日本はそこまで悪くはならないと私は思っていますので、年金に頼らずに生きられる資産を作って日本で暮らそうと思っています。

            最後になりますが、イワノフさんが成功する確率は高いと思います。成功を祈念します。

            4+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です