じゃあ、仕事と場所

前々から都市、地方の比較について考えているのですが、はっきりとどちらがいいとも言えずにいるので、記事を書きながら、考えをまとめたいと思います。

仕事

種類、賃金、日本では東京以上に良い都市はなく、一極集中をしている国はどの国でも同じです。首都機能、経済都市が別れている国もありますが、世界的には一極集中が多く、この流れは止まることもなく、止める必要もないでしょう。お金あるところに人が集まるのは古今東西同じで、お金がなくなれば、ゴーストタウンになります。

IT時代になり、在宅ワークが増えてくると、どうしても東京、近郊に住んでいる必要がなくなります。大企業、スタートアップなんかでは在宅ワークを認める会社も出つつあり、仕事をその場にその人を拘束する対価でなく、その成果だけで対価を出そうと言う流れです。

プロブロガーなんかは地方移住をネタ、飯の種にしていますが、当たり前と言えば、当たり前で、東京のことなんて、大手メディアがいくらでも取り上げるので、個人で情報発信するなら、競争の少ない地方の方がいいし、仲間を集うにも、タダ同然で、場所が確保できるので、イベントやるにも楽だからでしょう。彼らはサービスにお金を払ってもらうので、サービスのコストが低ければ、低いほど利益率が上がります。

チームでやる必要がない仕事はどこでやっても、問われるのはその質、正確性だけで、オフィスでやろうが、自宅でやろうが同じです。ほとんどの事務作業は誰がやっても同じ、AIがやれば、安く正確に出来るので、わざわざ1時間も通勤に使って、人にやってもらうことはないと言えるのではないのでしょうか? 通勤手当、拘束時間が増すだけです。

つまり、何かしらの飯の種さえあれば、地方に住んでいても、特にデメリットはなく、ITの発展で、それが可能になりつつある、と言う段階で、一足先に若い人が地方移住を始めています。ただし、これが可能なのは「名前」でお金の取れるネット界ではちょっとした有名人だけで、無名な人が組織に所属せず、自立するのはほぼ不可能です。

物価

都市部の物価は確かに高いですが、それは土地が高い、というところに行き着きます。その他については地方と変わらない、むしろ、競争率から、安いこともあります。ネットショッピングは特別運賃がつかない場所なら同じです。土地が高いのは人が集まるため、需要過多だからで、その理由は仕事の種類が多い、賃金が高いからです。つまり、お金に引き寄せられた人がお金を生み、その場所の価値を上げている、と言うことです。

つまり、理屈的には在宅ワーク、フリーランスが一般化すると、首都圏などうしてもいる必要はなく、土地の値段は下がり、首都圏の不動産価格は下がってくるはずです。しかし、東京の一極集中は止まらないし、土地も安くなっていません。IT大国、アメリカのIT聖地であるサンフランシスコなど、カリフォルニアの不動産価格は強烈に高いですし、上がり続けています。

人の集まるところにお金、アイディアが生まれるので、環境の良い場所がないと、良い仕事はできない、ということなのでしょうか? 特にスタートアップの仕事新しいアイディアをお金にするために試行錯誤することなので、一定時間を仲間と過ごし、意見を戦わせることなしに前に進まない、と言う一面があり、グーグルなんかは職場を自宅以上に居心地いい環境にしようとしています。

VRなんかで、チームの連帯感を離れた場所でも確保できるなら、それぞれが最も快適に感じる場所で過ごし、決められた時に決められた場所に集まることも可能で、実際に会ってもいいし、多くはVRでミーティングしてもいいのではないか?、とも思います。多分、最大のネックは人と人がやる以上、実際に会わなければ、連帯感が生まれづらいことで、これをどうやって解消するか?、が人が場所に拘束されないためのポイントです。

インフラ

都市部の魅力はそのインフラにもあります。例えば、交通インフラだと、地方なら自家用車以外に動きの取れないような場所もありますが、都市部は電車、バスだことが足りるので、自家用車を用意する必要もなく、生活のコストを下げることもできます。いくら安い車を買っても、メンテ、保険は安くないので、維持費は安くはないです。これは車という移動手段を自分だけのために拘束するコストです。

日本ではさほどでもないですが、都市部、地方では教育インフラの圧倒的な違いがある国もあります。日本だと地方トップ高校に通える範囲にあれば、東大に入ることも可能ですが、マレーシア、タイくらいなら、地方ではトップスクールどころか、大学に入ることすら困難であることも珍しくないです。そうなると、地方の小金持った家の子供は中等教育から都市部に行ったりします。

日本では特殊なパターン以外では海外に医療サービスを受けに行くことはないですが、発展途上国では先進国に医療サービスをを受けに行くことも珍しくなく、また、自分で運転できない体の弱った老人は定期検診に通うのが地方では手間になるので、都市部に住みたがる、という傾向も見られます。

ITの発展で、交通インフラを効率よく使うことも可能で、Uberのようなシェアシステムで、必要な時に必要なだけ移動手段を得られるし、質の高い教育を遠隔地で受講することも可能です。医療サービスもITで遠隔診療可能ですし、特殊な手術以外は遠く離れた医者と患者がコミュニケーション可能になってきています。

更にIT革命が続く、本格的にIoT時代に突入するのなら、都市部のメリットは徐々に失われ、人と人が実際に会わなければ成立しないこと以外は遠隔地で処理できてしまうようになるのかもしれません。であるなら、都市部の土地の価値は徐々に下がって行くはずですが、どうなるのでしょうか?

それとともに、労働力の投げ売りも始まります。クラウドソーシングは只働きに近い、と言われているように、付加価値のつかない単純作業はどんどん安くなり、物価が安く、生活費が抑えられる地域に住む人しか取れなくなります。いつも言う一物一価、という考え方です。そうならないように自分の名前で稼げるなり、労働単価の高い技術を持つ努力をしないと、生活が維持できなくなります。

投稿者: シン

思いついたことを記事にして、コメントをもらって、議論するのが楽しくてブログをやっています。

“じゃあ、仕事と場所” への 12 件のフィードバック

  1. 仕事という点で見れば都市に利点があるのでしょうが、子育てという点で見れば地方の方が有利だと思うことがあります。シンさんの記事は子育ての観点が抜けていることが多いのですが、東京では待機児童の問題が深刻です。東京の家は狭くて近くに遊び場も少なく、教育費も高いなど、子育てに不利と思える点が多く、子供を2人持ったら年収600万でも厳しい状況になります。
    東京の出生率は日本一低いのもなるほどという感じですが、今後東京の一極集中が進み、地方から上京してきた若者が子供を産まなくなったとしたら日本の人口減少は加速するのではないかと思っています。

    1. でらさん、

      義務教育までの子育てなら、地方の方がいいでしょうが、それ以降は地方でも県庁所在地、その周辺でもないと、選択肢が狭まります。そういった差をITがどれくらい埋められるかは見ものです。

      東京の一極集中が進んでも、進まなくても、少子化は止まらないです。先進国、豊かさの代償だと思います。結婚しなくても生活できるなら、独身の方が楽だし、妥協してまで結婚したくない、結婚していても、考えなくポコポコ子供を産んで、苦労したい人は少ないでしょうね。子ども手当が手厚い国の貧困層なら、そうしてますが、それが社会全体に良い影響をもたらすかも疑問です。

      シン

      1. >結婚しなくても生活できるなら、独身の方が楽だし、妥協してまで結婚したくない、結婚していても、考えなくポコポコ子供を産んで、苦労したい人は少ないでしょうね。

        この意見には賛成しかねます。男性がセ■クスしないとおかしくなるのと同様、女性が中高年になっても子育ての経験がなかったらどこかおかしくなるみたいです。中年になっても子供が居ない女性は極端なフェミに走ったりしますよね?女性の身体は子育てするようにできていますから、結婚して子供を育てたいと思う人は今でも多数派のようです。
        シンさんの考え方は男性では珍しくないでしょうが、それでも割合としては少数派です。

        不妊治療に何百万もかける夫婦は多いですし、中には乳児を誘拐して逮捕される女性もいますよね?女性の出産・子育てへの執念はそれだけ強いということです。

        1. でらさん、

          言葉足らずでした。中年以降の独身はでらさんので言うように、精神的におかしくなる人も珍しくないですね。

          若い頃は娯楽も多いし、希望があるので、独身の方がいい、強がっても、中年独身だと男女共に精神的にキツくなるもので、特に女性はキツイみたいですが、そうなったら、すでに遅く、結婚できない、妊娠しない、子供を持てても一人なので、少子化は止まらないです。男性も高スペックでないと、四十越えて、妊娠可能な女性と結婚するのは難しいので、子供が欲しくても、持てません。

          シン

          1. 若い頃に独身がいいと強がっている人は少ないです。女性の場合は35歳までに結婚しないと子供を持ちにくいのは確かですが、それを分かっているので女性のほとんどは20代のうちに伴侶を獲得しようと活動(いわゆる婚活というやつです)に励んでいます。
            男性の場合は定職があれば結婚相手を見つけやすいです。40代超えた低スペックの男性は子供を持てないとおっしゃいますが、彼らも子供が欲しかったら中国やフィリピン出身の若い女性と結婚してちゃんと子供を作っています。

            欧米では日本ほど少子化が進んでいない(更にいえば、一極集中も日本ほど進んでいない)ので、必ずしも豊かさの代償とは言えないはずです。そして日本より少子化が進んでいるのは韓国、台湾、香港、シンガポールといった、日本よりだいぶ後に経済発展した国ばかりです。

          2. でらさん、

            強がってないなら、一昔前のように24歳のクリスマスまでには売ろうと必死になるでしょが、今の女性は30手前になってようやく焦ります。焦っていないから、条件を下げてまで結婚したくないからではないでしょうか? 女性は結婚なんて、条件を下げればいくらでもできますから、下げないのは必死じゃないからですよ。低スペック男性が発展途上国からお金で嫁を買ってきても、うまくいく可能性は極めて低いですよ。

            欧米の出生率は移民で水増しされており、白人の出生率は日本人以下です。

            シン

  2. いわゆるキャリアウーマンの結婚年齢は高いかもしれませんが、女性の平均初婚年齢はまだ20代のはずです。上に引っ張る人がいての平均なので、20代で結婚する女性がまだ多数派になります。

    低スペック男性が発展途上国の女性と結婚してうまくいっている例は結構ありますけど。日本人の国際結婚は、女性より男性の方が2倍くらい多いですから。向こうの国の女性も望んでいるようですし、釣り合いも取れているのでしょう。
    日本のように民度の高い国においては、低スペックの人間でも世界的には平均以上です。

    それから欧米の移民の出生率は高いかも知れませんが、例えばアメリカにいる白人の出生率も日本よりかなり高いですよ。

    1. でらさん、

      うーん、一般職、派遣社員女性でも高齢独身者なんていくらでもいるし、焦り出すのは30直前ではないでしょうか?

      日本の低スペックは世界中どこでも低スペックですよ。低スペックなら、生活習慣からしてだらしないので、単に日本円の通貨価値が高いだけで、相対的貧困になるだけで、それはそれでつらいですし、通貨差を利用して、ビザ目的、仕送り目的の嫁もらっても、うまくいかないでしょう。

      農家が発展途上国からお金で嫁買ってきて、奴隷扱いして、逃げられる、とかは日本に限らず、韓国、台湾あたりでも良くある話で、民度が低いから、自分の国で嫁をもらえないのでしょう。

      国際結婚でうまくいっているのはお互いに教育レベルが高く、お互いの文化理解が高く、たまたま外国人と結婚した、というパターン以外はほとんど見ないです。

      アメリカの白人で出生率が高いのはど田舎の農家くらいのもので、東海岸、西海岸の白人で子沢山なんてほとんど見ないし、事実婚、離婚も多く、子沢山にはならないですよ。

      シン

  3. 日本人女性の平均初婚年齢は29歳なので、40代で結婚する人がいることを考慮するとまだまだ20代で結婚する人は多いです。数字が事実を語ります。

    日本人の低スペックは世界的には平均以上ですよ。シンさんは世界の底辺を知らないのでしょう。文字が読めない人もいるし、高校程度の教育も受けていない人もいるのです。麻薬常習者、犯罪者も珍しくありません。日本人は農家や建設作業員であってもプロ意識が高く、ルールはちゃんと守ります。これだけで世界の平均は充分上回ります。

    それから、アメリカの西海岸、東海岸だけを見て話をするのは日本だと東京のことを日本全体に一般化して話すのと同じです。一部の先進地域だけを見ても全体を見たことにはならないです。

    1. でらさん、

      結婚平均年齢、生涯未婚率は上がり続けているので、一般的には結婚に消極的な人が増えたんだと思いますよ。

      多分、世界の底辺ならでらさんより私の方が知っていると思いますよ。どこの国でも社会のルールを守れて、常識があり、他人に迷惑かけないくらい収入がある人は底辺ではないですよ。そういう人なら、教育レベル関係なく、希望すれば普通の出会いで結婚できます。同じ属性と結婚すればいいですから。金で嫁を買うくらいの人になると、膿家、と揶揄されるくらい常識がない人たちです。でらさんは底辺日本人を知りませんか? ゴミクズと呼びたくなら人がたくさんいます。

      アメリカの国土、交通事情を考えると、日本と比べるのは東海岸、西海岸くらいで、田舎のアメリカ人は一生州から出ないくらいの人もいるし、月に一回くらい車を高速でぶっ飛ばして何時間もかけて地方都市に行くくらいが娯楽だという人もいます。日本はほとんどどこでも2-3時間で大都市につきます。一緒にする方がおかしいです。

      シン

  4. 議論に付き合っていただき、ありがとうございます。

    フィリピン人であっても嫁を貰うような人はゴミクズではないです。農家には外国人嫁が結構居ますが、虐待などせず夫婦力合わせて農作業している人がほとんどです。日本人女性が畑仕事を嫌がって嫁に来ないために外国人を嫁に貰っているだけで、歓迎しているはずです。

    シンさんがゴミクズと呼ぶような人は田舎でなく、大都会・東京の◯糸町や蒲◯あたりで飲んだくれたりパチンコに興じている人のことだと思います。東京や大阪に流れてろくに働かずグダグダしている人は確かに居ますが、彼らは嫁など貰えるわけもなく、一生独身です。

    最後に、私が日本人の民度の高さを言っているのは犯罪の少なさ、治安の良さを根拠にしています。
    日本人は底辺にあたる人でも犯罪に手を染める人はまだ少ないですが、欧米だとすぐに犯罪に手を出したり麻薬に走ったりしています。そういったことを考慮すると、日本人のゴミクズでも外国に比べると全然ましなのは明らかだと思います。

    1. でらさん、

      議論がしたくて、ブログをやっているようなものなので、いくらでも議論しましょう。

      結婚っていうのはゴールでなく、スタートなので、スタートがどうあれ、力を合わせて幸せにやっているなら、それでいいんだと思います。ただ、可能性の問題として、嫁が来ない人には何かしらの問題があることが多く、お金で外国に嫁ぐ人も同様なので、リスクは高いのでしょうね。

      治安、犯罪、という観点なら、日本は世界屈指の住みやすい国なので、底辺層が犯罪に手を染めている率は低いのでしょう。この観点では日本はまだまだいい国ですね。

      シン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です