じゃあ、スペイン系フィリピン人

日本の芸能人で母親がフィリピン人だと決まって「スペイン系」と言うのに違和感を覚えます。私はほとんど嘘、根拠はないに等しいと思っています。なんで、つまらない嘘をつくのでしょうか?

スペイン

確かにフィリピンはスペイン植民地時代があり、スペイン文化を受け継いでいます。多くがカトリック教徒ですし、苗字はスペイン系であることがほとんどです。ノリもアジア人としてはラテン乗りだと言っていいです。

ただ、100年以上前の話ですし、今現在、フィリピンはスペイン語圏ではありませんし、スペインとの繋がりはほとんどありません。スペイン、ラテンアメリカ諸国のような相互協定はありませんし、特に協力関係にもありません。

ただ、スペイン系財閥はあり、100年以上前から代々市場を牛耳り、不動産を支配しているごく一部の家族はいます。その人たちもスペインとの繋がりを意識しているわけでもありません。留学先もアメリカが普通です。

アメリカ

スペインの後にフィリピンの支配者としてやってきたのがアメリカです。米西戦争によってスペインからアメリカ大陸の支配権を奪うと、パリ条約でフィリピンも割譲させアジアでの拠点としたのが100年前です。

フィリピンはアメリカとの繋がりの方が明らかに強いです。英語が準公用語であり、先に述べたように富裕層はアメリカで教育を受けることが一般的です。優秀層もアメリカ移住を目指しますし、アメリカで一定の影響力があります。フィリピン人はアメリカが大好きです。

アメリカはフィリピンを沖縄のような軍事拠点としてのでアメリカ人でフィリピンに滞在したのは多くが軍人です。この人たちの現地妻としてこどもをもうけていることはあります。ただ、言いやすいことではないでしょう。

中国

中華系フィリピン人はまったく珍しくはなく、割といます。東安アジア全域で同じです。どの程度の血縁関係があるかは別にして三割くらいは中国の血を引いているのではないか?と思います。

ちなみに反中国を主張するドトゥルテ大統領も中国系です。中国系は勤勉なので社会階層の上に立っていることが多いです。昨今は変わってきましたけど、中国のイメージは良くないことが多いので、あまり声高には中国系アピールする人はいません。

フィリピンは階級社会なので同じ階層内でしか関わりがなく、中国人コミュニティ内で付き合うことが多く、中国系フィリピン人は丸っ切り中国人の見た目であることも多いです。

まとめ

フィリピン社会において色が白い方が上層に位置し、黒い方が下層に位置する、という現実があります。フィリピン人は色白を狂ったように追い求め、怪しい薬もいっぱいあります。白人>>>>>中国人>>>>>>>>>>>>>>>>>フィリピンネイティブ、という序列です。

フィリピン人である自分に自信が持てず、悲しい嘘として自分はスペイン系、ということを言い出す訳です。根拠は苗字がスペイン系だから、というレベルで、具体的にスペインのどこから来た誰の血を引いている、という証拠を持っている人はまずいません。

全員ではありませんが、フィリピン系日本人の大半は元フィリピンパブ嬢を母親に持っている貧困層でしょう。その母親がついた悲しい嘘をそのままプロフィールにいれているだけ、というのが実情だと思います。

そして、フィリピン人エリート層ですらフィリピン人であることを恥ずかしく思っているので、現地国籍を取ったらフィリピン人とはなどと言わなくなるし、フィリピン出身だとも言いたがらなくなることが多いです。

受け入れる側の日本人にもフィリピン人なんて下層、白人様の血が入っているなら、まあ良いだろう、というようなコンプがあるので、スペイン系フィリピン人を母親に持っている、というプロフィールを持つことになるのでしょう。

長年日本はほぼ日本人だけで構成されてきたため、見た目で階層がわかるということはなく、白人様はカッコいい、東南アジア人はダサい、と無邪気に思っているだけで、差別を意識することもなかったのですが、徐々に社会が変わってきて、思っていても口にできないようになってくるだろうと思いますね。

4+
1 1 vote
Article Rating
Subscribe
Notify of

10 Comments
Oldest
Newest Most Voted
Inline Feedbacks
View all comments
gigi
2 years ago

フィリピンで語学遊学してた頃、フィリピン人先生がよく「私にはスペインの血が入ってる。証拠にそばかすがある」と誇らしげに語ってたことを思い出しました。
最近、日本の日比ハーフキャバ嬢がインスタのヘダーへ日本·フィリピン·スペインの国旗をのせているのを時折見かけるようになりました。
元フィリピンパブ嬢の母親の悲しい嘘を信じているのでしょう。又この様なパブ嬢2世が母親と同様に水商売をしてる点も階層は中々変わらないという実情だと思いました。

2+
Last edited 2 years ago by gigi
かりりん
10 months ago

シンさん、皆様お久しぶりです。

フィリピン系の人って悪い人たちではないんですけど、深く付き合うと反りがあわないというか、
常識がないって思ってしまいます。
そもそも自分の常識=日本の常識ーー>日本の常識は世界の非常識? などいろいろ考えてしまう事も
多いのですが。。。

実は息子のフィアンセがフィリピン系アメリカ人、両親はフィリピンからのアメリカ移民で、息子がその彼女と付き合い始めてから、彼女の両親や親族と付き合うことが多くなりました。

基本的にパーティ好きで、家族が何よりも最優先!
自分はシングルマザーの期間が長く、息子には血縁がアメリカには他にないに等しく、息子はあちらの家族、親族との付き合いを大事にしています。

私は息子が幸せなのなら、別に何をしても良いし、時々、非常識な扱いを自分が感じても我慢して
きました。

彼等は割とフィリピン系では割とアメリカで成功した人たちで裕福です。
昔は貧乏だったようで、その穴埋めなのか、しょっちゅう海外旅行に行ってます。
その時は必ず息子も行きます。

今回、そのフィアンセの母親の友人がいるからと、家族+息子も含めてエルサルバドルに行くと聞いて
いろいろ調べました。少し前まで内戦していた国で、日本外務省が渡航禁止を出していたようです。
現在は、内戦も収まり、治安はかなり良くなってはきているものの、数か月前から、またちょっと悪化してきているようなので、息子達に危ない国だから、できれば考え直してほしいとお願いしました。

もうすでに計画済みだし、心配する必要はないと言って、スルーです。

いつもは我慢して何も言わないのですが、今回ばかりはあちらの両親にも、あなた方が友人に会いに行くのは自由だけど、子供たちは連れていかないでほしいと懇願しましたが、無視です。

ギクシャクするだろうなとは予想していましたが、それでもなお、なんとか考え直してほしいという思いでした。

一方で、息子達もあちらの両親も健康オタク。息子達は今は完全にビーガンです。
将来のための資産形成なども頑張っています。

それなのに、危険な国に渡航するのには躊躇がない。。。

理解に苦しむんです。

私が神経質するぎるのでしょうか?
普通に、危険なところには子供は行かせたくないという思いからだけなんですが。

もともとフィリピンの貧しい農村出身の人たちで、基本は人生は短いからやりたい事をやって楽しめばいいという考え方のようですが。。。

困り果てています。。。

何かいいご意見などございましたら、ご教授ください。
お願いします。。。

2+
ベル牛
Reply to  かりりん
10 months ago

かりりんさん

横からすみません。 フィリピンの家系ということでしたら、フリートークができるオンライン英会話の無料レッスンを活用して、実際に相談してみてはいかがでしょうか?

フィリピン人の気質や思考回路については日本人だと測りかねる部分かなり多いのは事実なので。
可能でしたら、家族の方の出身地域(地区や地域で大分気質が変わるので)に近い方に話してみると気質や説得方法などのヒントが見つかるかもしれません。

https://lp.tryglish.com/ranking/online/?utm_source=google&utm_medium=search&utm_campaign=gs-101&gad=1&gclid=CjwKCAjw-7OlBhB8EiwAnoOEkwwssG1j3BJiTkYAAN3qXQqM40GRgshydOZlu_otD4MiFbeb5ksxThoCWkUQAvD_BwE

オンライン英会話の無料体験はかなりやってるところ多いので、どこでも利用可能かと思います。

ただ、一般的なフィリピン人講師の英語力ですと、かりりんさんのように米国経験長い方が本気で話すとついてこれないかもしれないので、そこは少し配慮が必要かもしれないです。

ただ、聞いた感じだと理性で説得できるか難しそうな方だなという印象は受けましたし、私が知っているフィリピン人も給料が入るとすぐパーっと使ってしまう計画性がない人が多くて、感情で動くので言葉で説得ができるか?というと疑問ではありますね。

元々マニラみたいなスラム地区に住んでいたら、治安の悪い場所でも悪目立ちしない初施術的なものは身につけているのかもしれませんがね。そういう意味ではある程度安全に過ごせる自信があるのかもしれません。ただ、内戦に巻き込まれたら、死にはしなくても、しばらく帰れないなどのトラブルは普通に考えられますよねぇ。

0
かりりん
Reply to  ベル牛
10 months ago

ベル牛さん、ご返信ありがとうございます。

現地フィリピン人と話しても、おそらくそんな事気にするなんて、ははは と一蹴される感じがします。

で、この息子のフィアンセの家族は結構裕福です。
そして、めちゃくちゃ子供を甘やかしています。
というか、フィリピンでは子供を甘やかすのは普通みたいです。

例えば、息子のフィアンセの妹さんが、最近大学を卒業しました。
*専攻はアートです。。。 苦笑
卒業祝いに盛大なパーティ。そしてサプライズでテスラの新車をプレゼント
(彼女はすでにプリウスを持っていました。もちろん親から買ってもらったもの)

息子はこの家族のことを Good family role だと言って、べったりです。
当然ですが、息子のフィアンセも蝶よ花よと甘やかされて育っています。

まあ、妹さんへの甘やかしっぷりほどではないみたいですけど。

アニメや日本のグッズは好きなので、そこだけでは話は合いますが、それ以外は
日本の家族批判、私の育て方が間違っていた など結構さんざん言われますね。
自分はシングルマザーの期間も長かったのですが、仕事が忙しく、たしかに
そこまで構ってあげられなかったのは承知です。

フィリピンでは、例えばよその子が他の人の敷地に落書きしたり、悪戯しても
笑って、キャンディをあげる みたいな感じが普通らしいです。
悪戯した子供を叱ったりしようものなら、大変な事になるみたいです。
また、家族批判もタブーとされています。

私も彼等の文化はある程度承知しているので、普段は何も口も挟まず
息子とも距離を置いています。

しかし、今回ばかりは口を挟まずにはいられませんでした。

シンさんもおっしゃってますけど、結局は私の忠告は無視してエルサルバドルに渡航するんだと思います。刹那的な生き方のように見えて、その一方でちゃんと人生計画もしています。

理解に苦しみますが、私はとうに子離れはしていますし、ほとんど連絡はしません。
会うのも年に数えるくらいです。

息子はずる賢いので、裕福だからあちらの家庭にべったりという面もあるのかも。
日本人は普段はケチですからね。。。

なので、もうあきらめました。

アドバイスありがとうございます。

2+
dw
Reply to  かりりん
10 months ago

かりりんさん

自分の大事な子どもが自分の嫌いな属性の人間に影響されるのって耐えがたいですよね。お気持ち察します。

自分は、母親にけっこう言われました。分かってないなー!と怒ることもありましたし、言ってくれて助かったなと思うこともありました。

その時は効かなくても将来「あの時ああ言ってたな」と思い出すことがあるかもしれないですし、拗れるリスクはあっても言うべきことは言っていいと思います。自分が後悔しないために。

2+
かりりん
Reply to  dw
10 months ago

シンさん、ベル牛さん、dw さん

暖かいお言葉ありがとうございます。
心底、日本人同士の方がやはり話は通じるなと思いました。

>フィリピン人に対して辛辣になりましたが、適正な距離感を持てば、ノリが良
>く、フレンドリーで、楽しい人たちなので、人としては私は好きですね。
>ただ、見習うところは少ない人たちだと思います。

適度な距離感というところがミソだと思います。
息子のフィアンセともなれば、結婚したら親族付き合いになります。
こっちが距離感を保とうとしても、むこうからぐいぐい来ます。
そのたびに何かと理由を付けては断っています。

断ったからといって気分を害する人たちではありませんが、こちらの気持ちも察してくださいー は通用しないですね。
平気で失礼な事もしてきます。

確かあちらのお母さまの誕生日パーティだったと思いますが、ご自宅でパーティだったのですが、子供用のテーブル、大人は夫婦2名づつのテーブルが用意されていました。自分の夫はその時、仕事で不在だったので、私一人だけ行ったのですが、ぽつんと小さなテーブルに小さな椅子が一組だけのテーブルを用意していました。私だけ一人ぼっちの席です。

さすがに、もうちょっと考えてくれてもよさそうなのに?と思いましたよ。
息子もいましたが、子供たち専用のテーブルで楽しそうにしてるし。
場の空気を乱したくなかったので我慢しました。

さらに、女性は全員ドレスアップしていて、つばの広い帽子を被っていました。
私にはそんな通達はなかったので、ジーンズにシャツといういでだち。。

おそらく他意はなかったのでしょうけど、日本だったら陰湿ないじめ?かと
思いますよ。

ちなみに日本人は私一人でした。

この時にゲストの中に、スペイン系の人がいて、ジャップと呼ばれてこれには
激怒しましたよ。ちょっとまて!今、ジャップと言った? って、言ったら
謝ってきましたが。

とても屈辱的なパーティでした。
それ以来、招かれても断り続けています。

dw さん
>その時は効かなくても将来「あの時ああ言ってたな」と思い出すことがあるか
>もしれないですし、拗れるリスクはあっても言うべきことは言っていいと思い
>ます。自分が後悔しないために。

こう言っていただいてありがとうございます。
はい、自分が後悔しないために! ですね。


2+
10
0
あなたのご意見、ご感想をお待ちしています。x
タイトルとURLをコピーしました