じゃあ、公務員vs民間企業

公務員に夢を持っている学生さんがいるみたいなんで、対決したいと思います。

リストラ

今の所、公務員にはリストラが存在しません。それはメリットだと思いますが、日本の雇用システムからいうと、民間企業も会社が傾かない限りはリストラはありませんし、それほど大きなメリットだとは思いません。

このまま日本が順調に衰退すれば、公務員も事実上のリストラを始めるかもしれません。賃金カットを連発して、自主的に辞めるような仕向ければいいのは民間企業と同じです。すでに夕張市がやっているので、ありえない話ではありません。

公務員の待遇を下げ過ぎると、汚職が激しくなるので、あんまりして欲しくないですが、どうにもならないくらい日本の財政が酷いことになったら、公務員を叩いて、税金を安くあげるしか方法がなくなります。

酷い待遇になっても、元公務員に行くところなんてありませんし、一連托生の社畜だとも言えるんじゃないか?、と思います。公務員流の前例主義が身に着けば、そこでしか通用しないダメ人間の完成です!

女性

公務員は女性にいいと思います。育児休暇を取りまくっても、居場所がなくならないので、若くて、給料の安い時期に子育てして、給料が上がってくる頃に復帰して、アファーマティブアクションで機会平等も主張出来ます。

その分、男性公務員が割を食うんですけど、そんなことは知ったことではないですし、やったもの勝ちなのが公務員です。ルールさえ守っていれば、どんなに周りに迷惑かけても、気にしなければ、問題ありません。

大阪で話題になった、極左女性公務員のように、私達がどれだけサービス残業していると思っているのですか!っと、文句を言いつつ、自分はまったく残業をしていない、という荒技も可能です。その意味では左翼運動家にも公務員はいいと思います。日教組も左翼運動家集団でしたしね。

楽な仕事

楽な仕事なんて、公務員に限らず、どんな民間企業にも一定数あるので、そんなに特別でもありませんし、ほとんどの若手はキツめの部署に配属になります。全ての公務員が楽だと言うのは都市伝説ですよ。

むしろ、公務員の方がIT化が進んでないので、無駄な作業が多く、何の付加価値もないことをやるので、精神的に辛いだろうと思います。まぁ、日本の組織はどこも似たようなもので、非効率の塊みたいなものです。

公務員って、中堅メーカーくらいの待遇、仕事のキツさなんじゃないか?、と思います。40歳、年収500-700万で、楽な部署、キツイ部署が結構明確に別れて、ガチガチのノルマに追われることもないけど、楽ということもないです。

まとめ

地元に公務員以上の仕事がなく、地元を離れられない事情があるなら、公務員はいいのかもしれませんが、敢えて目指すだけの旨味は見当たりません。もっと言えば、ろくに産業もない場所に留まるより、さっさと移住した方がいいと思いますよ。

公務員がこれほどの人気になるのは日本が衰退している証拠ですし、時勢なんだな、と思います。ともあれ、現実を理解して、それでも公務員したいなら、頑張って貰えばいいですが、現実を無視して、公務員に期待しすぎると、痛い目に合うと思います。

就活が迫った文系学生がかなり高い確率で言い出すのが、一年ガチって公務員になれば、楽できるし、待遇も悪くない、というよくある現実逃避ですけど、そういう安易なことを言う学生のほとんどは公務員試験に受かりもしないものです。

投稿者: シン

思いついたことを記事にして、コメントをもらって、議論するのが楽しくてブログをやっています。

“じゃあ、公務員vs民間企業” への 16 件のフィードバック

  1. 以前は、公務員試験といえば勉強しかできない人の受け皿だったんですが最近は面接も重視される傾向があります。
    面接で討死した知り合いも私を含めて知ってます。
    公務員試験はなかなかリスクの高い賭けだと思います。

    1. 公務員受験はかなりの準備期間が必要で、就活の時間がなく、公務員一本槍で攻めて、討ち死にとなると、途方に暮れますね。特に文系の就活は時間がかかりますので、リカバリー出来ず、就職留年することになる事が多いでしょう。

      シン

  2. 私の場合は、学部が経営工学だったので面接官が経営工学なんか理系じゃないと呆れてしまったので不合格になりました。
    確かに、実験の科目がなく理系基礎の物理と数学、プログラミング、電気回路の座学以外が選択しない限りはほぼ数学でした。

    公務員試験の筆記の準備に自信あり、勉強が嫌いでないなら挑戦してもいいと思います。

  3. D.Eラン文系はどういった就活をすればいいんでしょうかね。営業に向かないなら 小売や飲食店 介護 タクシードライバーになってしまうんですかね?

    1. 何か得意な事があるなら、それを徹底的に磨く事で活路を見出せるでしょうけど、そうでないなら、人の嫌がる安くてキツイ仕事に就くことになるでしょうね。でも、それにやりがいを持てるなら、それで良いんではないでしょうか?多少待遇が良い仕事で社畜として人生の消化試合をこなすよりは安くても、やりがいがあることを出来る方が幸せだと思います。

      シン

  4. 日本人の公務員志向ですが、60年代にHofstedeが各国のIBM社員を対象に行った大規模な調査では日本人が最もリスク回避性向が高いらしく、遺伝子レベルでそうなのかもしれません。ちなみに調査対象76カ国で最もMasculinity indexが高いのも日本人なのですが、シンさんはどう考察されますか。
    公務員の技官コースは国Iでも理系なら比較的簡単です。どうあがいても事務官より権限がないのが問題で、日本が非効率なのは文系が跋扈してるからなんじゃないかと思えてきます。

    1. リスクを回避するというより昔から失敗したら腹を切る文化だから失敗できないのだと思います。サラリーマンでも小さな失敗で地獄に叩き落とされる人もいます。
      小さな失敗から学ぶことも多いし、成長できるのに芽を摘まれてしまいます。

      1. 責任感が強すぎるので、リスクを取らない、という一面があるのでしょう。アメリカ人、中国人なら、失敗すれば逃げますし、国が広いので、簡単に見つかりません。

        シン

    2. 遺伝子的に島国根性なのかもしれません。政治家、官僚の文系支配については長くなるので、記事にします。

      シン

  5. 自分の駅弁大工学部からも、公務員になる人は結構いて、
    1番多いのは土木工学ですね。
    県庁や市役所の土木系の技官として就職しています。
    機械や電気は少ないですが、情報だと警察の技官になる人もいます。
    警察の情報系の技官は、サイバー犯罪対策や押収したパソコンやスマホのデータ解析など、最近需要が増えてそうな仕事をしてます。
    ただ、工学部だと大学の勉強だけでもかなり忙しい上に、公務員試験は科目が多すぎて、手がまわりません。
    機電なら推薦で簡単に民間に就職できるのに、勉強しないといけなくて落ちたときのリスクの高い公務員は人気ないというか、ほとんどの人がやろうと思いません。
    この記事をみて、僕は民間一本で行こうと決めました。

    1. 楽に民間就職が出来る専攻の人にとって、公務員はさほど旨味があるものでもなく、何かしらの事情があって目指すものだと思います。

      シン

  6. 情報系ってのはなかなか幅が広くて警察庁の技官になりたくても、試験が機電しか受験できず、ソフトウェア関係や数学、通信技術の学科を出てると受験科目と相性が悪いケースがあります。
    地方上級に関しては、情報関係の専門があるのですがマニアックな分野だったり古い分野だったり対策が困難です。

    1. へー、そうなんですか。日進月歩の分野なので、試験がうまく対応できてないのかもしれません。むしろ、アメリカみたいに元ハッカーを雇った方がいいかもしれませんね。

      シン

  7. 技官に関しては、公的な機関でないとできない仕事をやりたいなら公務員を目指すのも悪くないと思います。あと、理論系の学科の専門が仕事になるとかですね。
    例えば、農学部であれば土木関係、気象庁ですし、経営工学なら総務省の統計局、警察庁の情報関係、生物関係や化学関係とかあります。あと、建築もあります。その他は特許庁、大学職員です。他にもいろいろあります。

    公務員一本でいくより、独立行政法人やら大学の先生の紹介で入社できるケースがありますのでそこはよく調べてやるべきだと思います。

    1. そうですね。公的機関しか出来ないことをしたい人は色んな人に相談して、やりたい事がしやすい環境を探すべきですね。

      シン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です