じゃあ、丁寧に生きる

なかなか忙しい中で思うのが、丁寧に生きるということを意識したい、ということです。

時間

当たり前ですが、時間は有限であり、誰もが平等に時間を失っていきます。だから、その時間をどう使うか?確保するのか?を明確に意識していきたい、と思っています。それは時間を使う価値があることなのか?、を常に自分に問う必要があります。

私は、日記を書くことで、日々をどう過ごしたのかを記録するとともに、写真、動画などの付帯情報も出来るだけ残すようにする。あとで振り返るすることで、無為に過ごす時間ができるだけないようにしています。

記録媒体が、SNSでなく、日記なのは興味が自分であるべきだから、だと思っているからです。他人を出来るだけ不快にさせない、という程度の最低限で十分です。他人に余計な興味を持つほど、自分を見失います。

その意味でブログ更新が減ってしまったのもあります。単に備忘録として残すなら他人が読むことを意識して時間をかけることが無駄だからです。とは言え、きちんと消化したことを他人に伝えるように記録にするのも大事ですけどね。

健康

時間を作るために睡眠時間を削るのは、本末転倒なのかな、と思っています。健康を害す可能性が極めて高いからです。若い人はほとんど寝ずに1週間くらい集中もできるのでしょうが、歳をとると、無理はそのまま健康状態に反映されます。若くても、寝不足で集中できているのかも疑問です。

特に中高年は若さがない分、強引に時間を作ることはできず、効率よく立ち回らないと、やりたいことをやり切ることは無理だということでしょう。一定年齢を超えると、何事も健康状態との相談になりますし、体調を崩すと回復まで長くなりがちです。

体調不良の時間は無為です。健康寿命と言いますが、体調が悪く、なんとか生活しているような状態は時間としての価値は低く、単に辛いだけです。体調が悪い時に何かしても、満足感が得られるような形にはなりません。健康状態が良い状態で取り組んでこそ、価値ある時間だと言えますね。

スマートウォッチで体調を日々観察し、体重、食べるもの、運動量など、健康指標を意識しながら何をすべきなのか?、と日々を過ごしたいものです。その日だけでは、不摂生しても影響ないかもしれませんが、長い目で考えると日々の暮らしが人生の健康に過ごせる残り時間を決めます。

お金

インフレによって、現金の価値が日々下がっていることを意識します。つまり、現金は価値があると思うものに振り分ける必要がある時期だということです。ついに日本でも都心部で不動産価格の上昇が起きていますが、インフレに対して価値が落ちづらいからでしょう。

経験、モノを比較すると、経験に現金を振り分けるべきだと思いますし、その経験もできるだけ有意義になるように取り組むべきだと思います。下調べを良くすること、考え過ぎて行動に対して二の足を踏んでしまうことのバランスをとって行きたいです。

モノに関しては、ストーリーがあるもの、コスパの良いコモデティーを分けて、前者にお金と時間をかけ、後者は機械的に買っていきたいです。結局、ストーリーのあるものは、選ぶだけでも時間を食うので、お金さえ払えば良い、というわけにはなりません。

ウィンドーショッピングって、贅沢な時間の使い方だと思います。特に何を買う必要がある、というわけでもないのに、フラフラと眺めている時間があるということです。お金はないが、時間はある人の特権だと思いますね。

ワーキングホリデー、とかも、贅沢な時間だと思います。何をするわけでもなく、大した目標があるわけでもなく、外国をフラフラするわけです。そんな贅沢な時間が人生の中にあっても、良いと思います。なきゃダメじゃないですけどね。

まとめ

今日、今をしっかりとやろうとする意識がなければ、明日になれば、しっかりやれるわけありません。日々反省をしながら、今日より明日、明日より明後日、という意識で丁寧に生きていきたいです。その結果が、充実感のある人生なのだと思います。

何に使ったのかわからない時間が少なくなるほどに健康状態、経済状態は良くなると思います。自己管理の徹底こそが、全てに繋がる、とは分かってはいるが、なかなか徹底できませんね。

 

13+
5 1 vote
Article Rating
Subscribe
Notify of

3 Comments
Oldest
Newest Most Voted
Inline Feedbacks
View all comments
ベル牛
1 month ago

>>インフレによって、現金の価値が日々下がっていることを意識します。つまり、現金は価値があると思うものに振り分ける必要がある時期だということです。ついに日本でも都心部で不動産価格の上昇が起きていますが、インフレに対して価値が落ちづらいからでしょう。
経験、モノを比較すると、経験に現金を振り分けるべきだと思いますし、その経験もできるだけ有意義になるように取り組むべきだと思います

私もメッチャ思いますね。

ただ、円安がやばくて昔ならタイやベトナムなどで旅行するってのは凄くコスパ良かったですが、今はそんな・・・って感じですね。

 大部屋でシャワー無しの多人数部屋とかはほとんどの日本人かなりの苦痛を伴うでしょうし、ローカルの食事も最初は美味しい美味しいと言っていてもすぐ飽きますしね。

日本人の舌に合う台湾の食事でも強烈に飽きるそうなので、数ヶ月ならともかくリタイアして海外で生活するというのは、コスト的にも、快適に過ごすという意味でもまぁほとんどの人は無理でしょう。経験という意味では一度くらい行っておいても後悔は無いと思いますけど。

国内旅行や近場で意外と行ってない・行かない場所とかは結構穴場な感じがします。
最近だと黒門市場とかは観光地価格で、それが話題になってましたが下関の唐戸市場なんかは
一回行ったことありますが、価格はリーズナブルですが相当レベル高いですし、市場の雰囲気も楽しめます。

モノ系でも、財布やペンケース・文房具系だと、エッジ効いてて味がある製品とか多いですよね。
youtubeとかでよく見てます。 特に文房具系は勉強するとかメモ取るのが好きになったりするので侮れない効果があると実感しています。

後個人的には最近は、おおって思った人には投げ銭したりは良くしてますね。 好きなゲームの作者さんとかにメチャクチャ丁寧なお礼貰えたりするとお互い凄く良い気分になれますね。

クラファンとかスパチャとか。 こういう寄付に税制的な優遇があれば、経済的に豊かになれるかはともかく、文化的には本当に面白い世の中になると思います。

0
かりりん
1 month ago

お久しぶりの投稿、うれしく思います。
時間の使い方については、年齢を重ねると思うことが色々出てきますよね。
私は20代から40代にかけては、仕事と恋愛と子育てで手一杯でした。
仕事は決して、自分のやりたかった業界ではありませんでしたが、ちょうど伸び代の良かった時代で
お給料も良かったので続けてきた次第です。
今になって本当にやりたかったことを出来る時間が確保できるようになりまして、
大変ですが頑張っています。

100%ボランティアですが、さつ処分直前の犬や猫をフォスターしたり、いくつかの保護団体と連携して出来るだけ多くの罪なき命を救う手伝いもなどをしています。
昨年から始めたのですが、30匹以上保護して、みんな里親さんも見つかりました。
今、現在 保護したわんこが妊娠していた事が発覚、結局9匹の子犬がうちで生まれて、バタバタしている毎日です。保護団体によっては、必要経費を振り込んでくれるところもありますし、羽振りの良くないところはすべて自分のポケットマネーで賄っています。ただし、これらは税金対策にはなります。

しかし、保護活動をやっていると、自由時間がほぼなくなります。
ただ、自分にも良いこともあります。
自分が健康でないと、他に面倒を見る人がいないので、自然健康に気を遣うようになりました。
また、犬がいることで散歩は必須、ドッグパーク(ドッグラン)にも連れていって、犬好きの人との交流も増え、友人も増え、気づくと結構毎日歩いていることになります。

もともとアウトドア派ではないのですが、歩く他にハイキングしたりと割と健康的に過ごせています。
今は子犬達の世話で睡眠時間を確保するのに必死な感じになっていますが、これが終わったら、ちょっと一息、日本へ一時帰国を考えています。

残された人生を、自分にも出来る何か?を見つけることが出来てよかったと思っています。

3+
dw
1 month ago

久しぶりの投稿ありがとうございます。
日記をつけているとこのことですが、私も最近つけています。
昨年末あたりにAppleからリリースされた「ジャーナル」というアプリが使いやすく重宝しています。それこそ写真や動画を載せられるので。
日記を書くたびに、面白い文章を書くというのは才能だなぁ…と痛感します。(日常のエッセイのような日記を書きたいと思っているのですが、うまく書けないです)

0
3
0
あなたのご意見、ご感想をお待ちしています。x
タイトルとURLをコピーしました