じゃあ、米国弁護士

小室さんの不合格で話題の米国弁護士ですが、彼以外にも日本で司法試験を合格してないのに受験する人を見ることはあります。通常は全く美味しくない選択だと思いますけどね。

難易

日本で司法試験を通過し、大手法律事務所に採用される人にとっては米国司法試験は簡単だ、と言って良いのだろうと思いますし、不合格になった人なんて聞いたこともありません。不合格になったら恥ずかしくて黙っている、と言うのもあるとおもいます。

ただ、日本で司法試験を通過してないのに米国司法試験だけ受ける人に関しては不合格の人もチョコチョコ見かけます。そもそも本国で結果を出してないのに、いきなり海外に行って成果を出す人など、ほぼゼロだと言って良いです。

アメリカ人にとっては合格して当然の試験であり、一昔前はロースクールブームでもあったので、政治家は司法試験通過している人が多いですね。クリントン夫妻、オバマ夫妻、ブッシュ息子もそうですね。日本の政治家で持っている人がごく少ないのとは対照的です。

業務

そもそも英語ネイティブでないのに、法廷弁護士になるのは無理です。ネイティブの中でもずば抜けて弁の立つ人間がやる仕事であり、英語自慢のノンネイティブでは話になりません。

だから、日本に関わる国際法務業務担当、と言うことになるのでしょうが、それは日本の司法試験を通過している人で間に合ってしまうので、米国司法試験単独の人が職を得られることはほとんどないように見受けられます。

米国大手法律事務所は各国に提携先があるので、選りすぐりの外国弁護士を派遣して貰えば良いです。若手でもベテランでも選びたい放題です。米国に興味を持つ人は少なからずいます。外国人で米国司法試験を持っているだけの人を現地採用する意味もありません。

現実

となると、米国司法試験単独通過者がやるのは移民弁護士、日本では行政書士にあたる仕事くらいしかありません。日本人相手に労働ビザ取得、配偶者ビザ申請、永住権申請、と言う類の単純業務しかできません。

行政書士レベルの仕事は日本でも同じですが、誰かの地盤を引き継ぐ、本人に圧倒的な営業力があるのでないならまともに飯も食えない、ということになります。他の仕事をしても成果を出せるくらいの何かは必要でしょうね。

行政書士レベルの仕事をやる為に数千万円注ぎ込む、というのはあまりにもコスパが悪く、実家が金持ちだとか、どこからか、何かしらの理由で金を引っ張ってこれる人以外しかやらない、と言うことになります。

まとめ

弁護士を含めて文系職というのはネイティブのものであり、ノンネイティブはお呼びではありません。そこを乗り越えていくには少々の能力、努力ではダメであり、突き抜けた何かが必要です。

小室さんはスケコマシ力が半端ないからどこからか金を引っ張り、何かしらの理由で中堅法律事務所から内定を取り、ビザを出させている離れ技を成し遂げています。通常の米国司法試験単独合格では到底出来ないことをしています。

ちなみに、H1ビザは抽選のはずですが、なぜか彼はすでに取得しています。同じ会社内の異動ではないのでLビザは取れません。皇室関係者と言え理由で卓越した才能を持つ人と言うとこでOビザを持っているのかもしれません。ここも特別待遇ですね。

ただ米国司法試験を通過すれば、中堅法律事務所くらいの内定は取れ、年収二千万円くらいはもらえる、と思っているならあまりにも情弱でしょう。まぁ、小室さんを真似してやる人はいないとおもいますけどね。

4+
0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
7 Comments
Oldest
Newest Most Voted
Inline Feedbacks
View all comments
筑波山
12 days ago

興味深く拝読しました。

皇室の尊さは血統(神武天皇のY染色体がーというフィクション)によるものであり、
メリトクラシーに馴染まないと考えていたため
当初からずっと違和感を覚えています。
(外国で弁護士になったらチャラになる類のモノではない)

今後、A宮家に皇統が移ったのち、次世代の男児がM子氏のみに生まれた場合、

・旧宮家の直系男子を無理やり探してくるか
・血統が近い(女系の)小室朝爆誕、

という判断の決着を自分の生きてる間に目撃するのかもしれません。
そういう意味で将来に禍根を残す、いわば終わりの始まりの様な経緯であったと
危惧せざるを得ません。
普通に考えて教科書開かず、子作りに励みますわな…自動付与の米国籍というおまけ付きです…

話題が話題だけにリアルで議論しづらいですが、個人の愛の問題であるとする結婚賛成派の
方の意見こそ聞いてみたいところです。

なお、ご迷惑でしたら当コメントは削除いただいて問題ありません。

3+
dw
Reply to  筑波山
11 days ago

私は結婚反対派ですが、賛成派の意見としては「本人同士が好きあってるなら別にいいじゃない。(法的に)何の問題があるの?」ということでしょう。

明らかにロイヤルパワーが目的であるのに、それにコロっと騙され利用される皇室が情けなく、ある意味不憫でなりません。万が一小室王朝爆誕という事態になった時に、この問題が風化してないことを望みます。

1+
いつき
Reply to  筑波山
11 days ago

小室王朝の心配はまずしなくて良いと思われます。

筑波山さんが想定されたような、H仁に男子が生まれず、他から跡継ぎを探して来なくてはいけない状況が生じるのは約20年後です。その時にはまだ令和の天皇が健在なので、娘のA子に継がせるか、旧宮家の男子を探してくるか、の選択になると思われます。傍系である小室M子の子供に白羽の矢が立つ可能性は限りなく低いです。

結婚を認めた件については、本人の自由を尊重したというよりは、M子があまりも頑固で手に負えず、精神的にイッているので、皇室としても持て余してしまい、体よく厄介払いしたのが実情でしょう。その意味では私は結婚に賛成です。

それよりも根本的な問題として、男系男子の継承を守りたいなら、一夫多妻制が必須です。一人の皇后が必ず男子を産むなど、現実的に有り得ません。例え旧宮家の男子を復帰させても、必ず先細りになります。

天皇存続のためには、今すぐにでもA宮とH仁に大量の側室をつける事です。現・天皇に男子が生まれてしまうと、皇嗣と確定したA宮の立場が揺らいでしまうので、天皇には側室は付けない用が良いでしょう。H仁は15歳で、世間一般の感覚では結婚はまだ早いと思われますが、皇統存続の為には今すぐにでも大量の側室を抱えて頂くべきです。なお、側室は「子供を産む機械・装置」なので、皇后と異なり出自や人柄は不問です。若くて健康でありさえすれば問題ありません。

無論、諸外国からは女性差別・人権侵害などとうるさく言われるでしょうが、それを言い出したら世襲制の王家そのものが差別なのですから、開き直って「これが日本の伝統です」と堂々と突っ撥ねれば良いのです。

2+
Fujiko
Reply to  いつき
11 days ago

KK問題は皇室と政府の動きを時系列で追っている人と普段無関心の人とで捉え方が異なると思います。

天皇は男系男子と言いますが昔は血族結婚が当たり前だったので実は双系でした。男系の思想は男尊女卑の思想、むしろ中国からのもので、明治以降明文化されました。女性天皇を排除したのは出産で命を落とす確率が今よりはるかに高かったことと、乳児死亡率が高かったため側室を含めて「天皇の子ども」をたくさん産む必要があったからです。

そもそも天皇家の血筋を重んじるのであれば男系よりも女系で繋ぐほうがはるかに確実ではないでしょうか。男系継承はどの時点で托卵があったかわかったものではありません。

A子天皇は男系女子なので問題ありません(お子さんは男系男子を婿に迎えない限り女系)。秋篠宮家に皇統を移した後にH仁天皇がお子さんに恵まれたなかった場合はM子もしくはK子の男児が天皇となります(A子天皇の子と同じく女系)。同じ女系になるならA子天皇でというのが圧倒的な世論でしょう。小泉政権時代にA子天皇の道筋はほぼ確定していましたが狙ったかのような妊娠テロで消えてしまいました。

今回のKK騒動の本質は女性宮家の創設で、テレビ等では表立っては報道されません。生前退位の意図は下記がよくまとめられていると思います。

>>386762生前退位は女性宮家創設とのセットプランでした。天皇の生前退位を本則に… | ガールズちゃんねる – Girls Channel –

KKは当初予定のお手ふり公務ができなくなり、バリバリ働きたいとも思っておらず、破談にしたかったのかもしれません。KK母の不正疑惑をうやむやにするため+KKに内情を暴露されることを恐れた秋篠宮家が口封じで結婚させたように思えてなりません。

2+
ニコ
10 days ago

天皇陛下の娘と結婚することで安定を得るってのは面白い発想だと思います。
アメリカの弁護士のレベルは日本の行政書士レベルだと言われています。
ただ、英語のレベルは予備校の英語講師(日本人の英語マニア)が難しいと言ってましたからノンネイティブ向きではないでしょうね。

0
いつき
Reply to  ニコ
9 days ago

>>天皇陛下の娘と結婚することで安定を得るってのは面白い発想だと思います。

→これで不可解なのは、なぜヒモ男は弁護士を目指しているのかです。

司法試験の結果はともかく、日本人にしては英語が堪能なのは確かです。それなら、フリーの通訳になるか、個人の通訳事務所でも立ち上げれば良かったのです。通常なら通訳なんて不安定な仕事ですが、皇室のコネがあれば日本政府の関係者の通訳の仕事が舞い込んできて、報酬もたっぷり貰えるでしょう。わざわざ弁護士を目指す必要は全くありません。

ヒモ男のアメリカ留学を主導したのは姫様である事が暴露されたので、夫を社会的ステイタスの高い仕事に就かせたい、という姫様の意向だったのでしょうか。

1+
くろねこ
10 days ago

米国弁護士というお題目なのに、何故かコメント欄は天皇制の話題になってる。
天皇制について私見を述べるならば、
先の大戦で多数の国民を殺し、財産を失った責任を取って、帝政廃止もしくは、退位すべきだった、と思います。
もしくは明治以前のように、ひっそりと伝統芸能の様に存続させるか。
こういう根本的な所で、なぁなぁで終わらせちゃってるのが、いかにも日本らしいよな、と思いますがねw

1+
7
0
あなたのご意見、ご感想をお待ちしています。x
()
x
タイトルとURLをコピーしました