じゃあ、人それぞれ

このブログでは「人それぞれ」ということを禁止しています。議論ブログなので議論にならなくなってしまうからです。

大前提

大前提として人それぞれなのは当たり前です。所変われば品変わる、郷に入れば郷に従え、というように、人の価値観など多種多様であり、正解などない、と言うのは紛れもなく真実でしょう。そして、紛れもない真実だからこそ、人それぞれ、と言い出されるということがなくなります。議論は完全に停止されます。

全肯定

ただ、人それぞれ、と言い出す人の多くは相手の指摘に対してきちんと反論はできないが、相手の考えを認めないし、自分の考えを改めるつもりはない。自分の考えに口出しするな、という意味合いで人それぞれを使います。

誰になんと言われようが、自分はやる、というなら、それで良いんですよ。ただ、相手の言い分に対して反論もできないくらい自分の中で考えがまとまってない中で、その思いを貫けるのかな?と思います。根拠が固まってない感情的な思いは長続きしないものです。

多かれ少なかれ人は同意を欲しているし、自分の考えに対する賛同者がいると心強いものですが、同意してもらっても、賛同者がいても、やるのは自分であり、自分自身の中で考えがまとまっていないなら達成なんてできないでしょうよ。

例外

強引に自分のやっていることを肯定しようとするときに使われるが例外です。例外を一般化して、だから自分のやっていることはおかしくない、と主張するやり方です。これも例外は存在するのでなかなか否定しづらいです。自分が例外なのだと信じ込むのは自由です。

ただ、例外は万に一つであり、ほとんどの人は凡人、汎用例に収まってしまいます。風俗嬢との真実の愛を信じるのも、セフレから正妻になることを夢見るのも自由ですが、信じるものは騙される、というのがほとんどですね。

実行

どんなことも自分の責任でやるなら本当に個人の自由です。そもそも前例がないことをするのも自由です。よく考えて自分の中で考えがまとまり、忍耐強く続ける覚悟があるならどんなことを言われても聞き流し、結果で周りを黙らせれば良いのです。

前例がない分だけ、なかなか理解者は現れないので、辛抱強くやり続け、自分を支えてくれる人を探し続ける必要があります。ほとんどの場合、1人だけでやり切れることはなく、周りの助けがないと達成できません。

まとめ

典型的な破天荒な人である大谷翔平さんって言い訳をしているのを聞いたことがなく、人それぞれ、だとか、逃げ場を作って批判を黙らせたこともないです。常に結果で自分の考えを証明してきました。

破天荒とまで言わなくても、変わったことをしていれば、多かれ少なかれ批判めいたことを言われるのは当然だし、失敗すれば死体蹴りになるのも当然です。その覚悟を持ってやるべきだな、と思います。

人それぞれ、と言いだした時点で自分に対して負けだと言って良いのかも知れません。きちんと反論もできない、結果を出すこともできないが、自分を省みることもなく、批判は許さない、と感情的に自己弁護をしだしたら終わりです。

8+
0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
あなたのご意見、ご感想をお待ちしています。x
()
x
タイトルとURLをコピーしました