じゃあ、本当は逆

昔、ある人に安全第一、と書かれた工場は安全じゃないんだよ、と言われて、ごもっともだと思ったんですが、本当に安全第一で、安全な工場なら、そんな標語を掲げる意味がないです。そんな本当は逆なことをあげたいと思います。

日本は凄い

今、日本ではこの手のテレビ番組が溢れかえってますが、これは日本が衰退期に入って、日本人が自信を失っているから、自画自賛を心地よく感じるわけで、本当に凄いと思っていれば、そういう番組はこそばゆい感じだし、鬱陶しさを感じるはずです。私はネットウヨと同レベルの自己満足をテレビがしだしたことに危機感を感じます。

韓国の反日

好きの反対は嫌いでなく、無関心だと言いますが、韓国人は日本が気になって仕方ないし、好きなんですよ。一昔前まで、日本人は韓国なんて興味すらなかったんですが、あまりにも煩いのと、韓国が無視できなくなるほど力をつけてきたので、嫌韓になったわけです。いろんな問題はあるけど、韓国は豊かになりましたよ。

中華街の関帝

世界中のチャイナタウンにある関帝廟は華僑、華人が関羽のように物欲、色欲に惑わされず、信義を貫く人たちだからではなく、欲の塊みたいな人たちが殆どだから、信仰の対象になるわけです。外国で暮らすんだから、マイナスをプラスに変えるために何でもやるに決まってますよ。

白人の建前

白人って多かれ少なかれ建前で綺麗事いうんですが、これって、彼らの差別心、特権意識がものすごく強いことの裏返しでしかなく、白人サイコー!、とかいう人、特に海外好きの女性に多いですが、何にも知らないから上っ面だけで判断してるんです。白鳥は優雅に見えて、猛烈な勢いで足描きを水面でしているってことです。

よく吠える犬

弱い犬ほどよく吠える、と言いますが、ゴチャゴチャ煩い人ほど、精神的に弱く、弱さを吐き出すために騒ぎ回るもので、強ければ、悠然と構えていればいいです。不安で仕方ないから、自分より弱い人間に喚くんです。怒鳴り散らす阿呆を哀れんであげましょう。

まとめ

前々から言っているんですけど、私はぬるりと生きられてないから、ぬるりと生きる、というブログを運営していて、本当は逆なんですよね。ぬるりと生きるためにどうしたらいいのかを日々模索して、試行錯誤がこのブログであって、まだ、ぬるりと生きてないの?、バカなの?、とか、煽ったり、ぬるりと生きよう!、とか上から啓蒙するみたいなことは全くありません。

そういう目で他人を見てみると、みんな大変なのね、という観点が得られると思います。達観したようなことを常に言う人は達観してないし、しつこい荒らし、粘着はコンプの裏返しなんです。人間は弱く、弱いから悩み、苦しみ、救いを求めて、試行錯誤します。

0

投稿者: シン

思いついたことを記事にして、コメントをもらって、議論するのが楽しくてブログをやっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です