じゃあ、35年ローン

とんでもない借金、35年ローンについて記事にしたいと思います。

長期

そもそもの話として十年一昔、と言う観点からすると、35年後など、想像もできないくらい先のことであり、そこまで借金を引きずる前提が気が狂っている、と言えるでしょう。とは言え、シンガポールでも30年ローンは割と聞く話です。日本と何が違うのでしょうか?

日本全体で考えるとバブル以降、不動産価格が下がり続けています。少子高齢化の上、消極的な移民政策をしている以上、不動産を必要な人が減り続けるわけですから価格が下がり続けるのは当然ですし、これからも同じことでしょう。

つまり、不動産価格が長期的に上昇していく傾向ならローンさえ払っていくことができれば、資産価値は上がっていくので特に問題ありません。逆に上がらないならローン残高が不動産の資産価値を上回るオーバーローンになります。オーバーローンということは、不動産を手放してもローンが残り、借金を背負う、ということになります。

ノンリコースローンであるなら不動産を手放せばローン債務から逃れることができますが、日本では一般的なローンではありません。これも不動産価格が上がり、流動性が高いことを前提にしたローンなので日本市場には向かないからです。

変化

不動産売却が難しい、ということは変化に弱い、ということになります。アメリカ人は不動産を躊躇わずに買いますが、同時に躊躇わずに転居もします。矛盾しているようですが、アメリカでは中古住宅市場が極めて活発なのでど田舎でもなきゃ、あっという間に売れるので問題ないのです。

シンガポール人は東京23区くらいの小さな島に住んでいるので転職したことで転居することはほとんどありませんし、親もすぐそばにいるので離婚しても実家に帰るだけです。実家に帰れないとなると、ワンルーンを借りるのが難しいので家庭内別居を選択するしかないのは逆に不便ではありますね。

日本企業は無駄に転勤好きで、どうしてと必要だとは思えない人を転勤させますし、転職も一般的になりました。首都圏内の転職ですら場合によっては転居が必須になります。かつ、離婚は一般化して珍しくもなんともありません。

日本では不動産を買うと売却が難しくなるのに、転居の可能性は非常に高いです。35年ローンを組むと、20年くらい、その家に住まないとオーバーローンになる可能性が非常に高い、ということになります。ほとんどギャンブルな取引だと思いますね。

利子

利子が安くなった、とは言いますが、デフレなんだから当たり前なんですよね。銀行はお金を滞留すれば、マイナス金利で逆に減ってしまうので、無理にでも貸すしかないわけです。担保が取れる不動産ローンは比較的安全なので競って貸します。

それでも、35年ローンだと、最初の10年くらいはほとんど残金は減りません。諸条件によりますが、均等に返すなら三割くらい減ってるのかな?と思いますが、利子の方が先に充足されるので、一割ちょっとしか減ってません。

仮に新築を買って5年後くらいに売ることになれば、減価は三割程度、場合によってはもっと評価は低くなり、ローン残高は数%しか減ってません。つまり、完全にオーバーローンになります。売買に伴う税金、手数料まで加わるので単に借金を背負うことになります。

低い利子を利用するだけで、余裕資金があると言うなら良いですし、収入がどんどん上がり、繰上げ返済をしてローン残高を減らせるなら35年ローンも良いのですが、毎月のローンを返すのが精一杯、ボーナスが良かった年はもう少し返す、と言う程度では最初の10年は返済していないに等しいです。

まとめ

35年ローンを使わなければならない時点で、その物件を買う資格はない、ということです。60歳の定年を過ぎてしっかり稼げるのは自営業、会社役員、特殊技能の持ち主だけです。ほとんどの人は生活費を稼ぐ、と言う程度しか働けません。

となると、25歳の時点でしか35年ローンを使う資格はなく、25歳で将来の見込みがついている人などほとんどいないでしょう。働き始めたばかりで、このままやっていけるのかすら確信のない人の方が圧倒的に多いと思いますね。

40過ぎて、良くも悪くもキャリアに決着がつき、腹を括ってやっていくことを決めて不動産購入をするのなら20年ローンまでが限界ということになります。それにしても毎月の返済はかなり余裕を見ておき、家計に余裕があれば、常に繰上げ返済を想定すべきです。

例えば、月の手取りで50万円くらいある家だと、ローンを10万円くらいにして家計に余裕が出た時点でどんどん繰上げ返済をすべきです。ローンが15万円になるとリスクがガッと上がります。家賃15万円とは意味が違うからです。

日本で不動産を買うと言うことは、純資産にはならず、負債としてカウントするべきものだと言えます。売りたくても売れる保証はないし、買値を大幅に下回る損切りに近い形になる可能性が極めて高いです。

4+
0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
31 Comments
Oldest
Newest Most Voted
Inline Feedbacks
View all comments
ニコ
20 days ago

実家暮らしを非難する人いますが、月の半分がリモートワークで高級住宅地の居心地の良い環境ならわざわざ出ていく必要性を感じなくなりました。
家族と生活しているために自動車がいりますが家賃代わりだと思ってます。

1+
いつき
Reply to  ニコ
19 days ago

このサイトでは比較的実家暮らしを肯定する意見が多いですが、こればかりは私は賛同しかねます。

確かにコスパから言ったら、家暮らしの方が遥かに良いでしょう。しかし、古い考えかも知れませんが、私は成人したら自分の暮らしは自分で賄うべきだ、という考えを強く持っています。実家暮らしは子供時代を延長しているに過ぎません。

家賃や光熱費など、生活にどのくらいお金がかかるのか、洗濯や掃除などの細かな家事にどのくらい手間が掛かるのか、いくら頭で判っているつもりでも、実際に自分でやってみなければ実感として理解できないものです。

またどうしてもそういった事が面倒なら、寮に入るという手もあります。寮なら食事が出たり共用部分の掃除が不要な代わりに、他人同士一緒に暮らすための人間関係への配慮が必要です。

実際、かつて私の職場でもずっと実家暮らしだった後輩が新卒で寮に入ってきた事がありましたが、その生活能力の低さには目を覆うばかりでした。6畳の個室を狭いと言う、服を自分で畳めず制服は皺だらけ、風呂では石鹸の泡を放置、部屋にゴミを溜め込み汚部屋化、食堂では食べ方が汚くテーブルを汚しも拭かず、食器も自分で下げない、と散々でした。都度注意はしましたが、次々に新たなトラブルを起こすのでキリがありませんでした。彼の家では、親が何も言わずとも服を準備し、散らかした風呂や部屋を掃除し、食事の後始末もしてくれていたのでしょう。それを当然と思ったまま大人になってしまった訳です。結局彼は1年で辞めてしまいましたが、ずっと実家暮らしだとこういう非常識な人間が育ちます。

ですので私は、コスパが悪いのは承知の上で、最低1年は一人暮らしか寮生活を経験しておくべきだと思います。その上で、いつかは親が要介護になって死ぬからいつまでも頼れる訳ではない、との認識を持った上で、一時的に生活コストを下げる為に計画的に実家に戻るならアリです。

8+
nobunobu
Reply to  いつき
19 days ago

まったくです。
男女関係なく部屋の掃除、片づけは
最低でもできるようになるべきだと思いますし、
本来、本当の意味での家庭教育だと思います。
その母親もできない人が多いんですけどね。
掃除・片付けもできない人は、男も女も迷惑だから
結婚すんなと言いたいですね。
大学で習う文系の学問より掃除のほうがよっぽど大事だと思います。

【汚嫁サンバ】嫁の掃除下手・不潔を語る会【瀬戸際の花嫁】

1+
いつき
Reply to  nobunobu
19 days ago

私の父親は昔気質の職人で、とにかく機嫌が悪いと「だらしない」「たるんでいる」と理由をつけて子供を殴ってくる奴だったので、一刻も早く実家を出たかったです。かなり人格に問題のある親父でしたが、それで生活規律が身に付いた面はあります。

それに比べると今時の親は子供に甘いですからね。何も言わなくとも子供の好みを察して料理を作る、散らかした所は片づける等々。子供の専属コンシェルジュのようになります。

一昔前であれば、こういった生活能力の低さは、男性の方が問題になる事が多かったものです。妻が専業主婦なら家事は任せて問題ないですが、自分の服の管理、食後に皿を下げる、ゴミを捨てる。この程度の事は自分ですべきです。基準を設けるとすれば、仮に家政婦を雇ったとして、家政婦にやってもらう事かどうかです。主婦の妻は母親ではなく家政婦だと思って家事をやらせろ、自立した大人が最低限の自分の身の周りの始末も出来なくて恥ずかしくないのか、と言いたいです。

しかし、今ではむしろ女性の方が問題です。以前なら女なら家の事はキチンとしないと、という世間の圧があり、実家暮らしでも最低限の家事は出来ていました。しかし今では、「女の子」は家庭内ではお姫様扱いで、両親が寄ってたかって甘やかしている事が多いです。結婚しても夫が家事を分担するのが当たり前となりました。それを曲解して、一昔前のダメ男のように、配偶者を親と同様の専属コンシェルジェ扱いするクズ女が増えました。

男より厄介なのは、男なら働いて稼がないといけない、という最低限のラインがありますが、女にはそれが無い点です。専業主婦で全く働かないか、働いたとしても自分の小遣い稼ぎ。家計に全く貢献していないのに、「男女平等だから家事分担」と称して、夫を親代わりの家庭内奴隷としてコキ使おうとします。客観的にはクズ野良ブタでも親にとっては「可愛い娘」ですから喜んで傅くのでしょうが、夫にとっては何の価値もない金食いブタを飼っているのと同じです。

>>掃除・片付けもできない人は、男も女も迷惑だから結婚すんなと言いたいですね。
>>【汚嫁サンバ】嫁の掃除下手・不潔を語る会【瀬戸際の花嫁】
→その気になれば女でも自立して生活が出来る時代なのに、敢えて主婦になろうという女は地雷だと思いますね。自立できない男は社会の落伍者として軽蔑と嘲笑にまみれて野垂れ死ぬだけですが、女には夫に寄生して暮らすという道があります。それで不満や都合の悪い事があれば、何でも夫のせいにすれば一定の賛同者がいるので孤立する事がありません。むしろ生活力に問題のある女に限って、結婚に逃げ込もうとしている感があります。

結論として、最低1年は親元を離れて暮らせ、不動産を買うなら損を承知で買う理由を見極めろ、結婚は絶対にするな、です。

1+
Last edited 19 days ago by いつき
nobunobu
Reply to  いつき
19 days ago

考えてみれば、男も女も掃除もできない・片付けもできない
奴らが結婚って恐ろしいですね。

>>生活力に問題のある女に限って、結婚に逃げ込もうとしている感があります。

たまに行く喫茶店の階違いに美容整形外科があって、エレベーターで一緒になることがありますが、なんとなく、こいつ多分家の中めちゃくちゃだろうなと思えるようなのがいます。
ホント、恐ろしいです。

1+
nobunobu
Reply to  nobunobu
19 days ago

気つけなければいけないのは、外に出るときはばっちり化粧・着飾っていて部屋の中は汚部屋というのも多いです。
外面がいい奴も多いんですよ。

今から結婚するつもりの人は1年以上同棲してからのほうがいいと思います。無理して結婚なんかすることもないと思いますけどね。

1+
いつき
Reply to  nobunobu
19 days ago

身につまされる話です。

私の元妻は、見た目は清楚なお嬢様風でしたが、実家依存で買い物依存、料理も掃除も出来ない、少しでも我儘を聞いてくれないと泣き喚く、幼児の様なゴミでした。片っ端からブランド品を買っては床に放置し、家をゴミ屋敷にされました。

>>今から結婚するつもりの人は1年以上同棲してからのほうがいいと思います。無理して結婚なんかすることもないと思いますけどね。

→結婚なんて男性にメリットは皆無ですよ。無理して、ではなく、絶対に結婚なんかしない方がいいです。籍を入れたが最後、慰謝料目当てにDVを捏造されたり、遺産・保険金目当てで自殺に追い込まれたり殺されたりする心配をしなくてはなりません。本当に彼女の事を愛しているなら、全財産を渡して目一杯保険金を掛けた上で自殺してあげるのがいいです。彼女は大喜びすると思いますw

どうせ女なんて男に寄生しないと生きていけないブタ以下のカスです。男が皆結婚しなくなれば、寄生先を失くした女どもは全員野垂れ死んで万々歳です。

1+
もっちり
19 days ago

35年ローンの融資手数料、登記代を合わせると、ネット銀行で100万切る程度で、
都市銀行だと150万程度です。

近くの高級マンションの内覧に行った際、不動産会社とセットで融資を提供してる銀行があったのですが、手数料が都合200万で、高いので、ネット銀行にしてもいいのか?と聞いたら、「ネット銀行の審査落ちたら、ローンが下りず一括返済になる」と脅され、買う気も見る気も失せて帰りました。

大体、金ないからローン組むのであって、35年という壮大なローン組むのに、100万・200万頭金で用意して、かつ金利も払うって、馬鹿馬鹿しくてやってられないですよ。

いまだに持ち家vs賃貸という5周ぐらい遅れた議論をきいて辟易しますが、もう賃貸で結論出てますよ。不動産の価値は認めますが、この不動産業界の無駄に高い手数料や銀行の融資手数料でしゃぶられて終わりですよ。ネットで物件見れるんで、本当に、仲介業者かまさないとだめなんですかね?

1+
Oba
Reply to  シン
19 days ago

若い時は賃貸でよいと思いますよ。でも、高齢者にはつらいですよ。審査が通らなくなりますから。URぐらいしか選択肢がなくなります。親の家を相続できるならよいですが、そうでなければお金が貯まったらどこかの時点で持ち家を購入した方が、安心できると思います。

1+
もっちり
Reply to  Oba
19 days ago

Oba様
レスありがとうございます。
この意見よく聞くのですが、URで良くないですか?
私は良いと思ってるので、賃貸派です。よくないと思う人が持ち家に行くシンプルな話なのでしょうかね。

ちなみに今のURって老人が住みまくって空き住宅ないみたいですよ。なので、住宅に困ってるという理由に該当したら、公営住宅でしょうね。

まぁけど、ある程度、金を貯めていれば、それなりに選択肢はあるかと思ってます。

1+
Oba
Reply to  シン
18 days ago

URが悪いとは全く思いません。ただ、山のようにある賃貸物件の中からURしか選べないとなると、選択肢が限られます。公営住宅(都営、市営)のようなところは収入制限が厳しいです。中途半端な収入の人には向いていません。そして、古くて廉価なUR、公営住宅はどんどん取り壊されています。住民に何かしらの配慮はあると思いますが。
私も35年ローンがいいとは思っていません。身の丈にあった物件を、老後を見据えて適切な時期に購入することがよいと思います。投資ではなく、できるだけよい(人によって価値観は違います)老後をおくるための必要経費です。
マンションだって60代で現金で購入すれば30年ちょっと住めればいいのです。

1+
平凡なサラリーマン
19 days ago

シンさん、皆さん

「35年ローンを使わなければならない時点で、その物件を買う資格はない、ということです。60歳の定年を過ぎてしっかり稼げるのは自営業、会社役員、特殊技能の持ち主だけです。ほとんどの人は生活費を稼ぐ、と言う程度しか働けません。」

おっしゃる通りです。私は上記のことを声を大にして申し上げたいです。

60代の収入は、全く期待できません。再雇用の収入なんて60歳時の半分あればかなり

よい方です。50代でローンが完済していても定年前までの生活をしていたら、ほとんどが

赤字になることが多いです。なかなか生活レベルを落すのが難しいからです。

よって住宅ローンが残っていたら、本当に大変なことになります。

65歳まで定年が延長されても、同じことだと思います。だいたい定年が延長されている企

業はまだ1割台です。55歳から60歳に延長されるまで13年かかったそうです。5歳延

長するのに15年と考えておくのがよいとのことです。

「60代は投資で稼げばよい。」といった御意見を拝見しました。そうした能力を持っている

方々が、このような無謀なローンを組むとは思えません。ローンなど組まずに即金で購入す

るでしょう。

もっちりさんが、「大体、金ないからローン組むのであって」とおっしゃっていますが、そ

の通りです。投資家が、お金がないということは考えられません。

1+
平凡なサラリーマン
Reply to  シン
18 days ago

シンさん

コメントありがとうございます。

「元々、資産が心許ない人が投資で稼ぐことなど出来るわけありませんよ。もし、できるなら、とっくにやってます。」

やはりそうですか。承知致しました。

35年ローンを組む羽目に陥る原因を、考えてみました。在り来たりのことばかり

ですが。

① 明らかな資金不足
頭金なしどころか、購入諸経費までローンのこともあるようです。これは本当に論
外です。

② 住宅価格の高騰
都内のマンションは平均6000万円だそうです。

③ 低金利
これが一番大きいのでしょうか。

④ ローン減税
私がローンを組んだ頃と比べて、かなり長期になっているようです。

如何でしょうか。

昨年10月「住宅ローン完済年齢73歳。リスクを老後に先送り」と大きく報道されました。この報道に対して、否定的な御意見を拝見致しました。

⑤ 低金利で借りて、それを上回る利回りで運用するから得である。
  安く借りながら、投資で稼ぎ繰り上げ返済すればよい。

⑥ 長く借りるから、毎月の返済額がかなり安くなる。

⑦ 低金利だから、長く沢山借りることができるから得だ。

⑧ ローン減税は得だ。

⑨ 賃貸よりは遥かによい。

⑩ 死ねば団信でチャラだ。

⑪ いざとなったら売ればよい。高くなれば得だ。

⑨だけ論点がずれていますが、これは結構多かったです。

私は⑤~⑨を拝見してから、①~④を考えました。

⑤~⑨は、肝心な①をどこかへ吹き飛ばしています。

経済ジャーナリストやFPの方々は、①を露骨におっしゃる方は少ない

ようですが、私は①が最大要因だと考えております。

如何でしょうか。

1+
平凡なサラリーマン
Reply to  シン
17 days ago

.シンさん

早速のコメント、ありがとうございます。

投資には忍耐が必要なんですね。承知しました。

頭金を貯めるにも、忍耐が必要だと思っております。

この頭金を多くすることのデメリットを、論じている方々がいます。

理由としては、

①頭金が多いと手持ち金が少なくなり、教育費等が逼迫する。

②頭金が多いと借入金額が少なくなり、ローン控除額が減るのは損。

③頭金を少なくして、残ったお金を運用するのは得。

①、これも資金不足です。

②についてです。控除額も、もちろん重要です。ただもっと全体を考えて欲しいです。頭金が物件価格の1割と2割で、控除額を比較していました。それより借入金額が、2000万円と4000万円を比べるべきです。今頭金は、1~2割が適切だということです。私はこれは少ないと
思います。このような考えは、時代遅れだという御意見が散見されました。2~3割は多すぎるとのことです。

③、また投資です。忍耐不足と資金不足で、投資です。

頭金については、今私は浦島太郎です。

0
コロナの女王
18 days ago

特にマンションに35年ローンなんて狂気の沙汰だと思います。タワマンなんて35年後は老朽化で倒壊する危険もあります。
修繕する現場作業員の確保は高齢化と円安で深刻な状況下にあると予想します。
現在でも過酷な労働環境の現場作業員は医療関係や介護より人手不足です。

0
MDCS
17 days ago

シンガポール人の持ち家比率は88%だそうです。(公営住宅79%、民間住宅9%) 政府の持ち家政策で、カップルで新規に住宅を購入する場合に政府から約200万円の補助が出たり、親の近くの住宅を購入する場合の割引などがあります。またローンも毎月CPFという名の強制預金(本人負担20%、会社負担17%が毎月本人名義の別口座に振込まれ、住宅ローン、年金、健康保険等に使用)からの引き落としなので、本人は特に毎月の手取りから支払っているという実感が少なく、失業しないかぎり普通にローンを払っていけるようです。

10年〜30年位のローンで購入する人が多いと思いますが、長期的に家計収入や住宅価格が上昇するので(家庭単位の収入は10年間で約40%アップ、住宅価格は20年間で約2倍) 住宅価格が上昇し家庭の経済状態が上向けばより広い住宅に住み替える、また経済事情が苦しくなると小さい住宅に住み替えるためにローン完済前に住宅を売却することは一般的に行われますので、定年後までローンが残っている人は非常にまれだと思います。

日本の経済政策の失政で失われた30年が、経済的なダメージを蓄積し、ローン破綻者の増加を招いた最大の要因でしょう。最近、次の自民党総裁選挙のニュースで持ちきりで、短期的にはここ数日の株高で評価額が上がっているのは嬉しいですが、早く持続的な経済成長路線に復帰させてほしいものです。

1+
平凡なサラリーマン
13 days ago

シンさん、皆さん
 
2020フラット35利用調査(首都圏 建売住宅)を見ました。
調査件数は10215です。以下は全て平均です。
年齢39.3歳 家族数3.1人 世帯年収598万円 借入金額3382万円
月返済額112000円 返済期間32.9年 となっています。
総返済負担率は24.1%です。この負担率、何故額面年収で計算するのでしょうか。
手取年収で計算すべきです。
 
このまま繰上げ返済をしないと、60歳時の残高は1613万円です。
年収の手取りは約457万円です。月38万です。
ここから月返済と団信特約料(1年目は月約1万円)を引くと25.8万円です。
固定資産税と生命保険等もあります。残りは24万円でしょうか。
収入が増えないと、繰上げ返済はできません。このままでは教育費もありません。
ローン負担軽減額を金利1.28%とすると、13年で371万円でした。
 
問題点①
そもそも月24万円で生活できるのでしょうか。
2019家計調査報告によると、東京の家族3人の生活費は30万円です。内訳を
見ると家賃3万円とありましたので、それを除いた額です。これだけでも手取年収を
72万円も増やさなければなりません。額面年収を最低700万円に上げなければなりません。今はそう簡単には、収入は増えません。
増えるどころか今回のコロナのようなことがあると、減ることもあるわけです。
とにかくギリギリなので、ちょっとしたことでも返済不能になると思います。
 
問題点②
60歳時の残高1613万円はどうするのでしょうか。
退職金は1997年の2871万円をピークに減り続け、2018年には1788万円まで
落ち込んでいます。年に51.6万円も減っています。大企業の退職金は年に2.5%
減っているというデータもありました。2046年の退職金なんてものはどうなって
いるのかわかりません。
 
まずは①を解決しなければなりません。そうしないと早い段階で返済不能となります。
②を考える段階まで行っていません。

0
dw
11 days ago

都内でワンルーム物件が充実しているのは理解できます。子育て世代向けの部屋(2LDK〜)は充実しているでしょうか?あまりしてないような気がするんですよね。なので、みんなマンションを買うんだと思います。
月々が安ければ賃貸もアリかなと考えるのですが、高いと「こんなに払うなら買ったほうがいいのでは」という気になるのだと思います。
その世代向けの1番賢い選択は、中古の一軒家の購入ですかね。もしくは安く借りる。

0
いつき
Reply to  dw
11 days ago

>>都内でワンルーム物件が充実しているのは理解できます。子育て世代向けの部屋(2LDK〜)は充実しているでしょうか?あまりしてないような気がするんですよね。

→確かに子育て世代に向いた賃貸物件は少ないですね。私が東京で結婚した時も、賃貸で2DK以上の物件を探すと、追い炊き機能が付いていないような貧弱な物件か、富裕層向けの高い物件の両極端で、そこそこの質・値段の物件が少なかったです。

>>高いと「こんなに払うなら買ったほうがいいのでは」という気になる
→これが決定的にまずい考えです。一旦買ってしまった不動産は容易には売れません。転勤・離婚もそうですが、不法移民が住み着いて治安が悪化する、高齢者ばかりになって現役世代の肩身が狭くなる、天災で家が壊れる、といった不可抗力の事態が起きても容易には動けなくなります。何が起きるか分からない時代ですから、とにかく身軽に動ける状態でいる事が何より大切だと思います。

>>その世代向けの1番賢い選択は、中古の一軒家の購入ですかね。もしくは安く借りる。
→買うのだけは絶対に止めた方がいいと思いますね。これは日本の持ち家政策が現状に合わなくなっているという政治的な問題ですが、とにかく何とか頑張って丁度良い賃貸を探すしかないです。

マイホームローンって、妻が夫を拘束して搾取し続けるのに悪用されてる感じがします。夫が転勤になってもマイホームがあれば、妻だけ東京に残って夫を単身赴任させて金だけ送らせる事が出来ます。妻のモラハラで夫婦仲が悪化しても、ローンの残ったマイホームを売らなければならないとなると、夫は離婚をためらいます。もし夫がリストラなどでローンを払えなくなったら、自殺に追い込めば団信でローンはチャラです。責任は負担は全て夫にかぶせられるので、マイホームは妻にとってはいいことずくめです。

1+
平凡なサラリーマン
6 days ago

シンさん、皆さん
 
35年ローンに関する記事を沢山読みましたが、今はdwさんのおっしゃることが最大の住宅購入動機だということがよくわかりました。「月の返済額が、家賃より安いから買う。」これです。ただフラット35利用者調査からは世帯年収と月の返済額、決して余裕のあるものではないと思いました。また繰上げ返済しなかった場合の60歳時の残高を、きちんと把握しているとは思えません。教育費はどこにあるのでしょうか。別途貯金があればよいのですが。
 全体的に、収入が増えることを前提にしていると思います。これは危険だと思います。とにかく今は、手取収入がそう簡単には増えません。額面年収600万円の場合ですが、その手取り額が15年前より50万円も減っているそうです。仮に額面収入が増えても手取はあまり増えません。社会保険料と税金がどんどん高くなっているからです。額面と手取の差がどんどん大きくなっています。当然高収入程その差が広がります。ですから返済比率も、絶対に手取年収で計算すべきです。返済比率は貸す側の審査基準の一つなので、あくまで貸す側の都合でこうなっているのでしょうか。
 今の40~50代、特に40代の場合、「ローン完済年齢を知らない」、「年金額、退職金額を知らない」ことが多いというアンケート結果を見ました。「ローン完済年齢を知らない」これは論外です。ですから60歳時の残高など知るわけがありません。退職金は今の40代にとっては本当に不確かなもので、額を予測することは難しいと思います。ただし今出ている金額や10年前から20年前の金額ぐらいを知り、自分に支給される金額を予想すべきだと思います。
 私には地方公務員(教員を含む)の知人が多いのですが、以前より聞いている話です。
「今の若い人達は結婚が早く、家も30歳前に買うことが多い。ほとんどが共働きである。職場の近くに、安い戸建てを買っている。価格は2000万円台が中心で借入金額が少なく、60歳前完済に設定している。」これは東京以外の話です。
 全体的には晩婚化のため、家を買うのが40歳以上と遅くなっています。私はこれを聞いて、驚きました。ただ今長期ローンを組むなら、これが一番良いのではと思いました。少なくとも妻が専業主婦の「自称エリートサラリーマン」よりはるかに良いです。今後どうなるかわかりませんが、今65歳まで共働きが継続可能なのは地方公務員しかないと思います。退職金や、特に大きいのが年金が二人分出ることです。これは圧倒的に有利です。それでも若い時に安い家を買って早目に完済です。国家公務員は2030年過ぎに定年が65歳になるようで、しかも収入が60歳時の7割だということです。もし地方公務員もこれに準ずることになれば、65歳までローンが残っていても大丈夫だと思います。
 如何でしょうか。

1+
平凡なサラリーマン
5 days ago

シンさん
 
コメントありがとうございます。
「夫婦地方公務員で親の土地に安い家を建てて生前贈与で援助を受け、ローンなし、短期ローンでカタをつけ」これは、私の年代でも非常に多いです。年金と退職金も二人分です。退職金は民間と比較すると減っていません。夫婦揃って再雇用をしっかりやっている場合が多いようです。これも多くの地方公務員から聞いた話です。あくまで東京以外の話です。
地方公務員の共働きは、質素な生活をしていることが多いとのことです。子供を小中学校から私立は少なく、高級住宅や高級車にはまず手を出さないとのことです。ですから60代で貯金が1億円あることは、決して珍しくないとのことです。「自称エリートサラリーマン」
とは完全に真逆です。
「仕事ではリスクをできるだけ負わずに言われたことだけして生活するなら比較的安全だとは思いますが、本当にこんな時間を浪費するような人生で良いのか?は疑問です。」
私は役所に勤めたことないのでわかりませんが、そのような印象はありますね。ところが同じ地方公務員の教員は、どうでしょうか。これも私が知っている限りの話ですが、生き甲斐を持って働いているようです。ですから再雇用も張り切って勤務しているようです。
私の勤務先では私もそうですが、これはあまり感じられません。元部長職等はまだつまらないプライドをもっていますので、1年で辞める場合もあります。年金もまだ出ないのにどうするのでしょうか。「自称エリートサラリーマン」のくだらないプライドです。
「若い人がこれを目指しても二十年後に日本が少子高齢化で破綻状態になっていれば、絵に描いた餅ですし、市場で全く評価されない役所特有の奇妙な仕事の仕方しか知らないとなると」おっしゃる通りです。ただ人のことは言えません。私の勤務先でも何の専門もなく、何の仕事をしているのかわからない社員が一定数いることは確かです。問題なのは年配だけでなく、若手にもいます。私は再雇用となってからは、現場ではなく事務所で勤務しておりますので、これがはっきりとわかります。どこの企業でもあることだと思います。
前回の補足をさせて下さい。
「教育費として別途貯金があればよい」と申し上げました。40代の貯金は
①年収500~750万円未満 中央値644万円
②年収750~1000万円未満 中央値1215万円
となっています。フラット35利用調査によると首都圏の新築マンションは、世帯収入が801.5万円で②に属します。残りはすべて①です。644万円、1人の子供が大学まで全て公立でも足りません。ローン減税が400万円近くあるので、これでやっと足りる感じです。ただ日頃の生活費が老夫婦二人の年金額とさほどかわりませんので、これらを切り崩していく可能性は充分あります。よって、教育費は足りません。奨学金を借りることになります。老後資金は遺産相続がない限り、どこにもありません。
 気にしているのは、月の返済額だけのように思われます。
「収入が増えるかどうかは不確か」、「ローン完済年齢は不確か」、
「60歳時の残高は不確か」、「退職金と年金は不確か」
不確かだらけでローンを継続していけるでしょうか。

2+
31
0
あなたのご意見、ご感想をお待ちしています。x
()
x
タイトルとURLをコピーしました