じゃあ、口達者

口達者を自称する人は多いですが、それは口達者ではないだろう、と思うことも少なくありません。

甘え

パートナー、親などに暴言を吐いて屈服させて悦に浸っている人は少なからずいますが、そんなのは口達者でもなんでもなく、相手に甘えているだけです。他人なら関係が破綻するようなことを言って、その場で持論を突き通すことは誰でもできます。

相手に多大な負担を強いているだけで、相手が耐えられなくなれば、捨てられるだけです。その限界までやりたい放題にしていることが達者なわけないでしょう。バカそのものだと思いますね。

挙げ句の果てに、暴言によって相手を無理やり屈服させているのに、相手が好きにやっていることであり、感謝の必要はない、少しでも不満を漏らせば、さらに暴言吐く。後ろめたさすら受け入れない、となると病気でしょう。

私はパートナーには気を遣わない、と言う人の考えが全く理解できません。せいぜい血を分けた親、子供は理屈じゃないところがあるのはまだ理解できますが、他人であるパートナーに甘えて良いわけありません。もちろん、親、子供には他人以上に気を使うべきだと思いますね。

難癖

ひたすら難癖をつけて屈服させようとするヤクザって、別に弁が立つわけでもなんでもありません。暴力を背景にして萎縮させて言うことを聞かせているだけです。難癖を相手が拒絶したら暴力という切り札を出すぞ、と脅しているだけです。

ヤクザだけでなく、最近は弱者様もこの手を使い出しましたね。ひたすら難癖をつけて自分の要求を押し倒し、相手が反撃に来たら弱者、被害者という立場に逃げ込んで、強引に収集してしまうわけです。これもある種の暴力です。

単に難癖をつけていても無視されておしまいなんですが、背後にある暴力によって、ある種の正当性を押し付けてくる、という二段構えの押し切り方法であり、この手で来られるとなかなか対抗するのが難しいです。

詭弁

まずは相手に持論を展開させ、自分は何も核心的なことは言わない。徐々に相手の揚げ足を取ったり、茶化したりしながらイライラさせ、失言を漏らすまで、真面目に取り合わない、最後は失言を根拠にして殴り倒す、というのは口達者ですかね?私はそう思いませんね。

相手が失言せず、徹底的に正論できて自分の都合が悪くなると、論点を逸らして関係ないところに持っていき、ウダウダにして引き分けを狙っていく、というのも詭弁の代表的なやり方でしょう。そもそも議論してません。

胡散臭い人が論破法、というようなことを言っているのですが、こんなことをすると、まともな人にはバカにされ、相手にされないと思いますよ。単に相手をやり込めるだけのテクニックを身につけても、どんどん孤独になるだけです。

まとめ

口達者、というのは相手を説得し、協力させることです。その場を自分有利な方向に着地させることではありません。その場は良くても相手はストレスを溜めるし、関係は悪化します。そんなのは意味ないと思いますね。

そもそも、弱い犬ほどよく吠える、と言うようにバカな人、薄っぺらい人、精神的に弱い人ほど、喚き散らすように屈服させるものです。自分に自信があれば、どんと構えてあれば良いでしょう。

喚き散らす人間に対する最大の防御は相手にしないことです。相手にしなくて良い人間なら関わらない。関わらなくてはならない人間ならあーあー、また始まった、と取り合わないことです。バカを相手にするとバカが移ります。

11+
4 2 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
6 Comments
Oldest
Newest Most Voted
Inline Feedbacks
View all comments
dw
23 days ago

詭弁の件は、まさにひろゆき氏ですねw ネットでのレスバの多くは負けを認めなかったら延々に続いて、疲れた方が負けになりますからね。
最近はYouTubeなどで話題になって世の中にウケています。薄っぺらかったり間違ったことも多々言ってるのでどうかと思いますけどね。ま、彼の言うことを真に受ける人は情弱でありひろゆき氏がいなくても別の何かに騙される人生なのでしょう。

過去に彼の本を読んだことがあります。
さすがに書籍化してることもあり、一理あることも言ってましたね。議論は手段であり目的でないので、家族や上司を言い負かしても意味がない。その後、どのように結果の方が自分に利益があるか。すぐに謝った方がいいなら、さっさと謝った方がいい、などとありました。確かにその通りだなと。

1+
ベル牛
Reply to  dw
22 days ago

dwさん

>>まさにひろゆき氏ですねwネットでのレスバの多くは負けを認めなかったら延々に続いて、疲れた方が負けになりますからね。

SNSで 子供が そういうのに影響受けて それあなたの意見ですよね?とか 子供が真似しているという話を聞きました。

それを現実の人の目の前でやったら 人間関係で一発で致命傷負うくらい 相手怒らせかねないだろう?って 思いました(結局親御さんがきつく注意したそうですけど)。

物事に疑問を持ち 疑問点や現象について 深掘りするために 議論をするのはいいことですが
揚げ足をとりまくって 相手を言い負かすだけで現実的な対案や方針も示さず 傍観者で批評するだけでは 人は離れていくし 相手にもされないでしょう。

人が離れると こういう馬鹿なことしても 注意してくれる人もいなくて 自分で気づく機会もなくて 結局そのまま どんどん居場所なくしていきますよね。

これ本当に恐ろしいですが 結構似たようなケース見ますね。 めんどくさい人なんて 学生なら距離おきますし。 

記事内の最後に
>>口達者、というのは相手を説得し、協力させることです。
とありますが これに成功させるには
 口で詭弁を言ったり やたら口数が多いことでなく
真摯に物事に取り組むとか しっかりと自分の技能や技術で信頼なりがないといけないので
口というより 日頃からの積み重ねた 行動・努力・技能のが 効いてくるのは間違いないでしょう。

口達者とは言ってますが 口よりも行動が重要なのは 面白いですね。

0
つけもの
23 days ago

ひろゆき論法には ずっと黙秘すれば失言は発生しません

1+
ATSU
22 days ago

突然のコメント失礼いたします。

日本における議論が上記で述べてられいるように議論にならないのは、国語教育で討論(話し合い)におけるルールをしっかりと教えていないことも一因であると思いました。
少なくとも議論に置いては以下のHPに記載されているルールや論理を守る必要があると思います。

論理的思考力と議論
http://ronri2.web.fc2.com/index.html(引用ですいません。)

勿論、シン様や読者様には当然の論理でしょう。
しかし、日本の国語教育においては、以上のような事は教えられていない気がします。だからこそ、テレビ番組を含め、日本は議論になっていない
ケースが多々見られるのではないでしょうか。(本来はこのようなスキルこそが必要なのに・・・)
その要因として、今までの国語教育が古典も含めて文学偏重だったからだと考えられます。(2022年から高等学校の国語ではと言った会議や裁判
などの記録,報告書,説明書,企画書,提案書などの実務的な文章を読み解く「論理国語」といった授業が始まります。遅すぎたかもしれませんが、
根拠を元に読むといった「リテラシー」を身につける教科がやっと出たかって感じです。それに対して、文学が大好きすぎる国語教育
関係者は「根拠」のない反対論を唱えていますが・・・)

古典を含めた文学の学習を否定するわけではありまんが、まず、優先順位として、「論理」をもとに読み解き、「論理」(根拠)を元に主張する
といった訓練を国語教育ではまずするべきだと思います。それがおざなりにされていたからこそ、このような現状になってしまったのではないと思われます。

1+
6
0
あなたのご意見、ご感想をお待ちしています。x
()
x
タイトルとURLをコピーしました