じゃあ、半端なお金

半端なお金って、よほどうまく使わないと増えることはありませんし、それがラッキー、偶然に手にしたお金なら半端なお金によって堕ちていくことも珍しくありません。

百万未満

百万円というのはお小遣いという程度であり、ほとんど何もできません。不動産どころか、車を買うことすら難しく、フルタイムな学校に通うことも無理です。単に生活するだけでも一年くらいで消滅します。

このくらいの少額が不意に入って来ても好きなことにパッと使うなり、何も思いつかず、そのまま口座に放り込んでおいて何もしないことが多いでしょう。良くも悪くも人生に大きな影響がないお金です。トラブル要因にはなりません。

一千万未満

一千万円未満くらいだと割と影響があります。相続なんかでも数百万円くらいでガチ揉めすることも出て来ますし、多くの人の年収分くらいになるので心が乱されることも多くなるのでしょう。

高級車くらいなら買えるし、フルタイムで大学に通うこともできる。ワンルームマンションくらい買って家賃分くらいを浮かせることが出来るので人生の転機になるくらいの存在感がありますね。

一億未満

このくらいになるとインパクトがありますね。これが最も中途半端なお金になります。ファッキューマネーではないが、人生の選択肢を増やすことが出来るだけのお金だからです。

一発当てる、というのは手取りで一億未満くらいが多く、逃げ切れることもできないが、まったく正常でも居られないので収めておく器がないとパニック状態になるんですね。

前に相続でこのくらいの小金を手にして大学中退を決め、目先の楽しそうなことに覚悟もなく突き進んでいった人がいましたけど、そういう安易に流れやすい額だと思います。(見ていたら現況のコメント下さい。)

芸事で一発屋と言われるレベルもこのくらいのネットが多いでしょう。安定資産に振り替えて好き勝手やるには足らないし、足を洗うには有名になりすぎてしまった、という感じで迷走するんですよね。

元猿岩石って面白くて一発当てた後に沈み、有吉さんは小金で引き篭もり、森脇さんは手当たり次第に小金を使い失敗、前者は再ブレークから不動の立場を築き、後者は起業しても当てられない、サラリーマンしてみては弄りに耐えられず辞め、タレントに戻るも仕事は取れない、とグダグダ人生になってます。

芸事でなくとも自営業で時流に乗って一発当てるというくらいは割とあるんですよ。ただ、それがキッカケでより深く沈んでしまうことも少なくなく、当てない方がマシだったのかもしれないとすら思えることもありますね。

1億円以上

ここはここで悩ましいラインだと思います。働かなくても生活するには結婚、子供をあきらめる必要があり、最低限以上を期待しない精神状態に持って行く必要があります。それか、軽い仕事で減りを遅くする必要があります。

ある程度の選択肢はあるが、自由とも言えず、少し散財したらあっという間に減っていくレベルですから自制心がないと維持は難しいです。それでも、まったく出世しないサラリーマンとまあまあ出世したサラリーマンでも1億円も生涯獲得賃金に差は出ないので大きな額ではありますね。

3億以上

これがネットで3億円以上の大ヒットを得ると話が違います。うまく器に収めておくことができるなら逃げ切り完了なので、好きなことをしながら悠々自適にやることができますね。

手にしたお金を安定資産で回しながら細々と芸事を続けたり、何気ない日常生活に戻って行ったり、好きにしていることができます。サラリーマンとして他人に仕える義務がないので嫌いな人と関わる必要がなくなります。中途半端に有名でも弄られません。

まとめ

一千万円以上、一億円未満という小金が最も危ないと思います。次が1億円以上3億円未満であり、3億円以上はアホでない限りは大丈夫です。アホであるなら100億円相続しようが、時間の問題で散財するので同じことです。

一発当てたくらいでは何にもできないし、コツコツと地道にサラリーマンするというのをそう簡単に超えられる訳でもないということですね。だから、少々の稼ぎ、資産を誇って地道さを馬鹿にするとしっぺ返しを食らうでしょうね。

11+

投稿者: シン

思いついたことを記事にして、コメントをもらって、議論するのが楽しくてブログをやっています。

「じゃあ、半端なお金」への18件のフィードバック

  1. 投資の収入を得たときに贅沢のために散財したいと思ってしまいたいことがありましたね。
    サラリーマン以外の収入が少し入ったことで、その分は使ってしまってもよいのではと、私の中の悪魔がささやきますw
    しかし、そこで使うとタガが外れそうで退治していますが、度々出てくるので困ったものですね。

    お金は入った分だけ使いたくなってしまいますが、そこで我慢ができないと溜まらないのでしょう。

    0
  2. 誰か忘れましたがある芸人が一発当てて都内に月極の駐車場をはじめたってのを聞いたことあります。
    確かに不動産より管理が楽だし、少々高くても借りる人いますからね。

    0
  3. 一応、社会人(独身)です。
    お金の使い方がわかりません。
    独り身なので、家に金かけてもしょうがないので、大都会で月4万のアパートに住んでます。
    車も必要ないし、特に興味ないので持ってないです。
    金使うことといえば、外食・飲み、旅行くらいですが、
    たまになのであまりお金かからないです。
    引っ越すとき面倒なので、モノもあまり欲しくないです。
    パチンコやタバコとかは、アホらしくてやる気になりません。
    そんなわけで、お金が貯まる一方でいいことですが、なんだかつまらない気がしてなりません。
    結婚して子どもがいるならもっとお金が必要だと思いますが、
    独身だと何にそんなにお金を使うのでしょうか?
    おそらく私は、独身のままだとどんなに大金が手に入っても、これまで以上に使ったりしないと思います

    5+
    1. 使うあてがないなら無理に使うことは無いと思います。必要な時に躊躇なく出せるように貯めておけばいいでしょう。ある程度溜まった時点で資産分散しておけばより安全です。日本円現金に全振りするのもリスクです。

      シン

      0
  4. 都会のアラサーリーマンです。
    いつも興味深い記事で拝見しています。
    最近のニュースでは年金2000万問題が盛んに取り上げられています。
    65歳で2000万は普通に働いていれば充分に達成可能な金額であり、
    今騒いでいる人たちは我々世代より何千万も多く社会保障費を享受される世代にも関わらず散財しまくって大した貯蓄もせず年金で食わせろは異常だと思います。
    私の世代だと年金なんかお小遣い程度でしょうから当然運用が必要になります。
    シンさんも以前記事にしていましたが私も生活費以外は米国インデックスETFに全額ぶち込んで長期で保有するつもりでいますが、最近の円高基調も多少気になっています。米国の圧力かもと考えますが。
    長期に見れば日本経済衰退はほぼ確実で必ず円安になると踏んでいますがシンさんはどう思われますか?
    ご意見を頂けるとありがたいです。

    0
    1. >長期に見れば日本経済衰退はほぼ確実で必ず円安になると踏んでいますがシンさんはどう思われますか?

      私は為替についてはインフレ、金利に対して有利な方に動くと思っています。昨今の円高基調はアメリカの利下げによって相対的な円の方が上がったと認識されたのでしょう。日本がデフレでマイナス金利を続けるうちは米ドル金利が下がるほど円高になるでしょう。ただ、政策金利、期待金利、インフレというのも曖昧なものですから適正な設定が出来ないので難しいわけですね。

      私はデフレがどこかの時点で止まるならその反動は大きいと思いますから急激なインフレに伴って円安に行くだろうと思います。そうでないと、不自然に溜まった国債も消化できません。

      シン

      2+
    2. >65歳で2000万は普通に働いていれば充分に達成可能な金額であり、

      →普通の定義がまずあれですが、中央値年収300万円として、実家暮らしで非婚ならば、40年稼動の場合、50万/年なので可能といえば可能かもしれませんね。
      結婚して子供が出来れば1人当たり養育教育費で2000万かかるらしいですからね。
      要は非婚化の薦め、と言う事でしょう?w
      一方で少子化対策だ、子供を産め増やせ、と言ってますし、国の言ってる事は、何がしたいのか?全く方向性が見えないですねw

      1+
  5. 婚活パーティで出会った人に「1億円あったら何に使う?」と聞かれ、
    「私立医学部に行く」と回答したら、微妙な雰囲気になりました。
    向こうは一時期流行った「金持ち父さん貧乏父さん」の話をしたかったようです。

    フリーターの生涯賃金は1億未満なので、彼らにとっては1億でも大金ですね。
    また、50代で突如1億貰えたら、逃げ切りも選択肢に入りますね。

    余談ですが、散財する人は目先の欲望に負けてしまいがちで、
    遅刻、肥満、留年、中退、フリーターの傾向が強いという偏見があります。

    1+
  6. シンさんは中途半端なお金は身を滅ぼしかねないと説いていますが、僕は逆に適切なお金は人を強くすると言いたいです。

    これは僕が大学に合格した後の話ですが、ある日祖母から手紙が届いて、お祝いの言葉とともに50万円の入った封筒が送られてきました。

    遊ぶお金欲しさに若い時間を無駄にするんじゃない。私が毎年50万円を捻出するからこれから先も勉学に励みなさい。とのことでした。初めのうちは見たこともない大金に触れ有頂天になっていましたが、現在は祖母の思いが推し量って余りあります。自分が誘惑に負けそうな時も、祖母のことが頭に浮かんで自制できる時があります。遊び呆けてる友達を横目に、自分は祖母を裏切ることがないようにしようと思えます。こんな経験から、お金の使い道が正しければ、正しい成果を生み出せることを学びました。

    3+
    1. >千兵衛さん
      言っている事自体は間違ってはいないですが、ここで言う半端な金とは1000万~1億円の話ですので、おっしゃられてる50万円は該当しないと思いますよ。
      収入の無い身、もしくは低収入の身で、偶然5000万円とか手にすると、普通は感覚が狂うものだと思いますよ。
      自分ひとりでも感覚が狂いますが、家族や親戚、友人知人がたかって来ますしね。

      0
      1. 該当する、しないとかではなく正しい使い方、貰い方をすれば良い方に振れるだろうということです。

        僕はシンさんが言ってることを逆から見ただけで、その額が1000万だろうが1億だろうが同じことだと思います。

        0
        1. >僕はシンさんが言ってることを逆から見ただけで、その額が1000万だろうが1億だろうが同じことだと思います。

          これが違うんですよ。自分の器に入る程度のお金なら身が引き締まる感じになり良い方向にも行きますが、それを超えてくると正常を保てなくなります。1億円が降って湧いたように手に入って平然とし、兜の緒を締め直す気持ちになる人は器がある例外的な人であり、ほとんどの人は持ち慣れないお金に浮き足立ち浪費をします。

          家具屋姫の話が出てますが、数百億を自分の器に入れられるのは父親であり、姫ではないので、一度歯車が狂うと手がつけられないくらい迷走することになります。だから、代々の稼業を持つ人は優秀な番頭さんを何人も用意できる教育体制が整い、帝王学を学んだ家庭だけしか世代を重ねられないということになります。

          シン

          3+
          1. >これが違うんですよ。自分の器に入る程度のお金なら身が引き締まる感じになり良い方向にも行きますが、それを超えてくると正常を保てなくなります。1億円が降って湧いたように手に入って平然とし、兜の緒を締め直す気持ちになる人は器がある例外的な人であり、ほとんどの人は持ち慣れないお金に浮き足立ち浪費をします。

            →これはおそらく大半の人が、自分は違う、ちゃんと出来る、と思ってしまうんですよね。
            例として、麻雀する人なら分かるかと思いますが、レートが跳ね上がると全く違うゲームになりますよね?
            あと、似た様な話で、うちは大した資産が無いから相続争いなど起きない!とか言ってる家に限って相続争いが起きるのにも似てるのかな?と思います。

            じゃ、具体的にどうすればいいんだ?という話になりますが、私がお奨めするのは、毎月決まった額を積み立てて、資産(器)を徐々に形成するのが良いと思います。
            ふた昔前だと給料天引きで積み立て預金が鉄板でしたが、今ならS&P500系のETFが無難か?と思います。

            0
          2. >例として、麻雀する人なら分かるかと思いますが、レートが跳ね上がると全く違うゲームになりますよね?

            レート上げて友達とやると、負けの込んだ人の感情がかき乱され険悪な雰囲気になりますね。

            投資も同じで自分の器に収められない額を使うと仕事中、五分おきにスマホを確認し出し、夜寝られなくなりうなされることになります。額が変わると全く別のゲームになると言っていいでしょう。

            シン

            1+
          3. シンさん
            なるほど。僕はそういう経験がないので推測でコメントしてしまいました。

            自分の器を見誤って、人生を振り回されないように気をつけようと思います。

            0
  7. >一千万円以上、一億円未満という小金が最も危ないと思います。

    →車買ったり、旅行したり、貴金属買ったり、家買ったりしての散財で更に借金までしちゃうパターンが絵に浮かびますね。
    アメリカの何かの統計では宝くじで高額当選した人の大半は、1年以内にむしろ財産が減っている、という記事を読んだことがあります。

    >次が1億円以上3億円未満であり、3億円以上はアホでない限りは大丈夫です。アホであるなら100億円相続しようが、時間の問題で散財するので同じことです。

    →某家具屋のお姫様が思い浮かびましたw
    数年でウン百億円を溶かしておられましたねw
    指揮官クラスにおいては、「無能の働き者」が最悪である、という格言を思い出します。

    1+
  8. 個人的には1000万円~のお金が突然舞い込むシチュエーションを想定できませんw
    10人に1人?いや30人に1人くらいじゃないですかね  相続以外のケースですと、100人に1人くらいなような気がします

    古い友人がかなりの額を相続で手にしましたが、今までとほとんど変わりませんね。
    必要だった車を買うくらいです。昔から器が大きいところがあったので、器という言葉が身にしみて分かります。

    0
  9. これは半端なお金ではなく、半端な資産という意味でしょうね。
    100万未満といっても月収として見ればかなりのものだし、月収80万(≒年収1000万)も稼げば、普通以上の生活ができます。
    でも資産として見たら、100万ぽっちじゃ何もできなくて、何かあったときの保険になるのは1000万円以上からになります。

    ただ、前澤社長が100万円を配って話題になったように、100万円でも夢が叶うと考える人は多いんだなと思いました。

    0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です