じゃあ、噂で買って事実で売る

相場の格言で噂で買って事実であるっていうのがあるんですが、本当だなぁ、と思います。

常に噂レベルだとか、予想レベルの情報は溢れており、従来のメディアなり、SNSだったり、公的情報の適時開示を眺めていたり、有価証券報告書を飽きもせず見て、電卓叩いて、ウーウー唸っている人なら、あれ?と思うことはあると思います。これはチャンスなんじゃないかな?というネタが浮かぶものです。

「プロ」少なくとも、相場でメシを食っている証券マンも年に何回かはこれはいける、と確信を持つようなネタがあるそうです。ただ、彼らはそれだけを顧客に勧めていたら、ノルマを達成出来ないので、確信のないこともガンガン進めるので、嵌め込み、詐欺師と呼ばれるんです。

逆に言うと、個人投資家は確信があるもの以外は手を出さなくてもいいんですから、勝てるはずなんです。でも、ビビって買えなかったり、確信もないのに感情的になって買ったりするから負けるわけです。少なくとも私はたまに来る閃きみたいなネタで買ってきましたし、感情的になって負けてきました。

事実

その閃きを信じて買ったら、他にすることはありません。それが事実になるまではずっと我慢、我慢、我慢です。閃きとは表面上の数字に表れてないことなので、発覚するまでは株価に反映されませんし、逆に行くこともザラです。

あとは自分の閃きを信じられるかな勝負ですよ。これは行けると思っても、逆に来ると疑心暗鬼になってきますし、自分を信じられなくなって来るわけです。それでも、自分の心を宥め賺しながら、とにかく我慢、我慢、我慢を繰り返します。

そして、事実が発覚したらどうなるか?と言うと、事前に事実がほとんど確約されていた場合は勢いよく上がってきた分が確定売りに晒されて下がってきますし、想定の範囲内なら少し上がるくらいのものです。せいぜい5%くらいのものでしょう。

想定外

事実が発覚してストップ高、安になったり、10%超える値動きをするのは想定外だった場合です。下方修正は予測の範囲内だから、数パーセント下げました、となるんですが、それに加わるような爆弾が投げつけられるとパニックになって暴落してきます。

私はストップ高、安クラスのネタを閃いたことはなく、完全に想定外の事実が発覚した嬉しいサプライズになるか、怒りこみ上げるサプライズになるか、の二択です。どちらにしてもすぐに手を打たなければならないので、喜びも悲しみも長くは続かず、動く必要があります。

私の経験的に足掻きにあがいていると、思わぬ形で救われるものですし、調子に乗っていると我慢出来ずに勝機を逃してしまいます。小利撤退して次の日にストップ高を食らったことは何回かあります。まぁ、損しなかっただけマシだと思って悔しさを押し殺してます。

まとめ

ともかく、テクニカル、ファンダメンタルズ、どちらにしても、そのままの数字だけ見ても、勝てるわけありません。その数字の裏側にある事実を閃いて噂レベルの段階で買わなければなりません。そして、噂が事実になったら利確できます。そして、暴騰、暴落は凡人が予測できないから発生するものだと思って下さい。

リーマンショックもまさかあの名門、リーマン・ブラザーズが破綻するとは!っという完全に想定外の事実が判明したことで、市場がパニックになり、凄まじい勢いで暴落していきました。今のトランプ相場も何か信じられないような事実が発覚した時に崩れるのでしょう。だから、利上げのような想定内の事実だけが発覚しても、それほどの値動きはしないだろうと思います。

6+

投稿者: シン

思いついたことを記事にして、コメントをもらって、議論するのが楽しくてブログをやっています。

「じゃあ、噂で買って事実で売る」への18件のフィードバック

  1. 今の株価の乱高下は、調整局面で、まだ暴落の予兆ではないと思います。まだ、人が暴落するかも知らないと思っているからです。
    人が暴落するかもしれないと思っているときは、暴落しないです。
    今から少しヨコヨコ相場が続き、夏から秋にかけ上がり始め、年をまたいで上がっていくと、買わなきゃ損だという、今買わない奴はバカだという風潮ができてくると思います。
    その時が、危険ゾーンであると思います。今はまだ多少の持ち株はありますが、そういう雰囲気になったらすべて処分し、暴落するのを待ちます。
    そして、暴落しても今なら上がるなと思えるまで、しばらく様子を見ます。
    そして、バーゲンセール状態で買いに走りたいです。
    後はシンさんがいつもおっしゃっているようにどこまで我慢できるかが勝負だと思っています。

    1+
    1. そうですね。明らかに加熱して買わない奴はバカ、というような雰囲気になったら暴落は高いですね。想定外の事件で真っ逆さまでしょう。そこの見極めが難しいです。

      シン

      0
      1. 1番最初に、週刊現代だの週刊ポストだの週刊大衆だののバカ週刊誌が日経平均3万円越えは確実とかなんとか言って煽ってきます。
        そうなったら暴落は近いと思います。

        0
        1. その王道をしっかり守れるか?が流れを知る唯一の方法です。私の経験だと、こりゃダメだ、と結論が出ているのに自分の誤りを認めて損切れないとやられますし、付き合うならとことん付き合うことを決めて中途半端なナンピンをしないことが助かるコツですが、その両方が難しいです。

          シン

          0
          1. シンさんの言われることは、実際やるとなると本当に難しく、少額で次第に慣れていくしかないと思います。
            頭の中で、わかっていても、実際できるかどうかは別問題だというのは本当ですね。

            0
          2. 後付けみたいなもので、理屈はアホでもわかるんですよね。実際にできるか、数字を出せるか、が本当の理解ですね。

            シン

            0
  2. うーん、唸ってしまいました。ファンダメンタルもテクニカルもダメなら、勉強してもダメということですね。

    まあ、やらないよりはマシなんでしょうけど、どうなんでしょう。その相場の勘所ってやつを身につけるには。

    毎日、毎日、相場のことを考えて会社を漁っていると、ある日突然。スーパーサイヤ人になれるという感じでしょうか。

    俺は、他人の体重をピタリと当てる特技があるんですが、これって活かせますか?w

    0
    1. スーパーサイヤ人みたいに大それたものではなく、あれこれ模索するうちに誰でもこれは???というよう気づきがあるだろうと思います。

      シン

      0
  3. 最近、コインチェックがハッキングされて社会問題化した仮想通貨投資がまさにこれの典型でして、○○コインのハ―ドフォ―クが行われる。どこかの取引所に上場が決まる。どこかの銀行、企業と提携する。アップデ―トされる。リブランディングされる。大口の仕手が入る。その他著名人のポジティブト―ク、ネガティブト―ク等々で価格が大きく乱高下して投資家たちの精神を蝕みます。

    事前にきちんとホワイトペーパ―を読み込んで(ほとんど英文)自分がこれだと感じたいくつかの草コインに数万円ずつ分散投資して後は数年寝かしとくのが精神衛生上良いと思いますね。

    0
    1. 仮想通貨に限らず、誰にも相手にされない頃に仕込んでおいて忘れてしまうのがいいんですよね。様々な噂、疑心暗鬼で精神を病んでは意味ありません。

      シン

      1+
      1. 誰にも相手にされない頃に仕込んでおいて忘れてしまうのがいいんですよね。

        これですね。
        座右の銘にさせていただきたいと思います。
        有難うございます。

        0
          1. そうなんですよね。
            大金は、どうしても忘れてしまうなんてことはできません。
            大金投じても、忘れてしまえるくらいの信念とメンタルがあればいいんですが。

            0
  4. 株式投資には慎重な人達が、全く実体も保障も根拠もない仮想通貨に投機するのは、トコトン考えるよりも他人と同じ行動をすることで安心するのでしょうか?
    仮想通貨は仮想世界(バーチャル)のみで使える物にして欲しいです。現況は決済手段ではなく、投機目的で次々に爆弾を相手に渡していくゲームです。

    0
    1. 商品先物取引と聞いたら震え上がる人たちがFXにのめり込んでいるのと同じかもしれません。深く考えず、他人と同じことをしている、という思考停止だから出来ることはありますね。

      シン

      0
  5. >松本さん

    >株式投資には慎重な人達が、全く実体も保障も根拠もない仮想通貨に投機するのは、トコトン考えるよりも他人と同じ行動をすることで安心するのでしょうか?
    仮想通貨は仮想世界(バーチャル)のみで使える物にして欲しいです。現況は決済手段ではなく、投機目的で次々に爆弾を相手に渡していくゲームです。

    一部の国や取引所ではようやく規制が始まりましたが、クレジットカ―ド決済で購入できてたのが新規参入者の敷居や意識を低くしていたんだと思います。
    特に昨年12月中旬くらいまででしたら、大抵どのコインも買えば上がる状態でしたので、手元に資金がなくとも気軽にカ―ド決済で投資して、カ―ド支払日までに利確して利ざやを得る戦略でいたんでしょうね。

    ちなみにAIとブロックチェ―ン技術は相性が良いので、今後AIが導入されるにつれて徐々に仮想通貨も何からしらの形で世に浸透していく事は避けられないと思います。
    ただ、おっしゃる通り現時点では将来性込みの投機の対象物でしかないので、上手い具合に爆弾が破裂していけば紛い物はどんどん退場していくでしょう。

    0
  6. 日銀総裁もおっしゃていましたが、仮想通貨という名称がソモソモ人を間違いさせるための、メディアの引っかけです。
    危険ドラッグのように合法か非合法かどちらなのか分からない名称は、情弱を引っかける為の罠です。儲かった儲かったという記事を見るたびに吐き気がします。

    0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です