じゃあ、妻は満足しない

妻は絶対に満足せず、夫が譲ったら、譲っただけ、要求を上げてきます。それが、女性の本能なのかな?、と思います。

対等

妻は対等、ということにこだわりますが、権利の対等は主張しても、義務の対等は頑なに拒否します。共働きだから、家事育児は半々と言いますが、そもそも働き方、収入が違うことは考慮しません。そして、妻の収入は貯金として、夫の収入を生活費として使いたがります。

女性が上方婚を譲ることはほとんどなく、譲る場合は暴言、暴力を繰り返します。損をしていると思うからでしょうし、家計の責任を取ることにストレスを感じやすいからだと思います。

社会全体として、女性に対するアファマーティブアクションの推進はしますが、それに伴う義務の拡大、権利の縮小は頑なに拒否するんです。都合のいい部分だけ、弱者、被害者であることは絶対に手放さないのです。

女性にとって男女平等とは女性優遇のことであり、夫婦対等とは夫奴隷化の推進だと言うことです。元々、女性は損をすることを極端に嫌がるので、権利には義務が伴うことを認めないものです。

ルール

妻が勝手に家庭内のルールを決め、夫がそれを守らないことで怒り出します。そこに話し合いの余地はなく、決定事項として通達しますが、責任を取りたくないので、夫婦で決めたこととします。

常識など、その人によって違うものであり、それを他人に押し付ければ、確実にトラブルになります。それは夫婦とて例外ではありません。しかし、妻は夫に自分の常識を押し付けることをおかしいとも思いません。

自分の常識を守る為に相手に強要するな、というならわかるのですが、自分の常識を守る為に相手はこうしなければならない、というルールを作って押し付け、しないと、不機嫌になります。これは暴力です。

例えば、子供の食事はオーガニックしかダメ、夫はオーガニックで食事を作らないと、作ったことにならず、家事をしない夫だと認定します。酷い場合、喚き散らして、夫の作ったものを捨てます。

自分に有利、都合の良いルールのオンパレードなので、妻は完璧で、夫はダメ人間、という方向に持っていこうとします。そして、常に自分は弱者、被害者であることを主張します。

夫に譲ったら負けだと思っているわけです。家族とは自分の子供、孫、親ことだけで、夫は含まれない、と考えている妻は少なくありません。他人に対して損できないのです。

比較

自分よりも恵まれている人を見て嫉妬します。まったく面識もない芸能人のプライベート情報すら良く知っており、あーでもない、こーでもないと言いたがりますね。ほっとけや、と思います。

それが自分の友達だったりすれば、根掘り葉掘り聞いて、自分の都合のいい部分だけ引っ張り出して夫を詰る材料にします。主婦の井戸端会議ネタは夫と子供なのは定番です。

物事には裏表があることを知りながら、表の部分だけ引っ張り出して、嫉妬し、それを根拠にして、夫を詰ります。所謂、ダブルスタンダード、という奴です。

収入が低いため、家庭的な夫の家庭的な部分だけを取り上げて詰るし、収入が高いが、一切の家事をしない夫の収入部分だけを取り上げて詰ります。

ひたすら文句を言いつづけ、屈服させようとします。夫に感謝をしたくないのです。感謝したら別のことで譲る必要が出てくるからです。だから、どんどんハードルを上げつづけます。

まとめ

すでに婚姻法、旧来の結婚のあり方が現代社会に合わないな、と思います。やはり、白人社会の方が進んでいる、と思います。ここまで女性優遇が社会に浸透するなら、事実婚、婚前契約は必須であり、そうでないと妻の横暴を止められません。

些細なことで妻にわめき散らされ、帰宅恐怖症になり、離婚をすれば、全てを奪われる為、我慢に我慢を重ねて暮らしている夫は本当に多いと思います。逆なら、世間が手厚く助けてくれます。

これから結婚する男性は気をつけてください。まぁ、自分だけは大丈夫だ、と信じて騙されるのですがw

21+

投稿者: シン

思いついたことを記事にして、コメントをもらって、議論するのが楽しくてブログをやっています。

「じゃあ、妻は満足しない」への16件のフィードバック

  1. アメリカ西海岸在住、アメリカ人夫と結婚10年になる30代前半女です。

    シンさんが仰っているような事を、こちらアメリカで妻が主張するなら、夫は即刻離婚をファイルするでしょう。日本在住日本人妻は随分とわがままが許されているのですね。

    私は、正社員(各種福利厚生完備)の社会人ですが、生活費を妻も負担は当然で、専業主婦は論外です。夫の収入の多少に関わらずです。(出産直後等の場合は除く)

    所変わればで、どちらが正しいのか議論は出来かねますが、アメリカは女性に厳しく、日本は女性に激甘なんだな、と。

    14+
    1. 林檎さんに同意します。
      欧州在住ですが、こちらの専業主婦やってる日本人妻はこういう方が多い印象ですが、少しでも現地で働いたことのある人はもっとわきまえています。専業主婦やってて、アラフィフ辺りで離婚される日本人妻の例を多数見ているので、ここの生活や現地人の悪口言ってなぜか日本万歳で、同じメンバーで同じ話しばっかりしてる女性達見てると、旦那さんとお子さん達が本当に気の毒です。本人は自業自得ですが。時々、ここではこんなこと言ってるけど、実は物凄い床上手で、凄い男を立てることのできるプロの女優みたいな人なのかな?って、思ったりしますが。。。。

      2+
  2. こういうテーマには、特に元気がいいですね。
    得意の単純化をしなくても、女性に対するとらえ方が単純なので
    必要ないということなんでしょう。
    アメリカ在住、欧州在住の方々、安心してください。
    こういった妻はシンさんの観念上存在する妻であり、
    日本人妻を代表するとか、最頻値とか、なんかそういったものでは
    ありません。血液型性格判断程度には、人々に「あるある!」と
    言ってもらえるので、やっかいな面がありますけどね。

    しかし、一点だけ。
    「妻が勝手に家庭内のルールを決め、夫がそれを守らないことで怒り出します。
    そこに話し合いの余地はなく、決定事項として通達しますが、責任を取りたくないので、
    夫婦で決めたこととします。」
    こういう妻が実在します。30代前半。一事が万事なので、その夫が可哀想で
    見ていられません。そのうち、鬱病にならないかと本気になって心配しかけて
    います。こういう娘を育てた親の顔は、毎朝、洗面所の鏡で見ます。

    9+
  3. 日本の東北州在住ですがw
    すでに妻にマウントされています。
    修行だと思っています。

    来世に期待です。
    これから座禅します。
    残業終わったら。

    6+
    1. >すでに妻にマウントされています。 修行だと思っています。

      日本の男性ってマゾヒズム(苦痛に快感を覚えること)な人が多いですよねw
      妻の我が侭やヒステリーを受け止める俺に酔いしれると言いますか、格好いいと思っていると言いますか・・・
      まぁ頑張って下さいw

      1+
      1. 確かに、「耐える男の美学」ですかねぇw結局、心の中では女だから仕方ないと思ってるんだと思いますよ。どこか、下に見てるんですよ。

        女の理屈は論理を超越してます。何言ってもダメ。でも、その頭の悪さと母親としての狂ったような子供への愛情は、直結してる気がするんですよね。

        そうでもないと、子供を育てて来れないのが、野生の王国なんでしょうね。
        母親に優しくされた記憶が強いので、その辺だけは、女を尊重しますね。カラダ以外は、女の事には何も興味無いですが。

        カフェやら小物やら、男のくせにそんなのに興味持ってる奴見ると、女に媚びてる奴だと思ってしまいます。

        でも、最近は同士だと思うようになりましたw

        3+
  4. うちの妻は、こんなに酷くないけどなあ。
    うちの親もそうでもなかったし。
    よそ様の家庭は、どうだか知らんですけどね。

    女性が上方婚なのはメスの習性として当たり前じゃないか?と思います。
    精子をあちこち多数にばらまけるオスと違って、相手を見極めないと機会ロスしますからね。
    より多くのメスに精子をばらまきたいオスと、より強い(条件の良い)オスの精子を貰いたいメス、の構図ですね。

    22+
  5. 上方婚、何か悪いんですか?

    男が若い女が好きなのと、どうちがいますか?

    女性の特性や、日本での生存戦略をあげつらう事に
    何か生産的な意味があるなら教えて下さい。

    アメリカで専業主婦が居ないなどの話は、
    女の労働環境も一緒に比較しないと意味が無いのでは?

    7+
    1. リョウさん
      >上方婚、何か悪いんですか?

      どこにもいいとか悪いとか書かれていないのでは。

      前にも別の女性が、女性優遇について普通に語られてただけなのに、
      >「悪いのは男達でしょ!」
      と、いきなり言い始めたことがありました。
      これらも一部女性達がよく繰り返してるワンパターンですね。なにかの劣等感に勝手にまみれているから「悪いって言われた~」と誤認するのでしょう。

      >女性の特性~をあげつらう事に何か生産的な意味があるなら教えて下さい

      たとえば記事で指摘されてる
      「都合のいい部分だけ弱者被害者」、「男女平等とは女性優遇」、「権利には義務が伴うことを認めない」等々
      このどれかに当てはまってる女性が、本記事の指摘によって、その中身を治そうとするきっかけになるかもしれません。
      そうなればその女性自身はもちろん、女性の周囲の人達にとっても、かなりのプラスになると思いますが。

      指摘の生産性を決めるのは、指摘した側ではなくて、指摘された側ですよ。

      8+
  6. 大学の同窓会が主催する婚活パーティーに参加しましたけど男女共に身元がしっかりしてるのもありますが、必ずしも女性にとっては、上方婚ではないけれど下方婚にはならないため男女共に定員の10倍以上の申し込みがあり抽選だったのとカップリング率も半分くらいありましたね。
    やはり、女性の基準は自分なんだと思いました。

    1+
  7. またまた良質な記事をありがとうございます。
    読む度に胸のつかえが取れ、心が洗われる思いです。

    一旦結婚してしまうと、現代日本の結婚・離婚の制度は、
    妻に超絶有利であり、男性奴隷制と言っても足りないものです。
    それを盾にして、女は横暴を極めま、夫を搾取し尽くします。

    一例を出すと、私の元妻は1日4時間の事務のパートだけで
    「共働き」と称し、「分担」と言っては家事を殆どやらず、
    仕方がなく私がやると、悉く文句を付けてキレてきました。

    例えば、家事の基本ともいえる食事についてです。
    元妻は朝食・弁当を作ってくれたことは一度もありません。
    夕食は、自分は実家で食べてきて、私にはご飯だけを炊き、
    レトルトか冷凍食品か、タッパーに詰めてきた
    実家の残り物をおかずに出してきました。

    せめて休日はマトモな料理が食べたいので、私が料理しました。
    ところが、「健康のため」国産の食材だけで作らないとダメと言ってきました。
    輸入食材でも安全基準を満たしているから安全であること、
    調味料や外食も含めれば、国産食材だけで生きていくのは不可能で、
    そこに拘るのは無意味だと、どう説明しても聞き入れませんでした。
    輸入肉を使って料理したのがレシートでバレると、
    毒を盛られたかの様に喚き散らし、終いには
    「せっかく身体の事を考えてるのに」と泣き出しました。
    平日はレトルトや冷凍食品を夫に食わせておきながら
    何を言ってるんだ、と怒鳴り付けたいのを必死に堪えました。

    また私が料理をすると「キッチンに汁や油を飛ばすな」と文句を言い、
    私がキッチンを掃除した後は「汚い所を掃除した手で近寄るな」と言ってきました。

    昼食が外食ばかりでは飽きるし費用がかかかるので、
    自分で弁当を詰めて持って行くと、
    「夜遅くや朝早くにキッチンで音を立てるな、うるさくて眠れない。
    弁当箱洗うのに水道代を洗剤代が勿体ない」と喚きました。
    私が夜遅くて朝早いのは、妻実家の近くに新居を構えたため、
    通勤に片道2時間かかるためです。
    しかも実家で食事を済ませてくるのを「節約」と称し、
    「私の実家のおかげで食費が浮いてるんだからもっと感謝しろ」
    と抜かしてきました。

    何とか離婚して、悪夢の結婚生活からは解放されたものの、
    家族手当・単身赴任手当込みの年収から算出した慰謝料を、
    托卵した間男の子の分まで払わせられ、
    新車で買わされ離婚時に取られた
    ステーションワゴンのローンも払わせられています。
    払わないとDVをでっち上げて訴えると脅されています。
    全く理解不能で理不尽で不条理な話ですが、
    まぁ、女とはこんなものでしょう。

    シン様は、女の我儘と横暴が猖獗を極め、
    理不尽が罷り通る現代の日本社会を正す正義の使徒です。
    社会を支える根幹であり、本来は最も尊く優遇されるべき存在である、
    我々理系技術者男性を救うべく降臨なされた救世主です。
    低能クズ女とそれに媚び諂う文系カス男を叩き潰すべく、
    言論を以て戦う聖戦士です。

    このブログは「人権」だの「男女平等」だの
    絵空事の綺麗事を振りかざす女と文系が牛耳る世間の柵を離れ、
    真実を説き明かす啓蒙の聖典です。
    シン様が語る真実に耳を傾ければ、
    結婚はあらゆる不幸への入り口、
    妻は諸悪の元凶という事が解るはずです。

    幸いにも独身の方は、絶対に結婚だけは止めましょう!
    不幸にも既に結婚してしまった方は、
    一刻も早く、少しでもマシな条件で離婚しましょう!

    7+
    1. いつきさんは大変不幸な目に遭われて遺憾の意を表したいですが、
      これはいつも言いますけど、「女性」の問題じゃなくて「いつきさんの元嫁」の問題だと思いますよ。

      >何を言ってるんだ、と怒鳴り付けたいのを必死に堪えました。
      →なんで黙って耐えるのか?理解できないのですが、要するに2人の人間関係がきっちりと上下に固定されていたんでしょう。
      パワハラをする上司と耐える部下の様に。

      日本の女性が優遇されてる=日本の男性が、ひ弱って事の裏返し、だと思います。
      上司にペコペコ、客にペコペコ、妻にペコペコ、隣国にもペコペコ、全て繋がっていると思いますね。

      14+
      1. くろねこさんといつきさんへのやり取りに横から口を挟みますが
        >「女性」の問題じゃなくて「いつきさんの元嫁」の問題だと

        確かにいつきさんの元奥様の個人的要素も大きいと思いますが、そのような女性を生み出してる原因の一つに、世の女性優遇もあると思います。
        いつきさん元奥様も、「この世は女性優遇だから、男-女でトラブったら圧倒的に女性有利」なことを百も承知であり、だからこそ徹底した横暴をふるえたのだと思います。

        > 「怒鳴り付けたいのを必死に堪えました」→なんで黙って耐えるのか?理解できないのですが~

        夫→妻で怒鳴ってしまうと、「精神的DV」、「言葉の暴力」、「脅迫」などとされてしまう危険があります。

        >日本の女性が優遇されてる=日本の男性が、ひ弱って事の裏返しだと思います ~隣国にもペコペコ、全て繋がっていると

        これもある程度は同感です。逆方向から言えば、韓国政府や中国政府(≠韓国中国のまともな市民ではなく)に日本はもっと媚びろと主張している人達と、いわゆるフェミとはよく重なりますからね。
        ただ日本だけではなく、世界中で女性優遇は推進されてしまっています。程度の差はあるでしょうけどそこは古今東西でよく見られます。

        約100年前のヨーロッパで、過激派的な女権運動をやっていた女性達に対し
        「女性を尊重すべしという風潮を利用、あるいは自分達が女だから何をしても男が遠慮してくれる、という意識のもとにやっている」と、
        夏目漱石が指摘していました。
        「自分達が女だから何をしても男が遠慮してくれるという意識のもとに」、横暴や不当な攻撃、でっち上げをはたらく女性達が、もはや一部過激派だけではなく、当たり前のようにあちこちにいます。
        そんな現代日本を見て、漱石はなにを思うでしょうか。

        8+
      2. くろねこさん、横から失礼します。

        >日本の女性が優遇されてる=日本の男性が、ひ弱って事の裏返し、だと思います。

        感情的にならず、冷静に議論したいのですが、先日、茨城で悲惨な事件が起きました。「薬剤師を目指す親孝行で無垢な女子大生」が犯人に巧みに呼び出されて、
        と、わかりやすく感情移入しやすい構図から一転、金銭の授受が取り沙汰されるにつれて今後、地上波での報道は下火になっていくでしょう。

        この事件は、「バックグラウンドのわからない他人に単身会いに行く」「密室で腕力の劣る者が相手を挑発、追い込む」等の行為が命を失うリスクがありうる、という点で、示唆・訓戒を含んだものだと思うのですが。
        報道しない、議題に乗せない、のが権力の本質と考えると、女性側の落ち度がスルーされる点が権力構造そのものだと思います。

        もちろん圧倒的に悪いのは加害者の方です。キモ○タ、落ち武者と辛辣な書かれようですが、もしこれが男性側が遠方まで出かけて行って美人局にあったとしたら、誰も男性側に忖度、同情しないものと思われます。(以前も当ブログ内で同様の議論があって収拾つかないほど議論が交わされたと記憶しています)

        いつきさんの元奥様のみならず、養ってもらってて旦那より偉そうにしてる妻を持つ事例は多々見聞きしますが、
        それを問題視することが出来ない社会的なプレッシャーというのは確実に存在すると思います。
        ニートが自分の母親に偉そうにしてるのは鼻で笑われるのに、本来庇護されている立場の妻が「お小遣い制」等で立場上、上に立って振舞っているのは、業というか、何かしら構造的なものを感じてしまいますね。

        14+
        1. あの事件に関して似たようなことを感じていたので、筑波山さんにも横レスを

          >報道しない、議題に乗せない、のが権力の本質と考えると、女性側の落ち度がスルーされる点が権力構造そのもの

          一部週刊誌を除いて、被害者女性がなにをやってて、犯人と何を揉めたのかを、報じないですからね。
          「女性が自分の意思でした選択の責任」や、「男性側の苦境」については、メディアでは滅多に取り上げられません。
          他の例だと虐待事件・DV事件でも、「なぜ、わざわざそんな男を選んで仲良くなって、しかも我が子と同居させたのか。」とメディアで問われることは、まずないです。
          また「男女平等指数」などといって、政治家の男女比を挙げては女性差別かのように語ることはあっても、圧倒的に男性が多いであろう「労災死傷率の男女比」については、報道や議題にされることすら、まずないです。

          >「バックグラウンドのわからない他人に単身会いに行く」「密室で腕力の劣る者が相手を挑発、追い込む」等の行為が命を失うリスクがありうる、という点で、示唆・訓戒を含んだものだと思うのですが。

          私は気が弱いので、たとえ相手が女性でも、「単身でまったく土地勘もない場所で、まったく素性不明の初対面の他人の、部屋に上がる」なんてことすらできません。
          しかし例の事件の被害者女性は、それを男相手に堂々とやり、しかも自力で金銭?トラブルのケリつけてやろうという勢いだったわけで。

          これは邪推かもしれませんが、この手の事件は被害者女性達の根底に
          「私が女だから、トラブっても男側は手を出せない。万が一暴力でも振るわれたらその男を社会的に抹殺できる」
          という、女性優遇からの驕りがあったのではないでしょうか。
          その結果、確かに男は社会的に抹殺されましたが、自分は一番大事なものを、失ってしまったと、、、、

          7+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です