じゃあ、冤罪

最近、和歌山毒入りカレー事件、林真須美死刑囚が冤罪の可能性について取り沙汰されることが増えたように思います。私自身、保険金詐欺やるような悪人以外に誰が毒盛るんだよ?と思っていたんですが、冤罪説をよく検証すると、冤罪じゃないの?と思えてきます。

動機

この時間の特異性は動機が未解明なのに死刑判決が出てしまっていることです。極悪事件をなぜやったかすらわからないのに極刑はないでしょう?というのは、確かにな、と思いますね。

近隣住民とのイザコザで激昂して衝動的にやった、と検察は主張してますが、これはかなりこじつけだな、と思います。そもそもイザコザがあったことすら曖昧なことで、本人が激昂していた証言もありません。

むしろ、過去の保険金詐欺が発覚するリスクを背負ってまでヒ素をカレーに入れる理由がありません。この点を本人が繰り返し主張しており、金にもならんことするかいや?と言ってますし、周りの証言からとそういうタイプの人だと思われます。

本人の性格的に近所の人に激昂したらヒ素を入れて仕返しをするような面倒なことはせず、直接掴みかかるだろう、と夫は言ってます。これもそうだろうな、と思えるような証言しかありません。

証拠

林真須美死刑囚がヒ素をカレーに入れた、という証拠もありません。最も近い証言がコップを持っているのを見た、ということと、何回か蓋を開けているのを見た、という二つになりますが、これも否定されています。

前者はコップの色がピンクだと証言されましたが、実際は青のコップからヒ素が発見されていますし、証言した少年は後に関係ないことで傷害事件を起こした為、検察が証人として使うのをやめました。単に目立ちたくて嘘をついた可能性も否定できません。

後者は見た目を林真須美死刑囚の次女と取り間違えている上、目撃した位置から見えるのはヒ素が入ってなかった鍋だけでした。入っていた鍋は死角になって見えなかったんです。つまり、この証言も有罪の決定だとなるようなものではありません。

つまり、状況証拠だけで死刑にしたわけですが、その状況証拠もきちんと立証したわけでなく、他にいない、という結論だけしか公表されていません。また、住民もお互いに疑心暗鬼、連日の大騒ぎに疲れ果てており、証言が食い違うことも多々あり、検察がどうやって証明したのかも不明です。

また、カレーに入っていたヒ素、林家にあったヒ素が同じものだ、という鑑定も後に否定されているだけでなく、ヒ素が入ったプラ缶が家宅捜索してから一週間後に突然流し台の下から出てきている、という不審な点もあります。警察による捏造も疑われます。そんなわかりやすい場所にあれば、即日みつかるでしょう。

真犯人

林真須美死刑囚が冤罪だとすると、真犯人はニパターン想定される、というのが一般的です。ヒ素の猛毒性を知らない子供のイタズラ、猟奇殺人をする頭のネジが飛んでいる狂人による犯行です。

一番怪しいとされたのが、次女による犯行であり、カレーの見張りをしてました。どのくらいの毒かは知らないが、ヒ素が自宅にあることを知っていて、嫌がらせの為に入れたのかもしれないと言われています。

次女は学校でいじめられていた、という報道もあります。林真須美死刑囚は知っていて次女を庇っている、という可能性もあります。ただ、これも推測の域を出ないので、決めつけは良くないでしょう。

他にもヒ素を持っている家が近隣に数軒あり、犬が毒殺される事件が事件前に起こっていたという話もあり、気が狂った人が次は人で試したくなった、という可能性もあるでしょう。

警察による状況証拠もかなり怪しいので、ヒ素をカレーに入れるタイミングは他にもいくらでもあり、想定外の人間が入れている可能性も否定できないでしょう。カレーなんてかき混ぜるものだし、お祭りなんて知らない人が来ていることもあるし、気に留めません。

まとめ

限りなく冤罪の可能性が高いが、もはや、検察は非を認めることはないでしょう。警察、検察は非を認めることは最後の最後までしませんし、引くことを知らない組織です。時間が経ち過ぎているので、当時のことを知っている人も少なくなってきているでしょう。

また、マスゴミの酷さを再認識しました。被疑者を煽りまくって怒らせる、手紙を勝手に取る、裏も取らずに勝手に確定的な記事を書く、という悪事は当たり前のことだと思っており、当時はそんなマスゴミのことを世間が信用していたんですね。

今になって冤罪の可能性が取り沙汰されたのはSNSの発展で誰でも情報発信可能になり、林真須美死刑囚の長男が直接声を上げたり、興味を持った人が考察基準、動画を上げることで多くの人の目に事実が触れる機会が増えたからでしょう。

林真須美死刑囚は悪人ですよ。少なくとも保険金詐欺はやっています。善人はそんなことはしません。ただ、夫と同様に数年の実刑食らって臭い飯を食う程度の罪はあっても死刑にするだけのことをしたのか?はかなり怪しいと思いますね。

疑わしきを罰せず、がお題目に過ぎないんだな、と思いますし、マスゴミが煽り出すと、あたかも事実かのような雰囲気になる、ということは知っておいた方が良いと思いました。

6+
0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
3 Comments
Oldest
Newest Most Voted
Inline Feedbacks
View all comments
dw
8 days ago

つい先日、これについての記事を見ました。真須美氏の持っていたヒ素と、事件に使われたヒ素では成分が違うとか。
また、近所の男子中学生も疑いがあるみたいですね。事前にイタズラで使ったのと、あとそのヒ素と事件で使われたものの成分が一致したとか。

伝聞なので本当のところは分かりませんが、真須美氏はこの事件については無罪なのかもしれませんね。

騒音おばさん(出て行け!と叫んで布団叩いてた)についても、本当に悪いのは近隣住民だったという意見もありますし、マスコミは売れれば何でもいいので湾曲したり切り取りしたり、様々なことを面白おかしく書きます。

以前シンさんが紹介した中田元横浜市長の本や、あとは長谷川豊氏のメディアリテラシーの本を読んで、マジでメディアって信用ならないなと思うようになりました。それはコロナ禍でますます加熱しています。

2+
カツカレー
6 days ago

冷静に考えると、プロの犯罪者(しかも金銭目的のみ)である林夫妻がメリットのない無差別殺人に手を染めるのは考えにくいです。例え小物であっても、犯罪を犯すリスクとリターンのバランスはしっかり計算できていたと思います。
仮に冤罪だとすると犯人は記事にもあるような未成年者、狂人、その他、或いは不明で迷宮入りとなりますが、特に被害者を中心としたその地域に人々にとっては受け入れがたく、想像すらしたくない結末ではないでしょうか。小学生が犯人なら扱いに困るだろうし、地域の名士の子息とかでもいっしょです。殺人鬼が野放し状態の迷宮入りも気持ち悪い感情だけが残るでしょう。そこに偶々存在したのが林真須美で、胡散臭い旦那とセットで状況証拠をかき集め、葬りさるのにうってつけのキャラクターだったということかと思います。村社会的な意地悪さが根底にあり、それに便乗し大炎上させたマスゴミ、結局警察と検察は乗っからざるえないだろうという感じです。

これ、居酒屋トークなら犯人は他に居て、既に消されている説とか本気で言っちゃいそうです。

3+
3
0
あなたのご意見、ご感想をお待ちしています。x
()
x
タイトルとURLをコピーしました