じゃあ、不法滞在

スリランカ人女性、ウィシュマ サンマリーさんが入管収容中に亡くなった事件がニュースになっています。これについて記事にしたいと思います。

まず、ウィシュマさんのご冥福を祈ります。また、ご家族の悲しみも深いと思います。お悔やみ申し上げます。

報道

マスコミの報道によると、ウィシュマさんは英語教師を目指し来日、まずは日本語学校に通い、日本語勉強、予期せず、仕送りが途絶えてしまった為、ビザ有効期限が切れ不法滞在になった。

不法滞在中に同棲していた彼氏から激しいDVを受け、助けを求めて交番出頭、不法滞在により逮捕、入国管理局に送られて収監、帰国後に彼氏からの報復を受けることを恐れて強制送還を拒否、収監中に体調崩し、仮放免を求めたものの拒否され、そのまま死亡した。

DV被害者の外国人女性に対して非人道的な入国管理局に正義の鉄拳をねじ込むために「市民」が立ち上がり、政権与党、役所を糾弾を始めた、と言うのが、平均的な報道です。これに私は疑問を覚えます。

真相

そもそもウィシュマさんは嘘の報告をして学生ビザを取得したようです。私費留学の場合、資金が借金でないこと、滞在中、母国から仕送りを得られることがビザ取得の条件だそうですが、実際は実家を担保にした借金で来日資金を工面したようです。

恐らく、この留学は元から不法滞在、不法労働を前提とした来日したのではないだろうか?と思います。日本語学校ですら年間八十万円程度の学費が必要で、許可された労働時間は週28時間までです。

つまり、仕送りなしだと、制限ギリギリまで働いても学費を払って極貧生活をすることになり、ほんの少しでも不慮の事態が発生したらアウト、ということになります。本当に乗り切れると思っていたのでしょうか?

日本で英語教師をするといっても、スリランカ人は英語ネイティブでない上、見た目が白人でもありません。キツい訛りの英語を話す外国人を雇う学校が容易に見つかるでしょうか?

日本においてスリランカ人より圧倒的に人数の多いインド人、ネパール人ですら英語教師をしている人はゼロに近いと思います。ノンネイティブで英語教師を出来るのはノンネイティブ英語話者として市民権を得たフィリピン人、見た目のハッタリで通用する白人、せいぜい黒人だけでしょう。

常識的に考えて、ウィシュマさんが本当に英語教師になれると思っていたとは思えません。仮に知らなくても、知る気があれば、来日前にネットで知り得たでしょうし、ネットすら見てなくても来日すれば、必ず現実に気づくでしょう。

ウィシュマさんは日本で不法滞在、労働を前提としていて運良く英語教師の仕事が見つかればラッキーくらいの気持ちで来日したことと思います。そして、その方式はスリランカ人に普及しているのだと思われます。

ちなみにウィシュマさんは来日時点で三十前、決して若いとも言えない年齢でした。保守的なスリランカでは未婚三十路女性は実家に居づらく、通常方法では上がり目がないと踏み、不法滞在、労働で借金を返し、貯金を作って帰る計画だったのではないでしょうか?

DV被害は恐らく本当です。そうでなければ、不法滞在中に警察に駆け込むようなことはしないでしょう。彼氏による継続的な暴力による錯乱状態だったのだと思います。

収監されてからは左派支援団体から吹き込まれて、執拗に強制送還に対抗したのだと思われます。DV被害という事実があるので、そこを徹底的について難民扱いにしてもらうと思ったのでしょう。

DV加害者から日本語で手紙が届いたと言いますが、これはかなり怪しいです。報道によれば、同じく不法滞在である人がそんなリスクの高いことをする意味があるでしょうか?友人に頼んだ自作自演ではないのでしょうか?

強制送還を半狂乱になって拒否したとの報道もありますが、これは本当でしょう。今帰っても、借金だけ残った実家に戻ることになり地獄を見るだけです。仮に借金は不法労働により返していても、土産なく帰るのは辛いでしょうね。

DV被害だけでは強制送還を喰らう、と思ったのでハンガーストライキをしたのでしょう。特に病気でもないのに肥満体型が急激に痩せていったのは精神的苦痛という方向に持っていきたかったのでしょう。

収監者にはハンガーストライキする人はザラにいるので入管職員も半ば放置しており、運動もせず、一気に痩せた代償として心臓に負担がかかり亡くなった、というところではないでしょうか?

外野

この事件には多数の外野が便乗しています。国家権力に敵愾心を燃やす人たち、フェミニズムを生きがいとする人たちの旗印にされてしまっています。当のスリランカ人コミュニティから抗議は来ているのでしょうか?

やたらと、入国管理局を責めますが、大前提として、彼らが相手にしているのは「不法滞在」という犯罪をおかした犯罪者なんですよ。犯罪者なんて自分が助かるための嘘、演技は日常茶飯事でしょうよ?

日本人、外国人問わず、犯罪者は都合の良い言い訳をするものだし、あらゆる手を使って拘束状況から脱しようとするのは当たり前です。それを一々相手にしていては、小役人は身が持たないと思いますよ。

ウィシュマさんが亡くなる直前の動画公開を求めている人たちがいますが、恐らくは助けを求めて声をあげていると思います。それは本当なんでしょうが、そんなことはよくあることで相手にしてられないから無視したのでしょう。

起こってしまった悲劇の一部を切り取って大騒ぎしても本質的なところには行き着かないと思いますけど、そういうストーリーには人が群がります。それが他の目的を持った人たちの狙いです。

そりゃ、亡くなったウィシュマさんの家族は冷静でいられないし、支援者がお金を出してくれるなら来日して大騒ぎしたいと思いますよ。でも、支援者はどこまで面倒を見てくれますか?飽きるまで神輿にあげたら知らん顔しますよ。

まとめ

そもそもの問題は留学生30万人計画という馬鹿げた計画を遂行するために私費留学なんて出来るわけもない貧困層を呼び込み、不法滞在、労働を誘発してしまったことであり、現場は混乱しているでしょう。そこがほとんど議論されてないのはおかしいです。

外国人研修生も同じですよね?都合の良い奴隷を手にする為、綺麗なお題目だけ唱えて、外国人貧困層をほとんど実情を伝えずに騙すようにして入国させている。一定数が犯罪に手を染めるのは当たり前です。

発展途上国の貧困層からすれば、まだまだ日本に魅力はあり、一攫千金の夢を見ることを単純に否定はできません。逆の立場なら私も検討したかもしれません。だからと言って、違法は違法であり、野放しにできません。感情で法律を捻じ曲げてしまうと収拾がつかなくなりますよ。

13+
0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
7 Comments
Oldest
Newest Most Voted
Inline Feedbacks
View all comments
もっちり
21 days ago

最近ニュースでこの話題よく見ますね。断片的な情報しかはいってこず、なんか日本の入管が悪者なのか?と勘違いしていたのですが、出ている事実だけみると、そんな判断はできずマスコミの匂わせに踊らされてしまいました。

ただ、よく考えてみるとフィリピンやブラジルなどの劣悪な収容環境と比べると、日本はまだまだ恵まれていると思います。飯の取り合いがない中で、瘦せていくのはちょっと不可解なので、抵抗を示す意図もあったと思います。

友人が入管で働いていたのですが、性悪説で外国人を見なければ水際で日本から犯罪の芽を摘みとれないと言っていました。現場で働く人たちは大変だと思いつつ、陰ながら治安に貢献していただいていることに感謝したいと思います。

4+
AKIAKI
20 days ago

コロナ禍の状況化での某国への入国のため、強制隔離中のものです。仕事で来ているのですが、その仕事にはそれなりの期間がかかるため、滞在期限には神経質にならざるを得ません。隔離中リモートで仕事らしいことはできてもわざわざ訪問しなければいけない理由があり、隔離期間中その仕事自体は進みません。滞在期限延長申請も視野に入れています。
外国人がその国にいられる期限は当然決められており、その期限を1日でも過ぎればオーバーステイで捕まります。完全に法で裁かれる立場になります。(運よく罰金だけで済むことはよくあるようですが)理由は色々あるでしょうが、オーバーステイ「しそう」になった段階で、しかるべき役所に出頭し、理由を説明、対応を協議するのが本来です。それをしなかったこととDV被害のことは全くの別物であり、入管の役人がDV被害者だから大目に見ようなんてことは法治国家のすることではないし、そんな匙加減が通ったら逆に怖いです。
そんな弱い立場にある方を利用する勢力(ハンガーストライキも入れ知恵があったと思っています)がいて、結果的にこのような結果に至ったことは非常に残念です。残念ですがこんなことで入管を責めるべきではないし、マスコミも騒ぎすぎです。

2+
祝kutoo勝訴
19 days ago

不法滞在は犯罪ではありません。
そもそも無条件で外国人の滞在を認めればいいだけでは?
(他の国はそんなことしていないというのは理由になりません)

0
ニコ
Reply to  祝kutoo勝訴
16 days ago

元々、難民じゃないし二回以降申請してない嘘難民ばかりが実態です。
Kutoo団体と同じ迷惑集団です。

1+
しゅうまい
16 days ago

一旦不法移民のゴネ得を許してしまうと、それを聞きつけてさらに不法移民が大量に押し寄せるという悪循環になります。バイデン政権になって取り締まりが緩くなることを期待して、メキシコ国境からテキサスに不法入国しようとする南米からの移民が激増しているのがいい例だと思います。

彼らの多くは「難民」だと主張しますがほとんどはただの経済移民であり、国境さえ越えてしまえば何とでもなると言わんばかりで、中には子供だけ越境させて米国市民の養子とさせ、それをつてに後から自分達の移民の手がかりとしようとするとんでもない親まで大量に発生しています。マフィアに金を払って無理やり国境から忍び込んでいるので彼らも必死でどんな嘘でも付きますし、人権屋の左派政治家の主張でもなんでも利用してあわよくばバイデン政権下で合法的に滞在できる恩赦が出るかもしれない位のことは思っているでしょう。

不法移民が増えると、当然世論は移民全体に批判的になり合法的な移民の審査も厳格化が進みます。それらのしわ寄せが合法的な家族ビザや労働ビザの移民手続きに波及しており、不法移民が無理やり米国入国している一方で合法移民は審査を完了してビザを発給するまで数年単位かかるという理不尽がまかり通っています。

私はトランプの支持者ではありませんが、彼が主張していた国境の壁建設や厳格な移民制限は健全な政策だと思います。

1+
7
0
あなたのご意見、ご感想をお待ちしています。x
()
x
タイトルとURLをコピーしました