じゃあ、機電後のキャリア

初の有料記事リクエストを受けて、記事を書きます。ご協力ありがとうございます。

そんなに強い思いがなく、どうしても嫌でないなら、機電行っとけ、と繰り返し言ってきて、それに間違いはないと思うのですが、自分がやっていることに疑問を持つことは当然あるわけで、機電を選んで、就職したけど、エンジニアが性に合わない、ということはあると思うので、転換するにはどうしたらいいのでしょうか?

営業

どの程度かは別にして、機電学位を持っていて、エンジニアとしての実務経験があるなら、文系よりは技術力があるのだから、メーカー営業をすればいいです。数字が人格、と言う世界でないなら、コミュ力の鬼である必要はありません。

一昔まではメーカーでも呑み、接待が営業の基本でしたが、ほとんど顧客接待をしない業界、会社も増えて、実務がどれだけ早く正確に出来るか、しか求められなくなりつつあります。自分で技術的質問に答えて、必要なデータを自分で取ったり、指示したり出来るなら、圧倒的に有利です。

人と会ったり、出かけるのが嫌いでなく、ほどほどに人付き合いが出来るなら、営業に転換するのはありだと思います。そうやって、人付き合いにこなれていって、管理職になる訓練をしていくのもいいです。エンジニアとして限界を感じているなら、世慣れて行くしかありません。

中間

情報系の会社じゃなくとも、SI、システムインテグレーターみたいな仕事が増えました。プリセールス、と呼ぶ会社もあり、エンジニア経験者が営業のサポート役をしたり、技術プレゼンをしにいったりする役割をします。

技術が細分化して、エンジニアがそれぞれの専門以外のことは詳しくなくなり、文系出身の営業には手に負えない案件が増えたので、営業と技術の間に立って、調整をする役割が必要となってきたのでしょう。ミドルオフィスと言ってもいいのかもしれません。

サービスエンジニアとして、顧客の設備をメンテしに行ったりするのもある種のミドルオフィスみたいなもので、積極的に物を売るわけではないが顧客対応がメイン、という仕事です。

管理

あまりお勧めはしませんが、日本企業独特の肥大化した管理部に行くことも出来ます。ネチネチ湿った人間関係を生き抜ける自信があるなら、社内向けの資料作ったり、役員の世話したりしながら過ごすのもいいでしょう。

技術を生かせる品質保証などの管理ならともかく、全く関係ない会計、人事などを仕事とすると、専門的な案件は外注に振りながら、仕事しているふりするのが仕事とになり、所属企業が傾いたら、行き場を失う可能性が高いです。

特に専門がいることでもなく、誰でも出来ることで、必要とされるのは社内でしか通用しないルールに精通していることになりますが、中枢に近いので、昇進で優遇されやすく、情報の伝達も早いので、なんとなくエリート気取り出来ます。

コンサル

従来、文系メインの仕事だったコンサル、総合商社などに行って、自分の専門をベースに口先と、コミュ力で、仕事をすることも出来ますが、自分のコミュ力、体力に相当自身がないなら、やめておいた方がいいです。扱っているものが高額、形がなくなるので、ストレスも半端ないです。

製造現場で、機械の故障で徹夜するのと、出張先の海外で上司、本社の決済を待って、深夜まで胃をキリキリしながら、顧客の催促を受け流しているのではストレスの種類が違い、一般的には人間関係のストレスの方が精神をやられます。

人の間に立ち、生に近いお金のやり取りをするのは利益率が高い分だけ、報酬も多いですが、ストレスも半端ない、と言うことです。メーカーのエンジニア以上にお金が欲しければ、これに慣れるしかありません。物作りとは産業構造が違います。

その他

理系の資格職だと弁理士がありますが、これは弁護士ほどは厳しくないにしろ、資格そのもので、生計が立てられるようなものではなく、技術が複雑化して、一人では対応しづらくなったので、企業弁理士がメインになると思います。キャリアの延長で取得するならともかく、資格そのものを目的にするのはコスパが悪いです。

起業など、投資行為は大学で何を学んだのかはほとんど関係ない世界で、勝った人が正義の世界ですから、勝てるという自信がある人はやってみたらいいです。投資には知識より、精神力、嗅覚が必要なので、勝てる人は1割以下だと言われ、才能の世界だと思います。

まとめ

三十半ばを過ぎると、元気なリア充ってだけではやっていけないし、よほど突き抜けた技術がなければ、純粋にエンジニアだけでは限界がきます。だから、管理を覚えて行く必要があります。自分が与えられた仕事を早く正確にこなすだけでなく、チームで目標を達成するための管理力が必要です。

それを営業、フロントでするなり、プリセールス、ミドルでするなり、管理、バックでするなりってことです。エンジニアなら、どれも選べるし、自分に合ったものをすればいいのです。もっと突き抜けて、コンサルとして、口利きで飯を食う、投資で買って行く自信があるなら、試してもいいですが、本当に大変なので、覚悟してやってください。

投稿者: シン

思いついたことを記事にして、コメントをもらって、議論するのが楽しくてブログをやっています。

“じゃあ、機電後のキャリア” への 17 件のフィードバック

  1. 技術者に営業はできますが、文系の営業に技術はできません。
    メーカー文系営業は、技術者の完全下位互換だと思います。
    会社に入ってから勉強する事が少なく、仕事は比較的ラクなのに、技術者と同じ給料なので、能力の割に優遇されてるな、と感じます。
    自分がもし文系なら、公務員かメーカー営業を目指します。
    しかし、メーカーに就職するには、工学部の方が断然有利ですが、技術営業したいのに技術に配属される可能性もありそうです。
    また、僕の知り合いの、立命館の電子工学科の学生は、大学に入ってから工学にあまり興味が持てなかったため、技術系の専門商社に志望を替えていました。
    総合商社は、学歴フィルターが厳しいから辞めたそうです。

    1. メーカーは顕著ですが、理系>文系なので、文系にできて、理系にできないことはありません。総合商社に行きたい場合でも、同じ大学なら、理系のほうが優先採用される傾向にあります。学歴フィルターにかかるギリギリのラインで、文系進学ならフィルターを通過できるランクの大学に行けそうだが、理系だとフィルターに通過できないランクの大学しか入れない、というなら、話は別ですが、理系選んで損はありません。でも、文系選んで、大手のフィルター通過したから、といっても、内定まで勝ち抜けるかは別問題で、一般的な就活難易度は理系>>>>>>文系です。

      シン

  2. 設計や開発が向いてないこと、女性で体力的な事情や子育てとの両立であまり納期の厳しい仕事ができない場合があります。
    会社にもよりますが、技術系の仕事でも試験評価やシミュレーションみたいに労働強度を落とすか中間の品質保証、知財、営業 、工場の環境の調整役でやっていくのもありだと思います。
    会社の組織表とか見ると元々、事務系で はじめからいる人よりメーカーだから何らかの技術系の仕事をしてから内勤にいく人が多いです。
    ますます文系を選ぶ意味がなくなりますね。

  3. なんといっても機電の良さは選択肢の豊富さでしょうね。どこかでつまずいてもプランB、プランCがそれなりに見つかります。また同じ職種での業界の選択肢の多さも見逃せません。プラント業界がダメなら、同職種で食品業界なんていうキャリアンチェンジも他の専攻と比較して容易です。これが理系であっても生物系だと厳しいでしょう。

  4. 記事ありがとうございました。おいしい仕事があるかと思いきや、どれもキツそうですね。これならエンジニアのまま、需要のある業務を探して、自分の居場所を作る方が楽です。
    いつリストラされても良いように、貯金と次の仕事を探しつつ、エンジニアを続けようと思います。

    1. ご協力ありがとうございました。イーロンマスクも調査中です。

      やはり、市場価格は需要と供給によって決まるので、手軽でおいしい仕事はほとんどありません。たまにニッチが存在しますが、美味しさが知られると供給が殺到して、値崩れします。何か一般的には知られていない旨味を見つけられるまで、辛抱強く今の路線を続けるのがいいと思います。

      シン

  5. エンジニアの方が管理部門に行ったら、業務を遥かに効率的にできる可能性が高いですよね。
    システムを使いこなして、無駄なワークフローを整理するだけでどれだけコスト削減できることか。
    ですので、エンジニア上がりの人が管理部門内で居場所を確保するのはそんなに難しくないと思います。
    ですが、長期的にはモノを産み出していないその部署が不要と判断されればそれまでですので、リストラに備えバックアップが必要ですね。

    1. 管理部門って、効率を上げようと思ってないので、変にエンジニアが業務改善したら、一致団結して、追い込んできますよ。業務改善で半分、三分の一で回せる程度のことをタラタラやっているのが社内官僚です。

      エンジニアが管理部門に行ったら、適度に業務改善して、事務の仕事を奪わないように、敵を作らないように立ち回る政治力が必要です。

      シン

      1. 内資では、特にそれが顕著かもしれませんね。
        確かにスキルはないのに口だけで立ち回ってる管理部門の人は、よく人の足を引っ張ってますね。
        本質的ではなく、非生産的ですが、あまり目立たないようにしたほうが無難ですね。

  6. エンジニアが向いていなくても、メーカーであればその技術や技術を勉強する素養が活かせる部門があるので大学の工学部での勉強が合わないので理系募集の会社をあきらめるのはもったいない気がしますね。
    機電出身はそもそも少ないのでエンジニアとして使えなくても、最低限の待遇を用意して大事にされます。

    文系で管理部門でありますと自分の居場所がなくなり休職したり退職したりしてる様をみました。

  7. わたしも親の勧めで大学は機電に進んだのですが、いまいち勉強に興味がわかず(難しかったというのもありますがw)エンジニアを9年やりましたが大成したとは言えませんでした。
    ただそれまでの経験を生かして知財へ行って今はなんとか前向きにやれています。機電だから知財へ進めた、ということではないと思いますが、工学的な数学や物理の知識は知財へ行っても十分通じて、応用が効くと感じています。

    1. 人によって興味があることは違うので、機電に行っても、違うな、と感じることはあります。しかし、その後、何かしら別の道に進んでも、それがハンデになることはほとんどないです。文系は言わずもがなですが、理系でも生物系に進んで、なんか違うな、と感じても、それを生かす道がほとんどなく、文系と変わらない扱いになりかねません。そうすると、専門以外の何かを武器にして、レッドオーシャンで戦うことになるのできついです。

      シン

  8. 元メーカーの設計エンジニア、プロジェクトマネージャーとしての経験を生かして、シンガポールで欧米および日系メーカーのアジア各国での海外生産を請け負う会社に転職し、現在はその会社を退職し個人事業主として日系中小企業の海外生産の技術・品質サポートやR&Dの新製品のデザインレビューにも参加する機会があります。

    メーカー勤務時代に欧米市場向けの製品開発などで英語を使っての仕事の機会があったことやプロジェクトマネージャーとして設計部門だけでなく商品企画・マーケティング・営業・製造・品質保証・アフターサービスなどの各部門の人達との仕事の経験が、転職から現在までのキャリアに大いに役立っており、そういった環境を与えてくれた当時の上司に感謝しています。

    メーカー時代の先輩は特許関係の仕事をしている人が多く、特許事務所で海外企業からの英文の技術文書を和訳して特許申請を行っている人、特許庁での正式審査に先立つ予備審査を専門に行っている会社で新規性のチェックを行っている人達がいます。後者の会社は各分野の大手メーカーの技術系管理職経験者を中心に募集しているそうで特許審査期間の短縮化の流れやメーカーのリストラの受け皿としてベテランエンジニアを活用しているそうです。

    また、メーカー時代の後輩の一人は、設計エンジニアとしては並レベルでしたが、こつこつと勉強するタイプで、特許事務所に転職して実務を勉強しながら情報分野の技術士と弁理士の両方の資格を取得し、その後独立して事務所を開いています。現在は他分野が専門の弁理士を雇用し、既存顧客への対応で精一杯で新規顧客からの対応に困るほど忙しくしているようで、自分の得意分野でうまくキャリアチェンジしています。

  9. ハゲさん
    実務経験があって、電験二種や一種持ちでも保安協会とかに入って仕事をこなすのが一般的みたいですよ。電気ってインフラなので止めることが出来ません。そうしたもののメンテナンスを個人商店で引き受けるとなるとよっぽどの実績と信頼を個人で積んでおく必要があるのではないでしょうか?

    1. Yさん
      電験の知識があまりなかったので参考になりました。
      ありがとうございます。

      1. コメントを見落としていました。どんな仕事にしても、サラリーマンとして食っていくのと、独立して自営業者として食っていくのでは難易度が違います。独占的な立場である医者でも、一から独立して、きちんと採算に載せるのは困難です。

        電気の知識をベースにして、独立するなら、最初から一定量の仕事を確保していないと、早い段階でお金が回らなくなります。インフラ設備に関するものを簡単に変える人はいないので、一から仕事を取ろうとするなら、かなりの時間をかけて信頼関係を築く必要があります。

        シン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です