じゃあ、教育ママ

教育ママの精神構造ってどうなっているのでしょうか?

投影

教育ママは自分の人生のリベンジをするために子供に理想を投影します。子供を塾漬けにする母親は学歴コンプ、習い事漬けにするのは貧乏コンプです。自分が子供の頃に出来なかったから理想の人生を歩めなかったと信じ込んでいるわけです。でも、あまりにも悲惨な状況でもなければ、その能力があれば周りが助けてくれるものなので理想の人生を歩めなかったのは単に自分の能力不足です。

XXママとか言う人は本人は並、並以下であることがほとんどで、本人が実績を上げている場合は何かしらの強いコンプを燃料にして子供に投影しているのでしょう。タイガーマザーは白人コンプ、東大母さんは東大コンプで人生の集大成を子供にぶつけているんじゃないでしょうか?子供にとっては迷惑な話だと思いますよ。

父親でもすることがありますが、母親ほどは多くないように見受けられます。例外的に医者コンプ、医学部序列は多くて、医者を望みながら医学部に入れなかったとか、医学部に入って医者になったが私立だったり、駅弁だったりしてコンプを募らせているケースがありますね。医者は最低保証があり、世界がサラリーマンよりも序列社会だからなのかもしれません。他にはスポーツバカの父親が子供に自分を投影して親子鷹になることはありますね。

何にしても、人生は成るようにしかならない、自分の意思で動かなければ意味がないことは自分の人生で理解できなかったのだろうか?と思います。たまたま親子で興味の一致すればいいですが、そうでないと強制しても年齢が上がっていくにしたがって強要が効かなくなり、最悪の親子関係になっていく可能性も高いです。大きくなった子供に殴られる親ってやり返されていることも少なくないでしょう。

競争

女子カースト内でAさんが子供にバレーをさせているとなると、我慢できず自分の子供にバレーをさせてより良い実績を上げさせようとするみたいな相対価値の塊みたいな女性は少なくありません。女性にとって自分よりも夫、子供の実績が何よりも重要だからです。

子供がある程度大きくなってくると、子供の学力で女子カーストが新たに形成されることもあり、ママ友なんかは夫の地位でまずは形成されて徐々に子供の出来でメンバーが入れ替わりをしているように見受けられます。女性によって上下関係は絶対なのです。

世の中は本質的に競争なのです。だから、時間の問題で競争に晒されて勝ち残る必要があるので子供の頃からつまらないことで競争を煽っても必要もない攻撃性が身につくだけで意味ないです。どうでもいいことに噛み付いてくるような人は自滅しますからね。

親くらいは子供の出来に関わらず愛してあげること、全面的に認めてあげることが大事だと思いますし、そのくらいしか親にしてやれることはありません。そうやって愛されて育った人は自然体で自信があり、周りに好かれる人になります。絶対的能力を持つ人でない限り、自然体でいられる人間ほど幸せな人生を送りやすいです。

圧迫

元々は激しい性格でない女性が周りに影響されて徐々に子供の人生に強く干渉されてくることがあり、団地、駐妻社会なんかでよく見られる光景です。女性は他人と違うことをして調和を乱すことを嫌がるので、自分はそう思っていなくても周りがやっていることをしないとダメだ、という強迫観念に陥りやすいです。

同じ団地、ママ友カーストで子供がほとんど同じ習い事、塾に行っていることは珍しくないですし、駐妻社会で誰かが子供をインターナショナルスクールに入れると、負けて成るものか!と続々と入れだしたり、逆に日本人学校に入れない駐妻を攻撃しだしたりするんです。

どんなことをしてもメリット、デメリットは確実にある、メリットが大きければ、デメリットも大きくなります。たまにメリットはほとんどないが、デメリットは果てしないことはありますが、自分が責任を取れる範囲なら勝手にすればいいんですよ。逆に責任取れないことは良く考えて実行したほうがいいと思います。

例えば、インターナショナルスクール通いは特殊ケースを除くと、ほとんどメリットがなく、デメリットはたくさんあります。まず、費用が高いし、子供の日本語がおかしくなったり、白人にかぶれ日本社会になじまなくなる、文系を選びやすくなる、などのデメリットを意識してもやらせたいならやらせればいいし、それで子供が困ったら親のコネ、お金で解決させてやれるならそれでいいのでは?

落合福嗣君みたいなもので働く必要はなく好きなことを好きなようにしながら生活できる身分を与えられるなら、親はどんなに極端な教育を施してもいいと思います。突き抜けていて好感もてます。職の奪い合いをしている時代ですから貴族が無産者の仕事を荒らすことはないですよ。貴族ならではの高尚な仕事なり、趣味性の高い仕事をして貰えばいいでしょう。

まとめ

よほど熱いものがないなら無難なものを選んでおけばいいと思います。だから、私は「凡人は機電行っとけ!」といつも言っていますし、公立、国立を最優先に進学先を選ぶべきだと思うし、留学なんてお金をもらっていくのでないなら大した意味はないと思います。

子供にあれこれ先回りして指示してやっても成るようにしかならないです。だから、将来の選択肢を考えると、安易に理系科目を捨てるな、どうしても嫌でないなら理系学部に進むべきだと指導すべきです。それでも、どうしても高校レベルの数学すら理解できない子供もいたり、嫌で仕方ない場合もあるでしょうから、それなら仕方ないです。警告した上で好きにさせればいいのでしょう。

まともに日本語も話せない日本人の子供に英語なんて教えても意味ないし、ふらふら走っているような子供にスポーツをさせても意味ないです。時折、キッカケ作りをしてやることはいいと思いますが、勝手に習い事を決めてきて、大して真剣にやらないことを怒り出しているのは理不尽だと思いますね。

最終的には家族といっても他人であり、子供には子供の人生があるので、子供の人生に対して責任を取れるのでないなら親は強要はすべきではないし、子供は自分の責任でどうにかするというなら、どんなバカバカしいことでもすればいいと思います。大失敗しても、それはそれで納得しているならまったく問題ないと思います。

21+