じゃあ、英語文法

英語についての相談を受けて思ったことを記したい思います。ただし、下記の注意点は上級者にとってもかなり難しいことなので、気になってしまい、英語が話せなくなる、書けなくなるくらいなら気にしなくていいです。

時制

英語の時制は英語ノンネイティブ、特にアジア語母語話者にとって間違いやすいです。英語を第一言語として扱うシンガポール人にとっても難しいようで、自然できれいな英語を扱える人でも間違いだらけの時制を使っていることが珍しくなく、よほど注意しないと一致しないようです。

日本語にも時制はありますが、欧州語ほど明確になっているわけではなく、明確なのは過去と現在くらいしかありません。母語話者の場合、意識せずに使い分けているため、英語ネイティブに聞いてもはっきりと説明できないことが多いです。英語教育を専門とする人以外にはなかなかきれいに説明出来ません。

シンガポール人は時制が曖昧な中国語、マレー語をベースにしたピジン語として英語を話しているので、英語ネイティブのように感覚で正しい時制を操ることもできません。シンガポール人だけでなく、英語圏育ちで親は英語ネイティブではない二世なんかだと、たまに間違いもあるので、かなり難易度の高いことなんだろうと思います。

アジア人ノンネイティブにありがちなのは I didn’t liked 、I go shopping yesterday というような時制の不一致であり文章中で時制が混乱してしまうのです。言いたいことはわかるが、一気にバカっぽくなるので、気を付けるしかありませんが、なかなか徹底させることはできず、かなりの英語上級者でも間違います。

欧州語母語話者は母語と共通する時制操作を比較的得意としますが、他の欧州語も英語とピッタリ時制が一致するわけでもないので、やはり難しく感じるみたいです。

ちなみに、現在形はあまり使うものではなく、習慣、現象、事実など、繰り返し行われていること、そういう事象を指すだけで、今からする、近未来ですることは現在進行形で統一される傾向があり「行くよ!」がまだ止まっていても「I’m coming」となるわけです。現在形は基本なのに、案外使用例が少ないです。

単数とするか、複数とするか、一般名詞とするのかはノンネイティブには迷うところで、例外として複数形がないものもありますし、不可算名詞もあるので、ネイティブ以外は感覚で判断できません。ひたすら覚えていくしかないのです。

例えば、「卵を買ってきて!」と私がお母さんに頼まれたとします。これは「Go get a pack of eggs, Sing!」と訳されます。Eggではダメでeggsでなくてはなりません。卵は一つ買うものではなく、パックに入った複数の卵を買うものですから、単にeggと言えば分かるけど、ネイティブに気持ち悪く聞こえるそうです。

その温利家では卵と言ったら鶏卵のことで、鶉ではない、お母さんが卵焼きを焼くために鶏卵を買ってくる、と言うことに共通認識があり、強調したいなら、the をつけても良いのでしょうが、あまり一般的な例ではありません。

これは学部から英語圏で過ごし、博論書く人ですら、担当教官にガンガン治されるので、ノンネイティブが完璧に身につけるのはほぼ不可能だと言って良く、シンガポール人ですら、かなり教育レベルの高い人が要注意しないと綺麗に数の概念が整っている文章は書けません。

まとめ

上級者用に英語習得の記事を書きました。ちなみに、私も時制、数は高いとは言えず、自分で見返して間違っていることに気がついて治したり、他人に指摘を受けることも珍しくありません。SNSなんかは見直さずに書いている人が多いので、ノンネイティブの英語は時制、数がメチャクチャですね。

TOEIC900以上、楽勝で取れる人でも、そうなんだよなぁ、と同意してくれるでしょう。そんなことはない、私は時制、数を完璧に操ることができる、と言い切れる人は凄いなぁ、と思います。

10+