じゃあ、貯まらない

お金って、器以上には貯まらないんですよね。

貯金

同じ収入をもらっていても貯金のある人と全然ない人がいるわけで、それが器なんですよ。貯金がろくにない人はあれこれ言い訳しますけど、必要最低限の衣食住を超える収入があるなら、貯金は出来るんです。単にしないだけですね。

赤の他人ならどうでも良いですけど、深い付き合いをする人、特に結婚しようかと思っている人の大まかな貯金額は絶対に把握しておくべきで、貯金のない人は器が育ってないから貯まらないわけで、一生貯まりませんから生涯苦労します。

貯金がない人と結婚するなら収入を取り上げて、管理して、月ベースのお小遣いにする必要があります。また、たかが家計管理もできない人が仕事上で成功することもまずはないでしょう。金勘定ができないって、致命的に生きづらい要素だな、と思います。

お金が貯まらなきゃ、勝負すべき時に勝負もできないので、状況が一気に好転することもないし、自己資金なし、ほんの僅かで、無理な勝負をすれば、負ける可能性も高くなります。難しいタイミングで勝負を強いられることも増えます。

収入

稼ぐ力のある人って、本当に稀であり、基本的にお金でお金を回さないとファッキューマネーを作ることはできません。サラリーマンとして自己資金を入れずに働いてる、年に億貰えるようになるなんて、夢のまた夢です。

稼ぐ才能のある人は使えば、使っただけ戻ってくることもあるんですが、そんなのは例外であり、ほとんどの人は使っても返ってこないようなバカなことに使ってしまうものです。ZOZOの前澤さんみたいな人は例外中の例外ですよ。

サラリーマンとして稼ぎが多少良いことなんて、ほとんど意味のないことで、その使い方でどう貯めていくか?の方が明らかに重要です。サラリーマンとして年に一千万円程度の小金をもらっても、ほとんど効果の期待できないことに散財していれば、無貯金です。

たかが年収一千万程度のサラリーマンごときが、高収入気取りなんて、バカ丸出しだと思います。サラリーマンなら、せいぜい年収五千万になってから高収入気取りすれば良いと思います。それでも、年に二千万貯めて、ファッキューマネーの三億に到達するのは15年、という長期間がかかるのは理解すべきです。

幸運

相続、棚ぼた、偶然でお金を手にしても、やはり零れ落ちていきます。それが大金になると、溶ける、という表現の方が適切でしょう。大王製紙のオーナーが「溶ける」という本を書いてますね。(インタビューをネタにゴーストライターが書いているでしょうけど。)

二代目、三代目のオーナー社長なんかは相続で手にしたお金を増やすどころか、貯めておくことすら出来ないのです。体感的に増やせる人は1パーセント以下、インフレ程度のパフォーマンスを維持することすら一割以下という感じで、後はどんどん流れていきます。

たまたま参画したスタートアップが大化けして、持っていたストックオプションがえらいことになっても、やっぱり溶けていきます。創業者の稼ぐ力は凄くても、そのサイドキックスに稼ぐ力もなければ、貯めておくだけの器もないからです。

シリアルアントレプレナー、として複数の事業を成功させている人と言っても、資産を手にするキッカケがサイドキックスは聞いたことはないです。主体的に動いた人だから、二度、三度と成功できるだけで、サイドキックスはどうでもいい出費をしながら、資産を溢れ出していきます。

まとめ

代々のお金持ちは金銭教育をよくするのは当然であり、そこさえしっかりしてりゃ、どうにでもなります。お金はきちんと回すだけで、増えていきます。そのきちんと回すのが難しいし、維持するのすら簡単ではないだけです。

アッパークラスの人を指して、低学歴だとかいう人って、ホームラン級のバカだな、と思います。無産者だから実学やる必要があり、偏差値競争に惑わされるのであって、アッパークラスなら金銭感覚さえしっかりしてりゃ、無学歴だって良いです。

アッパーとは言わなくとも、アッパーミドルクラスなら好きなことを好きな学校でやれば良いです。ただし、金銭感覚だけはしっかりと身に付けるようにして下さい。好きじゃないなら機電なんて学ぶ必要は一切ありませんよ。

15+