じゃあ、為替を占う

為替に関しては当たるも八卦当たらぬも八卦、の世界で、ご大層な肩書きを持った人たちが壮絶に外します。ある程度内情を知る立場にあれば、個別株の値動きはなんとなく想像はできるのですが、為替ばかりは思惑があまりにも複雑に絡み合って、誰にも想像できません。なので、この記事は占い、となります。

日本

日本は将来性はないが、今のところは健全な財務体質をしている、と言えるでしょう。日本の借金は対外債務ではないので、いざという時は踏み倒せばいいし、対外債権は回収困難な案件を含めて、山のように持っています。従って、日本円は有事の際に一時避難場所に使われる傾向があります。

リーマンショック以降、一気に円高が進んだのは欧米の銀行がデリバティブにのめり込んで、どうもこうもないくらい財務状況が悪くなったのに対し、日本の銀行はほとんどデリバティブに手を出しておらず、いきなりヤバイ案件が飛び出してくる可能性は低かったかは、円買いになったわけです。

前述のように、日本に将来性はまったくなく、人口オーナス、苦手とする産業の発展で、国力は落ちていくことが確実で、小さいながらも、存在感のあるニッチ国家を目指す必要がある状態です。その前にハイパーインフレで借金を圧縮する必要があり、それまでは怖くて、日本円を長期ホールドはできません。だいたい、マイナス金利なので、放置すれば減りますからね。

アメリカ

唯一無二の超大国であるアメリカは借金大国であり、その借金は対外債務で、中国、日本がその引き受け役であり、その債務はアメリカへの輸出によって出来上がったものです。アメリカは製造をほとんど諦めており、特殊なもの以外はアメリカ製はないため、輸入で賄っています。

アメリカがずるいのは自国通貨が基幹通貨であり、米ドルなしには国際取引は成立しません。そのため、無限に米ドルを刷り続け、それで支払うことができるので、借金なんて数字だけのもので、いつでも解消出来ますし、中国、日本も米国債を叩き売りすることができません。したら、国際取引出来なくなるし、世界経済が崩壊します。

モノ余りの時代が進み、先進的サービスが世の中のお金が流れるルートになると、アメリカの独壇場になっていきます。中国はUberを蹴り出すくらいですが、日本は独自サービスを失いつつあり、ガラパゴスでいられなくなって来ています。他国はすでにアメリカのサービスなしに成り立たなくなりつつあります。

アメリカがその気になれば、武力を背景にアメリカ企業のサービスを強要して、富を奪いに掛かれば、対外債務もあっという間に減らすことも可能ですから、アメリカは武力、市場規模を背景にどんな我儘も突き通すことができるジャイアンだと言えます。まさにジャイアニズム、剛田主義の国です。

アメリカの敵はアメリカだとも言え、アップル、グーグル、アマゾンなど、アメリカの超巨大企業はあの手この手で税金を払わないので、国家が潤わない、ということがあり、外貨をアメリカ国内に持ってこないので、必死になって海外のアメリカ企業、アメリカ人を追っかけ回しているのです。

欧州

日本以上に終わった国の集まりで、自国民は人口オーナス、移民は社会福祉制度を濫用するだけで、経済発展にほとんど貢献せず、EUとして、欧州諸国を連合体にすることで、経済規模を上げようとしたが、めちゃくちゃになって頓挫しかけています。

EUで恩恵を被ったドイツは唯一の勝ち組のようですが、最大の投資銀行であり、貯蓄銀行でもあるドイツ銀行が今になってアメリカから、サブプライムローンで行ったイカサマに対して、制裁金を課せられ、途方に暮れていますし、他にもギリシャ、中国などに不良債権化したデリバティブ商品が残っていると言われます。

イギリスは増えすぎる移民に元からの国民な不満が募り、右傾化し、国民投票により、EU離脱を決めました。良くも悪くも過去の遺産がたんまり残った国で、大英帝国が築いたインフラのおかげで、サービス業で飯が食えるけど、植民地支配の代償として、移民が押し寄せます。

他の欧州諸国も似たり寄ったりで、過去の遺産でやっていくだけで、新しい産業を興すほどの力もなく、物価高のため旧来の産業も徐々に消えつつあります。白人ブランド、豊かな歴史を武器に観光、教育を軸に買っていくしかないんでしょうね。

中国

実は人口オーナスに入っている中国は伸び盛りの国ではなく、一人っ子政策で歪んだ人口バランス、日本以上の超高齢社会で社会保障をしていく課題があり、国内の格差問題が大きくなすぎ、国民は不満を抱え、少数民族への虐殺行為で国際的非難を浴びています。

中央政府の強権的指導によって、それらしくまとまっているものの、大幹部の家族ですら、外国籍を取得、外国へ汚職で得た莫大な財産を流し、いつでも逃げられるようにしている始末です。どこで帳尻を合わせているのか、不思議なくらいです。

人民元は国際通貨でなく、中央政府の支配下にあり、その支配をかいくぐるようにビットコインなど、アングラマネーが海外に出て行きます。ちなみにビットコインの取り扱い高トップは断トツで中国なんですよ。当然、用途はマネーロンダリングです。その代償として、政府の大幹部のですら、中国の財務状況は何が本当で、何が嘘なのかわからないのだろうと思います。結論ありきで、数字が作られるだけです。

中国は日本をモデルに経済発展してきており、明らかにモノ余りの時代に過剰供給して、実態を無視した不動産価格でなんとかお金を回しているバブル末期であり、きっかけ待ちで、弾けるでしょう。弾けた後が中国の真価が問われることになるでしょう。過去の歴史のように内乱にならないといいのですが。

まとめ

さて、ここからが本題で、上記を踏まえて、私は円高を予想します。日本に将来性はないが、他国も様々問題を抱え、リーマンショックで無理やり処置したツケが払いきれておらず、このツケを払うまでは一時避難場所として円高は続くでしょう。日銀がどれだけお金をばらまいても、インフレしない限り意味ないです。インフラを計算すれば実質的にはすでにかなり円安で、外貨ベースにすると日本の物価は激安です。

円高が耐えられないレベルまで進行し、競争力のない企業が倒産し、日銀が禁じ手の徳政令同様の政策を実行したら、そこから凄まじい円安、ハイパーインフレが始まり、円高を生き残った企業の大復活が始まるのではないでしょうか? そうこうして、適正レベルに戻っていくのが、神の手って奴だろうと思います。

投稿者: シン

思いついたことを記事にして、コメントをもらって、議論するのが楽しくてブログをやっています。

“じゃあ、為替を占う” への 2 件のフィードバック

  1. 面白い記事をありがとうございます。極度な円安誘導政策はアメリカが許さないと思いますが、いかがでしょうか。日本の状況が極めて悪化すれば、それも許されるのかも知れませんが。

    1. サルトルさん、

      日本が米国債の償還、円安誘導の二択でしか復活できないところに行き着けば、後者を選ぶと思います。あくまでも、わたしの占いなのですけどね。

      シン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です