じゃあ、残業が減らない

残業が減らない!っと言う人は多いですが、たまたま突発的に忙しくて連日の残業になった、というならともかく、日常的に月に何十時間も残業しているなら、何かが根本的におかしいです。

経験

初めての仕事をするので、なかなか上手くいかず、ずっと決められた時間で終わらない、というパターンは世界中どこでもある話です。これは上司、先輩が落ち着くまで面倒を見ろ、という話になります。通常は給与に部下、後輩の面倒も業務に含まれてます。

不慣れな人間に対して、誰が面倒を見るのか?をしっかり決めず、曖昧に放置をすると、仕事だけが溜まっていき、新人が潰れる可能性があります。せっかく採用しても、すぐに辞めてしまうなら会社にとって大損になります。採るなら、きちんと教育すべきです。

エントリーレベル、ジュニアレベルの仕事はマニュアルを使っておくべきで、ルーチンワークがメインなんだから、そのマニュアルで仕事を覚え、誰が面倒を見るのか?をハッキリと決めた上で教育体制を整えないと、教える、教わる、両方の残業は減りません。

分量

根本的に一人でこなせる分量ではない、ということもあります。ベテランが集中してやれば、なんとか定時間内に終えられる、という仕事なら、新しい人になれば、元からこなせるわけはなく、ひたすら残業をしてなんとかノルマをこなすことになります。

だったら、雑務の部分をする為のアシスタントをつけて、主務の部分に集中できるようにする必要があります。これも日本企業は苦手で雑務専用のアシスタントを雇いたがらない、というのはあります。総合職、一般職に分かれて、その中間がいないんですね。

シンガポールの外資は元から分量を1.5倍くらい与えて、待遇も1.5倍くらいにしているところがあります。見た目の給料は高いので釣られて入ってきますが、よほど早く正確にやらないと、残業、休出は絶えず、手当も出ないので、適性のある人しか残らない、というやり方をするところもたりますね。

ツール

日本企業のIT嫌いは相当なもので、未だに手書き、ファックスに代表されるハードコピーに溢れており、そんなことしてりゃ、必要な情報を得る為に延々と紙をめくって探し回ることになるので、時間がいくらあっても足りません。

当たり前ですけど、ソフトになっているデータなら検索で数秒後に目的に達するので、利益にならない紙めくりは単なるコストなんですが、何が悔しいのか?パソコンすらまともに使わない、使っていても古く、遅いハードをそのままにしてます。

コスパを考えず、仕事をしていて残業がなくならない、というのはバカだと思います。何億円の設備を入れろ!っというのではなく、最新のパソコン、サーバーを用意して、必要最低限のソフトを入れるだけで、利益にならない作業が減り、残業は減るんですよね。

サボリ

全くやる気がなく、日中は昼寝していて、定時間が終わってから黙々と仕事をし出す人がいますが、これは横領行為に近いです。タチの悪い生活残業なら従業員は解雇に値すると思いますし、その証拠、警告をして、サボリをやめさせるか、仕事を辞めてもらうしかありません。

ですが、多くの日本企業は残業を美徳としており、いずれにしても定時には帰れない、定時に仕事が終わっていたら怠けているとみなされて仕事が増やされるから定時間にサボっていることもあり、こんなことになっているのは経営者の責任です。

これを解決するにはマネージャーが職務領域をきちんと設定し、その分量、効率を見極め、簡単な報告メモ、数分の聞き取りをすることによって、どのくらい効率良く仕事をしているのか?を見極める必要がありますが、日本にはそういう習慣はありません。無駄に長い報告書、ミーティングをして管理した気になってます。

まとめ

基本的に一般業務上で残業が減らない理由はこんなところかな?と思います。日本に文化として根付いてしまった部分があり、いくら声を上げても、なかなか変わることなく、だったら、残業代という概念を無くしましょう!っという方向に行っているのは怖い話です。

ウォーターフォールによる川下のギリギリの納期設定から来るデスマーチという構造上の問題なんかも残業が減らない理由にありますが、それを置いておいても、元からこの仕事がどのくらいの工数、経験が必要であり、何が問題で残業が発生しているのか?をマネージャーが管理してないなら、そりゃなくなりませんね。

8+