じゃあ、機電後のキャリア

初の有料記事リクエストを受けて、記事を書きます。ご協力ありがとうございます。

そんなに強い思いがなく、どうしても嫌でないなら、機電行っとけ、と繰り返し言ってきて、それに間違いはないと思うのですが、自分がやっていることに疑問を持つことは当然あるわけで、機電を選んで、就職したけど、エンジニアが性に合わない、ということはあると思うので、転換するにはどうしたらいいのでしょうか?

営業

どの程度かは別にして、機電学位を持っていて、エンジニアとしての実務経験があるなら、文系よりは技術力があるのだから、メーカー営業をすればいいです。数字が人格、と言う世界でないなら、コミュ力の鬼である必要はありません。

一昔まではメーカーでも呑み、接待が営業の基本でしたが、ほとんど顧客接待をしない業界、会社も増えて、実務がどれだけ早く正確に出来るか、しか求められなくなりつつあります。自分で技術的質問に答えて、必要なデータを自分で取ったり、指示したり出来るなら、圧倒的に有利です。

人と会ったり、出かけるのが嫌いでなく、ほどほどに人付き合いが出来るなら、営業に転換するのはありだと思います。そうやって、人付き合いにこなれていって、管理職になる訓練をしていくのもいいです。エンジニアとして限界を感じているなら、世慣れて行くしかありません。

中間

情報系の会社じゃなくとも、SI、システムインテグレーターみたいな仕事が増えました。プリセールス、と呼ぶ会社もあり、エンジニア経験者が営業のサポート役をしたり、技術プレゼンをしにいったりする役割をします。

技術が細分化して、エンジニアがそれぞれの専門以外のことは詳しくなくなり、文系出身の営業には手に負えない案件が増えたので、営業と技術の間に立って、調整をする役割が必要となってきたのでしょう。ミドルオフィスと言ってもいいのかもしれません。

サービスエンジニアとして、顧客の設備をメンテしに行ったりするのもある種のミドルオフィスみたいなもので、積極的に物を売るわけではないが顧客対応がメイン、という仕事です。

管理

あまりお勧めはしませんが、日本企業独特の肥大化した管理部に行くことも出来ます。ネチネチ湿った人間関係を生き抜ける自信があるなら、社内向けの資料作ったり、役員の世話したりしながら過ごすのもいいでしょう。

技術を生かせる品質保証などの管理ならともかく、全く関係ない会計、人事などを仕事とすると、専門的な案件は外注に振りながら、仕事しているふりするのが仕事とになり、所属企業が傾いたら、行き場を失う可能性が高いです。

特に専門がいることでもなく、誰でも出来ることで、必要とされるのは社内でしか通用しないルールに精通していることになりますが、中枢に近いので、昇進で優遇されやすく、情報の伝達も早いので、なんとなくエリート気取り出来ます。

コンサル

従来、文系メインの仕事だったコンサル、総合商社などに行って、自分の専門をベースに口先と、コミュ力で、仕事をすることも出来ますが、自分のコミュ力、体力に相当自身がないなら、やめておいた方がいいです。扱っているものが高額、形がなくなるので、ストレスも半端ないです。

製造現場で、機械の故障で徹夜するのと、出張先の海外で上司、本社の決済を待って、深夜まで胃をキリキリしながら、顧客の催促を受け流しているのではストレスの種類が違い、一般的には人間関係のストレスの方が精神をやられます。

人の間に立ち、生に近いお金のやり取りをするのは利益率が高い分だけ、報酬も多いですが、ストレスも半端ない、と言うことです。メーカーのエンジニア以上にお金が欲しければ、これに慣れるしかありません。物作りとは産業構造が違います。

その他

理系の資格職だと弁理士がありますが、これは弁護士ほどは厳しくないにしろ、資格そのもので、生計が立てられるようなものではなく、技術が複雑化して、一人では対応しづらくなったので、企業弁理士がメインになると思います。キャリアの延長で取得するならともかく、資格そのものを目的にするのはコスパが悪いです。

起業など、投資行為は大学で何を学んだのかはほとんど関係ない世界で、勝った人が正義の世界ですから、勝てるという自信がある人はやってみたらいいです。投資には知識より、精神力、嗅覚が必要なので、勝てる人は1割以下だと言われ、才能の世界だと思います。

まとめ

三十半ばを過ぎると、元気なリア充ってだけではやっていけないし、よほど突き抜けた技術がなければ、純粋にエンジニアだけでは限界がきます。だから、管理を覚えて行く必要があります。自分が与えられた仕事を早く正確にこなすだけでなく、チームで目標を達成するための管理力が必要です。

それを営業、フロントでするなり、プリセールス、ミドルでするなり、管理、バックでするなりってことです。エンジニアなら、どれも選べるし、自分に合ったものをすればいいのです。もっと突き抜けて、コンサルとして、口利きで飯を食う、投資で買って行く自信があるなら、試してもいいですが、本当に大変なので、覚悟してやってください。