じゃあ、専門商社

今後、ほとんど消えていくであろう専門商社について書こうと思います。

IT

今後、卸業は巨大なプラットフォーマーに集約されていき、後は消滅する運命にあるだろうと思います。既にB2Cはそうなりつつあり、二番手までしか生き残れずに消えていっていますが、B2Bも同じようになるだろうと思います。

日本の製造業って、高いだけで大して品質すら良くない、というイメージがつきつつありますが、その商習慣もあるよなぁ、と思います。訳わからないくらい事務系がいるだけでなく、量産品以外は御用聞きと配送員を兼ねた泥臭い専門商社営業が意味もないコストを乗せて売るんだから高くなるに決まってます。

そんな日本の製造業すら、プラットフォーマーのミスミ、モノタロウなんかが市場需要を満たしつつあり、ほとんど技術を知らない購買がリストラされると共に、用事もなく顔を見せに来る専門商社営業も職を失うだろうと思います。

プラットフォーマーとして後発で入ろうとすると、強烈な赤字を垂れ流しながらデファクトスタンダードを取るしかないので、強烈な力技で第三極になり、二番手を脅かす存在になるまで、あの手この手でリスクを限界まで背負って突き進むことになります。

技術

そうなると、勝ち残る専門商社はエンジニアリング会社になるしかなく、企画、開発、設計、保守点検をして、フルパッケージで売り込むことで、付加価値を付けるしかありません。単に物を右から左に流すなら、プラットフォーマーに頼めば済みます。

突き抜けてしまえば、キーエンスのように自社ブランドをファブレスで作らせる、というところまで行きますが、それはかなりハードルが高いです。ある意味、アップル、Ndiviaと同じことをするわけですから、誰にでも出来ることではありません。

このスタイルだと、技術を持つ人以外はよほどのコミュ力、根性、精神力のある人しか必要がありません。キーエンス営業なんかはコミュ力お化け、メンタルモンスターでないと、続けられるような社風ではありません。分刻みのスケジュール管理をされますし、数字が出ない時の詰めはエグいそうです。

ファブレスで生き残るのは並大抵ではないので、実際のサービスを提供しながら、付属する物を販売するこもを目指すのが現実的だろうと思います。保守点検とかが、最も無難ですね。中途半端な商社がファブレスで物を作って、自社ブランドで販売しても、ほとんど見向きもされないのが普通です。

下請け

前に黒田電気を記事にしましたが、気軽に出来る付加価値は物流、組立の下請けです。リスクを取れば、客先近くに倉庫を借りて、在庫を持ち、組み立てて定期便で送るだけなので、大した技術ば要りません。ただ、これは大手専門商社はほぼ全てが手を出しているレッドオーシャンです。

結局、下請けするなら、ホンハイのように巨大な規模になり、元請けとガチンコで交渉できるくらいの立場にならなければ、旨味はほとんどない安い使い捨てになります。要は派遣社員と同じ立場であり、景気が悪くなり、要らなくなれば、切り捨てられます。

そんな派遣社員みたいな下請けすら出来ない零細専門商社は時間の問題で淘汰されるでしょう。付加価値が何もなく、義理人情、習慣で中に入れてもらっているだけなんだから、買う方が切羽詰まれば切られるでしょうよ。

存在自体が悪みたいな企業で、未だに年間休日100日やそこらで、有給は滅多に使えず、有給消化義務の法改正は土曜出勤の計画年休ならまだいい方、就業規則の変更で、自由に取らせないような反社会的企業が殆どだろうと思いますから、さっさと消えて欲しいです。

まとめ

メーカーの事務系リストラは年中行事になりつつありますが、そこにくっついて、奴隷のように媚びるようにして飯を食っていた専門商社も淘汰されつつあります。つまり、ますます文系の居場所がなくなってきています。

部品、部材購買は理系が直接選定して、発注かけ、AIが処理すれば良い時代になっていますし、量産品購買となると、ある程度の技術力がないと、適切に査定できませんから理系がすべきです。

まず、より消費者に近い食料品、衣服などの商社が淘汰され、機械、電気へと流れてきて、公共性の高い医療機器、製薬なんかにも時間の問題で到達するのでしょう。そうなれば、単なる御用聞き営業なんて、世の中から消えます。

技術がないなら、キーエンス営業ばりのコミュ力、根性、手際の良さがないなら、お金を払う意味がありません。単に言われたことだけするなら、AIで良いです。安いし、間違えないし、長時間労働にも文句も言いません。

こうなってくると、営業するのに学力はいらず、持って生まれた能力、若く柔軟な頃に徹底的に仕込まれるのが良いでしょう。大学なんて行かない方が良いくらいですが、ハッタリのために大卒を新卒で雇って、社風に染めてしまうのが良いのでしょう。

13+