じゃあ、海外就職

海外就職するのもありだと思いますが、やるなら、きちんと準備してほしいものです。

専攻

日本ほど学位に対して寛容な国はなく、ほぼすべての外国で学位と職業は直結しています。文系プログラマーみたいな人はほとんどおらず、応募条件を満たさないので、なることすら極めて困難です。ミスマッチは学校に戻り、学位を取ってくることが求められます。

そして、文系職はその国のネイティブ、マジョリティのものであり、外国人に振り分けられるものは極めて少ないです。つまり、理系学位を持たず、海外就職はかなりの難関となります。極一部の強運、突き抜けたコミュ力などを持っている人以外は相手にもされません。

海外就職が英語圏を指すなら、機電というより、情報の学位を持っていることが有利です。英語圏では製造業が縮小していますので、そもそもの需要が大きくはありません。欧州ならドイツ、スイス、オーストリアのゲルマン系ならありますね。アジアなら多くあります。

バイオ、理論系などは日本でも仕事の選択肢が少ないように、海外でも同じであり、現地人も思うような仕事がないのに、中途半端な外国人がありつける仕事は少なく、あったとしても厳しい条件のものが多くなります。

通常、文系だと、日系、ジャパンデスクなど、日本人がらみの仕事をすることになり、海外の日本人村でしか生きられず、国内転勤に毛が生えた程度の意味合いしかない仕事をすることになります。そして、嫌になり三年以内に帰ってくるわけです。

語学

意外ですけど、語学はさほど大きな問題にはなりません。海外で活躍する為に国際なんとか学部に入ります!だとか言うのは本末転倒であり、専門のない人が語学ができても、需要は限られており、活躍するチャンスはほとんどありません。

当たり前ですけど、語学という観点ではネイティブとそれ以外であり、根本的に差がある上、ネイティブだろうが、専門がなければ買い叩かれるわけで、ノンネイティブなんて相手にもされません。これは日本でも同じでしょう?

日本語のうまい外国人でも、日本語ネイティブには敵わないし、専門がしっかりしているか、奴隷要員くらいでしか雇う日本企業はありません。面白半分で文系外人を雇っても、すぐに持て余して飼い殺し、すぐに退職、という流れになるのがほとんどです。

だから、海外就職するなら専門にやって語学力、文化理解度、差別を乗り越える必要がありますが、ほとんどの人が乗り越えられないから、何の成果もなく帰国するし、帰国した後の生活は行く前よりも悪くなります。

根性

そもそも日本は衰退国家ですが、まだまだ裕福です。アメリカに不法入国してくるラテン系なんかはマフィアに地元を支配され、決死の覚悟で移民しますし、欧州へのアラブ人も似たようなものです。地元で座して死ぬよりは、という悲壮な覚悟でやっているんですよ。

だから、多少の嫌なことがあっても、帰るところがない人、帰るところがある人では根性が全く違うので同じことをやっても成果に違いが出てきます。圧倒的な能力差がないなら気迫、気概の差が命運を分けるものです。

日本のオヤジ社会が嫌、同調圧力が嫌、というのは良いんですが、それがどのくらいの嫌さなのか?という話です。生きるか死ぬか、というくらい嫌なら泥水啜ってでも、海外就職先で粘るでしょうが、感情的なものに過ぎないなら心折れるのは時間の問題です。

残っていても、日本人村で日本人同士で現地人の悪口をこぼしながら、駐在、現地採用で対立しながら、外国にいるだけの人になってしまうなら、日本にいるのと変わらないと思いますね。

まとめ

日本に希望が持てないから海外就職する!というのは大いに結構なんですが、成功例はすごく少ないです。そして、文系はさらに少ないです。社会に出れば、自分の身は自分で守るしかないのはどこでも当たり前ですが、それがアウェイである海外ならもっと如実に現れます。

最も簡単に手に入る身を守る武器は技術です。女性はセックス使って現地人男性を捕まえて居住権、生活費を確保することもできますが、それだって、かなりの努力を必要とします。雰囲気だけで突き抜けて、面白外人キャラで食っていくのも大変なことです。まして、頭脳の明晰さで現地人を管理するなんて、よほどのことがないとできません。

でも、お金さえあれば解決します。駐在が偉そうにしてられるのは本国が払っているお金ですし、お金をたんまり持っていればお客さんでいられます。金持ち喧嘩せず、というように金払いさえ良ければ、誰も文句なんて言いません。

お金がないなら技術しか自分を守ってくれないし、技術がないなら身を削って、セックスを提供するなり、奴隷労働をして尽くすなりしないと、そこにいられないんですよね。

33+