じゃあ、レイオフ

米系はすぐに解雇になるからなぁ、とは言いますけど、解雇のパターンもいくつかあります。

業績

テスラが従業員の9%をレイオフすることに決めたそうです。これは試算表を見ると、このまま放置しておくと、年末にはキャッシュが切れそうなので、固定費を削ることにした、ということになります。

このパターンだと、本人の能力、評価はあまり関係なく、決められた予算分の頭数を機械的に決めていくわけで、給料が高く、優先順位の低い人からサヨナラ、ということになります。もちろん、政治力がモノをいうこともありますが、それは最後です。

良くも悪くも日本企業は業績が悪くても解雇をしない、出来ないので、業績不振による従業員解雇、というパターンは本当に危機的状況に思えますが、米系では割とよくあることで、テスラが倒産の危機、というほどのことではありません。

逆に言うと、業績が良くなって来たら、レイオフした人を呼び戻すこともあるので、そこはお互いにビジネスであって、個人的、感情的な恨み辛みは無しにしましょう、というドライな関係が徹底されているんですよね。

プロジェクト

自分が参加しているプロジェクトの破綻も解雇対象になります。大企業は社内に無数のプロジェクトがあり、決められた期間に決められたマイルストーンに到達しないなら解散、ということになります。

成功しているプロジェクトばかりが取り上げられますが、あのグーグルですら大失敗に終わったプロジェクトの方が多いです。ポケモンGOのナンヤンテックも、打ち切り寸前になり、プロダクトマネージャーだったハンケ氏が継続の為にスピンオフした、という案件です。

元々、ハンケ氏はバイアウトで自分の会社をグーグルに売って入社しているので、ファッキューマネーを持ってますし、サラリーマンに未練などなく、行きがかり上、グーグルでサラリーマンをやってみただけで、良いキリなので次の目標に向かって動いた、ということです。

こういうパターンだと、スピンオフにそのまま付いていく、他のプロジェクトに移る、半ば解雇気味に転職を余儀なくされる、ということになります。能力が認められていれば、社内外から声をかけられますし、なければ、途方に暮れて残務処理をしながら転職先を探し回ることになります。

能力不足

意外ですが、バンバン解雇をする米系って、選考がメチャ厳しいので、日本企業みたいにパチこきまくって入社するのはほとんど無理です。特にエンジニアは何回もテクニカルインタビューがあり、技術課題を与えられるので、それを通過できないからです。

それでも、採用してからマネージャーが欲しい能力とのミスマッチなり、根本的な能力不足はあるわけで、そうなれば、試用期間中に解雇、という流れになります。そうなると、契約に従って僅かな補償をもらって転職先を探すことになります。

他にはコスパが悪い、というパターンもあり、報酬に対して成果、能力が低いから解雇にもなり得ます。日本企業みたいに5年後に戦力になってくれればいいから、今は全力で勉強してくれ、という暖かい指導はなく、その場で使えなければ、アウトになります。

まとめ

米系の報酬は高いですが、その分だけシビアで、いつ解雇を食らってもおかしくないし、解雇は日常の風景であり、それほどシリアスな話ではありません。青天の霹靂というようなことではなく、誰にとってもあることだし、ジョブズ氏みたいに創業者なのに解雇を食らう人すらいますしね。

いつも言いますが、この方式だと焼畑農業になりがちなので、長い目で研究開発はしづらく、アメリカでは化学、製薬なんかはさほど育ってません。老舗企業が合併で巨大になり、コストメリットを出してますが、勢いはないと言って良いのかもしれません。

それに対して、ドイツ、欧州系のように比較的緩やかな労働環境の企業が長い時間を必要とする業者では優位に立ってますね。その意味では日本は欧州企業をお手本に労働環境を整えるべきで、速さが勝負のハイテク企業を日本で量産しようとしても無理だろうなぁ、と思います。

10+