じゃあ、面接

日本の面接って、すごく無駄だなぁ、と思います。米系と比較してみましょう。

書類

日本の新卒だと、まともに応募資格を設定せず、社内官僚の人事が学歴だけでフィルターにかけ審査して行くのはミスマッチにならないわけがありません。トップスクール出ていても、畑違いの人を審査する意味がないし、Fランだろうが、バッチリマッチするなら面接に呼ぶ価値はあります。

応募する方にも問題があり、某トップスクール理系の人で、投資銀行、ロボティクスメーカーを併願しているとか、そこそこある話ですが、何がしたいのか意味不明です。アツイ業界をかじってみる、みたいな気持ちでやっても、どちらに行ってもモノになるわけがないですよ。

社内官僚が実績の為にとにかく学歴、職歴がマッチする人を大量にかき集めて、内容を確認せず、そのまま現場に放り投げる、というのが中途採用ですら行われているので、応募者、面接者、双方が時間の無駄になることが多いです。書類を見ればわかることが引っかかって先に進めないなんて、バカとしか言えません。

一次

だいたい、現場の課長クラス、人事が立ち会って一次面接をすることが多いですが、これも無駄なことが多いです。日本企業では課長程度ですら、管理wという名のエクセルいじりに夢中で、現場から遠ざかっている人が多いので、相手の実力を見極めることすら出来ず、部下として扱いやすそうな人間を選びがちです。

酷い場合、ポスト配分の一環で、課長に現場経験がなく、本来の専門で通用しなかったから、その部署に回され、社内ランクの都合で実務経験もないのに課長職を務めているケースすらあり、応募者の力量を全く判断できないことすらあります。

それどころか、文系新卒では「サークル活動が、、、」「バイトが、、、」とか仕事、専攻と関係ないプライベートの話を自己アピールにして、面接しているのですから、こんなの、どれだけ洗脳しやすそうなバカなのか?を審査しているようなものです。

米系なんかはチーム全体で面接するので、現場で必要な技術、知識を直接聞いて、その力量を審査しますから、一人二人を欺けても、全員は欺けないので、嘘ついている応募者が先に進めることは少なくなります。当たり前ですが、サークル活動、バイトなんてプライベートなことなど、言わないし、一切聞かれませんし、話題にするとトラブルになりかねません。

二次

日本の大企業だと、更に部門長面接が設定されて、お伺いをたてることになりますが、現場など一切関わらない人が平社員の面接する意味が理解できません。社内政治、ウォーターフォールの象徴的な場面だと思います。そして、最終面接は役員クラスにお伺いをたてる、とか頭おかしいことをしてます。

つまり、日本企業ではまともにその人の技量を問われているのは一次で終わりで、あとは社内政治、権力バランスを保つ為に応募者が引っ張り出され、予定調和のパターンになります。一次でついた評価がひっくり返ることは少なく、よほど気に入らないとか、気にいる、とかない限りは数合わせに呼ばれる応募者が沢山います。

米系では二次面接は一次面接でのリビューを元に、更に確かめなければならないポイントを集中的に審査して、全員が納得して、仲間として受け入れられる人間なのか?を判断する場になります。一人でも強く反対し、その根拠が論理的なら不採用になります。

しかし、あるチームメンバーが感情論、力関係、個人の利益で反対しているなら、徹底的に根拠を示す必要があり、根拠が示さないなら、チームメンバーからの信頼を失うので、「嫌なものは嫌」といい加減なことを言えば、その人の評価がガタ落ちになり、期末のパフォーマンスレビュー、同僚項目が下がるでしょう。

採用

日本企業だと、新卒は採用になっているのに配属先がはっきり決まってないこともザラにあり、内定出てから卒業するまでの社内環境の変化によって、流動的です。酷い会社は研修時の評価によって決まる、とかするので、半年くらいは曖昧に放置されます。

入ってみたら、やりたいこととかけ離れたことをする部署に配属されても、我慢するしかなく、大事な新卒カードを切ってしまった、という思いからすぐに辞めることもできず、嫌で仕方ないことを我慢して続けるので、パフォーマンスも上がらない、という悪循環になりまえす。

そして、採用したら、本採用に自動的になり、思ったパフォーマンスが期待できないからクビ!と言うことはあり得ません。法律でそれを許してないので、明らかな経歴詐称だとか、無断欠勤、遅刻を繰り返すわけでもないなら、試用期間で解雇に出来ません。

米系は試用期間中はいつでも「お互いに」契約解除できるので、雇用側が使えないと思ったり、労働者側が思っていた職場と違う、と思えば、申し出により、即辞めることになります。だから、ある意味では最終面接は入ってから、ということになります。

まとめ

米系が素晴らしい、とは思いませんが、少なくともフェアだとは思います。その場でどれだけ役立つのか?しか問われないと、将来に向けた地道な取り組みが無視されたり、先のことを考えない焼畑農業で数字を出しにくる人が絶えなくなります。

日本企業は採用するときは採用側が圧倒的強者で、応募者の配属希望なんて無視して社内政治、自社の都合を押し付けますが、採用されて仕舞えば、応募者が全く使えなくてもクビになりません。延々と合う部署を探す義務があります。

世の中が最大手になる、ニッチトップになる、の二択する中で、労働者も同じようにとんがってないと、ダメになりつつあります。ジェネラリストを養成する為、ソツのない人、アラの少ない人を採用するのに有利な日本企業のやり方は時代に合わず、衰えるのは当たり前だなぁ、と思います。

就活生の皆さん、よく考えて、自分が選ぶのだ、という気持ちで、企業を審査してください。媚びるように入れてもらっても、良いように社畜として洗脳されますよ。

23+