じゃあ、銀行マン

半沢直樹シリーズで、銀行員のキャリアがクローズアップされましたが、簡単にまとめたいと思います。

入行

日本には都銀、地銀、信金とかなり多くの機能が被った金融機関があり、枯れた漁場で、どこもヒーヒー言っていますから、その業務は過酷であり、新卒3年3割退職と言われます。これは大手企業の都銀ですら同じで、一定数の離職を予め見込んで大量採用している、と言っても良いか、と思います。

元から金融業に合わない人は早い段階で淘汰され、向いていると言わないまでも、なんとか折り合って、やっていける人たちが残って、三十路に手が届く頃には離職ラッシュは落ち着いてきます。待遇だけ考えると、なかなかこれ以上のサラリーマンは少ないので、惰性で、消極的に続ける人が半数以上でしょうね。

逆に突出したサイコパスメンタルを持った銀行員は外銀など、もっと成果主義要素の強い組織に行くので、邦銀に残るのは比較的ドライな性格をしているが、鋼鉄のメンタル、サイコパスとまではいかない人達だろうと思います。

根本的にお金を扱う仕事を神経が繊細な人がするのは無理で、人の嫌な面を毎日のように目撃するので、気持ちの切り替えが上手くないと、メンタルをやられる、と言うのは証券、保険、サラ金、闇金、金融業はなんでも同じことです。

金融業に関わったことのない人に説明するなら、たった数万円のお金で、長年の友情を崩壊させるくらい破壊力があるんだから、桁違いのお金が動く組織にいれば、どれだけエグいことがあるのか?、は想像できるでしょう。

出向

半沢直樹では出向を死刑宣告のように扱っていますが、30代での出向は死刑宣告ではなく、経験を積むために他社に行く、とか、何かしらの課題を与えられて、プロジェクトマネージャーのような立場で出向するので、ここで結果を出せば、帰るときには上が見えるようになります。

それに対して、40代での出向は片道出向となることが多く、銀行内にポジションがないので、辞めさせるために他社に行かせて、そこで居場所を作って、第二の人生を歩んでください、という転職フェアなんです。

例えば、半沢直樹の友達であり、同期の近藤は上司のパワハラでメンタルをやられて、銀行を辞めさせるために出向をさせられていましたが、銀行は減点方式の組織で、一度、ケチがついたら、基本的に先はないので、整理対象になります。

何年かは銀行が出向先との待遇差は保証してくれるので、問題ありませんが、一定期間が過ぎると、格段に待遇差のある企業所属になり、銀行レベルの生活をして、転勤、激務の為に妻を専業主婦にして、シングルインカムで生活をしてきた家庭はパニックになります。

転籍

銀行では頭取にならない限り、銀行で定年退職を迎えることはなく、どこかの時点で出向、転籍になります。一般的に言うと、支店長以上(一般企業の部長級)まであがれれば、転籍とはいえ、関連企業へ行くだけなので、あまり惨めなことになることはなく、特進によって、役職が上がった分、待遇も維持されることになります。ただ、ここにたどり着けるのは全体の1割以下です。

それ未満の人は銀行の融資先に送られることになり、前述の近藤は「銀行さん」と呼ばれて、よそ者扱いされていましたが、名目は「部長」と高いものであっても、望まれてきたわけでもなく、出向先で何かしらの成果を出して、居場所を確保しないと、時間の問題でその会社にいられなくなり、そこから先は銀行は面倒を見てくれません。

転籍先で上手くやれば、経理部長、役員と進んで、変に銀行に長く残っているより、待遇、やりがいがアップして、お互いに嬉しい転籍となるのですが、こればかりは本人のコミュ力次第で、ほとんどオーナー企業の中堅、中小ですから、オーナーの懐に上手く入り込めるか?、が勝負なのでしょう。

最悪の場合、どこにも引き取り手もなく、銀行の関連会社にたらい回しに送られて、嫌がらせのような業務をさせられて、早期退職を即されるのでしょう。この辺の湿っぽい人員整理は日本企業なら、業界を問わず、同じなので、金融だけがえげつないことでもないですが、一昔前まで銀行員はふんぞり返って、偉そうにしていたので、辛いでしょうね。

まとめ

都銀がバブルの頃に大量採用された世代が統廃合でだぶついて、転籍先も上手く見つからずに困っているようですが、今の若い世代はFintechが進んで、行き先がなくて困ってしまうのではないか?、と思います。単なる金融事務が出来る人なんて、これから要らないので、どこも欲しがらないでしょうね。

今のところ、金融業は文系出身の大学生の受け皿になっており、大学によって多少のばらつきはありますが、2-3割は金融関連業に就職しています。これはすでに時代遅れで、徐々に金融は情報系エンジニアの職場になっていくでしょうから、事務系銀行マンは行き場を失うのだろうな、と思います。

でも、お金を引っ張ってこれる人はどこでも重宝されるので、金融に詳しくて、寝技が使えるアクティブなタイプは一般企業のCFOとして引き取られるのではないか?、と思います。米系企業だと、CFOはあの手この手で資金をもぎ取ってくる役割をしていることが多いので、日本企業でも時間の問題で、そうなるのだろうと思います。

すでに銀行マンの人、金融業に進むつもりの文系の人は何かしらの着地点を見据えながら、取り組んだほうが良いと思います。どうあがいても、出向、転籍はほぼ間違いなく避けられませんし、将来的な人員整理は避けられません。何かしらの特技を身に着けて、「イグジット」を探ってください。