じゃあ、生涯獲得賃金

生涯年収、とか変な言い方をする人がいますが、生涯、年収、とタームが明らかに違うわけのわからない言葉だな、と思います。正しくは生涯獲得賃金なんじゃないか?、と思います。

2億円

正社員を40年続けると、最低このくらいになります。年平均500万円なので、そこまで難しくないが、誰でもできるわけではない、という時代になったと思います。

この層だと、結婚して持ち家が厳しいと思います。安全ラインの年収の5倍だと、2500万円にしかならず、首都圏どころか、地方都市でも困難であり、つまり、共働きでないと、過去の「当たり前」である、持ち家、子供二人は無理ってことです。

2億5000万円

年平均600万円になるので、割と高いな、という感じになりますね。大手企業勤務、中堅で割と出世しないとここまでは行きません。でも、収入の割にプライドの高い人が多い気がします。

ここでギリギリシングルインカムで家庭を支えることが可能になりますが、リスキーだな、と思いますし、余計なことをすれば、あっという間に赤字になるでしょうから、これも出来れば、共働きが良いと思います。

しかし、この層は転勤が当たり前だったりするので、やり方次第では転勤なしの生涯獲得賃金、2億円世帯より厳しくなることもあります。ほんの五千万の賃金差ではさほど大きな差になるとは言えず、累進課税で差はさらに縮まります。

3億円

年平均で750万円になるので、なかなか高給取りですね。瞬間的に年収750万円になるならともかく、若い時、役職定年後まで合わせて、平均750万円を確保するのはなかなか難しいと言えるでしょう。

バブルの頃、都銀、総合商社がこのレベルに達した、と言われてましたが、都銀は度重なる統廃合で、ポストが減り、出向先のグレードダウンで達成は困難になりましたね。今ではある程度の出世をしないと、ここまでは行きません。

このクラスになると、贅沢な生活をするとワンランク上の生活が出来るのでしょうが、したらまともに貯蓄はできず、エリートw意識が邪魔をしがちな賃金レベルなんだろうな、と思います。

4-5億円

既得権益のマスコミでようやく4-5億円というこころで、コネなしで入り込むことも困難だし、独特の文化なので合わない人には辛いだろうと思います。だから、D社自殺事件が起こったわけです。サラリーマンでこれ以上はなく、辞めたくないけど、仕事は辛いからでしょう。

サラリーマンの夢なんでしょうが、このレベルですら、税抜き手取りだと、3億円が精々であり、飲まず食わず、路上生活してようやく、定年後にファッキューマネーが貯まっている、というレベルなので、お金持ちにはなれない、ということです。

10億円以上

ファッキューマネーを手にしたいなら、グロスで10億円以上の生涯獲得賃金が必要であり、サラリーマンだと、巨大企業のトップ3、大手企業のトップに立ってようやくかな?、という感じです。

役員になれば、年収1億円を超えるところなら、二期、6年粘って、天下りして顧問なんかをすると、グロスで10億円超えるかな?というところです。日本企業だと、役員全員に年収1億以上出しているところが少ないし、相当な強運が必要なレベルですね。

まとめ

東大さえ入れば、明らかに楽になる、という意見は間違っています。サラリーマンするなら、よほど強運でないと、ファッキューマネーは手に出来ないし、それどころか、精々1億円の生涯獲得賃金差しか出ないので、立ち回りで逆転されてしまいます。

サラリーマンしていくつもりなら、東大出てようが、Fラン機電出て、まあまあの就職先を見つけた人と大差ないってことです。流石に高卒はインフラ、公務員を除くと、給与テーブルが違うことも多いので、よく考えるべきですし、ブラック企業はマジで洒落にならないので、Fラン文系も危険です。

だから、単に最低限を確保したら、自分ができるだけしたいことを優先して、満足度を高めることが大事ですし、結婚、働き方、住宅、子供の教育など、多額の出費をどうやって管理していくかの方が重要です。

やたらと学歴にこだわるのは奴隷が自分の鎖の重さを自慢し出す、ということと同じであり、勤務先を誇るのは資本家のナニを恍惚の表情で丁寧におしゃぶりすることです。

そもそも、資本家はお金で学歴を買えますし、オーナーとして働きます。必死になって受験したり、就活したり、出世競争に勤しみ、同じ奴隷を下に見て悦に浸るのは本当にバカバカしいと思いませんか?

もっと、自分の意思で自分の満足度を高めるようにすべきです。そこに他人の評価などは持ち込むべきではありません。

18+