じゃあ、妻のやり方

妻は私に依存しきっており、何をしても、言っても許される、気を使う必要などない、自分の支配下にある人間だと思っています。

不機嫌

妻は細かくマイルールが決まっており、少しでも自分が思ったようにならないと、不機嫌になります。黙って不機嫌オーラを出し続けて、私に気を使うことを要求してきます。理由は私には関係ないことも珍しくありません。

どこに不機嫌のスイッチがあるのかは不明です。大体生理前辺りは重点危険期間ですが、全然関係ない時でも、何かしらの気に触ることがあれば、不機嫌スイッチは入ります。私の言葉尻を掴んで不機嫌というパターンもあるので、気が抜けなくなります。

妻の期待通りに私が行動しなかったことも不機嫌になりますし、期待通りの反応をしなかったことも不機嫌になります。それどころか、子供が自分の思い通りにならないと、私に対して不機嫌になりますね。

出来るだけ相手にしたくないので関わらない、無視をしていると、理由をこじつけて絡んできます。大体、急に予定をキャンセルさせる、私の妨害をするなどして、喧嘩をふっかけてきますね。

煽り暴言

本格的に機嫌が悪くなると、他人に言えば、一発で関係終了するレベルの暴言を吐き続けます。それを言ったら戦争だろう、ということすら夫になら言えるようです。

機嫌が悪くなくとも、冗談めかして暴言を吐いてくるので、何をしても許される自分を楽しんでいるのだと思います。夫を完全に支配下に置いている、というマウンティングで暴言を吐くのでしょう。

それも無視していると、水をかけてくるとか、ゴミを投げつけてくるとか、嫌がらせをします。年に一度くらい私はあまりにもしつこい煽りに耐えきれず、鉄拳制裁を加えることもあります。そうすると、包丁を持ち出して対抗します。

完全勝利

自分が絶対正しいので、お互い悪かったね、とはなりません。私が謝っても、追撃をひたすら繰り返し、完全に屈服させないと気が済みません。そもそも謝っても、誠意がない謝り方だ、となかなか受けつけません。

小一時間ずっと私の文句を言い続け、ひたすら私に謝らせ、自分の正当性を気がすむまで主張することで、完全勝利、屈服させないと気が済まないのです。

なぜ殴った?、あんたが耐えきれないような暴言を吐いて煽り続けてきたからだろう?、そもそもしょうもないことで喧嘩をふっかけてきたからでしょう?、という答えは火に油を注ぐことになります。

私にもう二度と殴らない約束をさせますが、自分がしょうもないことで不機嫌になり、私を煽っていることは認めないし、自分が変わらないと同じことを繰り返しになることも認めたことは一度たりともありません。

まとめ

妻を殴る夫は最低ですよ。ただ、私から喧嘩を始めることなんてゼロです。大体、妻がしょうもないことで不機嫌になり、私がマイルールに違反したことをひたすらなじり暴言を吐き続ける。最後は殴られる、と言う感じですね。

ただ、私は常日頃から妻を褒め、讃えていますよ。当然、不貞行為もしたことないし、してもないし、経済的にも十分な家計貢献をし、家事育児も半分、それ以上をやっています。当たり前ですが、暴言なんて一度も言ったことありません。

親よりも気を遣わずに済む相手だと思っているんだから感謝しろ。確かに、自分が不機嫌にならなきゃ、喧嘩になることはないな、というようなことを言う時がたまにあるので、自分が無茶している認識はあるのでしょう。

妻はほとんど口癖のように離婚する、と騒ぎますが、本当に離婚するつもりはありません。こんなに都合の良い相手が他にいるわけありませんからね。私も嫌だと思いつつ、息子の顔を見ると出て行くのも憚られる、というところです。

6+
0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
27 Comments
Oldest
Newest Most Voted
Inline Feedbacks
View all comments
John
2 months ago

大変な状況ですね。

僕があなたの立場だったら、鉄拳制裁は止めた上で自治体の窓口かこちらに相談しますね。https://soudanplus.jp

または夫婦カウンセリングを行うカウンセラーを探すのも良いと思います。家の中でゴミを投げたり鉄拳制裁してても埒があかないです。

3+
John
Reply to  シン
1 month ago

甘く見たつもりはありませんが、既に行政にご相談されていたのを知らなかったので、甘く見えるコメントになってしまいました。上記コメントを拝見し、記事に書かれていた内容より更に酷い事態であることを把握しました。

1+
もてない
Reply to  シン
1 month ago

読むだけで何と恐ろしい。男の場合は結婚しないという選択があります。
私はもう一生独身でいいです。楽しみのない人生だということになるかもしれませんが仕方がありません。妻が家でヒステリなんか起こしたりするような感じなら私はすぐ鬱病になってしまうでしょう。私は典型的な弱者男性で虚弱体質で頭痛持ちなので家の中で問題が起きたら精神を抑えられず即ぶち切れる気がします。そのうえコミュ障で人間嫌いです。気楽な独身の今でさえ仕事のトラブルで
鬱病を発症し精神が抑えられません。この上妻が家の中で問題なんか起こしたら精神が一瞬で崩壊し理性が保てなくなるでしょう。しかし世の中というのは難しいものです。私は今まで精いっぱいの努力をしてきたのに子孫を残す事すらできないとは・・・

2+
Germany
Reply to  シン
1 month ago

Johnさんに当たったって仕方がないでしょう。
そんな女を選んでしまった、あるいはそこまで嫁に舐められてしまった、躾ける事が出来なかった、それでも離婚できない自分が悪いのだから。
他の人とのやり取りを読んでいてそう感じましたが、貴方は「俺は男だから強い、女は弱い、男は女を守らねばならない」的な自惚れが凄くあるんだと思います。そうするとこれだけ愚痴りながら離婚しないのも、同情を見せてくれている人に対して噛み付き、弱い男と誹謗中傷してくる人に丸め込まれるのも納得がいきます。【手の付けられない我がまま女に我慢し耐える俺】が満更でも無いのでしょう。という事なら「はぁ、さようですか、ほんなら頑張って下さい」としか言いようがありません。

7+
John
Reply to  Germany
1 month ago

シンさんが既に行政に相談されていた事を知らなかったので、僕は別に気にしてませんよ。

離婚も簡単ではないですからね。泥沼化して何年もかかるケースもありますし。

0
もてない
1 month ago

ここのサイト読んで良かったです。絶対に結婚しないことをここに誓います。お金だけが頼りです。
そこまで女性が怖い生き物とは・・・ほとんど女性と付き合ってこない人生でしたが。もうどうにもなりません。結婚だけはしないでおきたいです。婚活なんかもってのほかです。

3+
救世主
1 month ago

シンさん、いつもブログ楽しく拝見しております。

概ね妻にそういう傾向はあるのは分かりますが、一番の責任はそういう女性を選んでしまった自分自身ですよ。

良い女性を選べなかったのは、元々選ぶ側の立場にない弱いオスが、見栄や体裁で安易な選択をしてしまったからでしょう。

騙した方が悪い、のではなく、信じる相手を間違えた自分が悪い、と受け入れるのです。

それよりも、いつまでも子供みたくうじうじ被害者ぶったり、ダメ妻やまともに喋れないガキの世話して聖人ぶるより、邪魔な荷物は捨てて、割りきって外で遊んだ方が良いと思います。

あなたのご奉仕は、ご自身では内省的な修行のつもりですが、何も残るものありません。

死ねば悪人も聖人も一緒、というかそんな価値観は本来存在しないのですから、一度の人生、今からでも遅くないから楽しんだほうが良いと思われます。

4+
救世主
Reply to  シン
1 month ago

素晴らしいお考えです。

独身男性がどんなに遊び尽くしたところで、最後は虚しさしか残らない人が大半ですからね。

亡くなるとき、笑顔で逝ける人生であったならそれが一番だと思います。

そんな妻子と一体どこに向かって歩んでいるか、私には知る由もありませんが、結局ゲームは楽しんだ者勝ちです。

イージーでもハードでもクソゲーでも、プレイ後に、満足できた、と締めくくれるような一生であれば何よりだと思います。幸あれ。

2+
救世主
Reply to  救世主
1 month ago

ちなみに恐れ入りますが、そんな狂ったクソガキでも可愛いものなんですか?
奥さんは他人ですから、邪魔なのは分かります。

血が繋がってる故の本能なのか、もしくはシンさんの懐が広いんですかね。

自分なら、お腹にいる時点で分かったら中絶してますが、お子さんが妊娠された時はまだそこまで判別できる技術はなかったのでしょう、お気の毒です…

電車の中で喚いたり、鼻垂らしのガキと疲れた親を見ると、健常者であること、当たり前の幸せを再認識させて頂いております。

血の繋がり、は偉大ですね。

ハムスターは先天的な障害を持つこの先生きていけないであろう子供を食べたりするらしいですが、人間は人間であるが故に、育てなければいけないので残酷です。

障害児にも人権はありますが、育てる側にも人権はありますから、シンさんもどうぞご自愛ください。

2+
かりりん
1 month ago

この記事とコメントを見ていて、なんとなくですが、シンさんの奥様は境界性パーソナリティ障害なのではないかと思いました。
詳細はこちら: 境界性パーソナリティ障害の女性の特徴40項目チェック – トラウマケア専門こころのえ相談室 (kokoro-ashiya.com)

これは脳の前頭葉の病気みたいなものです。

日本は欧米に比べると、心理療法や精神医学が20年ほど遅れていると言われていました。
昨今は少しづつ追いついてきてはいるようですが。

なので、日本の行政に相談したところで、正しい回答を得られないどころか、むしろ間違った指摘をされて更に事態が悪化することもあるのではないかと思います。

また、本来であれば心理療法で回復する見込みのあった患者さんが、薬物投与によりさらに脳の損傷がひどくなり精神病棟から抜け出すことが出来なくなる事例も先進国では日本は顕著に高いというデータもあります。

何を言いたいかというと、この場合、前頭葉の異常により引き起こされる精神障害で、確かに境界例の場合は女性の方が多いのですが、女性全般がおかしいという認識は間違っているんじゃないかと。

また男性に多いのはASD、いわゆるアスペルガー症候群(アスペ)
このアスペ男性と境界例女性が結婚すると、最悪な事態になります。

お子様が精神障害があるというのは、奥様側の遺伝的な要素が強いように思います。
ある程度遺伝するらしいですから。

私自身も鬱に近い状態になった事がありました。
食欲がなくなり、夜は眠れず、体調不良を起こして おかしいと思っていろいろ調べてみたところ、
どうやら私の夫はASD, それを支える妻の自分はカサンドラ症候群になっている?ということを認識いたしました。

原因が分かると、対処法も分かってくるので、その後は少し楽になりました。
相手が何か普通の人とは違う、でもこれは脳の病気なんだ。
だから、こういう人の場合は、このように対処すればいい

ということを勉強して、ずいぶん改善されていきました。

それでも、日々の生活の中で ええ? ということは時々起こります。

相手に精神疾患があってもなくても、100%うまくいってる夫婦なんていないのですから。
なので、自分はこういう時は友達と食事でもして外で楽しもう!自分の趣味に没頭しよう!
仕事を頑張ろう と その場しのぎ自分で出来る範囲の解決策でその場をしのぎます。

根本的な問題解決は出来ないと思うので。
あるとすれば離婚するしかないですね。

私は離婚経験があるので、それでも一人より二人の方がいいと思えるうちは離婚は考えてないですね。

ちなみに自分は今の夫と結婚して、生活費、家事は自分が8割方ずっと負担してきました。
夫が時々、無職になることもありました。
その場合は生活費、家事100%自分負担でした。

もちろん不満はありました。
どうしてこんな人と結婚したのだろうと。

それでもいいところもあるし、いざという時は助けてくれた過去もあるので、なんとか乗り切れました。 最近は、彼の仕事も安定してきて、安定してきたところで、今までの生活費の支払いを全て、彼が責任をもって支払うという方法に変えました。
で、自分がある程度生活費をいれるという風に。

この方法にして、以外にも少し私に対して優しくなったように思います。
今まで、生活費、実際にどれくらい払っていたのか知らず、私の苦労を少しは分かってくれたのかな?
と思っています。

すみません、自分のことになってしまいました。

月並みな言葉しか出てきませんが、シンさんにも、平穏な生活が出来るよう願っています。

2+
いつき
1 month ago

私の元妻もモンスターでした。托卵疑惑、実家入り浸り、買い物依存、片付け掃除が出来ない、リボ払いで借金、と分かりやすいモンスターぶりは、これまでに書き込ませて頂いた通りです。

それとは別に、地味にストレスだったのが、要望を言わないくせに後から文句を言う、不機嫌になっても理由を言わない事でした。

特に憂鬱だったのが、休日の食事です。休日は私が料理を担当していたのですが、「今日は何が食べたい? 何を作ろうか?」と訊いても、「何でもいい、好きなの作れば」と言ってきました。しかし、料理が出来上がって食べる時になると、高確率で「これ食べたくない、この気分じゃない」と文句を言って来ました。「何でもいいと言ったじゃないか」と言うと、「だからって自分の食べたい物作らないでよ、相手の事を考えてよ」と言ってきて、「だったら何が食べたくて何が嫌いなのか教えてくれ」と訊くと「何でそんなことまでいちいち言わないといけないの!?」とキレてきました。

帰省の時もそうです。母親に孫を見せたくて、北関東の私の実家に帰省しようとすると、直前になってドタキャンされたことが何度もあります。「〇月●日×時出発でいいかい?」と訊いて「いい」と言ったのに、出発前日になって「その日パートなんだけど」を言われ中止させられました。元妻は結婚前から高頻度で遅刻や日程の間違いをしていたので、何度も「〇月●日×時出発だよ」と確認したのですが、「何度も同じ事を言うな! しつこい!」と聞きませんでした。それならばと大きく紙に書いて壁に貼っても見たのですが、「そんなのいちいち見てない!」と言って来ました。本当は夫の実家に行きたくないから言い訳しているのではと思い、「だったら君は無理して一緒に来なくていい、俺と子供だけで実家に行くことにしよう」と提案すると、「あんたに子供を任せられる訳ないでしょう!? 一人で実家行ってよ!」と言われてしまいました。結局は離婚になったので、母親には数度しか孫の顔を見せてやれなかったのが情けない限りです。

私は「本当に申し訳ない。俺は中高は男子校だったし、大学も職場も男ばかりで、女性と接した経験が全くない、女性の感覚や気持ちがどうしても分からないんだ。だから、手間をかけさせてしまうけれど、こうして欲しい、これが食べたい、これは嫌だ、といった事を具体的に言ってくれないか。そうしたらちゃんと君の思い通りにする」と丁重にお願いしました。しかし、「出来ない言い訳ばっかしてないで考えてよ! 察してよ!」と言うばかりで、しまいには「どうして分かってくれないの!?」と泣き喚きました。こうなるともう手が付けられません。

確かに、妻のその時々の気分や好みを察して、妻が何も言わなくとも妻の意に添った行動が出来れば理想でしょう。しかし、私にはその能力がありませんでした。だから次善策として、細かく意思表示をお願いしたのですが、全く取り合ってくれないのが理解しがたい事でした。

なぜ意思表示をしないのか考えたのですが、もしかしたら自分の要求を言語化する能力が無いのでは、と思いました。或いは、自分から「こうして」と言ってダメだったら自分の責任になるので、それが嫌なのかもしれない、とも思いました。いずれにせよ、我儘な幼児のようで、大人として有り得ない幼稚さです。

そんな元妻の家庭環境はと言うと、生まれも育ちも東京の郊外の住宅街、父親は大手企業の経理、母親は専業主婦でそこそこ裕福でした。偏差値50弱の女子大の経済学部を卒業し、20後半で私と結婚するまで、1日4時間のパートをしながら実家暮らしでした。6歳上の兄が居ましたが、この兄が父親と折り合いが悪くて、その分、末娘として両親からチヤホヤされていたようです。

私の考察では、碌に勉強や仕事で苦労や努力をした経験が無く、両親に猫可愛がりされて育ったために、自分の意志を言語化する能力もなく、周囲に無限の忖度と機嫌取りを求めるモンスターが出来上がったのではと踏んでいます。

4+
John
Reply to  シン
1 month ago

>女性が言語化しないのは、自分で口にすると責任を取らされる、ということが大きいと思います。女性は物事の大小に関わらず、責任回避する為に必死になって、他人に責任を押し付けようとします。

責任取らされますかね?上記のいつきさんの例でも、例えば休日の料理で元妻がパスタをいつきさんにお願いして、パスタがあまりおいしくなかったとします。その時に、「パスタがおいしくなかったのは元妻がパスタを選んだせいだ。責任を取れ」という展開には普通はなりませんよね。

個人的には、単に不誠実だったり性格が悪いだけなのではと思っています。「何でも良い」と言っておいて後から難癖を付けてくるのはヤクザのやり方ですからね。そもそも何を達成したいのかすら分からない。夫婦関係をわざと悪化させたいのかもしれませんが、誰得という話ですしね。

0
John
Reply to  シン
1 month ago

うーん、あんまり責任問題には(僕には)聞こえませんが、後出しジャンケン的に文句だけ言うような人は避けるしかないと思います。また、そういう人と既に一緒になってしまっている場合は、「何でも良いと言ったのだから文句は受け付けない」と撥ね付けるしかないと思います。後出しジャンケンを相手にしても時間の無駄になってしまいます。

0
いつき
Reply to  シン
1 month ago

>自分は何も決めてないので文句を言うだけの立場
→的確な補足をありがとうございます。女は常にこの立場に居たいのではないかと思えます。自分から決める事を放棄したのなら、他人の決定に文句をつける権利はないはずなのに、この矛盾を平気でスルーします。男の基準からしたら、女は全員が知的障害・精神障害を抱えていると言えます。

不可解で理不尽な事と言えば、こんな事もありました。
元妻は説明書を一切読みません。新しい家電を買って、操作方法が分からないと私に聞いてきました。それは良いのですが、必ずと言って良い程、説明書を紛失していました。そもそも、新しい商品を買って説明書を読まない事が信じられません。元妻は「適当にやってれば使える」と言いますが、エンジニアの私からすれば絶対に有り得ない発言です。確かに今の家電は、素人でも直観的に動かせ、適当に弄っても誤作動しにくいようには出来ています。しかし、説明書を読んで正しい操作方法を知っておけば、格段に楽に使えますし、エラーや故障の時も対処しやすいです。元妻はいつも最新の高い機種を買っていましたが、せっかくの高性能家電も宝の持ち腐れです。

家電が不具合を起こした時は、自分で何とかしようとする事は一切なく、すぐに私に修理を頼んできました。私は職業柄、機械には強いので頼ってくれるのは良いのですが、説明書も無くメーカーの問い合わせ番号も判らないのだから、対処に時間が掛かります。すると「早く何とかしてよ!」と喚いてきます。「だから説明書や保証書は保管しておかないといけないと言ったじゃないか」と言っても、「過去の事をグチグチ言うな!」と逆ギレして反省ゼロです。そして「まだ直らないの!? 頼りにならないね」と、苛立ちを私にぶつけてきました。

何とか説明書紛失を止めさせようと、大きな箱を用意して、「整理まではしなくていいから、製品に付いてきた書類はここに入れておいてくれ。あとは俺が管理するから」とお願いしました。しかし元妻はそれさえも出来ず、箱を開けるなり、説明書は梱包材と一緒に床に放り投げ、紛失させてしまいました。女は「物を所定の場所に置く」という単純な事さえ出来ないのです。

一般的には女は綺麗好きで几帳面と思われていますが、とんでもない嘘です。女は物の管理が出来ません。元妻はブランド物の服や鞄を買うのが大好きでした。しかし、買い物から帰ってくると、玄関に買った物を置いてそのまま放置している事が良くありました。玄関が未開封のブランド物の山になっているのを見かねて私が指摘すると、「これから使おうと思って置いていたの! グチグチ言うな!」と逆ギレしてきました。必死に宥めすかして、何とか部屋に引き上げてもらっても、ずっと未開封か、1, 2度使っただけで部屋の床に置きっ放しにしていました。それなのに、買い物に行く度にまた同じようなブランド物を買って来ました。もしかしたら知能に問題があり買った事自体を忘れているのかも、と思いました。女は先天性の認知症なのかもしれません。

とにかく、自分は何もする必要が無い。その場その場で感情に任せて不快を表現すれば、回り(具体的には両親・彼氏)があれこれ忖度して機嫌を取って世話を焼いてくれる。そんな世界観で生きている気がします。これってつまり幼児と同じですね。

男なら、成長とともにそんなのが通用しない事を嫌でも思い知ります。それで幼稚さから脱却できなかった奴は、ヒキニートか粗暴犯になって、社会から指弾されます。しかし女だと、厳しい運動部にでも所属していない限り、「女子供」という言葉の通り、周囲がずっと子ども扱いして世話してくれます。それで身体だけは成長して欲望だけが無限に肥大化していくのだから、始末に負えません。女は社会の癌細胞みたいな物です。女だけに感染して死滅させてくれる便利なウイルスが出現して欲しいと切に願います。

4+
John
Reply to  いつき
1 month ago

>「女子供」という言葉の通り、周囲がずっと子ども扱いして世話してくれます。
まあ基本的にはこれですよね。言語化するかしないかの話は責任問題とは関係ないのではないかと僕が考えるのもこれが理由です。どうせ責任能力が無いのですから、例え言語化したって責任は問われないし、問うたところで責任の取りようもありません。

1+
John
Reply to  シン
1 month ago

矛盾は気付いているけど気にしないんだと思います。だって、無理を通した方が自分が有利になるわけですから。要はジャイアンの思考ですよね。

一番簡単な例はレディーファーストの慣習でしょう。女性だってこの慣習が男女平等ではない事は気付いてますけど、不平等だから止めようと言う人は皆無ですよね。止めない方が有利だから何も言わないのです。

0
27
0
あなたのご意見、ご感想をお待ちしています。x
()
x
タイトルとURLをコピーしました