じゃあ、ゾンビ企業

日本には存在する価値がないが、日本人の社畜精神で生かされてあるゾンビ企業が多いです。

価値

新開発品がなければ、利益率が落ちるのは当たり前で、後発が低価格で類似品を投入してくるので、どんどん値崩れしていきます。これは市場の大原則であり、これを理解していないなら、そもそも経営者失格です。

だから、何かしらの技術、工法、サービスなど、他社と差別化できないなら存在する価値はなく、特に人件費の高い先進国に存在する意味は全くありません。同じことを人件費の安い国でやられたら、それでおしまいですからね。

そこで、ゾンビ企業は従業員を搾取することで、何の開発品もないのに生き残ろうとします。投資によって原価を下げるのでなく、従業員に本来払うべき対価を払わずに原価を下げて、市場価格に合わせて、無理やり仕事を取りに行くわけです。

ブラック企業はこの構造をしていますが、さほどひどいとも言えないグレー企業も同じことをしており、他の先進国なら、とっくに倒産しているだろう、何の価値もない平凡な企業が平気で生き残ってしまうんですね。

待遇

先進国なのに、完全週休二日すら確保できないとか、有休消化が許されないなんていうのがそもそも間違っていると思います。法律に従った権利を主張することすら異端と考えられるのが日本社会です。

未だに年間休日が100日程度とか、裁量労働制で月平均残業時間30時間とかいう募集要項に人が集まることが不思議です。そんな会社はまともな会社の倍程度の労働時間はほぼ確実です。そんな酷い求人ですら応募する奴隷がいるから成立してしまうんですよ。

国も明らかな違法行為をようやく取り締まるようになっただけで、違法スレスレの就業規則を取り締まるつもりもなく、労働者が自分の権利侵害を喚いても、ほとんど黙殺するのが日本なんですよ。そして、誰かが何とかしてくれるのをのぞみ、自分では行動しないのが日本人の標準になりました。

そうした労働者の権利を無視した労働環境で利益を出したとしても、社会の為になるわけもなく、ごく一部の資本家にとっては笑いが止まらない国だな、と思います。でも、その資本家すらほとんど休まず、有給を取る人間は辞めろ!っとか喚く人が少し前まで居たくらいです。

つまり、休まないことが美徳とされ、休んでない自慢、寝てない自慢、とか、訳の分からないことを誇る異様な光景は他国ではまず見られない現象です。そういう自慢が全くないわけではないですが、創業経営者、有名雇われ経営者くらいのもので、平社員がそんなことしているのは滑稽にもほどがあります。

資金

あまり前なんですが、経済活動とは資金が回ることです。何かしらの資金があり、それを何かに投資し、それを大きくすることなんですが、日本人は投資が嫌いで、無理に今あるものを使おうとしたり、最低限で済ませようとします。

型落ちのパソコンで、従業員が四苦八苦しながら作業して、明らかに作業効率を落としていることを何とも思わないし、それを美徳とすら考えるのが日本人なんですよ。その時間、人件費が無駄とは考えないんですよね。

そのくせ、無駄な従業員を雇うのは大好きで、とんでもない数の関節人員を維持して、仕事のための仕事を延々とします。設備投資すれば、その半分の人間で回る、と考えないし、意見することが許されません。

経営者目線で仕事しろ!w、とか言うくせに意見は一切許さず、滅私奉公することを経営者目線とか規定して、奴隷を使い倒すオーナー社長、社畜鬼軍曹があたかもまともなことを言っているように扱われるのは本当にバカらしいと思いますね。

まとめ

このままでは日本は没落しますし、それを是正する動きもほとんどありません。過去の財産を食い潰して、すっからかんになるまで、他国と老人にしゃぶられるのが、日本であり、若い日本人は本当に可哀想だと思います。きちんとスキルを身につけ、資産形成して、日本に全振りすることないようにして欲しいものです。

19+