じゃあ、YouTube

先日、大学に合格した千兵衛さんが寄稿してくれました。

以下、千兵衛さん

僕はまだ社会人として自立していないという点でぬるりと生きる読者の方々よりも未熟な部分が多く、高校を卒業したばかりの若造がどんな情報を提供できるだろうかと非常に頭を悩ませていたのですが、今回は若さを生かして『若者の流行り』について寄稿したいと思います。

YouTube

僕の所感ですが、一番目に見えて流行っていると感じたのはYouTubeです(自分もかなりお世話になっています)。実際にクラスのみんながどんな動画を観ていたのかというと大まかに分けて3種類あり、バラエティー、ゲーム実況、勉強の3つです。大部分の人が好んで観ていたのがバラエティーで具体例を出すと、はじめしゃちょーさん、東海オンエアさん、マホトさん、しばなんさん、パオパオチャンネルさんあたりでしょうか…。人によって好みが違うので一概には言えないかもしれません。テレビのバラエティーとは違ってオチをつけて笑いをとるというよりは、自分が面白いと思うことを徹底してやるというのがYouTuberのスタンスであり、そういう意味で好き嫌いが分かれると思います。笑えるものもあれば、冷めたい目で見てしまうものもありますね。千差万別です。最近はキングコングの梶原さんがYouTuberとしてこの分野で大活躍中であり、『芸人さんの活躍する場所はテレビ』のような固定観念は薄らいでいくかもしれません。

意外と男子に人気なのがゲーム実況です。高校生にとってps4、switchなどを買い揃え、それに加えてソフトも買うとなるとかなりの出費になります。また、ゲームにハマってしまうと勉強時間を奪われるというデメリットもあります。ですから周りの友達は移動中や休憩時間、食事中にゲーム実況を見て楽しんでいました。友達は、余分な部分はちゃんとカットされているし、本当に自分でゲームを進めている気分になれるから面白いんだよと教えてくれました。実際に観てみたんですがなかなか面白かったです。主人公を育てていく過程、ゲームのストーリー、ボスキャラとの戦闘シーンなど楽しめる要素がたくさんあります。あと、自分一人でやっている感じがしないというのが意外と良いです。

少数派ではありますが勉強系の動画を見る人もいました。僕も受験期には数学モンスターというサイト、動画を利用しており非常に役に立ちました。あのチャンネルの網羅性、問題の質は予備校のテキストと比較しても遜色無いものであり、あれを無料で観られるのはすごいなと思います。他にも現役東大生のAkitoさんの動画を観ている人がいました。ただ完成度の面では参考書に劣る部分も多く、参考書と肩を並べて使えるのは数学の動画だけかと思います。英語、物理、化学を勉強したいなら、市販の参考書の方がいいですね。

まとめ

今の時代、YouTubeにないものなんてあるのか?と思うくらいたくさんの動画があります。ラーメン専門のチャンネル、釣り専門のチャンネルなんかも存在するくらいです。すでにお使いの方も多いかとは思いますが、YouTubeで色々検索してみると面白いかもしれません。テレビより面白いチャンネルが沢山ありますよ。

シン

YouTubeを含めて新しいメディアが台頭してきて、テレビは唯一無二存在ではなくなりました。個人が気軽に発信できるのは面白いと思います。趣味も多様化してきて、既存のメディアでは物足りない人も増えているます。

36+