じゃあ、アフターコロナ、文系

コロナは文系を駆逐していると感じます。

管理機能

総務、人事、法務、経理などは在宅勤務で十分であり、それは外注で十分だと言うことでもあります。直接雇用する必要はないし、するにしてもごく少数で十分です。

元々、日本企業は管理部門に素人を配属してきました。新卒で雇った社員をそのまま管理部門で使ったり、他部署で使えなかった人、本人の希望で異動させてきました。

このやり方は日本独特であり、諸外国では、その専門企業からの転職者だけで新卒を配属することはまずありません。新卒はその会社の主力となる部門以外には採用しません。

特殊性、専門性もなくダラダラと管理部門に勤務してきた人は時間の問題では追い込まれるでしょう。コロナが必要ないことを証明してしまった以上、存在意義を見出すのは困難です。

社内官僚なんていうのは担当レベルとして成果を出したこともないのに、他人を管理するような仕事をしている不思議な存在です。空気読みが必要なくなると無価値になるのは当然です。

もっと言えば、法務、会計なんかも、簡単なものは自動化されて人が必要なくなるでしょうし、人事なんかもLinkedInなどのSNS直接雇用が増えると、必要数が激減します。

単純事務

改めて思うのが、言われたことしかしない単純事務なんて安ければ安いほど良いわけで、都市部で雇い、長距離通勤させてまで出社させる意味なんてまったくありません。

実はRPAというのも日本独特の考え方であり、欧米では単純作業は人の方がシステムに合わせる為、その会社にあったやり方を構築する必要すらありません。

そもそも単純作業なんだから、例外を認めてシステム構築を複雑化するよりも、基本システムに人が合わせた方が良い、というのは合理的な考えだと思いますね。

カチッとルールさえ決めて仕舞えば、どこの誰がやっても同じように出来るわけで、ITはどんどんそこに向かっています。コロナで東京でなくても良い、日本でなくても良い、という現実を突きつけられました。

このご時世に単純事務職などやっていても、単価がどんどん下がっていき、暮らせなくなるのは時間の問題でしょう。今、単純事務職が東京で一人暮らしをしていられることが異常なんだと思いますね。

この手の仕事は情報システム部所属になり、単にシステム導入、運用するだけになるでしょう。そっちの方が明らかに安くなりますからね。

営業、マーケティング

確かに営業、マーケティングは必要です。ただ、その方法はどんどんオンライン化し、オンラインで出来ないことは専門性を要求されるようになるでしょう。

毎日、得意先に御用聞きに出かける営業だとか、データ分析もできないマーケティングなんて、なんの役にも立ちませんし、コストが上がるだけです。

取引額が大きくなるほど、人がいって決めてくる必要はありますが、それ相応の技術力、交渉力、提案力がなければ、来てもらっても無駄であり、ネットで見ておくから来るな、という感じですね。

きちんと製品、サービスの強み、弱みを分析し、それにあった媒体を使ってブランド認知をさせ、大きな個別案件は営業力自慢を少数雇い、決めに行くか、大型案件なら大量に雇って数字が出ない営業から切っていけば良いです。

ハイテク企業も文系営業雇ってますよ。でも、そういう人ってリア充の極みみたいな人です。学生の頃からちょっとした有名人みたいな人なら個人広告塔になれるでしょう?ということです。

そのレベルのリア充力があるなら良いと思いますが、どこにでもいるような見た目、話術、行動力のアンちゃん、ネーちゃんがスキルがなきゃ、何を売り物にするんですか?という感じですね。

まとめ

文系は一部のトップクラス以外は必要なくなるだろうと思います。ITにルールがはっきりと決まってしまうと、専門性の低い人は必要なくなってしまうからです。

一昔前は先生と持て囃された弁護士、会計士もITに食い潰されています。単純な案件はデータベース、AIで処理が可能になりました。残るは管理の難しい大型案件とかでしょう。

営業なんか、誰でも出来る!っと豪語する人はいますが、数字を作る営業はそうはいないし、そもそと営業できない経営者などありえません。逆に誰でも出来る営業は必要ないだけです。

こんな時代にハードスキルにもならない文系を学ぶなんて時間の無駄だと思いませんか?少なくとも何かしらの出口を見出してないなら現実逃避だと思いますね。

こんな時代に文系を選ぶ、というのは特権階級、世捨て人、現実逃避くらいのものでしょう。スキルなんてなくても良いくらい実家に金があるとか、上手くいかなきゃ野垂れ死ぬ覚悟があるならいいですが、根拠もなく大丈夫だと思っているなら救いようのないバカです。

凡人は文系に行くな!

13+