じゃあ、少数派が勝つ

どんなことでもそうですけど、物事は少数派が勝つに出来ているので、人並みの考え方、行動をする人が大きく勝つことはありません。

秋元康さんがチャンスをつかむにはずっとその時点で待ち続けて、時計の針のように繰り返されるサイクルが巡ってくるまで同じ事を続けるしかない、ということを言っていたのをどこかで見ましたが、これってまったく王道中の王道の考えです。

つまり、ブームが来てから追いかけても間に合わないので、いつ来るかわからないブームを待ち続けなければ成らないってことで、秋元さんは過去におにゃん子で成功した手法を焼きまわしてAKBを始めて同じ成功を収めていますが、これは古いといわれた手法を愚直に続けて、一回りして新しくなるまで少数派に徹したからです。

だから、流行を追う人は常に多数派で、流行に乗りたい場合はどこかに山を張ってひたすら同じことをしながら待ち続ける必要があります。いつ来るか、わからないし、来ないかもしれないので精神的には相当きついですが、来た時には一番先の乗れるので大勝出来ます。

言い換えるなら、どんな芸をする人でも、他人の評価が気になる人は成功しない、と言うことになります。評価が高いことを後追いで始めても、もう先行者が大量に存在する状態になっているので、後発者に席がないからです。人と同じことをしたがる人は食い物にされます。

投資

多数派が買うときに売って売るときに買う。これが出来るなら、バフェット氏を超えられるでしょう。それが極めて難しいのです。景気、企業の成長は循環であることが多く、アップダウンを繰り返しながら大きくなっていくものです。

化け物みたいに増収増益を繰り返す企業の株はかなり高い位置まで買われるので、それはそれで少し減収しただけで売り込まれますので、どの程度かの差はありますが、アップダウンがあります。

その兆候の一つは信用取引情報です。信用の売りが増えると、徐々に買い圧力に転じる可能性があり、逆に信用買いが増えると徐々に売り圧力になっていくので、多数派、特に後発組はほとんど常に負ける、ということになりますね。

株価が冴えないときは鼻で笑って買いを入れず、上がってくると興味を持ち出し、ある程度上がったところで買いを入れる。買いを入れた辺りが天井になり下がってくる、それに耐え切れず売ったところが底、というパターンが最も多い負け組多数派の手法です。

政治

民主主義における多数派は勝てる、と言えますが、これも本当に勝っているのは多数派の支持を勝ち得るまでの雰囲気作り、対立構造作りを仕掛ける少数派が本当の勝者であり、そこに乗っかる庶民は勝っているとはいえません。

もし、政治の世界で勝ちたいなら、今更の共産主義者にでもなって、延々と共産主義を訴えたアングラ活動でもして、何かしらの転機を延々と待ち続けて、本当に転機が来たら、その時は革命軍のリーダーになれるでしょう。

常識的な人間ならそういうアングラ活動を鼻で笑いたくなるでしょうが、明治維新の志士たちはそういう立場で地下活動をしていたわけですし、本当に国のトップになりたいと願うなら、そういう突拍子のないポジションを取るしかないです。

どんなことでも反動があるので、資本主義、民主主義が否定されて、カリスマリーダーが社会主義を標榜して国作りをすることがないとは言えないです。もちろん、目先が変わったり、時代にあったスタイルにはなるでしょうけどね。

まとめ

どんなことでも逆張りしなければ勝てません。順張りするなら、初動で動く必要があり、それはそれで反射神経を問われるのでかなり困難なのです。だから、普通の人が成功したいなら、どこかのポジションを取ってひたすら同じことをしながら待ち続けるしかありません。だから、成功者は偏屈な人がほとんどで、爽やかな癖のない人なんてほとんどいないです。

女性の成功者が少ないのは、ほとんどの女性が他の人と違うことをするのを嫌がる為、何かが流行すると、びっくりするくらい同じ格好をするので見分けが付かないくらいです。男性でもウェーイw系の若者は同じ格好をしていますが、これも同じように成功する人はほとんどゼロです。踊らされるほうは成功しないんです。

若い頃、ホリエモンはアングラだった汚い東大駒場寮で生活して、汚らしいロンゲだったらしいですが、そんな感じの流行とはかけ離れた感性をした人ほど成功するもので、ホリエモンに限らず、たいていの大きな事件を引き起こす人はそういうものなんでしょう。成功しなきゃ、単なる変人ですけどねw

7+