じゃあ、勝ち逃げ

勝ち逃げって難しいですね。

界王拳

ドラゴンボール、孫悟空はここぞという時に界王拳を使って戦いますけど、これは悟空だけの必殺技じゃなくて、誰でも使えます。それを世間ではレバレッジと呼びます。信用という起爆剤で基礎となる資金を何倍かに膨れ上がらせるんですよ。

界王拳は主に先物取引に使われて、将来の価格に対して予約をする形で借金をするんですよ。先物?怖い怖い、という人だって、大抵家のローンを抱えてます。家のローンも将来に渡ってその家に住むこと、価値が上がること、ローンを払える収入を確保できる事を予想して界王拳を使うわけです。

ほとんどの起業だって同じ事です。事業が軌道に乗ることを前提にしてお金を借りて何かを始めるわけですし、界王拳を使って体を痛めつけながら資金をフル回転しながら、突き進んでいく事です。

ただ、悟空がそうであるように、界王拳は中毒性があり、勝負所だけではなく、常に使い出すものです。それが悪いとは言いませんが、ずっと界王拳を使うようになって、なかなか勝ち逃げできないのです。日本ではソフトバンク、孫正義氏が最も強度の界王拳中毒者だと言っていいでしょう。

もし、投資で勝ち逃げしたいのなら、一度、二度だけ大勝負でフル界王拳を使って、負けたら勝負の世界から身を引く覚悟で取り組み、無事に大きく勝てたら、二度としないことです。ただし、それが本当に難しいのです。人間は大勝ちすると味をしめて次も同じ事をします。

博打打ちの印象がある織田信長は止むに止まれず勝負に出た桶狭間の戦いだけが、博打であり、それも大博打以外に手段がなくなってからのことだし、後は多勢に無勢を目指して兵站を構築しています。

姉川の戦いは物量で押そうとしたら、予想外の裏切りから危機になっただけだし、天王寺の戦いは自ら先頭に立って盛り返せば、数量的に勝てることがわかっていたからリスクを取っただけであり、博打ではありません。

女性

女性の性って、刻一刻と価値が落ちていきます。だから、若い頃は悪い雰囲気のイケメンと遊んで、落ち着いた頃に堅い男性を見つけて結婚し、堅実な家庭を持つ、というのが女の花道なんだと思います。

女性が性の部分を抜いて、トロフィーになるような実績を持つことは殆どなく、男性はセックス抜きで女性に興味を持たないことがほとんどです。同様に女性も男性が与えてくれる労力、お金以外にほとんど興味を持ちません。

ただ、男性は努力によって歳をとるごとにその権力、財力を蓄えることで、その価値を上げることができますが、女性はそれが出来ません。仮に女性が権力、財力を持ったとしても、それを男性に分け与えないので、男性にとって成功した女性をチヤホヤする理由がありません。

人間というのは楽な方に流れ、良い思いをするとそれに慣れます。だから、生活のレベルを上げると、自分の力で下がることはできず、他人に強制的に下げられるまで無理をして生活レベルを維持します。

その為、若くて美しい女性は美味しい思いをして、どんどん男性を見る目が肥えていきます。しかし、その性の価値は落ちていくのだから、若い頃に散々遊んで、少し歳を取って堅実な男性を見つけて勝ち逃げするのは難しいのです。

多くの資産は上下するので、どんなにダメな不良債権でも塩漬けして待っていれば、長期的には勝てることもありますが、女性の性の価値ははほとんどあり得ず、歳をとるごとに下がり続けます。だから、出来るだけ早く売るしかないんですね。

女性に限らず、若さを売りにするスポーツ選手、タレントなんかは同じことで、歳を取っても、それを味にできる人はごく一握りであり、歳をとり、価値が落ちて、過去の栄光に縋って、残りの人生を消化試合のように過ごしている人も少なくないですね。

サッカーの中田英寿氏とか、本田圭佑氏が現役の頃から引退後のキャリアを見据えて動いていた、いるのは極めて真っ当なことであり、あればあるだけ使って、資産を増やすことがなければ、若さを失った時、惨めな立場になるわけです。中田氏ぐらいなら無一文でも、サッカーの仕事は出来るでしょうけど、それでもやはり現役ほどの価値はありません。

退屈

人間は刺激を欲してます。生まれながらの勝ち組だったり、紛うことなき成功者でもなかなか引退しません。財閥の当主である麻生副総理はおじいさんになっても、政治家をしているだけでなく、ナンバーツーとして表舞台に立ってますし、日本一のお金持ち、孫正義氏も前言撤回して還暦越えても現役続行してます。

成功者と言わないまでも、大手企業でまずまずの出世をして、楽隠居する十分な資産を蓄えても、何かしらの形で働く人は少なくありません。ほとんど手弁当で顧問として、還暦どころか、70を越えて社会で働いている人は割と見ます。やはり、退屈なのは辛いのでしょう。

生まれながら勝ち組、地主ですら、やっぱり何かはやっていることが多いです。公務員、特に教員だったり、地銀に勤めている地主は多いように見受けられますが、地主業は手広くしないならやることが少なく、見た目は無職みたいなので、世間体が悪いというのもあるでしょう。

ボランティアというのも曲者で、お金が発生しないと、なかなか人間は努力出来ないものです。ボランティアに行く!っと決めても、眠いからサボる、面倒だから手を抜く、となってしまうものです。でも、バイトレベルの最低賃金が発生するだけで、多くの人は義務感で努力するんですね。

ただ、これもゼロではダメで、ゼロの場合はその事業体のオーナーである必要があり、純粋な雇われではゼロはやる気を削がれます。ジョブズ氏は年俸一ドルでやってましたけど、彼はアップルの創業者だったし、孫正義氏はソフトバンクからの報酬を寄付してますが、オーナーだからです。

完全に無報酬でキチンとした仕事を出来る人はまずいません。人間はそれほど強くないものです。どんなにその仕事が好きでも、やはり無報酬ではダレてくるもので、目に見える数字があることでやる気を起こすものです。

だから、セミリタイア、アーリーリタイアの成功者は少ないのだろうと思います。止むを得ず引退に追い込まれた人を除けば、老害と言われようが、なかなか余生を過ごす心境にならないし、余生を何かしらのテーマで自分を追い込まないと、楽しくない、というのはありますね。

まとめ

一回の大勝ちで、勝ち逃げちゃう人って凄く少なくて、やっぱり、次の勝負をするのが人間です。たしか、価格ドットコムの創業者はバイアウトでファッキューマネーをゲットして、表舞台から完全に姿を消したらしいですが、例外的です。

前に話題にした村田マリさんだって、怪しいウェブサイトを売りつけてファッキューマネーをゲットしても、華やかなスポットライトから離れることなく、壮絶なバッシングを受けましたし、シリアルアントレプレナーは中毒と言って良いのだと思います。

イーロンマスク氏だって、何が悔しくて、あれだけ叩かれても、表舞台から姿を消さないのか?と思いますが、やはり、彼にとって、自分の思いを形にすることは何ごとにも代え難いし、その成果をお金という数字にしないと先に進めないからでしょう。

常人の生活パターンなら、純資産が三億円もあれば、減ることはありません。贅沢な人ですら、十億円で十分です。百億円もあれば、意識して無駄遣いしないと、使えないし、狂ったように使っても、こころは満たされないと思いますね。

勝ち逃げとは死ぬまで、大きな後悔をすることなく、楽しめたことなのかもしれません。

28+