じゃあ、小さな努力

小さな努力もしないのに、大それたことを言って、それが出来ないと嫌になることって、多くかれ少なかれ誰でもあることだと思うのですが、それで「何もしない完ぺき主義者」になってしまうと、人生は消化試合になり、ほんの少しの達成感もないものになってしまいます。

体調

まずは体調管理からしてみるといいのではないかと思います。多くの現代人は運動不足、肥満気味で、これを解消するだけでも、かなり大きな前進ですし、精神面にもいい影響をもたらします。だから、まずは毎日体重計に乗って、現状分析、進捗管理をすることを始めてはどうでしょうか?そうすることで、自己管理意識が生まれ、色んないい影響が出ます。

いつもダイエットしている女性っていますけど、モデルを職業とするわけでもないのなら、過度の減量、極端な節制なんて不健康なだけなので今すぐ止めたほうが良いです。誰にでも、健康的な自分に合う体型があるので、まずはそこを理解することがスタートだと思います。数字として、見た目として、太っていても、それで健康的なら、何の問題もないと思います。

持病がある人はきちんと通院して、治したり、緩和させたり、予防したり、自分に出来ることをするだけで、かなり改善されると思います。持病は持って生まれた顔みたいなもので、どうしようもないものであることが多いので、上手く付き合っていけばいいだけです。コンプレックスに感じることもないし、それも個性だと思いますね。

挨拶

起業するだとか、トップに立つ、難関資格を取る、だとか、景気のいいことをぶちまける人っていますけど、そういう人って、ろくに挨拶も出来ないことが多いので、まずはそこからやったらどうなの?って言いたくなります。そういう当たり前のことも出来ないくせに、人を出し抜いて、何かが出来るわけありません。

繰り返し聞きますが、「なんで、職場、取引先に入るときに元気よく挨拶しないのですか?」完全に無料で効果が大きいことはしないのに、高額なMBAだ、セミナーを検討しているのでしょうか?本当に大きな矛盾で、情弱の見本みたいなものです。当たり前のことも出来ない人がお金出せば、すごいことを他人から教えてもらえるのですか?

間違ったことをしたり、言ったら、すぐに謝ればいいのです。本当に大きな話で、ミスを認めると、とんでもない責任を負わされる、という場合は滅多になく、ほとんどが小さなミスのはずです。その小さなミスを反省せず、謝らず、ごまかそうとしても、相手には不信感だけが残ります。これも、大きな声で申し訳ございません、といえばいいのです。本気で反省して、真剣に謝って、許してもらえないことはほとんどありません。そして、感謝は口に出して、伝えるのです。

幼稚園児は「こんにちは、ありがとう、ごめんなさい」が言えれば、それで教育は十分だ、と言いますけど、まったくだと思いますよ。それが体に染み付いてさえいれば、何かしらの形で生きていくことが出来るし、誰かしらの助けを得て、それ相応にやっていくことができるものです。孤独、無視、放置を食らう人は言うべきことを言ってないのだと思います。

発信

何かが起きるのを待っているのでなく、何か起こす努力をしてはどうですか?本当に小さなことでいいんです。仲間でBBQパーティーするのを提案して、日時、場所の予約、予算をとって、どんなものを持っていったら、盛り上がるのか?、を考えてみてはどうでしょうか?そういう自分から動く習慣が何かを起こし、いい結果を呼ぶもので、その手の仕切りも出来ない人が人を率いて、利益を生めるわけないでしょう?

本当に何でも良いんです。私のようにブログ運営して、自分の言いたいことをまとめて世の中に発信してもいいし、繁華街に行って、ナンパに明け暮れてもいいのです。特に何の成果もなくとも、動いた、ということは自分の自信になるし、継続したことが結果につながるものです。どんなに不細工でも反省、対策をしながら、100人の女性に声をかけたら、何人かとは連絡先の交換が出来るだろうし、そのうちベッドまで持ち込めますよ。

ブログ第2版から言い続けているのですが、やることないなら、街に出てナンパでもしていたほうが良いです。もっと言えば、知識、経験をお金に変えることが出来ない机上の空論を学んでいるくらいなら、もっと人に会って、真剣なバトルしたらいいのです。特に若い男性にとって、ナンパは精神力、行動力、戦略力が鍛えられ、自信につながるのでお勧めします。

まとめ

今すぐ出来る努力はいくらでもあるのに、お金出して、どんな効果があるのか、はっきりしないようなことをしたがる人って、現実逃避しているのです。その現実からずっと逃げていられればいいですが、人は平等に年を取り、年をとると、現実が迫ってきます。まともに努力もしていない夢を語る、根拠のない自信で突っ走れるのは若者の特権であり、ある一定の年齢になって、地に足が着いていないと、誰にも相手にされなくなります。

学歴、資格、職歴、なんかに救いを求める人がいますけど、そうじゃなくて、裸の自分と向き合って、人間とした根本的に大事なことを継続できているのか?、という根本的な問いに対して、自信を持って答えられないなら、それは本当の自信じゃないと思いますよ。他人のブランドにしがみついて、その一部になってしまうと、そのブランドが崩れたら、自分も崩れます。