じゃあ、思考停止

思考停止ってどういうものなんでしょうか?

他人

思考停止の基本として「みんな」という不特定多数を持ち出して、そこと同じだからという根拠で自己肯定して安心するんですが、これは完全に間違っています。どんな選択肢も少数派が勝つように出来ています。

いつも言うように他人がどう評価している、と言うことが自分の軸になっているのは何の軸もない状態で、曖昧な指標を持ち出して何の意味もない安心をしているだけであり、いざ、その前提が崩れたらボロボロになります。

序列主義者、学歴中毒、偏差値中毒なんかはこの類の病気であり、自分の目に見えていること、感じたことよりも他人にどう見られるか?を優先させて、薄っぺらいプライドを満たしているのです。

私は自分の頭で考えて、何かしらの意見を言うなら、どんなバカなことでも価値はありますが、他人がどうとか言われてもバカバカしくて聞く気もありません。思考停止している人の意見なんて意見ですらない御都合主義です。

規則

公務員が楽なのは規則だから、と言って突っぱねていれば良いからで過去に決まったことを正にして同じことを繰り返せば良いからです。それでも顧客は離れることができないので、どれだけふざけた態度でも市民に怒鳴られるくらいで済みます。

思考停止して規則に従うのってすごく楽で、自分の頭で考えずに済むので淡々とやるだけです。でも、そういうことは時間の問題でAIの仕事になるのでしょう。CPUは決められた規則に従って早く正確にやることにかけては人間の及ぶことではありません。

信じ込んでいる規則が実態に合わないなら変更すれば良いだけなんですが、嫌がる人は多く、トラブルが起きてどうしようもなくなるまで放置したがるものです。特に日本人はそういう人が多いです。

憲法9条がどうだ!っと言いますが、それが実態に合わないなら変えれば良いだけだし、解釈の仕方を変えるだけですし、問題ないならそのままにすれば良いです。たったそれだけのことなのに、規則だ!っと喚いて審議すら拒否するのです。

そういう人は侵略を受けて自分、身内が蹂躙されるまで規則が、規則が、と言って過去の前例を守ろうとするんだと思います。キレイゴトを言うのは気持ち良いし、正義に酔うことが出来ます。

不変

全てのことは時間とともに変わっていくんですが、不変だと根拠もなく信じ込んでいる人は少なくなく、先の憲法9条信者もその類だと思います。時勢は変わらないなら、今現在、問題のないことを変えなくてもいいでしょうが、変わります。

ホワイト企業に入った、勝ち組!っとか言うのも、不変であると根拠もなく信じ込んで安心しようとしているんでしょうが、産業構造は必ず変化するので、10年先も見通すことはできません。

もし、先を見通せるなら、サラリーマンなんかせず、投資家として辣腕を振るって下さい。未来が少しでも読めるなら、稀有な才能だと思います。なんなら、明日の相場でも良いので言い当てて下さい。

先が読めないから人間はあれこれ試行錯誤するものであって、試行錯誤を止めて思考停止したら、あとは突然の状態変更がないのを祈るのみ、というすごく受け身の体制で生きていくことになります。そんなんで失敗して納得できますか?

まとめ

ブラック企業の社畜って、ある意味で幸せで思考停止しているので与えられた義務を淡々とこなして、与えられない権利について考えることもないからです。日本にはそういう人が多いから、ブラック企業がなくならないのでしょう。

社内官僚が割りがいい、とか言うのも、会社の経営が傾かない、システムが変わらない、逃げ切れることを信じ込んだギャンブルみたいなものなのに、鉄板レースに一点張りしているようなことを言う人が多いのは笑います。

思考停止した人って、話が通じませんし、自分に都合のいい情報だけフィルターにかけたことを恥ずかしげもなく主張して論破されても、同じことを別の言い方で主張し直すので迷惑です。勝手に信じ込んでいるのは自由だけど、試行錯誤する人に絡んでくるなよ、と言いたくなります。

22+