じゃあ、やりがいを得る

サラリーマンがやりがいを得るのはどうしたらいいのかな?と思ったんですけど、やっぱり難易度は高いな、と思います。

出世

出世することで決裁権が上がればやりがいを得られる可能性が高いですが、上場大企業の事業部長、支社長クラスまで行かないと、一手にその部門に対する権限は生まれないので、難しいな、と思います。

非上場中小企業だと従業員は取締役になったとしても、使用人立場から離れられず、オーナーにぺこぺこしながら卑屈に顔色を伺う生活から抜けることは出来ません。中華系外資だと、オーナー企業でも事業を切り離して大きな決裁権を与えていることがありますが、日本企業ではまずないですね。

自分の権限で組織を動かして数字を出す、という経営のやりがいを得られるのはサラリーマンでは千人、万人に一人でしかないのかな?と思います。実力以上にずば抜けた強運がないとあまりにも競争が激しいのであっという間に埋もれてしまいますね。

職人

組織の中で特殊な仕事職人みたいなポジションになるのなら、やりがいは得られそうです。研究、技術、ノウハウなど、は基本的に理系の専門がないと得られないので、文系出身と言うだけで職人ポジションは難しいですね。

文系サラリーマンが序列に神経質になるのは序列以外のところで存在価値を出すのが難しく、同僚と差別化が図れず、組織内の序列が下がったら生き残りが難しくなるからだろうと思います。特殊なノウハウなく年次だけ上がると、典型的なリストラ対象になるので死活問題です。

年次が上がって役職が上がらないことが確定した人は些細なことですらブラックボックス化して他人に公開したがらなくなるものですが、当たり前といえば、当たり前で、替りを作られるとコスパが悪いので新人に仕事を取られて切られてしまう可能性が高いからです。

案件

文系サラリーマンが海外駐在に憧れる傾向があるのは「案件」の仕事である為、決裁権が本国にいるときよりも圧倒的に大きくなり、文化の違う子会社を知っていることが他者と差別化できる可能性があるからでしょう。

国内であっても、新規立ち上げた社内ベンチャーへの出向で力を発揮して、上り詰めていく人も珍しくないですし、その事業が新しいことであるなら、知っている人自体が少ないので希少価値が生まれます。

本国、本社で平社員レベルでも、マネージャーだったり、部付き調整役みたいなポジションになり、ラインから外れて管理者、スタッフになるため、自由が利くし、自分が思うように差配できることが多いです。

特にアメリカ駐在は別格であり、信越化学金川会長だったり、ブラザー小池社長、ソニー平井社長、と駐在先の案件を事業として大きなものにできた為、本国に帰ってトップにつくことが出来たケースは珍しくありません。この三人はメーカーの文系社長なので、本国にいても埋もれていた可能性が高いです。

出世しなくても、案件責任者は面白いものですし、テーマを与えられて、それに対する権限を集中させて、最低限の決済だけで自分の思うように出来るなら、社内で自営業者になったようなものですから結果が出れば楽しくて仕方ないでしょう。

まとめ

報酬だけ考えると、サラリーマンをやるのは本当にバカバカしいですし、やりがいを得るのも難しいですが、とにかくその場にいれば報酬の発生する仕事は楽であり、責任範囲も狭いので、やはりサラリーマンをやる人は多いです。だったら、何かしらの形で他人と差別化してやりがいを得る努力をしたほうが前向きですね。

理系の人は安易に専門を捨てず、何かしらの職人ポジションを築く為に勉強すべきですし、文系の人は数少ない案件ベースの仕事を勝ち取れるように模索すべきです。そうでないと、時間が経って、自分が年をとり、他人と差別化できなくなったらリストラ対象になりますね。

10+