じゃあ、日本とIT

日本人の気質とITって合わないのかな、と思います。

ウォーターフォール

日本社会って、上流から下流に一方的に指示が下るウォーターフォール式組織がほとんどで、どんなにばかげたことも上流が決めたことはそれに従う必要があるため、上流が間違っていると大惨事になります。

日本のIT業界って、「デスマーチ」とか、「短納期地獄」とかいわれるんですけど、当たり前といえば、当たり前で、上流が請けてきた仕事をひたすら下請けに流して行って、仕様変更があると、すべてが変更されるので、どんどん呼び工数が失われ、納期が詰まっていきます。

自動車業界のように上流が大日程をしっかりしていて、きちんと個別納期管理できていれば良いですが、IT業界のように、元請がとって来た仕事が顧客要望にしたがって、柔軟に提案を変えていかなければならない業界だと、仕様変更があるたびに、下流に行けば、行くほど、地獄絵図になるわけです。

アジャイル

世界標準はアジャイル式で細分化された小さなチームでPDCAを繰り返していくので、上流で仕様変更があっても、変更が必要なチームだけがそれに対応して、そのほかのチームは関係ない、というやり方をしますし、バグはアップデートで改善していけばいいでしょう?、という感じなので、無茶はしません。

これを日本人は苦手としています。上からの命令に絶対的に従ってきたオヤジ達はそれを下にも求めるので、下の人間は実態に合わない上の命令を受け入れた上で、何とかすることが求められるため、滅私奉公して、何とかしてその場を取り繕う形になってしまうのです。

また、会社に与えられた人員、予算で上の命令に従って仕事をするのに慣れているため、仮に自由が与えられても、どのようにチームを管理して良いのかわからないでしょう。自分の人脈で必要な技術者を揃えたり、チームの予算、労務管理をしたことがある日本企業のマネージャーってほとんどいないでしょう。

スピード

もはや、IT時代であり、スピード勝負になっているので、ウォーターフォール式を維持していると、それだけでかなり大きなハンデを背負っているといえます。営業にしても、自分で決済できないので、持ち帰りをしているうちに決裁権を持った人間が直接来る外資に持っていかれますし、上流設計もミスを恐れて、オーバースペックになり、コストがどんどん上がっていきます。

「インフラ輸出だ!」っと、日本は安部首相のトップセールスで、新興国に新幹線などを売ろうと頑張っていますけど、日本企業がウォーターフォール式を維持しているうちは競争力がありません。円借款があるから、何とか受注できるだけで、何もなければ、まともに取れないくらい高い、遅いんですよね。円借款を踏み倒されたら、我々の税金から補填されるだけです。

まとめ

書いていて嫌になるんですけど、オヤジ社会は日本を蝕む癌みたいなもので、これがぶっ壊れない限り、日本の復活はないでしょう。名門野球部で暴力指導が平然と行われているように、日本企業ではオヤジ論理で若者を食い物にします。徐々に変わってきてはいるけど、遅いんですよ。それ以上に世界は急激に変化しています。

監督が三年生を殴って指導、三年生が二年生を殴り、二年生が一年生を殴る、というような負の連鎖が止められなかったPL学園は廃部になってしまいましたが、緩い上限関係の大阪桐蔭は成果を出しています。でも、日本企業は3学年しかいない、新陳代謝を常にする組織ではなく、何十年とその組織にいるおじいさんが権力を握っているのです。