じゃあ、海外大学にまつわる嘘

海外大学について、根拠もない、裏も取ってない嘘をつく人がいるんですので、これを取り上げたいと思います。

入るのは簡単

当たり前ですが、トップスクールに入るのはどこの国でも大変だし、Fラン大学はどこの国にでもあります。求められる要素が国によって違うだけで、そこには熾烈な競争があります。例えば、アメリカでは学力以上にリア充度が求められるので、その点で熾烈ですよ。

シンガポールの国立大、アメリカの州立大など、一定以上の学力を持って入れば、地元民を優先的に受け入れる中堅校はありますが、上位層から中位層まで同じ大学に入るので、入学者の学力差に幅があるだけで、誰でも無作為に受け入れているわけではありませんよ。

受け入れ水準は日本で言うところの駅弁国立くらいの学力は必須ですし、そんなに簡単だと思いませんが、何を根拠にして簡単だと言うのでしょううか?あたかも、自分が経験してきたように、海外なら、それなりの大学でも、Fランのように誰でも受け入れるような言い方は嘘です。

オーストラリアなど、教育立国というか、教育を外貨獲得の手段に利用するようになった国だと、かつてはクオリティースクールとして知られていた大学が外国人料金を取るために出来の悪い外国人をほとんどフリーパスで受け入れるようになっていますが、そこまで落ちぶれた大学はFラン扱いをされます。

出るのは難しい

入るのが簡単、というのとセットにして、出るのは難しい、と口にする人がいますが、これも嘘です。世界中どこでも、Fランは信じられないような低レベルの学生に卒業証書を授与しますよ。まともに英語も通じない人が英語圏大学の学位を持っているケースはザラにあります。

日本は文系だと、東大ですら、ほとんど大学に通わず、卒業する人がいますが、そんなトップスクールが他に存在しない、と言うなら、本当です。大学より、公務員、資格予備校に熱心に通う東大生は異常です。

まあ、海外のトップスクールも東大と同様に文系は学校で学ぶことが社会で役には立たないのですが、もう少し実践的ではあります。とは言え、実践的なので、大学で優秀な人間は社会でも活躍する、と言うことはありません。理論、交渉テクニックを学んでも、実践に勝る訓練はないからです。

文理の差がない

更に海外大学は文理の差がない、と言う嘘をつく人もいますが、アメリカでは入学時点では明確に学部分けが行われておらず、教養学部のような形で受け入れ、3年次に学部振り分けをする大学が多くあり、リベラルアーツカレッジのように卒業まで専門を学ばない大学がある、ということを拡大解釈しているのでしょう。

アメリカの大学の多くは複数専攻も可能で、文理を両方専攻することも可能ですし、食っていく専攻、趣味の専攻を分けて、ダブルメジャーにする人もいます。そうなると、重複単位にならないので、かなり大変なので、相当頑張らないと、留年する人もいますが、趣味の専攻をどうしてもしたい人はそうします。

最終的に取得単位で発行される学位は文系のArt, Social Science 理系のEngineering, Science に分類され、就活、転職の時に取得した学位の種類は確実に問われますので、海外大学では文理に差がないわけがありません。

リベラルアーツカレッジは修士へ進むのが前提だから、学部では専門をしないだけで、大学時代の専門は仕事を探すうえで極めて重要視されるのはどこでも同じ、それどころか、日本よりも厳しいので、キャリアチェンジには大学に通いなおす必要があったりします。

まとめ

どこの国でも文系は事務系天国の日本以上に余ってますし、大学ランクは存在します。日本が特におかしいこともなく、世の中が競争社会である以上、当たり前の話です。目の前の現実から逃避して、海外大学におかしな理想を押し付けるのは止めた方がいいですよ。ダメな奴はどこに行ってもダメだし、できる奴はどこに行っても頭角を現してきます。

日本の高校で落ちこぼれがアメリカの大学に行けば、環境の違いで、更に落ちぶれることはあっても、ガツンと伸びることなんてありえません。日本で燻るサラリーマンが海外の誰も知らないようなヘボMBA取っても、何にもならないのも同じです。スラムダンクでも読み直して、谷沢君がどうなったか、をもう一度考えてください。