じゃあ、アメリカの教育

アメリカの現在って、時間とともに日本に雪崩れ込んでくることが多いのです。アメリカの教育が少し変わって来ているそうなので、まとめたいと思います。

二極化

アイビーとは蔦のことであり、蔦がはえるくらい古い歴史を持つ名門校は変わることなく名門であり、むしろ、中国、インドからの優秀な人材供給にも支えられて、色んな意味で競争力があります。お金も回るし、実績と出せる、人気もずっと高いです。経歴関係なく、数字が全てのアメリカの社会でもなんだかんだと、名門校で学位を取得していると有利なことは多いです。

二極化しているのは名門校以外の学校であり、時代に合わせて教養系文系学部を廃止して、コンピューターサイエンスを重視したり、能力的に理系が無理な人の為にビジネス、会計などの比較的役立ち易い専攻を増やして行く学校はそれなりの評価を保っています。

その一方で、完全にFランになっているどころか、中退率が高く、卒業後に学位を必要としない仕事をつく人が当たり前になっている学校も存在します。アメリカの大学進学者の半分が中退、1/3が学位を必要としない仕事に就くというデータがあるそうです。中退率は編入が多いこともあるでしょうが、学位が無価値になっているのは深刻です。

インフレ

アメリカではどんどん高学歴化が進んでいき、7割が大学進学しますし、修士まで行く人も珍しくないです。学位が評価されづらい文系すら同じことであり、キャリアに行き詰まると逃げるように学校に戻る人が後を絶たないので、学位のインフレが酷いことになっています。

例えば、ロジスティックスの学位をとったけど、やっていることは倉庫番みたいな人が自分のキャリアが冴えないのは学位がないからだと思い、聞いたこともないような冴えない大学のMBAを取りに行く、とかしても、やっぱり何も変わらないんですよね。

それどころか、一昔前は博士と言えば、素晴らしい努力の結果とされてましたが、今では掃いて捨てるほどいます。大学がビジネス化して、ガツンとファンディングして優秀な学生を魅力的なオファーで採用するので、博士しても良いかな?と割と簡単に進学するんですよ。そうなると、就職感覚で博士課程進学するので、なんの珍しさもなくなります。

何をどこでどういう形で取ったのか?と言うことが明確に示されて、相手、採用者が魅力を感じるようなプレゼンが出来ないなら、学位だけ取りました!っと胸を張っても、評価されません。まして、みんな行くから、ともかく修士は取っておく、くらいの軽い気持ちで進学して評価されることはほとんどないです。

借金

アメリカの大学の学費は高いです。州民でも年に1万ドルくらいはするので、ローアーミドルの子供には辛いですし、アメリカ人は貯蓄をする習慣がない人が多く、子供は自分で借金して進学することになります。そうすると、借りても返せない、と言うことになるんですよ。

日本でも同じですが、日本の学生支援機構より金利も高いし、卒業後にまともな職にありつけないなら、干上がってしまいます。そうなる人が多いから、銀行はさらに金利を上げてくる、という悪循環になるんです。それでも、アメリカでも日本と同じように着地点のない学位取得を煽る人達がいて、借金地獄になる人は当たり前にいます。

聞いたことも無いようなショボい大学で文系修士までとって、10万ドルまで膨れ上がった借用書を見せて、まともな仕事がない、と喚き散らす若者を取り上げたドキュメンタリーを見たことがありますが、日本より酷いな、と思いますね。お前の意思で借りたんだろう?、と言いたくなります。

アメリカ人は教育に限らず、なんでも借金で間に合わせてしまう、と言うのもありますが、にしたって、危険水域まで来てしまった感はあり、彼らの破産はアメリカ経済にも重要な影響を与えるだろうな、と思いますし、彼らがアンチ移民、排斥主義に走ることで社会不安にもなるでしょう。

まとめ

アメリカでも徐々に手に職、という意識になって、十分に駅弁州立大学に進学できる子供が地域の職業訓練校に行くようになり、コーディングだとか、機電系スキル、美容師スキル、などを組み合わせて覚えて適性を安く探る動きが出ているらしいです。

ただ、あまり他人のことを気にしないアメリカ人でも、ミドルクラスの家庭で大学進学しない、とコミュニティで見下される、という雰囲気はあるらしいので、日本人のように序列大好きな人たちは、なかなか大学進学を諦めないのかもしれないな、と思います。

学生支援機構が破綻したら、日本もアメリカみたいに、駅弁国立は定員を増やして生き残りをかけ、私立は実学にシフトできるところだけが生き残り、上手くシフト出来ない大学は消滅、Fラン化するのでしょう。特に英語圏でもない日本に留学生が押し寄せることもないので、運営はもっと難しいですね。

17+