じゃあ、英語力だけではダメ

英語は勉強すべきですが、英語だけ頑張ってもスキルと認められることはほとんどありません。ある程度の英語力など、オンラインで手軽に身につくようになりました。

幹部

帰国子女だから、英語圏の大学出たから自慢の英語力を活かして日本企業で駐在員として派遣されたい!だというような人は多いですが、実はそういう人に駐在員のほとんど需要はありません。

国際化が進むにつれて、人事が共通化してきているので、幹部社員以外を駐在させることが嫌がれるようになってきているからです。本国では平社員なのに、駐在先ではマネージャーと名乗って偉そうにしていると、現地法人社員のやる気を削ぎます。

本国でも管理職でない人は駐在すべきではない、というのが割とどこの会社でも当たり前になってきています。その代わりに見込みある若手社員を研修生として送るようになりました。

つまり、英語以前に管理職になるか、最低でも有望な若手としてみなされないと、英語力を活かす機会すら与えられないのが世の中の常識になりつつあります。派遣されても単なる研修なんだから活躍できませんしね。

技術

本国にしかない固有技術を現地法人に伝える、逆に進んだ技術を本国に導入する為にプロジェクトエンジニアとして駐在する人はいますが、それは文系はお呼びではありません。技術ありきの話です。

グローバルカンパニーとなると、技術者は割と自由に同じ社内を国を跨いで転勤するシステムを持つようになりましたが、それもエンジニアだけのことであり、事務系はほとんどチャンスがありません。

仮に凄腕営業でも、日本人向けで成果をあげたなら日本以外で活躍の場面がなく、活躍したければ、管理職として現地人を指導することになります。パッケージ持っている駐在員が自ら営業するなんて高過ぎますからね。

技術とは世界どこでも同じことでなければなりません。その場でしか通用しないような知識、体験は国内専用ということになります。1+1=2 なのは世界中どこでも同じですが、好かれる態度なんかは違いますからね。

パシリ

技術のない英語自慢を活かすなら在日外資企業になります。外資系ではダメで、純粋な外資で、トップが外国人、社内会議も英語で行われるような会社を目指すしか活かすことがなくなります。

当たり前ですが、英語圏に行けば、英語ができるのは当たり前なので、出来ても意味ないですし、非英語圏だと、そもそもネイティブレベルの英語だと通じなくなるくらいです。簡単な言葉を選んで伝える技術の方が有益です。

日本人で英語ができる、というだけのことを活かそうとするな、日本以外に活きる場所がないし、顧客、サプライヤー、同僚も日本語が通じない人がメインの部署だけということになります。

外資企業勤務でも顧客が日本人なら英語が得意なことより、日本語でネゴ得意な方がいいに決まってますからね。白人に毒された出羽守だと、大抵の日本人に嫌われるので寧ろ不利だとも言えます。

元ソニーの平井さんみたいにパシリがトップになることもないわけではありませんが、特殊なケースであり、狙って出来るような物ではありません。彼自身がそれを理解しているのでサッと良い時期に身を引きましたね。

まとめ

英語だけ頑張っても世界で活躍なんてできません。まずは技術を身につけることからスタートです。技術がないと海外に行って出来ることは極めて限られていますので、その例外を掴む以外に活躍の可能性を捨てることになります。

海外で活躍したいから国際なんたら学部とかに行ったらダメです。逆に活躍の道が立たれてしまいます。文系はほぼ全て同じだと思って下さい。経済学部だから良い、文学部だからダメとかはありません。全部、技術とは看做されません。

14+