じゃあ、建築、土木学科

建築、土木の記事も書いておきます。

建築

私は建築家って、芸術家だと思っているので、学校で勉強しなくても良いんじゃないかな?、と思います。現に海外でも大きな評価を得ている安藤忠雄さんは工業高校卒のたたき上げですし、画家、作家と同じ類で、いくら勉強しても、才能のない人は大成できない分野だと思います。

だから、本気で建築をしたいなら、工業高校でて、デザイン事務所で修行でもしていればいいわけで、才能があれば、芽が出るだろうし、なければ、ずっと下請けをしていくことになります。この辺はどんな芸術分野でも同じで、漫画家だって、専門学校行っても、特に意味なく、そんなものにお金を払うなら、漫画家のアシスタントをして修行したほうがいいと思います。

ハウスメーカーで設計士をするなら話は別で、単なるサラリーマンなので、出来るだけ待遇のいい会社に入るためにどうしたらいいのかを考えて行動するべきだと思います。この辺は他の理系専攻と同じで、たかがサラリーマンなんだから、余計な思想を持たず、ホワイト企業を探し回って、出来るだけ効率よく稼ぐ努力をすればいいでしょう。

特殊なケースを除けば、ほとんどの建築設計なんて、パターンの決まった流れ作業であり、CADデザイナー程度のスキルがあれば十分で、あとはすでに計算式のある構造計算ができれば、仕事になります。だから、ほとんどの建築士は単なるサラリーマンであり、芸術家ではないのです。今後も仕事はなくならないでしょうが、一点ものの設計はどんどん減って、ハウスメーカーの工業建築がもっと増えるだろうと思います。

日本国内のハウスメーカー、工務店は価格のたたきあいになり、耐震、エコなど、規制が増える一方なので、汎用的な会社はどんどん苦しくなるのではないか?、と思います。その一方、世界的に認められる、世界から引き合いのある会社は発展途上国需要を取り込めるでしょうから、もっと規模が大きくなるのかもしれません。

土木

土木専攻って、本当に人を選ぶなぁ、と思います。理系の中でも特に男くさいし、その中でも濃いオッサンたちに囲まれて仕事することになりますし、現場が仕事なので、現場が変わるので、転勤だらけですし、その転勤地もとんでもない僻地の飯場で働くことすらありますので、本人だけでなく、家族も本当に大変です。

でも、需要はなくならないですし、日本の土木技術は世界的にも評価が高く、十分に戦える状態にあると思います。なんといっても、日本人の仕事は丁寧ですし、災害の多い国でもまれているので、何か起こっても耐えられるような設計にしてくれるので、信頼度も高いです。中国のように不具合が起こったら、埋めてなかったことにするような国とは違いますw

また、目に見える成果が出やすいので、仕事に誇りを持ちやすく、やりがいも感じやすいと思います。トンネルだ、橋だ、と巨大な建造物が自分の手によって支えられている、と感じられるのはいいです。それが何十年、場合によっては何百年残ることもあるので、男のロマンだといって良いでしょう。

一般的に言って、土木系は給与が高めで、僻地手当ても入り、使う場所もないので、お金をためやすいです。でも、海の男と同じで、港に入ると散財しやすいので、飯場暮らしから開放されて、都会に戻ったりすると、狂ったように遊ぶ人が多く、シンガポールでもその手の人をたまに見ます。

簡単に出来るサイトはやりつくして、どんどん困難なサイトが増えているので、仕事は減らないでしょう。資源にしても、単純に掘って、資源が吹き出る、というようなことはほとんどなくなり、技術的に難しい場所、やり方で取り出す傾向になってきていますので、土木にかかる予算はどんどん上がっていくでしょう。作業者はともかく、土木技術者は世界中で仕事が増えるのではないか?、と思います。

まとめ

ロマンを感じる仕事ですが、好き嫌いがはっきりつく業界なので、よく考えてから、専攻するといいと思います。建築が好きだから、と言っても、自分の設計で飯が食える人はごくわずかで、ほとんどの人が単なるアシスタントとして、工賃を買い叩かれて、寝る間を惜しんで仕事をしています。時給にしたら、悲惨なことになるでしょう。

男性の職場であり、逆に女性が参入すると、ちやほやされていいと思います。なんでもそうですが、少数派になると、旨みが出てくるので、他の人がやらないことをやらない時期に手を出すことで、美味しい思いをする、ニッチを狙っていくのはぬるり的にありだと思います。

たぶん、聡明な読者さん、業界関係者の読者さんは気がついていると思いますが、私、温利はこの業界をあまり知らないので、聞きかじったことをまとめているだけで、深い記事でもなんでもありません。むしろ、これを叩き台にして、詳しい人にコメントをもらって、建築、土木に興味を持っている子供が参考になるような形までもって行きたいと思って記事しました。間違っていても、怒り狂わず、笑って、修正してください。

これで理系編もひとまず終わりにします。理解して欲しいのは記事にするのは文系を叩きたいとか、学部序列を付けたいわけでもなんでもなく、若い人が見て、将来への展望に何かしらの参考になるような記事、コメントにしたいだけです。

それでも文系だ、というなら、覚悟して進んでもらえば良いですし、人は経験からしか学べない、とゲイツ氏も言っているくらいです。理系でも食いづらい専攻の農業だとかも、好きで堪らないなら、進めばいいと思いますよ。ただ、予備知識を持った上で進むか、知らずに進んでしまうか、は全然違うと思いますね。