じゃあ、憚りながら

私はヤクザモノが好きで、ウィキペディアの山口組組織を延々と見ていることがあるのですが、その中でも後藤忠政さんに興味を持っていて、読みたいと思いつつ、読んでいなかった「憚りながら」をようやく読んだので紹介したいと思います。

ヤクザ

後藤さんはある意味でヤクザ最後の時代の人です。現在、世の中はヤクザへの徹底的な取り締まりをしています。ヤクザは完全に汲々して、分裂し、ほとんど力を失っています。いくらなんでもこんなことで逮捕して良いの?、と言いたくなる様なことで警察はヤクザを強引に逮捕し続けています。

私はヤクザを支持はしませんし、いなければ、それに越したことはないと思います。でも、ヤクザがいなければ、別の犯罪集団が現れます。それが日本の法律を超越したような不法移民だったり、完全に地下にもぐって、傍目から全然わからなくなってしまう方が怖いな、と思います。

だから、今ではヤクザよりも半グレと言われるようなセミプロが世を騒がせたり、中華系マフィアが幅を利かせたりしています。このことは後藤さんも本作で言及しており、世の中のはみ出し者は確実にいるので、そう言ったはみ出し者が管理できる状態にないと危険だとのことです。

シンガポールみたいに小さな国なら、国がヤクザの役割をして、徹底的に管理をして治安を守れば良いですが、日本くらいの国土を持つ国がそれをするのは現実的ではありません。だから、ヤクザは必要悪要素も大きく、なんとも言えない存在だな、と思います。本当にこのまま壊滅させても良いだろうか、と疑問に思います。

経済

この後藤さんが面白いのは単なる武闘派だということだけでなく、経済ヤクザと呼ばれた経済感覚に優れたヤクザであったことで、この本でもお金がなければ、子分を養えないし、影響力を維持できない、と繰り返し言っており、非常に現実的な人だと思います。

地元の富士宮にいた頃から、不動産、宗教団体、株など、お金になりそうなものはほとんど手をつけていますし、本人は政治はお金にならない、といいながら、政治家との繋がりも十分に生かしています。政治経済を実地で知り尽くしたヤクザで、綺麗事でないお金の回し方を習得しているのだろうと思います。

女性関係もある意味でキレイなもので、警察のパソコンがウィルス感染したことで、後藤さんに芸能人の情婦がいたことが知られていますが、自宅に連れ込まない、手当をケチらない、付き合いが長ければマンションくらいは買ってやる、というキレイな付き合いをしたので、別れてからもうらまれなかった、と言っています。

実際、情報流出した芸能人の愛人であるSさん、Kさん、Mさん、誰もが後藤さんのことを暴露したりはしていません。その後の生活に困っているように見受けられる人もいますが、完全にシラを切りとおしているので、別れる時にやることはやってあげたからなのかな、と思います。

暴露

もうヤクザを引退しているため、凄まじい暴露をしまくっており、糸山先生、武富士、創価学会など、嫌いな人の暴露話は一見の価値があります。お金を大きく作ろうとすると、何かしらの形でヤクザとのかかわりは避けられなかったのでしょう。(今はヤクザは表に出なくなりましたけど。)

ちなみに糸山英太郎先生がオネエチャンとやることやって、1-2万円のはした金しか渡さない、と暴露していたのには笑いましたw 先生は淫行でも逮捕されていますし、ルールの守れないセコイ人みたいですねw イトヤマタワーで下々のものを見下ろしているような大物気取りですけど、後藤さんに言わせれば、小チンピラだそうです。

さすがにご本人のアメリカでの肝臓移植に対する疑惑は暴露しませんでしたが、これに関しては色んな人が動いてくれたので、迷惑をかけないために墓場まで持っていく、と言っています。身内、敵対組織の隠し口座をFBIに垂れ込むことを条件にしたとの噂がありますが、これはどうなのかわかりません。

この人以上の大物ヤクザ本人が暴露本を出版することはまずあり得ないでしょうから、この本は貴重な戦後のヤクザ史を語る資料で、ヤクザはこんな活動をして力をつけてきたのだなぁ、と言うことがわかる秀逸な作品だと思います。

まとめ

どんな仕事をしても、大きくなるなら、筋を通して、お金を持っている必要があるんだな、と思いました。そして、ケチると、それが色んな形で自分に返ってくるから、お金関係を身奇麗にするのは大事なんだな、と思いました。でも、糸山先生を見る限り、ケチでもお金を作れないわけでも、偉くなれないわけでもなさそうですw

カンボジアで貴族になった後藤さんが余生を楽しく過ごさせることをお祈りします。やらない善より、やる偽善なので、目的がどうあれ、恵まれない立場の人を助けるために身体を張ることは立派ですし、わけわからないボランティアでなく、現ナマを渡して、その使い道も見届ける姿勢は素晴らしいです。