じゃあ、本能的興味

人間は本能に抗うことが出来ません。時代が変われど、それは普遍です。そのことすらフェミに気を使って個体差以上の性差はない、と言うのがポリコレです。身体機能が違うのに思考、志向、嗜好が同じであることがおかしいとは思わない人が大声を上げる時代です。

男性

端的に言って男性は性欲の奴隷、です。全ての行動の根底にあるのはセックスしたいからです。性欲の強い人ほど社会的に成功するのは当たり前で、その熱量が大きいからでしょう。古来から英雄色を好む、と言うように英雄で淡白な人など、ほぼゼロです。

女性に対する興味は勃つ、勃たない、というところからスタートするので、勃たない女性がどんなに素晴らしい能力があっても興味を持ちませんし、場合によっては迫害します。弱者をいたぶる苛虐の快感があるからです。

極めて有能な女性であっても、その女性を手にするメリットがほとんどありません。女性は男性を養ったりしませんから、その能力で得られる対価共有が出来ません。そもそも、女性は格下認定した男性に興味を持ちません。

女性が有能であるが為、性的評価に見合わない、上から目線で接してきますから鬱陶しいですし、ブスなのに偉そう、というイメージを与えます。仮に才色兼備な女性でも、才分の上積み評価をしてくるので、ギャップが生じ易くなります。

女性

何事にも受け身の存在であり、誰かに評価される、ということを自分が評価する、ということ以上に優先する為、上下関係、力関係、損得勘定が強く、自分が過小評価されないよう、損しないように気を張っています。

自分基準で(実際にどうかは別にして)格下認定男性には極めて冷淡で空気として扱うならマシな方、陰口、虐め、足の引っ張りをしても罪悪感を覚えません。これも苛虐の快感であり、優越感を得られる行為だからです。

有能な男性を手にすれば、他人から評価されるだけでなく、実利として労働対価の分け前を要求できますから、男性の価値とは稼ぐ能力であるのは当たり前です。最低妥結ラインは自分であり、それ未満は受け入れ不可能です。

フェミを喚き散らす人でも、男性を養って行くことなど滅多になく、上方婚、妥協して対等婚が出来なければ、未婚を貫くのが一般的です。せいぜい、白人、芸術家、活動家みたいな一般的価値観から判断出来ないタイプである必要があります。

男性の美貌なんていうのは観賞用であり、美男子アイドルにキャーキャーいう女性の彼氏、旦那は熊みたいなオッサンであることは全然珍しくありません。だから、「ただし、イケメンに限る」は単なる無能男性の言い訳です。最低限の身嗜みがあれば、あとは能力です。

現代

現代社会は本能の否定をします。あからさまに欲求を表現することは許されず、建前、キレイゴトを口にし続ける必要があります。もっと言うと、弱者に配慮をしなければ、社会的に抹殺されます。

良くも悪くも民主主義なので、少数の勝者は多数の弱者に気を使う必要があるのです。そうでないと、弱者連合が結成され、多数決に負けてしまいます。最悪、革命、革命に近い政策が施行され、全てを奪われます。

女性はキレイゴトが大好きです。意思表示をして責任を取らされることを嫌うので、それっぽいことだけを口にしてリスク回避をするのです。だから、稼げない男など男ではない、と公式に口にすることはほとんどありませんし、するとしたら身の安全が保障されている場面だけです。

仮に女性が男性に暴力ふるい、暴言で痛めつけても、最近の女性は元気がいいね!wと言われるだけで問題視されません。社会は被害者男性に対して追い討ちをかけるような冷たい目、言葉が向けるだけです。

男性は性欲の奴隷で、性欲の為にどんなリスクも取ります。明らかに危険な本音を何も考えずに意思表示して地獄に突き落とされる男性が後を絶たないのに同じことをする人は居なくなりません。本当にバカでクズなのが男の性ですw

そうなると、女性の方に合わせて社会が設計されて、譲れるものは女性に全て譲り、男性は本音を隠して淡々と女性に接していくしかありません。それが婚前契約、事実婚、夫婦別会計、離婚の簡略化、共同親権の一般化、というところでしょう。

男女で揉めたら、男性は速やかに証拠を揃えて半分譲るか、予め決めた割合を渡して関係を解消するしかありません。白人社会はそうなりつつありますし、そうでないと女性の横暴を止められません。

女性に喚かれ、証拠がなければ、男性が全ての責任を負うことになりますし、社会も味方しませんし、助けたりしません。全ては自己責任です。被害者に徹すれば、様々な助けを得られる女性とは真逆です。

まとめ

相手を変えようとするのは無駄です。特に強者認定された人が弱者認定された人を変えることなど出来ません。そういうものとして現実に沿った対処が求められる時代であり、それが出来ない人が抹殺されるのは仕方ないことです。

東大サークルで東大女子お断り!っと看板を出してしまうようなバカは抹殺されて当然ですし、その時はスルーされても、時間の問題で地獄に落とされるでしょう。そういう本音は思っているだけで口に出してはなりません。まして、証拠を取られたら一生が台無しです。

Google事件を見るように、性差に対する疑問を投げかけるだけでフェミの猛攻が待っています。普段、女性同士はいがみ合うピリピリした関係ですが、対男性という共闘では見事なまでの連携を見せます。

女性が弱者を装い、差別を叫び、優遇を要求し義務は無視して権利だけ要求しても、それは戦略ですし、現代社会に適応していると言えるでしょう。ただ、それは男性に認められはしません。男性はポリコレにより口にはしませんが、忌み嫌われるだけです。

本質と取るべき行動は違います。男性の本質が性欲を満たすことであっても、それを前面に押し出せば、女性に嫌われるだけでは済まず、地獄に落とされます。女性とて、男性に庇護され、大事にしてもらいたいなら男性を勃てることは不可欠ということは忘れないほうがいいのでしょうね。

29+