じゃあ、妻の収入は貯金

当たり前のように妻の収入は貯金、と言い切る日本人女性は多いし、なんとなく納得する日本人男性は多いです。これって、完全に不公平ではないでしょうか?ジャイアンと変わらないことを大の大人が言うわけです。恥ずかしくないのでしょうか?

管理

そもそもなんで一定額を夫婦両方がアクセスできる決められた口座に入れて貯金としないのでしょうか?そして、二人で管理すれば良いです。妻の名義、単独アクセス権というのは単なる使途不明金です。

ある程度の金額になると、貯金の管理者の発言感が強くなり、重要決定事項は妻の意向に沿わないと、その貯金が下ろせなくなります。つまり、家庭の支配権を渡したということになります。

それが妻の狙いであり、名目は管理の一本化、明確化ですが、実際は家庭内支配権の確立、夫の奴隷化を目指すものでしかありません。夫の収入は生活費に消えて夫名義の資産はほとんどなくなり、身動きを取れなくします。

仕事

夫の収入だけで暮らす、というのは妻はいつでも仕事を辞められる立場になるということです。ほとんどの女性は美味しい立場、承認欲求が満たされない限りは仕事をしたくないので、生活の為に我慢して仕事などできません。

多くの場合、三十路に入れば、自分の限界が見えます。役員どころか、管理職にすらなれない、大きな実績を上げられるほどの能力がない、というのを否が応でも認めざるを得なくなります。

それでも、男性は生活の為に仕事をしなくてはならず、なんとか居場所を作る為に四苦八苦するのですが、女性はそんなことしたくない、とできるだけ楽をしようとするわけです。いつでも辞められる立場を確保したいのですね。

離婚

離婚するとき、女性が財産分与することはほとんどありません。ほとんどの夫婦が夫の方が収入、資産が上なのでもらう方です。その上、妻名義の貯金は持ち逃げされるでしょうね。

妻の強い要望で買った家のローンは夫が払い、所有権は夫婦共有という酷いことも多いですし、日本の家なんて負動産ですから、価値なんてほとんどありません。離婚したら持ち出しになりかねません。

一方的な妻の横暴で険悪関係になっても、夫がお金を渡して離婚することがほとんどなのは恐ろしいものです。妻が夫にお金を渡すことなどあるのでしょうか?

まとめ

これからの結婚は事実婚になるでしょうし、完全平等になっていくべきです。明らかな不公平を飲んでまで結婚などするものではなく、家畜として生活するより、一人でいた方が良いと思いますね。

婚前契約は必須だと思います。そうでないと、圧倒的に女性有利な条件になります。親権は取られる、養育費を使い込まれる、面会義務は無視、離婚までの婚姻費用は取られる、と踏んだり蹴ったりになりますね。

12+